【共産主義の呪い】文化大革命は世界共通の悩みだったと痛感する日々

一度でもならず者に権力を明け渡したのなら、その後遺症に長いこと誰もが悩まされることになるんだなと。

 

文化大革命とは…

文化大革命は、かれこれ50年ほど前に中国大陸で起きた中国共産党による革命の名称です。

名前から想像すると、文化を発展させる革命かと思う人がいるかもしれませんが、実態は真逆です。

文化大革命は、中国大陸の文化をことごとく破壊しました。それから、当時の権力者を虐殺しました。そして中国共産党による全国統治を可能にしたのですが、この革命によって中国大陸では数千万の人が飢餓によって死にました。

なぜ多くの人が飢餓で死ぬことになったかと言うと、中国共産党によって「ならず者」が土地を支配するようになったからです。その結果、土地は枯れ果て、作物が育てられず、多くの人が食物不足に陥り、死んでしまいました。

3-6.共産主義が巻き起こす悲惨な現実

2019年4月18日

中国では戦争ではなく、ならず者の統治によって歴史上最も多くの人が死にました。

ですから文化大革命を一言で説明すると、「ならず者による統治の実現」と言えるのではないかと思っています。

また「ならず者」たちが、国を支配するようになると、ならず者たちによって不正が横行します。そこに異議を唱えるようなまっとうな人間は、権力者によって迫害され、精神異常者であるようなレッテルを貼られていきます。場合によっては殺されるでしょうし、その危害は家族・親族・知人にも及んでいきます。

こういうことを繰り返していった結果、今の中国のような「嘘をつくことが当り前」の社会が定着していきました。一方で、彼等の意向にそぐわないまっとうな人間たちへの迫害虐殺は続きます。ウィグル・チベット・モンゴル・香港・台湾で行われているように、まっとうな人間が迫害され虐殺される日常は今この瞬間も続いています。

 

そして、これと同じようなことが日本でも米国でも起きていて、その後遺症に私たちはずっと悩まされているのだなと思わされることが、米国の実態を知る度に増えています。

 

ならず者による統治を正すのは、難しい。

日本で文化大革命に似た革命が起きてしまったのは、戦後のGHQ統治期間です。

この時に多くのまっとうな日本人が迫害され、多くの権力が共産主義者たちに移ってしまいました。司法の中枢の解釈も共産主義を美化する形となり、またエリート層も左翼に染まり、ここの牛耳りをしっかりと正せないまま、日本はもう75年の時が経過しています。

一方のアメリカは、50年ほど前から大学内での左翼の牛耳りが強くなったそうです。また元々個人主義の文化も相まってか、ここ四半世紀のグローバル本格化の時代の中で生まれたグローバリストたちによる「金さえあれば何でも良い主義」がより一層強化されてしまったようです。

しかしあんがら「ならず者」と言えるような彼等が中枢に入ってしまった後、正すのは大変です。なぜなら彼等に公平な正義などはなく、全ては自分たちの権力が保持されることに動きますから。

また学問も探求ではなく、既に決まった学説を覚えるだけの宗教と化していきます。つまり、社会全体がカルト宗教化していくのですが、権力を握った者たちによる偽善の声に圧倒され、社会がカルト宗教化(画一化・全体主義化)していることに多くの人は気が付きません。

また、まっとうな事を言う人たちの多くは、権力者やメディアによって「精神異常者のレッテル」を貼られ、社会的抹殺を被ることになるため、改革の余地がなかなか掴めないまま、さらにカルト化を極めていきます。

今トランプ大統領の戦いを見ていると、一度でもそういう人たちが権力を握ってしまった後の反転が、想像以上に大変であることがよく分かりますし、私たちの国も私たちが思っている以上の侵略が起きているのだろうなと思っていますが……

本当にそこを正すのは難しい。

でも…

一寸の虫にも五分の魂

彼等にとっては虫けらの私たちにも魂があります。

その魂の力で、なんとかして世界中に蔓延してしまった「ならず者統治」を撃破したいものです。

 

また今回の出来事によって、アメリカの反共産党の波がどうか世界に拡大しますように。

共産主義者によって歪められた社会の形が道理ある形に戻りますように。

日本も日本人らしい社会が手にできますように。

心から願っています。

 

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

2 件のコメント

  • こんにちは。お久しぶりですm(_ _)m
    昔々、中国の現代史を知りたくてユアン・チアンさんの「ワイルドスワン」と云う本を読みました。共産主義とは何か?を少しだけですが
    知ることが出来ました。
    …文化大革命は、中国の長い歴史の中でソレまで培った本当に大切な文化を・精神を徹底的にブチ壊すモノだった(;´Д⊂)

    日本はかつて(主に隋や唐時代)中国から沢山
    の事を学んでおりましたね。やがて平安時代
    には日本独自の文化が花開く訳ですけど、ずっとお手本は中国だったと思います。
    中国に限らず、祖先の文化・精神・信仰etc.
    を悉く否定し、壊す行為は国民が根っこを持たない根無草状態にさせるのですね。

    ・・・もしかしたら、程度の差こそあれ日本もそういった状態なのかも???
    ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
    …などと、毒親育ち・ロスジェネ世代・デラシネ三拍子揃った私は思います(^o^;)(笑)

    • こんにちは。
      程度の差こそあるものの日本もそういう状態ですよ(^^;)
      ただ2600年以上に渡って育まれた民族性を崩すことは難しいことが2011年の東日本大震災でも分かりました。
      とはいえ、戦後世代はみんな結構な三重苦だと思います。毒親・不況期・デラシネと。そこを悲観することなく、この時代に生まれたものの役目としてしっかり乗り越えたいですね。
      祖先もみんな大変な時代だったと思いますが、それを乗り越え今がありますから。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください