【他人事じゃない!】埼玉知事も愛知と似てるのでは??

N国党の立花さんが埼玉参議院補選に出る理由が、私には全く理解できない範疇だったのですが、徐々にその理由が明確になってくると……

実は知事選(※参院補選ではありません)って、意外にどこの地域も愛知に似たこと起こってるんじゃないの?と思えてきてしまいました。

 

なんで愛知は、大村知事なのか…。

あいちトリエンナーレの事が、全国区で騒がれるようになってから、愛知県知事である大村知事も一気に全国区の人となりました。

また、これと同時に他地域の人から「なんで愛知県民は、大村知事を選んだのか?」と言われるようにもなりました。

全国の皆さんのご指摘はごもっともなのですが……、愛知県は「共産党か、大村知事か」という究極の2択であるがゆえ、大村知事があっさり簡単に、しかも絶大な民意があるような空気感で当選してしまうのです。

↓このことについて詳しく書いた記事↓

【愛知県外の皆さんへ】なんで県民は大村知事に投票してしまうのか説明します。

2019年8月6日

↑未だお読みでない方、是非お読みください↑

つまりですね、民主主義でありながらも、選択肢がないと言っても過言ではない環境下に置かれているのが愛知県知事選です。

こういうの愛知だけだろうな……って思っていたのですが……、

今回N国党の立花さんが、現職の参議院を辞職して埼玉参議院補選に立候補したことによって、「こういうこと起こっているの愛知だけじゃないじゃん!埼玉もじゃん!」って思ったのです。

っていうか…「埼玉参議院補選と知事選は別個のこと」と思う人も多いと思いますが……この補選、密接に知事選と絡んだ忖度があったのです。

だから、めっちゃ驚いてるんです!

 

なぜ豊田真由子にラブコールを送っていたのか?

以前よりN国党の立花さんは、今さら受かる見込も無さそうな豊田真由子さんに「選挙に出ませんか?」とラブコールを送り続けていました。

だって、豊田真由子さんと言えば「このハゲーーー!!!!!」ですよ。それ以外に豊田さんのことで覚えていることありますか?

申し訳無いですが、私はこれ以外に思い出すことはありませんし……私と同様に、多くの人が彼女に関して思い出すのはこのフレーズのみなのではないのでしょうか。

N国党は、このようなタイプの人(以前の活動で問題を起して干された人)を広い集めて活動しているから、N国党の方針としては通常通りと言えるけれども、さすがにこの人選は如何なものなのかと……N国党に関してかなり温かい目で見守っている私ですら、正直思いました。

ただ、豊田真由子さんへ送り続けていたラブコールは空振りに終わりました。そしたら、なんと立花さん自身が参議院を辞めて選挙に出るという、一般的な感覚においては暴挙としか思えない行動にでました。

その時に、ようやく豊田さんが埼玉選挙区だった事に気がつきまして、そして、今回の補選のためにラブコールを送っていたことまでは理解できたのですが……それでも「なんでわざわざそんなことするの?」という思いは拭えませんでした。

しかし、ホリエモンとDaigo君の解説を見て、あぁなるほどとようやく思いました。

 

お二人が言っていたことは、今回の本題とあまり関係ないので要約しませんので、どうして立花さんが辞職したのか、その理由についてはお二人の解説で確認ください。

 

埼玉参議院補選は上層階級の馴れ合いと忖度による税金の無駄遣い

また今回立花さんが議員を辞めて出馬するということで、急に世の中がこの選挙に注目するようになりました。

私もその1人なのですが、どうして辞めてまで出る理由があったのかということをきちんと知りたいと思って、動画をチェックしました。

↓これです↓

これを見て……

おいおいおい!!!!愛知も埼玉も一緒だなという事実にぶち当たってしまいました。

できれば上記添付した動画を見てほしいのですが、時間のない方に向けて今回の選挙を一言で言うと、それは……

上層階級の馴れ合いと忖度による税金の無駄遣い

です。

現段階において、このような情報は立花さんからしかでていないので、あくまでこれは立花さんの主観として見るべきだとは思いますが……ぶっちゃけ愛知はどうも似たようなことが起こってたとしか思えない環境の上に今があります。

【愛知県外の皆さんへ】なんで県民は大村知事に投票してしまうのか説明します。

2019年8月6日

だから、「埼玉お前もか……」そんな気持ちになりました。

そして、上層階級の馴れ合いと忖度による税金の無駄遣いとも言える果てに、君臨している大村愛知県知事の実情は、今や国民の多くが知る所です。

八方美人で骨のない上に、最終的には自己保身しか考えない政治家など不必要どころか、害悪にしかなりません。

それは既に愛知が身をもって体験していることです。

そして今、愛知県民はそこから一生懸命に脱却しようとしていますが、選挙で決まってしまった結果を覆すのはとてもとても大変なことです。

一方で、既得権益側である上層階級はそのスキームを理解した上で、民意ではなく組織票で勝ち抜ける方法と環境を整えることに長けています。

庶民は、そこにきちんと目を向けるべきではないかなと思いました。

今回の選挙がどうなるかは埼玉県民さんの決めることで、どちらがなった方がいいなど部外者が口を挟む問題でもないので、そこについての私の意見は避けますが、とにもかくにも、今回の選挙によって、愛知県知事が誕生する裏側にも似たものが絶対に潜んでいるはずだと確信めいた気持ちを持ったのは大きな収穫です。

っていうか、上層階級の馴れ合いと忖度がなければ、「大村VS共産」とか言う構図には絶対ならないでしょ?

どうして、野党が大村さんを応援しているのかって話でしょ?

そして、八方美人で骨のない政治家だからこそ、できる技だったんだなと、今になって急激にあの無駄とも言える県知事選の意味が分かってきたように思います。

繰り返しますが、

八方美人で骨のない上に、最終的には自己保身しか考えない政治家など不必要どころか、害悪にしかなりません。

それをそれぞれ重々理解して、次の選挙の時には、この知識活かして投票していきたいものですね。

 

 

新刊のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

 

4 件のコメント

  • 初めまして。
    埼玉県民です。まだ県民になって年数は浅いですが。
    もうすぐ参議院埼玉県選出議員補欠選挙です。
    立花さんなんかを当選させるな、という雰囲気もありますが、
    上田さんも元埼玉県知事。
    そこにはやはりいろいろありそうで…
    どっちもどっち。
    選挙に行く気もなくなるのも仕方ないような…
    どうしたらいいのかわかりません。

    こういう状況なんだよってことを皆さんに知ってもらいたい気持ちです。

    • おはようございます。はじめましてコメントありがとうございます。

      埼玉の参議院補選は、立花さんが出馬されたことによって、認知は全国区になったと思いますし、もしも立花さんが出馬されていなければ、選挙があったことさえ多くの人が知らないまま、上田さんがすんなり当選されるだけのことだったと思います。
      ですから、悩む土壌ができて良かったのではないのかなと、私は思います。
      また、自分の望む人が出てきたら投票に行くと仰る方は多いですが、選挙という場でそういうことはまず起こらないと思っておいた方が良いと思いますし、それでも投票するのが国民の役目だと思います。
      逆にこのように理想を求め現実から目を背ける人が多いからこそ、政治がどんどん腐敗してしまうのだとも思います。
      どんな時でも自分なりに考え、そして意思表示する。そして一票の責任を果たすことが庶民ができることであり、義務だとも思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • 初めてのコメントで
        困った内容だったと思いますが
        お返事ありがとうございました。

        コメントを書かせていただいたあと
        少し頭がすっきりして、もやもやの状態から
        自分はじゃあどうするのか。
        情報収集して、考えを進めることができました。

        もやもやをとりあえずそのまま明らかにして
        客観的にみてみるというのは大事なことなんだなと思いました。
        これからは自分でやってみますね。

        ありがとうございました。

        • おはようございます。

          スッキリされて、自分なりに考え行動するようになられたとお聞きし、素直に嬉しく思いました。
          確か今週が投票日でしたよね。
          しっかり悩んで、投票するのは、今までとは違う味わいにきっとなると思います。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください