【ウクライナ系とウクライナ人】違和感あるアメリカの対応の理由が分かった!

ウクライナ系アメリカ人(ユダヤ)とウクライナ人は仲が悪いらしい。

 

なんか変だなと思うアメリカの対応の理由

ウクライナ戦争について、アメリカの対応をやり玉に挙げた途端、陰謀論の烙印を押される昨今ですが、

私はこの侵略が始まった当初から、アメリカの対応について訝しいものを感じており、それは今でも変わっておりません。

【波動解説】ウクライナ危機に見る、庶民の賢い対応とは?

2022年2月26日

 

っていうか、政権がバイデンですしね。

だってバイデン政権がやってることって、これに限らず国内においても……国境や難民の件についても、それから黒人などのマイノリティの対応についても、あまりにもおかしいことが満載じゃないですか。

解決するどころか、問題を増やすことしかしてないでしょ。

だからというわけじゃないけど、絶対問題を増やす方向でアメリカは動き出すだろうなぁと私は思っていて、でもその理由が全くはっきりしないままでした。

だけど、山口敬之さんの解説でようやく分かりました。

↓これ↓

↑貼り付けは④だけど、是非①から見てね。

ウクライナに恨みを持っているウクライナ系アメリカ人がバイデン政権には沢山いるんですね。

なるほどと思いました。

そして、この観点で見れば、どうもしっくりこなかったバイデン政権の動きがスッキリ分かります。

 

もちろん戦争と言うのは、この観点一つで起こることではなく、起こった理由がこれ一つと言うわけでは当然ありません。

先日お話したハートランド論を含めて、いくつもの誤解と勘違いと怨念と復讐と不安と恐怖が重なって起きるものです。

【推察】馬淵大使が見誤ったと思われる「1点」を考える

2022年4月23日

 

ですから、これだけの理由ではありませんが、この理由も一つ大きなキーだと思います。

そしてこの鍵を一つ理解しておくだけで、理解はもっとスムーズになるんじゃないかなと思ってます。

 

 

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください