【青天の霹靂?!】あっという間に地の底に落ちた橋下の信頼

ウクライナロシアの戦いが始まって、個人的に一番面白いと思っていることは、橋下さんの信頼度が日毎半減していく現実です。

 

もう帰ってこない?…橋下天下な時代。

大阪市長時代、大阪府知事時代の橋下さんのことは、そんなに嫌いではなかったというか、個人的に評価している面が多々あったのですが、市長を退任されてからは、その思いは徐々に変化していきました。

というのも、近年の橋下さんは田原総一朗かのような振る舞いばかりが横行し続けており、自分に有利なように(利権が回ってくるように)メディアを利用しているのではないかと、思わせる言動で溢れかえっていたからです。

ですから10年前は評価していたはずの思いはすっかり変化してしまい、鼻につくなという思いを抱えながら、彼の言論と触れ合ってました。

が、今回のウクライナロシアの一件で、そのストレスも終わりになりそうです♪

 

大人としてみっともないを繰り返す橋下さん

橋下さんはおおさか維新の会(日本維新の会)を立ち上げ、代表もしていたので、多くの人は保守系と認識されているかと思います。

ですが、近年の橋下さんの言論は、日本の国益を無視し、あからさまに中国びいきでロシアびいきです。

また戦争当事者であるウクライナの気持ちを全く考えない上から目線の発言に、多くの人はドン引きしています。

 

特に数日前にナザレンコアンドリーさんに嚙みついた件は、正直言って取り返しがつかない大失態と言えるでしょう。

自衛隊の講演で北海道に出向いていたナザレンコさんの事情を知らずに、遊びに行ってると思い込んだ橋下が人格否定のTweetを連発した件ね。

ほんとヤバいよね。

いきさつよく知らないという人は、改憲さんのyoutubeをご確認ください。

どれだけ無様な醜態を晒したのかお分かり頂けるかと思います。

またこの件に関しては、ウクライナの隣国であるジョージア大使館もお怒りです。

国際問題に成りかねない言論を繰り返す橋下さんを、メディアはいつまで使い続けるんでしょうか。

 

 

右からも左からも、ケチョンケチョンな橋下さん。

それから問題はまだありまして…それは維新のこと。

以前から維新の会は、親中親露の節があるとは言われていましたが、あまりに露骨な言論を展開し続ける橋下さんの存在によって、この噂は確定情報になりつつあります。

これは大問題でしょう。

橋下さんは「僕はもう維新とは関係のない人間」と言い張ってますが、創始者であり代表であり続けた人間の影響力を考慮しない人の方が少ないでしょう。

そして、一連の橋下さんの発言は「維新の親中親露路線を確定付けた」とも言えるので、維新は今後の政策や対応を一から見直しすることが余儀なくされるはずです。

それから昨年の衆議院選挙では大勝利の維新でしたが、橋下さんが作り出した不信感によって参議院選は危なくなっている可能性が多々あります。

これは大問題でしょう。

特に維新の岩盤支持層であろう保守層から、橋下さんの発言はえらく嫌われていますから、なおのことでしょう。

 

 

もちろん左派からも橋下さんは安定的に嫌われているので、

 

今回の件をもって、右からも左からも嫌われる人になりました。

またウクライナに関する発言によって、ノンポリ層においても嫌われたはずです。だって、ノンポリ層の方がウクライナ暖かい気持ちを抱いてるはずですから。

ということで…橋下さんが好かれる場所は、もはや日本にはないのではないかと推察されます。

 

第二の池上の灯は消えたな。

橋下さんがメディアに復活し、前のめりの活動を再開した時に「第二の池上になるつもりかな、はたまた田原か」という気持ちで見ていたのですが、

今回のことで、その灯は消えたのではないかと思います。

 

池上さんは、どんなに保守から叩かれようとも、ノンポリと左翼の支持を集め続けてますし、田原さんは左翼の神とも言えるポジションを貫いています。

 

そもそも日本のメディアで活躍し続ける場合、左翼よりじゃなきゃ無理なのに、橋下さんはやや保守寄りと見られていました。

ただ近年は保守の視聴需要が増えたことから、やや保守寄りと見られていた橋下さんでも仕事が増えていたのに、今回のことでおじゃんですね。

 

明日から一気に橋下がテレビから消えることはないでしょうが、ここから徐々に露出は減り、3年後にはお見掛けしなくなるのが関の山じゃないかなと思ってます。

 

どうなるか分かりませんが、今後も見守っていきたいと思ってます。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

2 件のコメント

  •  いつも楽しく拝読させて頂いております。大人塾も受講しております。
     私は大阪在住です。10年前、大阪市長、大阪府知事の頃。また1回目の大阪都構想。あの頃、近所のスーパーにまで来られていました。大阪のあらゆるところで、雨の日も風の日も大阪のために動いておられました。身を捨て、大阪のために。大阪の酷い政治も少し変わりました。あの橋下さんを大阪の人は身をもって体験しています。今の橋下徹さんをみて戸惑うばかりです。地方の番組で、政治を辞められた原因を自分はいいが、家族を守りたい、と仰っていました。そこからどのようにしてあそこまで変わってしまうのか、、?人はこんなにも変わってしまう。今の自民にかわったらまた後戻り、と推察できるので、投票については迷います。が、維新に投票しなければ、元に戻るので投票せざるを得ないかな、、とも考えます。
    維新には竹久さんのおっしゃるように、もう一度土台から考え直して欲しいです。
    私が考えていることは、私だけではなく、大阪の人は少なからず考えていることかな、、と思います。恐縮ですが、、。
    長文大変失礼いたしました。
    今後も竹久さんのブログ、楽しみにしております。

    • おはようございます。
      そうですよね、戸惑いますよね。
      私は傍から見ている感覚に過ぎないですが、大阪の人はより一層強くそれを思うだろうと思います。
      関西地区は、中国系のインバウンドが凄かったので、多分その影響もあっての橋下さんの発言だと思うのですが、そこも踏まえて府の方向性を変える時が来たのかなと私は思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください