㊋これからのスピ系トレンドを予測しちゃいます♪

おはようございます。
火曜日は「変わる、終わる、始まる」です。

この「変わる、終わる、始まる」では、社会全体のトレンド(流行や趨勢・すうせい)に関する情報をお届けしています。

時代によって、インフラが変わり、またこの変化によって人の興味も変わります。

激動の時代と呼ばれる昨今の中で、立ち止まって全体を俯瞰できる情報をお届けしていきたいと思ってます。

また「変わる、終わる、始まる」も月曜日の「今日から使えるマーケティング講座」と同様、お仕事で利用して頂けたら嬉しいなと思っていますので、こちらも朝7時に更新していきます。

こちらも朝のお供として、是非活用してくださいませ♪

 

アセンションブーム再び!の次にあるものは?

今日はスピ系ビジネスの今後について語ってみようと思います。

 

さて、ここ最近のスピ系最大の関心と言えば、0320のアセンションゲートだったでしょう。

しかしながらこの出来事(0320のアセンションゲート)は、このブームの牽引者である並木さんのハワイイベントが武漢ウイルスによって中止せざるを得ない事態に追い込まれるという……散々たる結果で幕を閉じました。

【全てご破算】並木良和ハワイフェスが中止!

2020年3月16日

ですから、期待外れに終わってがっかりしている人が多いのかもしれませんが、そもそも私は、アセンションに関して別の定義を持ち合わせていました。ですから「この日(2020年3月20日)に何かが起こる訳でもないし、セミナーやイベントに参加したからって救われるものでもない」と言い続けてもおりました。

そのため、その主張に基づいた現実が現れたと、今実感してる最中でもあります。

↓ここら辺のことについて詳しく書いた記事↓

【アセンション】古い地球の周波数を手放せない人ってどんな人?

2020年3月20日

またアセンションというのは今回初めての騒ぎではなく、以前にも似たような騒ぎがあったので、今後の事は容易に想像できます。

ちなみに以前というのは、2012年のことで、当時は今よりももっと大きなブームでした。

しかしながら2012年のアセンションの時も、今回同様に期待外れに終わりました。

その結果何が起こったかというと、「アセンションを押していた団体」は軒並み窮地に陥る事態となりました。

特にこのブームを牽引していたであろう船井グループは、この期待外れの結果を背景に求心力を失いました。そして今では、すっかりその存在すら忘れられる状況になっています。

この船井の結果から分かるのは、人の期待の反動は大きいものであるいうこと。

それと同じことがこれから起きると言えるでしょう。

※ちなみに失敗したのは船井系発信のアセンションで、地球のアセンションは成功しています。船井に属する人たちは間違った方向性に走ってアセンションの足を引っ張っていたから体感できなかっただけで、アセンションはちゃんと行われました。

↓このことについて心境を吐露した記事↓

 

ということで、またもや失敗に終わってしまった2020年アセンションブーム、これからどんな事が起きるのでしょうか…一緒に想像してみましょう!

 

スピ系&インチキ宗教は、壊滅になることでしょう。

次のブームが何になるかの前に、目の前に蔓延るスピ系&インチキ宗教の類いがどうなるかについて、まずは考察していきましょう。

はっきり言いますが、これから2年の間にこれらのスピ系ビジネスは、全て壊滅と言って申し分ない状況になると思います。

 

なぜなら、今のスピ系というのは基本的に自己啓発(自己実現)とミックスされた形の情報に落ち着いてるからです。

 

端的に言うと、見えない世界の力を使って自己実現をしよう、お金持ちになろう、幸せになろうというのが、スピ系メソッドの軸にあるものです。

 

以前からお伝えし続けさせて頂いている通り、この発想の軸がそもそも間違っています。

↓そのことを書いた記事↓

【そもそも論】精神世界と向き合って、金持ちになろうって……。

2019年11月30日

でも世の中の熱狂は、そもそもの間違いに気が付けない状況を生み出してしまいました。

しかしながら、世界的な混乱(武漢ウイルス騒動で鎖国状態)がこの方向性に楔を打ち込むことになっていると思います。

【グローバル】まさかの強制終了の勢い!

2020年3月22日

 

今までの平穏な時間は、誰もが自己実現に集中することができましたが、その当たり前の平穏な時間はすっかり消え去りました。

そして、誰もが栄光を考えることなどできず、ただ生きることに必死にならざるを得ない状況に陥っています。

こういう時に、成功を夢見る自己啓発ほど、無意味な産物はありません

成功なんて求めている余裕など今の世の中にはないのです。

しかも彼等(スピ系教祖さまたちの)の収入源はセミナーです。

そして武漢ウイルスは、このような業態を停止させる威力を持ち合わせています。ですから、この騒動の最中に廃業に追い込まれる人もいるでしょうし、セミナーが開催できないことで教祖のメソッドから離れる人もいることでしょう。

さらに言えば、スピ系教祖さまは、大概の所「どんなことも自分の思う通りになる」と言い張っているため、その発信とは乖離した現実によって、教祖様のおかしさに気がつくことも増えるでしょう。

だから、どうにもこうにも事業が続けられない事態に陥る人が多いだろうなと思っています。

だから、教祖様たちの事業継続・拡大は、厳しいだろうなと思ってます。

 

 

とはいえ……人々が不安になると、宗教にすがり宗教に救いを求める人が多いとはよく言われていることです。

また、現在批判殺到の心屋さんですが、そのブレイクの背景にあったのは東日本大震災でした。

【偽スピ報告書⑪】書籍から見える世界:著者別分析:心屋仁之助

2018年1月27日

ですから、それと同様な事が起きてしまう危険性は充分注意しなくてはならないとは思うのですが……今の情報環境であれば(メディアの情報を鵜呑みにしない・スピ系のヤバさがすぐに検索で上がってくる)ここまでのモンスターを生み出すことはないだろうと思ってます。

 

これから、始まるスピ系ブームは?

ということで、本題というか結論をお伝えします。

今回の武漢ウイルスによって、インチキなスピリチュアルが自滅していく中で芽吹くのは、「日本人が古来から持ち合わせている心持の見直し」だと私は思っています。

当たり前に傍にあったのに忘れていたり、見落としてしまっていた、本来あるべき日本人の心持を取り戻そうという動きが、それぞれの中で活発化するのではないのかなと、私は思っています。

このような動きは、東日本大震災の時にも活発にはなりました。しかし、多くは偽善的な気持ち(建前)にあるものだったと私は思ってますし、そもそもあの頃は日本が何かすら分かっていなかった日本人が多勢だったと思います。

しかし、あれから9年の間で、私たちは少しずつ日本を勉強し直してきました。その成果がここから発揮されるようになると思ってます。

それに今までの日本は、西欧主義で来たからこそ成功哲学などが重宝がられ、その哲学を伝授する人たちにお金が集まっていたのですが、今回の出来事を機に西欧幻想も終わると思うんですよね。

【武漢ウイルスパニック】欧米は想像以上に自分の事しか考えない

2020年3月23日

ですから気が付いた人から、日本人である自分の指針をもっと本格的に取り戻そうという動きが始まり、それは次第に加速していくと思います。

つまり、ナショナリズムの回帰です。

そして、本来のナショナリズムに日本人が回帰した時、今時の上昇志向は完全に失われると思います。

あるのは「如何に人の役に立てる自分になるか?」という一点だけになると思います。

【違う】人の為と思う時と役に立ちたいと思う時

2018年12月20日

そういう視点に立ち返ることのある指導ができる場所は、これから活性化するかと思いますが、多くのスピ系は「上昇志向が起点」にあるメソッドなので、どれもこれも生き残れないでしょう。

また一方で、日本人の精神性を磨くお稽古事(武道など)は、ここから花盛りになるのではなかろうかと、私は推察しております。

つまり、スピ系というのはここを境に衰退し、精神的という分野では日本古来にある精神世界の深堀が始まるということです。

さて、どうなることでしょう。

本当にこのようなブームが来るかどうか、是非一緒に検証してみてください!

 

ということで、今日のお話は以上です。

 

それでは来週火曜日の7時にまたお会いしましょう♪

 

それから「変わる、終わる、始まる」の過去記事が読みたい場合は、TOPの「曜日企画」→「㊋変わる、終わる、始まる」を押して下さい。

今までの過去記事が見れます。

 

それでは今日も張り切って働きましょう♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください