【笑う!】キングボンビーが河野太郎に集結!

自民党総裁選ほど、実情と乖離する報道はないものですな。

 

メディアの本命・石破!出馬せず!

昨晩のミスターサンデーでは、自称政治ジャーナリストさんが石破さんを大本命に掲げてたようですが……

 

石破さん、どうにもこうにも出馬に必要な20名が集まらなかったようですね(笑)

夕方のニュースで出馬を諦めたと出ていました。

 

土曜の夜の報道では、二階さんに協力を仰ぎ、うまくいった的な報道が出てたけど……↓

二階派の賛同人数を合わせても、20名にならなかったのか。

それともそもそも二階派の中からは、推薦人は出なかったということなのかな?

まぁどっちでもいいけど、足掻いた結果、20人集められなかったというのに笑う。

 

しかも、そんな人を政治ジャーナリストが大本命ってね(笑)

ちなみに、石破を大本命に掲げた鮫島さんは、元朝日新聞の曰くつき記者です(笑)。常に、事実より願望を垂れ流すっていうやつね。

つーかさ、毎度のことながら自民党の総裁選となると、メディアの願望垂れ流しがすごいよね。

去年の総裁選なんてさ、今回とは比にならないぐらいの勢いで石破一色だったもんね(笑)

【知っとこ♪】マスコミ大絶賛の石破茂の正体!

2020年9月1日

ほんと、毎回のことながらメディアは、保守派の意見と真っ向から違う情報を「国民の総意」として、自民党員や自民党議員を動かそうとしてるけれど、さすがにみんな免疫ついてると思うの。

 

そして、石破亡き後、メディアとしては河野vs岸田の構造で押し通していこうとすると思うのだけども、この対立ほど実態からかけ離れているものないよね。

 

しかも、河野さんの応援団は、自民党の基盤となる保守から嫌われている人ばかりだよ。

そんな人に応援されていることが露呈したら、もともと純粋に河野さんを応援していたネトウヨの気持ちも離れる気がするけどなぁぁ…どうなんだろう。

 

なぜか河野の周りにキングボンビー集結!

つーことで、本題!

先ほども申し上げた通り、石破さんは出馬を見送りまして……そして、河野さんを応援することにしたそうです!

また、石破さんを応援するとしていた二階派の応援がどこに向くのか、今の段階でその情報は出てきていませんが、私はよっぽど河野さんを応援するだろうと思います。

だって、二階さんに喧嘩を売った岸田さんを応援するはずもないし、反中の高市さんを応援するなんてもっての外でしょう。だから、消去法で考えても河野さん以外に二階派は応援する人はいないのですが……二階が応援するというだけで、河野さんへの党員票の多くが消えそうと思うのは私だけでしょうか…。

 

っていうか……今回の自民党の大揺れの元凶となっている二階さんに応援される人が、負けに導かれるような気がするのは私だけでしょうか。

しかも、石破さんを嫌っている自民党議員も多いし、二大嫌われ者と言っても過言でない二人が河野さんを応援するってね(笑)……疫病神に憑りつかれているようにも見えるんだけど…”(-“”-)”…いいのかな?

 

っていうか、前から河野さんはネトウヨには人気だし、私も大臣であれば良い人の部類と思っていたけど、そもそも党内人気はすこぶる低いって言われていましたから、党内から見れば同じ狢なのかもしれないですけれどね。

【外交】令和の日本は「カツ丼出す役」なのかもね。

2020年9月27日

 

それから、河野さんは菅さんの応援も取り付けたんだけど……今の党内の揺れの責任ってどうにもこうにも菅さんに責任があるからさ……菅さんが応援するところは党員から敬遠されそうよね。。

ってな感じで、河野さんを応援すると名乗りを上げる人が、どれもこれも運が尽きたと言える人ばっかりなのよね。

となれば、私が今応援している高市さんの当選は高くなるんじゃないかと……うっかりウフフしてしまう私です♪

まぁどうなるか分からないけれども、この構図はうっかり笑ってしまう要素盛り沢山!

明日も自民党総裁選から目が離せそう!!!

どんな明日が待ってるのか今から楽しみ♪

それでは、おやすみなさい♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください