【目標は57万人】国会議員の横暴に歯止めをかけよう

先週からこのブログでも何どか取り上げさせて頂いている森ゆうこ議員。

【覚えとこ!】いい人ぶってる人たちの酷い言い訳パターン

2019年10月17日

彼女の横暴ぶりを許すことは、この国の国会を更に腐敗する事に繋がります。

民意の微力で、この横暴に歯止めをかけたいですよね。

 

森ゆうこ議員は特権を使い、民間人の人権侵害をしています。

先日の記事で、森ゆうこ議員が、自身の失態を漏洩問題にすり替えて大騒ぎしている事についてお話ししましたが、

彼女が国会で行ったやり取りによって、もっと重大な問題が明らかとなってきました。

彼女はNHKが国会中継に入っている場において、民間人に対して何ら根拠のない誹謗中傷を行い、至極真っ当な民間人の人権侵害をしました。

具体的に何をしたかというと、国家戦略特区ワーキンググループ座長代理をしている原英史氏が不正行為を行ったかのような発言を繰り返したうえ、「(原氏が)国家公務員だったらあっせん利得、収賄で刑罰を受ける(行為をした)」、すなわち「原氏が財産上の利益を得た」との事実無根の虚偽発言をしました

この件は以前より、毎日新聞が安倍内閣倒閣運動の一環として騒いでいる内容です。

もちろんその時点から虚偽であり、捏造であることはあからさまでありまして、既に毎日新聞は原英史氏から訴えられています。

そして裁判では、「あの記事は原さんの事を書いたわけではない」などの理解に苦しむ弁明を繰り返しております。

詳しい話はこちらの動画で確認を。冒頭すぐからこの話になります。

つまり、新聞というものは、自身の目的(倒閣)のためなら、罪のない民間人を悪人のように仕立て上げるということです。

日頃人権に敏感で、それを騒ぎ立てている人たちがすることではないと、一般の感覚があれば思うはずですが、彼らにそんなことは関係ないのです。

自分の目的に沿わない人権など最初からないのです。敵と認定した人には人権もへったくれも内のが彼らであり、森ゆうこ議員にも同じ事が言えます。

しかも、森ゆうこ議員はもっと悪質だと言えるでしょう。

その理由は、国会議員特権があるからです。

 

森ゆうこ議員は特権を悪用しています。

国民の代表である国会議員には、一般人とは違ういくつかの特権があります。

たとえば憲法第51条にはこのような記述があります。

両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。

つまり、嘘を言おうと何を言おうと、国会の場であれば責任は問わなくて良いと言うもの。

議員としての品格があれば、問題がないことなのですが、このような特権は悪用しようとすればいくらでも悪用が可能です。

今回の国会質問のように、何ら根拠のない誹謗中傷を行い、至極真っ当な民間人の人権侵害を行うことも可能です。

さらにもう一つ、見落とせない国会議員特権がありまして、それは不逮捕特権で、国会会期中は逮捕されないというものです。

不逮捕特権(ふたいほとっけん)とは、憲法上、国会議員は原則として国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならないという特権(日本国憲法第50条)。 ここでいう「逮捕」は刑事訴訟法上の「逮捕」よりも広い意味であり行政措置上の身柄の拘束まで広く含む。

不逮捕特権 – Wikipedia

ですから、どんなに民間人の嘘をばらまこうとも、人権侵害をしようともそれが犯罪行為だとは認められない環境があると言うことです。

彼女はこういった特権をことごとく悪用しているように思います。

また、彼女が現在主張している「国会質疑に関する情報守秘」をまっとうしたのなら、今まで以上に国会は空虚で無意味なものになるでしょう。

なぜなら、こんな事を実行したら、誰もがまともに答えられない環境になるだけだからです。

つまり彼女が今行っていることは、自己保身のために国会をより腐敗させる行為なのです。

しかもこんな腐敗した国会に一日どれほどの税金が使われているかというと

3億円です。

馬鹿馬鹿しいでしょ。本当に。

こんな人たちのくだらない国会質疑のために、日本国民の税金が湯水のように使われ続けているのです。

そしてその一部は、国会を腐敗するためだけに存在しているとしか思えない森ゆうこ議員などの活動資金にもなっています。

 

 

もう、どうかここで、こんな馬鹿馬鹿しい国会議員たちによる国会の悪用を止めましょう。

とはいえ、私たちができることは微力なのですが、頑張りましょう。

現在当事者である原英史さんが森ゆうこ議員に関する署名を集めています。

賛同される方は、是非署名をお願いします。

既に私も署名はしました。

今現在18,000名を超える方が署名されておられますが、上念さんの目標は57万人だそうです。

その理由はこれ↓

森さんの獲得投票が56万人だったから。

森さんの言動に腹を立てている人は多いと思いますが、それでも数万人が怒りを表明したところでは、マイノリティな騒ぎとして終わってしまいます。

それではもっと国会が腐敗するだけです。

だから、沢山の人がここに署名して数の力で彼らを驚かせたいなと私は思っています。

 

それでも私たちができることは微力な意思表示程度ですが、それが集まり57万人ともなれば、議員特権を悪用して、国会を空転させている彼らの行動をおざなりにはできなくなるはずです。

だから、この署名活動は、微力でありながらも力になりたいと私は思っているので、記事にしました。

もしも「同じ気持ちだよ!」と思う人がいらっしゃいましたら、署名お願いします。

また同じような気持ちをお持ちの友人知人がいらっしゃいましたら、この署名活動を教えてあげてください。

もうこれ以上国会が腐敗するのを見過ごすのはやめましょう。

国会議員特権を悪用して、国会を腐敗させるだけの議員を野放しにするのもやめましょう。

それから原さんがやり玉に挙げられた理由は、既得権益を瓦解するための仕事をなされている点もあるはずです。

要はここでへこたれると日本の岩盤規制はより強化されてしまうことにも繋がるということです。

 

繰り返しますが、私たちは微力ではあります。

ただし、この国は民主主義です。

そこを自覚しましょう。

そしてこの自覚をきちんと保ち歪んだ部分は民意の力で是正していくようにしましょう。

このような事をほっておくことが、香港のような民主主義の危機へと繋がるはずだと私は思ってます。

とはいえ…やれることは少ないですが、小さな事からコツコツと頑張りましょう。

ということで、賛同できる方署名をお願い致します。

 

4 件のコメント

  • 森ゆうこ参議院議員の懲罰とさらなる対策の検討に賛同してきましたよ。
    私の森さんに対する印象は、「大仁田厚と戦ってパンツ見せる人」でどうでも良い存在でしたが、
    とうとう世の中に害をなす存在に格上げしたのですね。
    旧民主・民進党の女性議員は、山尾志桜里さん、辻元清美さん、蓮舫さんなど、ろくでもない人が多いですね。
    同じ女性議員でも自民党の宮川典子議員(残念ながら乳がんでお亡くなりになりましたが)のような、
    「孔子学院」を牽制するような立派な方もいると言うのに...
    (山梨学院大学も日本大学以上に最悪な学校に落ちてしまいましたね)
    政治屋でない政治家もそうですが、竹久さんのような美しい心を持って有益な情報を発信される
    女性の方が増えている事は、冷静な目で世の中を見ると、ますます良くなっているように感じます。
    まだまだ油断は禁物ですが...

    • こんばんは。
      賛同してくださりありがとうございます。
      私は3年前の参議院選で当選してからの森さんの事しか知らないので、「大仁田厚と戦ってパンツ見せる人」ってなんだろうと思って調べてしまいました。
      https://saisin-news.com/2017/06/15/moriyuuko-ranntou/
      昔から、今と変わらずな感じだったのですね。

      女性の国会議員には素晴らしい人も沢山いる一方で、やたらと前にでる人がこぞって、女性の品格を微塵も感じさせないのが残念というか…なんというか。
      女性の権利を広げようとしているあの人たちの行動が、最も女性の足を引っ張っていると感じているのは私だけではないと思います。
      ただただがさつで、品のない上に責任感のない女が、女の主張をする時代は終わりにして、凜とした女性が凜としたまま何も言わずに時代を作っていけるように変わっていけたら良いなと思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

    • おはようございます。
      一度見たら頭に張り付いて忘れないほど、インパクトのある写真でしたよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください