【ラクビーW杯】旭日旗が全く話題にならない理由

先週末からいよいよ始まった日本で初開催のラクビーワールドカップ。

来年控えている東京オリンピックはすったもんだの繰り返しをしておりますが、ラクビーW杯はとってもスムーズで気持ち良く進んでおります。

その理由はなんだったのか、ちょっと分かってきてしまったので記事を書きます。

 

私、スクールウォーズ世代です!

私はスクールウォーズ世代というか、小学生の頃スクールウォーズを見て育った世代なので、割合ラクビーに親しみのある世代の人だと思います。

HERO聞くと、なんだか未だに血が騒ぐしね。

っていうか、上にyoutubeのスクールウォーズのOPを貼ったのですが、これを見るだけで不良時代全盛期の不良具合って、ガチヤベーなとしか思えないね。

今だったら、全部がBPO案件になっちゃう事態だね。

まぁそんな現代だからこそ、表現者たちは地上波に見切りをつけなくてはならない事に繋がってはいるのだけれども、

【全裸監督】 覚悟のない欲望ってつまらないと思うわ

2019年9月5日

そもそもこういう過激な事を煽ったのも、結局テレビだったんだろうなぁと…今になっては思うわけで、テレビが視聴率という魔物に取り憑かれた上で右往左往しなければ、こんなにもいろんな問題は起きるはずもなかったと思うと、ただただ残念ですね。

話がどんどん逸れてきたので、元に戻しましょう。

 

 

ユニフォームって、旭日旗じゃね??

ラクビー日本代表のユニフォームと言えば、紅白が定番っていうか基本。

【ラグビーW杯】カッコいい!歴代ジャージに感動 より

紅白のボーダーを軸にしながら、様々なユニフォームを作ってきました↑。

 

そして、今年の日本のユニフォームはこんな感じ。

ボーダーなはずだったユニフォームに斜めラインが入ってます。

最近韓国の常軌を逸した行動に慣れてきてしまった私は、「このユニフォーム……旭日旗じゃねぇのか?」と思えてしまうのですがwwww

これって、韓国プロパガンダにやられている証ですよね(^^;)

【旭日旗抗争】毅然と踏ん張ろ!

2019年9月10日

っていうか、日本人である私ですら、ちょっと旭日旗じゃねぇ?と敏感になっているのに、なんでもかんでも「旭日旗だ!」と言い張る韓国が今回はとても静かですね。

【韓国】太陽を拒否る民族の末路

2018年10月10日

韓国が最も騒いで然るべき事態が、今日本で起こっていると言っても過言ではないのに……

これに関する騒ぎらしい騒ぎは全く怒っておりません。

それゆえあの毎日新聞も頭を悩ませているようですが……

【毎日新聞】ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動がないのか

理由は簡単。

それは、中韓が参加していないからですよ。

中韓の認識の範疇の外にあるからこそ騒ぎにならないのです。

 

 

行こうぜ!中韓の認識の外の世界!

改めてこの写真を見ると、

どう考えても韓国が発狂発狂発狂の繰り返しをしておかしくない現状が繰り広げられていることくらいは容易に理解できるのですが、韓国は一切この件を話題にしておりません。

一方で、オリンピックであればやたらとネタにするんですけれどね。

東京五輪での旭日旗やめて 韓国国会でIOCへ要求決議

不思議ですよね。

しかしながら今回のことによって、中韓の行動パターンと日本のマスメディアの行動パターンがよくよく分かるようになりました。

つまり、中韓が騒げば日本のマスメディアは話題にするだけなのだなと言うことが今回のことでよーーーーく分かりました。

そしてマスメディアは、中韓の意見を常に「正しい」として行動するだけでもあるのだなという事がよーーーーーーく分かりました。

旭日旗の問題は、韓国が話題にした時だけ問題になるだけなのです!

ホントこんな事に付き合うって馬鹿馬鹿しいよね。

そして韓国がワーワー言ってこない限り、そもそも何も問題などないのです。

さらに、日本のマスコミが韓国の要望に迎合する節を見せなければ、国内が旭日旗の扱いについて右往左往する必要もないものなのだなということが改めて理解できました。

っていうか、今回のワールドカップを見ていると、韓国がいないってもの凄い有難いことなのだなと、中国がいないことってもの凄い有難いことなのだなとひしひし思うに至りました。

やはり、あの国やあの国やあの国やあの国とは、とにかく関わらない、関われないようにすればいいだけなのだなと思いました。

妙に迎合するからこそ、問題が大きくなるだけのことで、関われない環境の中であれば、問題にすらなり得ないのです。

もしくは毅然とした対応でピシャリとやり込めればたいした問題にも発展できないのです。

2002のサッカーW杯から、何事も韓国と一緒という事が当り前になってしまった日本ではありますが、あの国が日本に関われない環境こそが穏やかな日常を作り出す第一条件なのだなと、今回改めて思いました。

 

最後に……今さらぶっちゃけます!

っていうか、ここまで書いておいて恐縮なのですが、私未だにラクビーのルールが分かりません(^^;)そのため、ラクビーのどこで興奮したらいいのかすら分かりません。

しかしながら、中韓が参加できないイベント、視野に入らないイベントであれば、兎角やっかみを言われないということが分かりました。

ですからこれから、中韓が参加しない国際イベントは、中韓が参加する国際イベントとは何が違うのか、肌で感じられるように、ここから色々と調べていきたいなと思ってます。

それではまたね♪

 

新刊のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

 

 

10 件のコメント

  • こんばんは。
    赤と白のユニフォームを着た人で埋め尽くされたスタンドは美しかったですね!
    ほかの国の選手たちも互いの国に敬意を払える人たちばかり。本来なら普通のことですが、今まで変な国に煩わされてきたので新鮮に感じてしまいます。中国と韓国がいないだけで余計な雑音がなく物事がスムーズに進むのはわかりやすいなと思ってました。それにしても中韓がラグビーに熱心じゃないのは何故なのでしょうね?どうでもいいことですが今後もそのままでお願いしたいです。
    ラグビーのルールはテレビの画面に説明が出るので試合を見ながら覚えるのが早いし楽しく覚えられますよ。興奮する最大のポイントはやはりトライした時ですよ。あとは屈強な選手たちがぶつかり合う醍醐味、チームプレイや相手チームのディフェンスを突破していく時なんかも興奮します。手取り早いのは好きな選手を見つけることでしょうかねw
    ラグビーは少し前まですごくマイナースポーツだったのに、こんなに注目されるようになってファンとしては感慨深いです。

    • おはようございます。
      本当に今回のラクビーW杯は、あらゆる事がスムーズで、来年控えているオリンピックのゴタゴタ感とは真反対ですね。
      これは中韓が入り込まなかったことが大いに考えられますが、同様に日本のお左翼さまたちが入り込まなかった事も要因ではないかなと思います。
      うろ覚えの情報なので間違っているかもしれませんが、確かラクビーW杯は自民党議員主導で開催に漕ぎ着けた案件だったと思います。ラクビーW杯の場における国際コミュニケーションがビジネスに繋がるコミュニケーションになっている事に気がついた政治家が、一生懸命周りを巻き込んで行ったと確か虎ノ門で聞いたように思います。
      ラクビーは日本ではマイナー競技であるがゆえ、お左翼さまたちもここにビジネスチャンスや利権が転がっていることに気がつかなかったんじゃないかなと。そして彼らが入り込んでこなかったからこそ、ごくごく普通に、スムーズに運営されているんじゃないかなと思います。
      ですから彼らが入り込まない環境を作るって、大事だなと心底思いました。
      また、オリンピックはボランティアの事でももの凄くドタバタしている感がありますが、ラクビーW杯のボランティア活動はもの凄くスムーズに動いているようです。

      それから、ラクビーの楽しみ方教えてくださりありがとうございます。
      覚えようと思って一時は観ていたものの……結局分からなくて、分からないから見ないことになっていたのですが(^^;)……今はそんな風に見ながら教えてくれるんですね。
      これは有難いです!!!!
      まずは、次の日本戦を観てみます。その中で好きな選手を見つけていきたいと思います。
      教えてくださりありがとうございます。

      これからも宜しくお願い致します。

  • いつもありがとうございます。感謝しています。
    いま旬の話題であるラグビーW杯から物事の本質に一石を投じる竹久さんのお考えに感動しました。
    昨今ナショナリズムは批判の対象になっていますが、自国に誇りを持てないような国が他国に信用されるわけはありません。
    普通の人である私でも新聞・テレビ等マスコミの誘導は明らかに気持ちが悪いと感じられます。
    因みに私事で恐縮ですが、草ラグビーをやってまして、ラグビーW杯はすごく楽しく見させていただいてます。
    監督は高校ラグビーで天理高校を優勝に導いた田中先生ですが、
    当時では想像できない程の優しさで指導していただいてます。
    私以外は高校・大学・社会人で活躍された人ばかりなので、技術の無い私はウイングを仰せつかってます。
    5分走ったらかなりバテナテです。
    サッカーと違うのは全てのフィールドを攻守の範囲にしなければならず、一番過酷なスポーツだと感じています。
    私のポジションは端的に言えば「取って走る」で済みますが、フォワードは想像以上の地獄で頭を相当使います。
    戯言を長々書きましたが、お体ご自愛いただき今後もご活躍下さい。勝手に応援させていただいてます。

    • こんにちは!

      自国に誇りを持てないような国が他国に信用されるわけはありません。」仰る通りだと思います。
      ナショナリズムに対する誤解とナショナリズムの理解が伴わない風潮が混乱を増やしているだけであって、それぞれが自国に誇りを持てば、それぞれが日々の生活の中で感じている生き辛さは必ず減少されるであろうと思ってます。

      またラクビーの面白さを教えてくださりありがとうございます。
      まだポジションすら理解できていないのですが、一つずつ覚えて決勝戦くらいには皆さんと同じように興奮できるようになりたいです。

      こちらこそこれからも宜しくお願い致します。

  • こんばんは〜
    HPリニューアルおめでとうございます!キレイな色ですね。
    「スクールウォーズ」が懐かし過ぎて思わずコメントしに来ました(笑)。
    私はラグビーのルールは知りませんが(ボールは後ろにパスぐらいしかわからないw)、迫力があって見るのは結構好きです。でもあまりラグビーW杯の話題を日本のメディアが取り上げてない気がして、それって中韓が参加してないからだったのですね。わかりやす〜いw
    私は大阪人なので花園ラグビー場での試合が早く見たいです(^^)

    • こんばんは!
      お褒めくださりありがとうございます。
      確かにテレビ報道は控えめですよね。2002日韓ワールドカップとはどえらい違いだなと思いながら日々を過ごしておりますが……日韓ワールドカップは日韓だったからなのかと……私も思い始めております。
      日本だけで開催されていることのが凄いことなのに、不思議ですよね。

      とか言いつつ、自分もルールがまだ理解できていないので、そこから頑張りたいと思います!

  • ぶっちゃけ自分もラグビーとアメフトのルールは全然わからないのですがwww
    ルールがわからずとも、特に海外選手
    身長190cm体重100kgクラスの身体能力は見てるだけで感動に値しますね。
    同じ人間とは思えませぬw

    • おはようございます。
      仲間ですねwww
      確かにあのガタイの良さは生で見ると別格のオーラを感じることになるでしょうね。

  • 北マケドニアの国旗が日章旗っぽいですよね。
    日章旗のデザインって古今東西どこでもあるから、
    世界規模で考えると普遍ですからね。

    あと、大日本帝国の成果って調べれば、わかるけど世界的に評価されてますからね。
    でなければ、前回の即位礼の時のVIPのメンツは集まらないですよね。

    • こんにちは。
      北マケドニアの国旗まさに日章旗っぽいですよね。
      茅ヶ崎市の記念バッジで初めて知りました。
      韓国は日章旗を問題するうちに、世界全てを敵に回していくのでしょうね。ご愁傷様です。

      今回の即位の礼も世界中のVIPが来られますが、韓国は断ったそうですよ。有難いことですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください