【ラインはどこ?】日本のメディアがけなす人・褒める人

マスコミが杉田水脈議員を大バッシングしておりますが、それ以外に現在政権与党を叩くネタがないってことなんでしょうね。

 

叩きにくい菅政権

ほんの数ヶ月前までなら、何事においても「アベガー」とさえ言っておけばよかった日本のメディアと野党の皆様。

ですが内閣が菅さんに変わってから、彼等の必殺技の「アベガー」は当然のことながら使えなくなりました。

それでも「スガガー」と言うために、「菅総理が一般庶民出身という出自は嘘だ」などと、なんとかディスろうと頑張っていましたが、以前にもお話しした通り、菅さんにそれをやったら自分の首を絞めるというもの。

【歓喜は一瞬】ここから待ち受けるアベガー陣営の困難

2020年8月31日

 

しかも、菅内閣の仕事のスピードが異常に速く、携帯電話料金値下げに、はんこ廃止、それから定額給付金10万円のおかわりなどなど、次から次へと話題となる政策をガンガン積み上げています。

それから「アベガー」陣営である共同通信柿崎さんが昨日首相補佐官に任命され、右も左も困惑し、今までであれば当り前にあった対立構造も一気に変化させているように見えます。

 

 

このような状況下では、メディアも政権バッシングがしにくくなって当然です。

でもなんとか批判したい、悪いイメージを植え付けたいと思うお左翼さまたちの気持ちは変わりません。

ですから最近、またもや杉田水脈議員が激しいバッシングにあっているのは、政権批判がしにくくなっている現状の上のことだろうと私は思いますが……そもそもなぜ杉田議員ばかりがこういう対象になるのか皆さんご存じでしょうか。

 

定期的にバッシングされる杉田議員…その理由。

「女性は嘘をつく」といった発言をされたとのことで、ただいま大バッシングを受けている杉田議員。

多分メディアが大バッシングするほどの事はなかったはずだろうと、私個人は思っていますが、こういう感じに何度もバッシングされていると、世の中の多くの人は「杉田議員に問題がある」という風な見方をする人が増えるでしょう。

まぁそういう人が増えて、彼女のイメージを悪くして、そして国会から去らせるために彼等は頑張っているのですが……

どうして彼等はそこまでして杉田議員を目の敵にするのだと思いますか?

 

実は答えは簡単で、彼女が「慰安婦問題に手をつけた」からです。

 

現在の日韓関係は冷え切っており、その冷え切るきっかけとなった問題が慰安婦問題であることは皆さんご存じだと思いますが、この慰安婦問題を議論に乗せたのが杉田議員です。

また国連で左翼の皆様がやりたい放題やっていたことに気が付き、自ら国連に乗り込み静止するための活動をしたのも、当時民間に戻っていた杉田議員です。

そして、杉田議員の活動によって多くの人が慰安婦問題の嘘を知るようになり、そして2015年には「日韓合意」がなされましたが、この合意後から韓国冷遇が始まり、そして今に至ります。

つまり、あちら側勢力にとって杉田議員は、慰安婦問題でじゃぶじゃぶ出ていた金の蛇口を閉めるきっかけを作ったにっくき敵なんですよね。

だから、何年にも渡って人格侵害としか言いようがない嫌がらせを杉田議員は受けていると私は見ています。

【#cancelkorea】これから韓国が気が付くであろうこと。

2020年9月12日

 

逆に、左翼の皆様たちから大絶賛される人もいまして……分かり易い所で言うと伊藤詩織さんですが、彼女が絶賛される背景にも…実は「慰安婦問題」が絡んでるんですよね。

同じ慰安婦問題に絡んでいる杉田さんと伊藤さん。なぜ片一方は滅茶苦茶バッシングされ、一方は異常なほど持ち上げられるのか、そこについて考えてみましょう。

定期的に大絶賛される伊藤詩織…その理由。

先日TIME誌にて「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた伊藤詩織さん。

すごいですね~(笑)

とか言いつつ、この評価については、東京新聞・望月衣塑子記者がモデルとなった映画「新聞記者」がアカデミー賞を獲ったのと同じくらい…乾いた感想しか出てこないですが……。

まぁ…ここから分かる事は、衣塑子さんと詩織さんは左翼の皆様から、特別級のヒロイン扱いされているということです。

まぁそれでも…衣塑子さんが持ち上げられるのは、記者会見などで頓珍漢な質問を繰り広げてくれるからでしょうと推察できる部分はあるのですが……ジャーナリストらしい実績がない伊藤詩織さんがなぜここまで持ち上げられるのでしょう。

だって彼女って「私はレイプされた!」と言っている以外の行動って見たこと無いのに、ここまで持ち上げられるっておかしくないですか。

はっきり言っちゃうと…「私はレイプされた!」と言い張っただけで、TIME誌にて「世界で最も影響力のある100人」になったとも言えるんですよね。無理がありすぎますよね(^^;)

ただ……先に申し上げた通り、ここにも「慰安婦問題」が実は絡んでるんです。

実は彼女に加害者扱いされている人が、韓国がどうしても隠しておきたいであろう「ライダイハン」をスクープした元TBS記者・山口さんなんですよね。

ライダイハンとは、ベトナム戦争の時に韓国兵が地元の女性を強姦して、生まれてしまった子供たちの事です。

慰安婦問題で日本から金をせびる韓国においては最も知られたくない事実でしょう。それをスクープしたのが、彼女が糾弾している相手なのです。

また妙なことではありますが、彼女が訴えを始める時期とこのライダイハンのスクープは、なぜだか時期的に重なるんですよね。ライダイハンがスクープされた後から、彼女は「私はレイプされた!」と言い始めるんです。そして数年前からはメディアに出まくるようにもなり、自分の主張を繰り返し訴え続ける活動に勤しみました。

【あれ?】デートレイプドラッグを浸透させた女

2019年11月9日

そして、彼女は山口記者を社会的に抹殺しました。

そんな彼女へのご褒美の一つが「世界で最も影響力のある100人」なのだろうと私は思っています。

つまり、韓国の事実・歴史の事実を伝える人は左翼とメディアから目の敵にされバッシングされ、一方で伊藤さんや望月さんのように、張り切ってそちら側に荷担する人にはそれなりの名声が得られるようになっているということ。

またこの図式は、あいちトリエンナーレでも見られたことです。

【あいちトリエンナーレ】地元メディアは争点を隠してます。

2019年10月9日

あいちトリエンナーレを批判すればレイシスト、擁護すれば聖人のように扱われます。

ぶっちゃけ慰安婦が絡むネタはどれもこれも同じような仕組みで、糾弾と持ち上げが行われています。

ですから、情報を見る際には今一度、慰安婦問題が絡んでいないかどうかチェックをし、絡んでいたら「絡んでいる上でのバッシングなんだろう」と取り扱うことをオススメします。

なぜなら、慰安婦問題の事実を伝え終わらせようとする人たちは彼等にとって糾弾対象であり、また糾弾対象となった人に対して、彼等は手段を選ばないからです。

どんな内容であれ、引きずり降ろすためのネタに変換して糾弾し続けるだけだからです。

ですから、バッシングされている内容について真面目に吟味する必要すら本来ないんです。逆に真面目に吟味して言論する時点で、彼等の言論空間を増大させる後押しをするだけになりますから、そこに気をつけて情報戦を勝ち抜いていきましょう。

【いざ実践!】情報戦で日本国民が勝つ方法⑦

2018年3月24日

 

追記:

この件に関してもう一つ伝えて起きたいことがあったので追加記事書きました。

【同じ構図】ハルモニを神格化するのと彼女を賛美すること

2020年10月2日

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

2 件のコメント

  • こんばんは。

    今のマスゴミの執拗さは、まさに半島メンタル全開ですよね。
    メディアスクラムをかけてよくもまああれだけ人をボロクソに言えるものだと眉を顰めています。
    普段人権ガー、差別ガーと言ってる口でよくあれだけ罵ることができるなと。
    毎日毎日”いらない韓国情報をゴリ押し&しつこく杉田議員をバッシング”で胸やけ気味です。

    当時、報道特注を面白がってみておりましたので(当時はバーで賑やかにやってて見ていて楽しかったなぁ~)、そこら辺の事情はよく知っていたものですから尚のこと最近のマスゴミのクソっぷりが目に余ります。
    まあマスゴミにしてみれば一生懸命やって韓国による対外工作費3倍増の成果をアピールしないと、広告収入が激減している中で韓国が身銭を切って韓流を広めようとばら撒いている韓国マネーも渋られたら困りますもんね。

    最近はマスゴミ&野党があまりにクソなおかげで、目覚め始める人達が徐々に増えてきていることがマスゴミが唯一貢献していることとしておきましょう。

    • おはようございます。
      連日夕方のNHKのニュースでは杉田議員がTOPNEWSですよ(笑)
      どれだけ自民党を叩くネタが枯渇しているのかと思わされるばかりです。
      まともな論争をしていただきたい所ですが、どの論争をしてみても韓国は不利。確かに韓国の事を考えればあれしか手段がないということなのでしょう。
      ほんと、放送法や電波についての見直しを急いで頂きたいものです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください