【#cancelkorea】これから韓国が気が付くであろうこと。

何でも日本が悪いんだ~!

と言い放ちすれば何でも手に入ってしまう時代が続いた韓国。

成功体験とは恐ろしいものだと思わされる事態が始まっております。

 

ケナンチャヨ精神は怖いよな。

慰安婦問題が盛り上がらなくなった頃から、韓国は何かにつけて旭日旗を問題視するようになりました。

【韓国】太陽を拒否る民族の末路

2018年10月10日

 

このブログでは再三この話は「韓国の捏造によるものだ」と書き続けておりますので、捏造理由に関する詳細は各関連記事に譲りますが……(っていうか、朝日新聞の社旗を問題視していないことで、これが捏造を背景にされた問題であることが良く分かると思いますが…)相変わらず韓国は、かつての慰安婦問題のように、旭日旗を問題視することで日本の国際ポジションを落としにかかろうと必死です。

【日韓関係】「言えばまかりとおる」と思わせた日本の罪

2019年10月1日

しかし、旭日旗は単に太陽をモチーフにしたものなので、このデザインを世界中から排除しようとする方が無理があります。

ですが、そこには気が付かないのが半島メンタル。

とにもかくにも、旭日旗らしきモチーフを見つけたのなら火病を起こして相手を罵り、謝らせればなんとかなるという…ある意味ケナンチャヨ精神で進んできてしまいました。

その結果、現在大変な国際問題を作り出しております。

 

旭日旗に火病を蹴散らしていたら、起きてしまった大惨事。

さてさて本題。

相変わらず旭日旗らしきモチーフにはことごとくクレームを入れていた韓国人ですが、遂に超えてはいけない壁を越えてしまったようです。

 

それは、フィリピンのあるインフルエンサーが入れたタトゥーへの批判。

どんなタトゥーか見てみましょう。

確かに旭日旗っぽいっちゃー旭日旗っぽいですが、どうみても旭日旗をモチーフにしていないことに、普通ならすぐ気が付くはずです。

またこの入れ墨は、カトリックの「聖なる心臓」「the Sacred Heart」という、イエス・キリストや聖母マリアの神の愛を宿した心を表すシンボルマークをモチーフにしているのではないかと、ネット界隈では言われているのですが……

the Sacred Heartとのモチーフ例

この旭日旗っぽいデザインに、例の如く韓国人がファびょったんです。

蟹のハンバーガーラッピングにもクレームを入れる韓国人ですからね。

↓ちなみにこれが実際に韓国人が「旭日旗」に似ているとクレームを入れた蟹ハンバーガーラッピング↓

ですから、入れ墨の本当の意味などおかまいなしで、彼女を罵りまくりました。

そしてこの入れ墨の彼女はSNS上で謝ることになったのですが(謝る意味がそもそもないですが)、この件を受けてフィリピン世論の怒りが爆発してしまいました。

 

世界中で爆発する#cancelkorea運動

韓国人が旭日旗とは関係ない個人の入れ墨を誹謗中傷したことを受けて、フィリピンTwitterでは「#cancelkorea」というハッシュタグが登場しました。

そして、この「#cancelkorea」は、あれよあれよという間にフィリピントレンド1位を獲得。

さらにこのトレンドはフィリピンだけに留まることなく、あっという間に世界に波及しちゃいました。

なんと世界トレンドにおいても5位となり、各国のトレンドの上位を陣取る事態となりました。

#cancelkorea

フィリピン   トレンド1位
カナダ     トレンド4位
世界      トレンド5位
プエルトリコ  トレンド6位
シンガポール トレンド7位
アメリカ    トレンド9位
ベラルーシ  トレンド11位
UAE     トレンド35位

フィリピン発で始まった抗議が圧倒間に世界に飛び火していくことにびっくりしちゃいますが、相当いろんな場所で火種を作っていた現れなんでしょうね。

みんな口にはしていなかったけれど、ガチでムカついていたということなんだと思います。

 

っていうか、そもそもフィリピンは朝鮮戦争の時に米軍と一緒に韓国陣営で戦ったのにもかかわらず、常にフィリピンを見下します。

ですから、フィリピン人の腹立たしさはひとしおでしょう。

というよりも、アジアの国々は日本と同等…いやそれ以上に、韓国を腹立たしく思っているのかもしれませんね。

日本はありもしない慰安婦問題をあったこととして世界中に広められましたが、フィリピンやベトナムでは、韓国人が現地女性を虐待するような形で性行為に及んだ末に生まれた子供たちが沢山います。

フィリピンではそのような子供はコピノと呼ばれ、ベトナムではライダイハンと呼ばれますが、このような事実について韓国はガン無視を貫いています。

 

また、ラオスでは韓国製のダムが崩壊し、後始末もガン無視。

【日本の報道】こうして半島を誤解していく。

2018年7月30日

 

インドのガス漏れ事件も同様です。

【ホルホルから急降下!】韓国は八方塞がり!

2020年5月11日

 

それからニュージーランドでの高官セクハラ事件も、やっぱり有耶無耶にして誠実な態度は見せていません。

 

こういう苛立ちって、日本だけでなく、アジア諸国だけでなく、多分世界中が共有しているんだろうなと…今回の「#cancelkorea」で私は気が付きました。

 

また、韓国に対してなんとなく言いずらかった空気が、日本だけでなく多くの国の中にもあった証でもあるんでしょうね。

なんせ韓国は常にモンスタークレーマーですから(^^;)

極力関わる時間を短くしたいと思ってしまう気持ちが、彼等の主張を真っ向から否定する行動をしにくくさせていたんじゃないかなと思うんですよね。

しかし、こういう空気感もある日突然終わるものなのだと思わされます。

 

腹に据えかねた思いは、一度表に出ると過去には戻れない。

#cancelkoreaから始まった世の空気感は、一時的なものではなく、常識化され普通になっていくものと私は予測します。

なぜなら、腹に据えかねる思いが一度でも表に出た時、人は過去には戻らないからです。

つまり、#cancelkoreaのトレンド化は、世界中の韓国に対する腹に据えかねる思いの顕在化だと思います。

ですから、この空気感がここからの世界の常識になっていくと思います。

そして、これが常識になった後の世界は、日本の常識では考えられないほどに、韓国を毛嫌いすることになると思います。

その時初めて、韓国は「日本は優しかったな」と知る事になるでしょうが、もう後の祭りですね。

二度と日本はかつてのように半島と仲良くすることはないでしょうし、それは全世界的に同じ流れになると思われます。

日本やアメリカの後ろ盾によって、半島は文明国家になりましたが、心根が育たなければ、元の形に戻ってしまうことを、これから韓国の人は知ることになるのだろうと思います。

残念ですが仕方のないことですね。

ここから世界は中国とデカップリングもしていきますし、韓国は既に中国に着いていくと世界は見切っています。

ですから、切り離されることは当然とも言えますよね。

どうぞデカップリング以後の世界でもお元気で。

近いけど遠い国に、一歩ずつなっていきましょう。

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

9 件のコメント

  • 連投失礼します。

    世界では、問題が起こった場合その問題がバーンって一気に広まって皆が問題意識を持つようになって……という流れが主だと思うのですが、日本ってちょっと違う側面があるなと思う時があります。
    何というか、静かにじわじわとでも確実に人々の意識に広がっていき、気付いた時には当たり前になっているというような。
    諸所の問題に対して、あまり感情が先になった行動を取らない国民性故のことなのかな?と。
    BLM運動が広まらないのは、やはり本質で考えようと一歩踏みとどまれる素養があればこそですから。
    そう考えると、日本人って凄~い!けど怖~い!(いい意味?)って思います。

    日米関係の為に、韓国の好き勝手を日本がどれほど我慢させられてきたのかを思うと、近年ようやく世界が韓国の異常性に気付いてくれてちょっとホッとしています。

    • こんばんは!
      それあると思います。
      海外の人たち話で聞いたことがあるのですが、たとえば日本人は旅行先のサービスなどに対してその場で怒ったりはしないが、気に入らなければ次からこなくなり、気が付けば誰も来なくなるみたいな感じの話を聞いたことがあります。
      他の国の人は、怒ったり喚いたりと来なくなるまでの過程にいろんなアトラクションがあるそうなのですが、日本人は笑顔のまま去って行くとのこと。

      そんな日本人が、韓国に関してはそれではダメだと、はっきりものを言うようになったわけですが…そこまでしなくては分かってもらえないのは、あの国の人たちくらいなんでしょうね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんばんは。いつも参考にさせていただいてます。
    タトゥーもですが、蟹バーガーのパッケージが旭日旗に似ているって、
    いくらなんでも無理がありすぎる・・・。
    無理を通せば道理が引っ込む、なんてことわざもありますが、
    今回ばかりは引っ込まないといいなあ・・・。
    がんばれ、フィリピン。

    • こんばんは!
      本当に凄いですよね…韓国の執念って(^^;)
      韓国人のやりたい放題によって、我国においては「無理を通せば道理が引っ込む」ことが繰り返し行われていたわけですが……どうやらそういう時代は終わったようです。
      新たな時代の中で、彼等はどうなってくんでしょうね(棒)

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    初めまして、倫と申します。
    いつも拝見させていただいております。
    コメント下手ですが、宜しくお願いいたします。
    DJ DOGというグループのrun to youという曲のMVに旭日旗が多用されています。
    https://youtu.be/cENP3aul9lQ
    事有る毎に日本叩きをされますが、自国のアーティストの曲はスルーしているようですね。
    またこの曲に日本語歌詞が付けられ、当時の紅白でも放映されました。
    日本浸透工作なのか?と感じました。

    これからもブログ、楽しみにしております。

    • こんにちは。
      教えてくださりありがとうございます。
      youtube見ました。
      DJOZMAのアゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士のまるまるパクリじゃんって思ったんですが(^^;)、DJOZMAがカバーしてたんですね。初めて知りました。そこに驚きです。
      ちなみに旭日旗は、「2011年のサッカーアジア杯日韓戦」における韓国人選手のあり得ない行動に対する言い訳の題材に使われたことがきっかけです。
      そして近年は慰安婦問題がネタにならなくなったので、旭日旗を突如問題視するようになっただけであり、韓国もYOUTUBE動画のように、こんな風に当り前につかってたんですよ。
      DJ DOGのrun to youがヒットしたのは2000年とのことですから、その頃は全く問題視されていなかった証になると思いました。

      それではこれからもよろしく願い致します。

  • 連投、スミマセン。
    倫です。
    その前のDJ OZUMAの曲、純情(スンジョン)もコヨーテの曲です。https://youtu.be/CAIThK3-prs

    何かしら仕組まれていると思います。

    • こんにちは。
      単純にDJozmaがその曲を気に入っただけのことではないかと私は思うんですが…当時は今では考えられないほど親韓な時代でしたしね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください