【あれ?】デートレイプドラッグを浸透させた女

元TBSの山口さんにレイプされたとして訴えた伊藤詩織が記者会見にて「デートドラッグ」という単語を発するまで、

多くの日本人は、デートドラッグ(デートレイプドラッグorレイプドラッグ)という存在を知らなかったと思います。

ですが、あちらの国では伝染病レベルで蔓延しているんですってよ。

 

伊藤詩織は金銭目的の後追いハニトラだと思ってます。

先ほど、デートドラッグ(デートレイプドラッグorレイプドラッグ)が韓国で伝染病レベルで蔓延しちゃっているという記事を読みました。

その事について話を進めていきたいのですが、デートドラッグがそもそもなんなのか知らない人も多いと思うので、日本でこの言葉が浸透した経緯からお伝えしていきたいなと思います。

 

日本に「デートドラッグ」という新しいドラッグの存在を知らしめたのは、伊藤詩織さんでしょう。

2017年突如彗星の如く現われた彼女は、現われるや否や元TBSの山口さんに「デートドラッグを使われてレイプされた」と訴え始めました。

そこで、みんなデートドラッグなる薬物があるのを知ったのです。訴えられた山口さんもその存在をこの主張で初めて知ったと言います。

そりゃそうだと思いますよ。

多分本当にみんな聞いたことないですよ。こんな名前のドラッグなんて。

そこから「この薬なんだ?」って話題になって、認知率は上がったものの、そもそも日本で浸透しているようなドラッグではないと思います。

 

っていうか、先に言っときますが、私この人(伊藤詩織)は嘘つきで、ろくでもない女だとと思ってます。

成り上がりたい一心で枕営業も当り前、その上成り上がりたい一心で左翼に心も人生も売ったろくでもない女だと思ってます。

どうして私がそう思うのか……伊藤詩織にがどんな経歴のある人なのか、知らない人のために説明しておきます。

彼女は2017年9月に元TBSの山口さんにレイプされたと言って、用意周到に表に出てきました。

当時は、外国人記者クラブで会見を行ったり、自著をすぐに発売したりと、とにかく用意周到なキャンペーンが張られていましたが……

2017年にわざわざ表舞台に出てきて訴えたこの問題、2016年7月の段階で検察で不起訴となっています。それでも納得いかず、彼女は2017年5月にまた訴えをおこし、やはり2017年9月に不起訴となっています。にもかかわらず、同月(2017年9月)に今度はメディアを使って騒ぎにしたのです。

二人がHしちゃったことは事実ですが、どう考えてもそれはレイプではなかろうということで不起訴になっていたのです。

にもかかわらずまた訴えてを繰り返していたのですが、時系列から考えて、非常に薄汚い案件(左翼の工作という意味)だと思います。

しかも、二人が行為に及んだのは、記者会見から遡ることさらに2年前の2015年のことです。そもそもレイプだと認識してこんなに大騒ぎしているのなら、行為があってしばらくたってから、訴え初めた事が不可解です。

しかも行為の後(伊藤詩織に言わせればレイプ)の後の最初のメールは、「『無事ワシントンに戻られましたでしょうか?』とビザについて尋ねる内容」だったそう。本人が裁判で話しているから、絶対的な事実でしょう。

っていうかね……レイプされたという自覚があった女が、そんな事する???

そんなのするわけないでしょ?

レイプされた男とまともに話すなんてありえない!そう思うのが普通の女だと私は思いますが、伊藤詩織さんはそうではないのですよ。

しかも伊藤詩織さんはHした(レイプされた)翌日、ゲロで汚れた自分の服は着れなかったので、山口さんのTシャツ借り、その服を着て帰ったそうですよ。

どんなに平和なレイプなんだ!

そう思うのは私だけでしょうか。

 

ちなみにはすみさんのTweetが、山口さんと伊藤さんの関係について一番的を得ていると私は思います。

 

なぜ伊藤詩織は騒ぎ始めたのか

今さらですが、なんで伊藤詩織はレイプされてから1年経って、突如騒ぎ始めたと思います?

ねぇ?何でだと思います?

私は、日本の左派勢力の中の主に半島勢力が山口さんを潰したかったからだろうと思います。そして伊藤詩織はその片棒を担いだだけだと思います。

その代金は充分足りるほどあったのでしょう。しかも彼女は有名になりたいという欲求があったので、その片棒を担ぐことでその夢も叶えられるとふんだのだと思います。

こういうこと言うと、ネトウヨの偏見と言われがちなのですが、不思議な事にそうやって時系列を見ると大概の事は辻褄が合っちゃうのですよね~。

 

ちなみに山口さんは、TBS時代(ワシントン支局長時代)にベトナムのライダイハンの事をスクープしましたが、TBSでは扱ってもらえず文春で取り上げもらいました。

当時このスクープはとてもとても話題となりましたが、この事が引き金となり、山口さんはTBSを追い出されることとなりました。

この事と伊藤詩織の登場は、絶妙にリンクした関係性があると私は思っています。

 

ここら辺のことについては、wiki先生で詳しく書かれているので、この箇所引用しますね。

韓国軍慰安婦について
いわゆるライダイハンに関連して、ワシントン支局長時代の2015年、米国立公文書記録管理局(NARA)の公文書から、ベトナム戦争の際、サイゴン(現ホーチミン)に韓国兵限定で使用する「トルコ風呂」と呼ばれる慰安所を設置してベトナム人女性に売春させていた事実が判明したとして、『週刊文春』(2015年4月2日号)に韓国軍慰安婦の存在について発表した。同記事で第47回大宅壮一ノンフィクション賞候補。

2015年4月23日付でワシントン支局長を解任され、報道局から営業局へ異動した。2016年5月30日付でTBSテレビを退社し、ジャーナリストと兼業でアメリカ系シンクタンク研究員に転身した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E6%95%AC%E4%B9%8B

ちなみにライダイハンとは、韓国軍兵がベトナム人女性を強姦した挙げ句作られてしまった子供たちのことです。

これは韓国としてはどうしても握りつぶしたい事実。特に日本に対して従軍慰安婦という名目で金をせしめようとしているのですから、バツが悪すぎます。

ということで山口さんは、ライダイハンのスクープが引き金でTBSだけではなく半島と繋がりの深い左派勢力の目下の敵になってしまったのだろうと私は思います。

ですから、半島勢力の人たちは山口さんのプライベートをとにかく洗ったんだと思います。山口さんとやった女をとにかく捜したのだと思います。

そこで見つかったのが伊藤詩織でしょう。

そして自ら被害者ヒロインを演じきると手を挙げたのでしょう。

彼女に起きたことはレイプでもなんでもなく、私が憶測するに仕事欲しくて自ら率先してHに持ち込んだだけの枕営業をしたに過ぎないでしょう。(山口さんは枕営業されているとも気がついていなかったと思われますが……)

ということで彼女は、仕事が欲しくて自ら率先してHした挙げ句、最終的にはそのHした相手を金のネタにして、登り上がることにしたとんでもない女だというのが私の見解です。

人によってはよくあそこまで言い続けられるものだ、言い続けられるからあの人は本物だ!なんて言葉を見かけますが、それは彼女にとって一世一代の背に腹を変えられないビジネスあってこそのことです。

そこを見間違えてはいけないです。

彼女があそこまで発信できるのはなぜなのか?そこをもっと考えてみましょう。

金が絡んでるからでしょ。

それから左翼の思惑が絡んでなければ、あそこまで用意周到に悲劇のヒロインを演じきるだけの舞台なんて用意されるはずもないですよ。

そんな彼女の発言から出てきたのが当時誰も知らなかった「デート(レイプ)ドラッグ」です。

それが韓国で蔓延しているんですってね……。

と、ようやく本題に手がさしかろうとしているのですが、あまりに伊藤詩織に対して言いたい事が多すぎて前段長くなりすぎたので記事分けます。

なるたけ早めに書きます。

それではまた!

追記

書けました!

【あれ?②】デートレイプドラッグが蔓延してる国

2019年11月10日

こちらも是非読んでください☆

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください