【朗報】山尾志桜里が国会を去る!

最近の保守陣営では、山尾さんを推す声が増えているため、彼女の決断を惜しむ声が多いそうですが、それ…根本的に間違っていると、私は思ってしまうんですよね。

 

やった!あの山尾しおりが国会を去る!

先日、次の選挙には出馬しないことを表明した山尾しおり議員。

 

私はかねてより彼女の事が大嫌いなので、この情報は嬉しかったです♪

 

ほんと、山尾さん辞めてくれて良かった!

去年の段階で愛知を去ることを決めてくれたのも嬉しかったけど、今回出ない決断をしてくれたのはもっと嬉しいです。

【愛知県民朗報】山尾志桜里が愛知県を去る!

2020年9月25日

 

どれくらい私が山尾さんの事が嫌いか分かる記事貼っときます。

【脱偽スピ】「ワクワクだけしよう」の先にあるもの……山尾編②

2018年3月30日

【テヘペロ】終わらないで!山尾祭り!

2017年9月14日

 

ですから、辞めることを決めてくれてから、ものスゴく清々しい気分にもなっていますが、保守の間では惜しむ声も増えてるとか……。

そういう人って目先の言葉に踊らされるだけのタイプなんじゃないのかなぁって私は思ってしまいます。

 

正論が増えた山尾しおり…プライベートは???

最近ウィグル関連でまともな発言が増えている山尾さん。ですから保守層からも、彼女の不出馬を惜しむ声が出ているようですが……

私はこの傾向芳しく思っていないです。

というのも、人は何を言うかではなく、普段どんな行動をしているのかが大事ですから。

つまり、山尾さんを擁護する人たちって、彼女の言葉に踊らされているだけのように見えるんです。

だから、芳しくないなと思ってみています。

 

ちなみに私は彼女を「強烈な野心家」だと思っています。しかも彼女は、東大に入れるくらいの賢い頭脳を持った野心家です。

何が自分にとって得か?を考えることは容易くできるでしょう。

ぶっちゃけ「ウィグル」の件も、彼女は彼女のためにやっているんだろうなと、私には見えていました。

 

だって、山尾さんって表に出てくる言葉のイメージと実際が常にあまりに違うのですもの。

たとえば、彼女が「日本死ね」と言い放った時もそう。彼女は子育て世代の女性に寄り添いたいと一生懸命な風を装いましたが、自分の家庭は自身の不倫で完全崩壊。その上山尾さんは、子育て放棄とも言える状態。

そんな彼女が偉そうに指導するかのように言い放っていること自体が、私はおかしいと思っています。

しかも、不倫相手の倉持麟太郎弁護士の元妻は心労の果てに昨年自殺。

表のクリーンなイメージとは裏腹に、実態はドラマ以上のドロドロで満ち溢れているのが山尾議員。

しかも一番身近な家族に対し、手痛いしうちをし続けるとしか思えない人たちが正論を語っても、それはあまりに空虚なもののように私は思えます。

 

結局山尾さんがしていることって、小池百合子と一緒で「今それを言ったらウケる」ことを意識したポピュリズムなだけのように私は映っているんです。

 

国民民主党になってからは、保守寄りの発言が増えましたが…それも立憲と違う色をしっかり出す必要があるからこそのことだったのではないかと、私は思ってます。

だからこそ、保守寄り&「ウィグル」だっただけのように思うんです。

そして、そういう上っ面だけの人だと私は今も思ってます。

そうでなければ、W不倫の挙げ句双方の家族が悲惨極まる不幸な事態にすらならず、もっと早めの段階でリカバリーできていると思います。

しかし、それができず最悪の事態をもたらし、しかもそこに動じないということは……やはり「強烈な野心家」だと私は思います。

そして「強烈な野心家」の行く先は、THE小池百合子みたいなもんですから、多少気が合うような言葉があってもなびかないことが良策だなと私は思っています。

ちなみに、今後山尾さんはテレビタレントに転向するんじゃないかなぁなんて私は予測してますが、3年以内にテレビからも消えて完全に過去の人になってほしいなと、心底思っています。

そういえば、元維新の上西小百合も一時やたらとテレビに出てましたが、すっかりその存在を忘れられるようになりましたよね。

山尾さんもそうなってほしいと私は思ってます。

だって、野心家に良民が振り回せる時代なんて、もう終わりにしたいですから♪

だからそうなってほしいなと願っています♪

それではまたね☆

山尾さんお疲れ様☆二度と国会に戻ってこないでね♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

4 件のコメント

  • おはようございます。

    そう、正に「小池百合子の劣化版」。

    次の選挙に出馬しないのは、自らやらかしたことの責任を微塵も取らないことから悪化の一途を辿る自身の評判では当選の見込みがかなり薄い、仮に当選しても影響力を持った存在になれないと自覚してのことなのでしょう。

    竹久さんも仰られているように、恐らく今後TVに出演することが増える可能性ありと思っております。話題性さえあれば、マスコミは放っておかないでしょうから(どちらも節操無しという気持ち悪さ)。
    綺麗事を並べたところで、今までやってきたことを考えれば信用に足る人物ではないことは明白。

    擁護する方々は、当人のその時に発した言葉を先ずは肯定したところから思考を開始するという少々拙速ともいえる判断を下してるが故に、擁護者自身の考える結末とは程遠い結果が待ち受けている可能性を考えられていないように見受けられます。

    最近の山尾志桜里を勿体ないと思う人達に対しては、深田信者と通ずるものがあると感じます。

    • こんにちは。
      確かに、深田さんを支持する声と似ている部分ありますね!
      根幹にあるものではなく、枝葉に目を取られるとそうなっちゃうんでしょうが……それは本人自身がデラシネであるということを吐露しているようにも見えます。
      軸が定まれば、行動の根底にあるものが見えやすくなりますよね(笑)

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 一応補足。

    「小池百合子の劣化版」
    と書きましたが、もちろん小池が優れているという意味ではありません。
    言うなれば、大朝鮮に対しての南朝鮮のようなもの。

    • 補足ありがとうございます!
      助かりました!

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください