【知っとくと便利】ダークサイドからの攻撃がきた時

昨日ご紹介したゆりんさんの旦那さんのブログに大転換がありました。

その理由は「ダークサイドからの攻撃」とのことですが、その攻撃に対する対応方法を完全見誤っていると思うので、記事を書きますね。

 

hideさんのブログ今日にも閉鎖?

昨日ご紹介したHappyさんと非常に親しいゆりんさんの旦那・hideさんですが、早々に閉鎖することを決めてしまったようです。

ご家族のこともありますし、仕方が無いのかなと思う気持ちもあるのですが、見逃せないのはこの言葉ですね。

もうこのブログはダークサイドに目をつけられてしまったので、家族の事を思うとこれ以上続けられなくなってしまいました

ボクは本当にスピリチュアルな世界が大好きでした。
だけどそれを穢す闇の存在を見過ごす事ができませんでした。
各方面に多大なご迷惑をおかけ致しました事をお詫び申し上げます。

 

hideさんの言う「ダークサイド」さんがどのような存在かは、この文面だけでは計り知れませんが、このような情報を表に出すことに対して、騒いだ人たちがそれ相応にいるのでしょうし、家族を含めて脅されたのでしょう。(っていうか、hideさんの言うダークサイドが私だったらどうしよう?!とふと思いました。とりあえずその可能性はなくもないですが…とりあえずこの記事では、私ではなく、hideさんの言うダークサイドは「Happyさんを含むいわゆる偽スピ界隈教祖さまたち」としておきます。ということで話を戻して……

しかし、こういう時にこのような判断をすると、実はもっと大変な目に合いますよ!

それだけはお伝えしておきたいなと思い、記事を書いています。

 

なぜなら、彼らの脅しの世界の中に埋もれるだけになるからです。

また波動の側面で言うと、彼らの言うことを聞くということは「調和」を作り出すだけなので、問題は解決せず、さらに大きなことになっていきます。

そして、彼らの言うことを聞かなければ生きていけない環境にも置かれてしまうことになります。

特に発信力のあったブログを閉鎖することは、今後彼らからの嫌がらせが今まで以上にひどくなってもそれを伝える場所すら失うことになるので、そういう点でも危険です。

 

ネットの世界は事実が強いです。

hideさんのように、今まで隠されていた事実を発信すると、隠されていたからこそ元気だった人たちから必ず攻撃を受けます。

ですが、ネットの世界はこのような事があった場合、それすらネタにして、問題をさらに顕在化させることができます。

というか今の時代は、このような手法の方が身の安全を作りやすいと思います。

↓その理由はこの記事で確認して↓

【WEB2.0】今のネット社会でピラミッドは作れませんよ

2018年2月23日

私自身、偽スピ批判を始めてからアクセスも増えましたが、批判も沢山届きました。

特に黒沢全さんという方に関しては、コメントで名前が挙がっただけのことが一年に渡る騒動にもなりました。

彼の願いは「自分の名前が書かれたコメントを削除してくれ」それだけのことだったのですが、その流れに私は訝しいものを感じたので、コメントを削除しませんでした。

そのような判断の結果、そこから色々な嫌がらせが始まり、その攻防は一年以上続きましたが、このブログではあまりその方をネタにしないどころか、敢えて「黒沢全」というお名前を出さずに過ごしてきました。

しかし、これでは終わらないなと思ったので、今年の4月に彼とあった騒動の全てを名前付きで公表しました。

↓この記事です↓

すると、その日のうちに問題は片付きました。

ちなみにこのような事を書くと私自身が未だに黒沢全さんに恨みをもっていると勘違いされてしまうかもしれませんが、その日を境に「変わる」と彼は私に宣言してくれて、お名前も本名に戻して活動されています。

ですから現在は、活動が今までとは違う良き物になるよう微力ながら応援しています。

【連絡】黒澤全さんは佐藤想一郎さんに戻られました。

2019年4月4日

過去は過去として、過去を隠さずその上で今がある人生であってほしいと願っています。

たとえばホリエモンさんが、昔逮捕され、そして刑務所暮らしをしたことは日本全国誰もが知ることであって、それは見方によれば黒歴史となるのでしょうが、ホリエモンさんは一ミリもその事実を隠すことなく、それも糧として生きておられます。

全てが品行方正な人生などあり得ませんから、起こった事は起こった事として、過去を隠さず、その糧の上に今があると正々堂々と生きてほしいなと遠い場所から願っています。

 

とか言いつつ……話を戻すようですが……、当時黒沢さんは私を脅しているつもりはないと仰っていました。

しかし、少なくとも私は脅されている(威圧されている)とずっと感じていました。

hideさんが言うダークサイドの皆さんも同じような感覚かもしれません。

結局、黒沢さんとの経緯から見ても、彼らの言い分は「彼らが裏でやっていることを表沙汰にしないで」ということに過ぎずません。

また、言うとおりにすることは、「彼らが裏でやっていることを肯定する」ことに繋がって行きます。

ですから、彼らの思惑に沿うことは、普段の生活は彼らの怒りに触れない程度に、何事も自粛せねばならない環境を自ら作り出すことにもなっていきます。

また彼らが脅すのは、繰り返すようですが表沙汰にされて困るからこそです。(本人は無自覚かもしれませんが)

だからこそ、表沙汰にしてしまった方が、本当は解決が早いです。

特にhideさんの場合は、「これでもか!」というくらいに、自分の身の回りに起きた事実をどんどん公表してしまった方が、一時的なトラブルは増えたとしても、最終的に安心できる環境に辿り着けたはずなのになと思ってます。

また、hideさんと同じようにこの界隈に対して問題を感じている方も沢山おられるはずですから、表沙汰にすれば、共感者からの協力や更なる裏情報得られることができます。

実際Happyさんに関するこの記事↓は、業界に超詳しい方からのタレコミで書きました。

【スクープ】Happyの真実wwwwwww

2018年1月31日

それからこれ↓は、内部をよく知る人からの情報によって書いたものです。

【胸が痛い】偽スピスタッフさんの証言

2018年5月18日

 

とはいえ、このような活動をし始めて最初の頃は特に、この界隈や信者さんからの脅しがすごいです。

私のコメントも「死ね!」「馬鹿!」「殺す!」といった便所の落書きみたいな内容が数多く寄せられ、コメント欄を開けるのが嫌になるくらいの時もありました。

さすがにこのような便所の落書きみないなコメントを公開する理由はないと思ったので、それは私の胸にだけ留めましたが、結構堪えましたし、便所の落書き以上の内容が書かれていれば、批判的な内容であっても必ず公開し、お返事を書きました。本当に毎日そこと向き合うのは、今思い出しても辛かったですし……、また黒沢さんのように「訴える」言動を起されれば、普通に怯えます。

でも、それでも芯を持って続けていればいずれ、このような時期は必ず終わりを迎えます。

そして、彼らはこちらを脅せば脅すほど、自分の醜態が世の中に伝わることになることを自覚していくため、彼らの方が攻撃を自粛せざるを得なくなります。

その状況になるまで頑張ってほしかったなと言うのが本音のところでした。自分の経験から言えば、今のタイミングこそ踏ん張り所で、今のタイミングでブログを閉鎖することこそが、hideさんにとって究極のピンチに繋がるはずだと思えてしまうので、今回の閉鎖はそのような側面で残念には思っています。

ただ閉鎖を決めたからと言って、これからもずっと黙っている必要はありません。

もしも、今回の対応によって彼らが今まで以上の嫌がらせをするのならば、すぐにSNSやブログを開設し直して、起きた出来事を掲出するようにしてください。

今は一瞬で情報を拡散できる時代です。ですから、誰かが気がつけばすぐに情報は表沙汰になるはずなので、酷い嫌がらせに遭う場合は、一目散にネットで表沙汰にすることをオススメしますが、その際に気をつけた方がいいことがあります。

 

ダークサイドと向き合う際にきをつけた方が良いこと

 

こういう方と向き合うと、言わずもがな必ずこちらも感情的になります。

ですから、自分の感情面の話はしないことに尽きます

言うのは、事実だけ。これが絶対条件です。

【WEB2.0】今のネット社会でピラミッドは作れませんよ

2018年2月23日

 

それから、相手にする必要もないメンヘラな人たちに絡まれることも増えますが、ここはスルースキルを身につけるようにしましょう。

ここら辺のことは、Daigo君の話が参考になると思いますので、それを貼りますね。

 

その上で、彼らの言い分に筋が通らない限りは屈しないことです。

これは、ネット社会を生きる上で誰でも身につけた方がいいことなので、是非みんなで身につけていきましょう。

 

新刊のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

 

 

 

 

4 件のコメント

  • 最近気づいたことですが、スピリチュアルには麻薬と同じ幻覚症状を引き起こす作用があります。
    竹久さんが何か変だと感じるのはそこじゃないでしょうか?

    人類は今、到底助かるはずのない絶望の未来に向かって突き進んでいると気づいた私の仲間たちにもこの話はすでにしています。
    スピリチュアルにハマっている者から比較的冷静な者まで多種多様、前者はとても意気消沈していましたが、今は冷静さを取り戻しています。
    スピリチュアルには理論体系が必要なのだと悟りました。
    後者はこの話をメールで読んでから、私を本格的に信頼してくれるようになりましたね。

    • こんばんは。
      そうなんですね。そうかもしれないですね。
      頑張ってください。応援しています。

  • いつも感謝しています。
    私がひょんな事からこのブログに行き着いたのは、まさに「黒澤全」関連からです。
    「黒澤全」さんのメルマガを3年くらい前から無料購読していたのです。
    内容は確かにスピリチュアルですが、当たり前の事を分かりやすく説明していて、害が無いものでした。
    と言うか、誰でも知っている事、昔の日本人なら普通に生活していれば自然と身につく事を書いてあるだけで、
    何がしたいのか?ビジネスか?教祖になりたいのか?サークル活動がしたいのか?誰かと繋がりたいのか?
    分かりませんでした。(ただ、やたらと長文なので、キーワード近辺以外は読み飛ばしていました)
    で、「最近そういえば黒澤全さんて、ちゃんと生きていけてるのかなぁ」と検索したところ、
    竹久さんに行き当たりました。
    おかげでいい本に出会えたし、時事問題も分かりやすく解説してもらえるし、「黒澤全」様さまです。
    竹久さんのブログで少なくとも数名の方が救われたようなので、嬉しくなって少々コメントをさせていただいてます。
    まぁ自分の内なる心に従えば、本物か偽物か容易に判断できと思うのですが、世の中悪い想念の影響が強いのでしょうね。
    私は波動とか高次元とか知識が乏しいのですが、竹久さんの素晴らしさは匂いで分かります。
    これからもお体ご自愛いただき、健やかにご活動下さい。

    • こんにちは。
      以前黒沢さん経由で知ったとお聞きしておりましたが、更に詳しく教えてくださりありがとうございます。
      黒沢さんのおかげで新たに繋がった縁は結構ありまして、いろいろありましたが…私にとっても黒沢様さまです。

      こちらこそ、ここに集まってくださる皆様のおかげで、生きがいを頂いております。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください