【凄!】高市会見、フジ系NEWS動画再生数でTOP10入!

高市さんのことについてメディアがやたら控えめに報道するから、実感湧きにくいところがあるけれど……実は今、世代を超えた高市フィーバーが起きてるんじゃないの???

私…そう思えて仕方ないのですが…皆さんどう思います??

 

噓でしょ?出馬会見が400万再生超え!

私は定期的に高市さんの出馬会見動画の動向をチェックしているのですが(動画再生数が見るたびにめちゃくちゃ増えてるので気になって定期的チェックしている)、なんと本日再生回数が400万を超えました。

しかも高評価数が8万に迫る勢い。

すごくないですか?

政治家発信の動画の場合、再生回数で8万もあればかなり良い方に入るのに、高市さんの会見動画は「いいね!」だけで8万。その上、動画再生数が400万って……どういうこと?。

っていうか、再生回数400万レベルって、ヒカキンとかはじめしゃちょーとか、東海オンエアみたいな超TOPユーチューバーの再生回数と肩を並べるレベルですよ。

しかも、これ会見動画です。しかも、約2時間という非常に長丁場のもの。

これが、400万って……ねぇ。

今までの常識なら考えられないです。

また400万再生ってFNS(フジ系)でどれぐらいの位置なのか気になって調べてみたんですが、まさかのTOP10でした。

FNSオンラインの動画再生ランキングTOP10(2021/09/23現在)

  1. 警察官 職務質問した相手 女の子との会話にほっこり 925万回 4か月前 時間1:32

  2. 【解説】「破廉恥世界ランクトップ」と日本を罵倒した韓国 789万回 1年前 時間9:26

  3. 皇后・雅子さま ある表情が話題【はてな】 759万回 1年前 時間8:24

  4. 韓国 反日不買運動から2年 “脱日本”進めたら世界が“脱韓国” 728万回 2か月前 時間6:31

  5. 暴力団 工藤会トップに「死刑」 判決後の法廷 突然の叫び声 641万回 4週間前 時間3:53

  6. 「中国・韓国の了解いるのか」河野防衛相問答の全容 周辺国の「理解」と「了解」めぐり緊迫の会見に 615万回 1年前 時間3:07

  7. すくえた命~太宰府主婦暴行死事件~ テレビ西日本報道特別番組 498万回 3か月前 時間49:24

  8. アマゾン配達員 驚きの行動 荷物放り投げ 悪質“置き配” 466万回 5か月前 時間4:05

  9. 政治家を勝手に観察! 第2弾 年収1300万円超えの千葉市議 437万回 11か月前 時間10:56

  10. 【LIVE】高市早苗前総務相 自民党総裁選出馬会見 407万回 2週間前 時間1:50:20

ついでに言っとくと、高市さんの動画はTOP10入りの中で最も新しい動画です。投稿から1年たっている動画もある中で、TOP10入りってすごいですよね。

また私の記憶が確かなら、数日前(2日前くらい)は370万くらいだったように思うので、たった2日で40万近く再生される……今もなおものすごい勢いで再生数が上がっている・上り調子の動画だと言えます。

ここからどこまで伸びるか分かりませんが、TOP5に入るくらい再生数が伸びることも十分考えられるのではないのでしょうか。

っていうか、ここまで再生回数が伸びる会見動画など、前代未聞なんじゃないでしょうか。

にもかかわらずメディアはどうも、高市さんの存在を隠したい様子ですよね。記者クラブが主催した討論会では、リアルに高市隠しが横行したのは皆さんの記憶に新しいですよね。

そして私たちは、このようなメディアの中で生活しているがゆえ、高市さんが旋風を起こしている体感を得にくい状況にあるのですが、実はほんとは前代未聞の旋風が起きているような気がするんです!

 

あれもこれもバカ売れって、普通は「大ブーム」って呼ぶんですけど…

先ほど、高市さんの本「美しく、強く、成長する国へ。」の状況が気になって、

AMAZONを覗いてみたんですが、相変わらず高市さんの本はバカ売れの様子で総合ランキング2位でした。

しかも、発売から1週間くらいしか経過していないのに、レビュー284ですよ。すごくないですか?

私も買いましたが、まだ全部読めていません(実は…買った本はだいたい遅読になるから、図書館で借りるようにしてるんです( ;∀;)図書館だと返す日が決まってるからそこまでに読むんです(笑))だから、急いで読みます!そして私もレビューしたい!

っていうか、私が購入したのは発売前の9/6だったんですが……確かその時からアマゾンランキング1位だったと思うんです。

ですからほぼ1カ月、総合ランキング上位を滑走してることになると思うんです。

これメチャクチャすごくないですか?

いつものメディアなら大騒ぎするレベルのことだと思いますよ。

 

ちょっと話はそれるけど、早苗タオルの完売の速さも「アイドルかよ!」っていうレベルの速度でしたよね。

この完売速度も異例中の異例だと思います。500枚とか1000枚とか普通は完売すらできませんよ。

 

それでもメディアがスルーするから、高市さんの人気はネットの中だけの人気という風にみんな捉えがちだけど、実はそんなことはないのではないか?と徐々に私は思い始めています。

実は前代未聞の大旋風が起きているのではないかとすら思っています。

もし、その旋風が本当に起きているのなら、自民党は大変ですね。

だって、高市さん以外を総裁にしたのなら、それだけで国民から総スカンを食らうことになりますから。

数日前、河野さんがなったら今度の衆院選はヤバいことになりそうって書いたけど……

【予感】来週には河野太郎の政治生命が……

2021年9月21日

この異常なまでの熱を鑑みるに……岸田さんでもヤバいよね(; ・`д・´)

だって、俺たちの早苗じゃないのに自民党応援するか!って感じになりそうだもの。

 

ですから、自民党の皆様には、改めて来月に控えている衆院選のことも考えて自民党総裁を選んでほしいものです。

第百代・初の女性総理ほど、自民党の追い風になるキャッチフレーズはないし、

既に高市さん自身がブームの中心にいます。

どうかその事実をしっかり受け止めた上で、自民党の正しい決断を望みたいと思います♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

8 件のコメント

  • こんにちは。
    先日はご丁寧なお返事をありがとうございました^^

    相変わらず地上波では河野さん&岸田さんの一騎打ちみたいに持っていきたいようですが、実態からかけ離れていることは誰の目にも明らかですよね。

    高市さんは中国が台頭し始めるずっと前から、中国の脅威について語っていらっしゃいましたし、どの角度から突っ込まれても全てを網羅して自分の言葉で語っていらっしゃるから、誰が聞いても納得できるんですよね。私も、この人になら日本を任せたい!って心から思います。

    今、高市さんが総理大臣になったら自民党は一気に挽回できますし、自民党が全面的に高市さんを支えることができたら、本当に日本って変わったんだな!って世界からも評価されるようになると思うので、自民党には正しい判断をしてほしいです。

    • おはようございます。
      少し話はそれますが、今日のモーニングショーは野党(立民・共産・維新・国民)を集めて討論会をしたそうですよ。
      Twitterの呟きを見ている限り、かなりパラレルワールド感のある番組だった様子が伺えます。
      そのパラレルワールド感から比べたら、自民党総裁選の討論会は現実味のある話が多いですが、その現実味のある中で高市さんの言論は冴えまくってますよね。
      また高市さんがど正論と正々堂々言ってくれるので、他の候補の言動が高市さんに寄せられていく様子も良いなと思っています。
      そして結果的に、野党とのパラレル感がますと言う(笑)

      また今回総裁選がここまで盛り上がっている理由は何より、国民が野党にもう何も求めていない現れだと思っています。
      でも、ここで総裁選択を間違えると、結果的にいつもの戦後日本に戻ってしまうので、本当に自民党の皆様に正しい判断をしてほしいと願うばかりです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • いつもご丁寧なお返事をありがとうございます。
        野党のパラレル感・・・・すごく良くわかります^^;

        最近は野党の人たちが何を言いたいのか?何を見て言っているのかさえも分からなくなってきました。
        昔は国民目線の話が多かったような気がするのですが、年々世界の動向や経済の全てから乖離して行っているような印象を受けています。

        今は自民党にとっても今までの失態を取り戻すか?政権を野党に譲ることになるのか?という瀬戸際のように感じるので、自民党にはプライドを捨てて正しい選択をしてほしいと思います。

        • こんにちは。
          野党を見ていると「知名度上げれば票が集まる」というのはすっかり過去の話なのだなと思わされますね。
          誰より何より、次の衆院選に焦っているのが野党であるのもよくわかりますが、その焦りがから回っているのも面白いですね。
          日本の税金をただ食うだけの野党の皆様に気持ちよく退陣頂けるように、どうか自民党の皆さんには正しい判断をしてほしいですよね。
          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    私も今回の総裁選はマスメディアと国民の乖離が激しいと感じています。
    今回、ヤフーニュースを見ていても、ヤフコメの住民は熱烈に高市さんを支持している人が多い印象です。
    それぐらい、出馬会見の力強いコメントが国民の胸を打っているのでしょう。
    ぶれない発言ですからね。私も書籍、さっきAmazonに頼みました笑

    半面、野合の皆さんの対案のひどいこと。
    そしてこの自民VS野合の縮図が総裁選なのかな、と思っています。
    最後まで総裁選、目が離せないですねっ

    • こんばんは。
      yahooのコメントは主要メディアと同じ論調になることがほとんどですが、総裁選と眞子さまの件はいわゆるネット世論(ネトウヨ)と同調しますよね。
      (私の記憶が確かなら、米大統領選のヤフコメは基本、主要メディアと同じ論調だったと思います。)
      つまり、この2件は右左の思想とは別の「日本人」というアイディンティティが強くでる話なのだろうなと思っていますが、メディアはそこの本質を見ようとしないからこそ乖離してしまうのだと思います。

      今日の毎日新聞の報道でも、戦いは岸田と河野と言っていましたが、総裁選の日が経過するごとに、なんだか時代錯誤に思えてしまいますが……蓋を開けてみたら毎日新聞の方が正しいということもあると思うので、冷静に応援していきたいと思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。いつもありがとうございます。特にここ数日はブログ冴えまくってます。いい感じ>

     さて、どっぷりと総裁選プロレスにはまっておる日常ですが、某政治系動画のコメントで面白いものを教えていただきました。既にご存知かも知れませんが。それは高市早苗コラムです。https://www.sanae.gr.jp/column.html
    政治家の文章をまともに読んだことがない私でも気軽に読めました。臨場感溢れるといっては言い過ぎでしょうか。ちょっと古いので恐縮ですが時の総理に入れ知恵をする女黒田官兵衛(笑い)のごとき高市さんの行動をごらんください。政治系パロディも作れる才能あるかもと嬉しくなってしまいました。

    (引用ここから)
    「「史上最強状態の総理」の開き直り大作戦」
    更新日:2001年04月11日

     我が文部科学委員会も、何とか3月中に予算関連法案2本を仕上げて、4月からは「教育改革」の目玉となる4法案を審議する予定ですので、高市委員長は大張り切りなのでありますが、永田町は暗~い!
     だって、みんな顔を合わせば総裁選挙の話ばかりなんだもん。森派議員と橋本派議員が出会った日にゃ「小泉さん出られるんですか?」「おタクの派は野中さん?それとも橋本さんで決まりそうなの?」と探り合い。

     3月末に、10分間程でしたが森総理と話す機会があり、こんな会話を交しました。

     高市「総理、現在の総理は『史上最強・無敵』の状態ですよ」

     総理「なんだ、そりゃ?」

     高市「今国会では、内閣不信任案は既に否決されましたよね。『一事不再議の原則』がありますから、少なくとも6月までは、総理はたとえ何をやらかしても総理大臣で居られるわけです」

     「一事不再議」というのは、「議院の議決が一回決まれば、同一会期中に同じ問題を再び審議できない」という国会のルールです。つまり、6月までの通常国会会期中に内閣不信任案が出されることは有り得ないので、森総理が自分で退陣表明をしない限り、誰も総理の身分を取り上げることは出来ないのです。

     高市「総理、例え来月あたりに自民党総裁選挙が行われて、新総裁が決まったとしても森総理が『退陣しない』と言い張れば、新総裁は内閣総理大臣にはなれません」

     総理「うんうん、理屈としてはそうだが。それで?」

     高市「総理が居座ると、みんな困り果てます」

     総理「・・・」(明らかにムッとした表情)

     高市「ですからこの際、総理としておやりになりたかった事を全てやっちゃうんですよ!
     『私の政策を聞き入れないなら総理大臣を辞任しないぞ』って開き直れば、総理に退陣して欲しい人たちは何でも飲みますよ」

     総理「例えばどんなことを私にやれと言うんだ?」

     高市「少し過激ですが、元遺族会会長であった橋本元総理ですら実現できずに涙を飲まれた『靖国神社公式参拝』をやらかすとか。総理の公式参拝は、遺族会を始め多くの自民党支持団体の悲願でしたから、喜ばれますよ。一部マスコミには叩かれても、内閣不信任案は出せませんし・・」

     総理「うんうん、面白い発想だな」

     高市「首都移転をホントにやるのか、実はやる気がないのか、政治的な決着もつけるべき時期ですよ。各候補地は誘致運動にお金をかけているのに、東京では着々と官庁街の建て替え工事が進んでいて、莫大な税金使っちゃってますからね。他にも、有事法制やら憲法改正やら教育基本法のように、政治的に大きな対立があって歴代内閣が方向性を打ち出しにくかった課題についても、今の総理ならご発言自由であります」

     総理「ううむ・・」

     高市「それから自民党改革も、総裁としての最後の大仕事じゃないですか?まずは開かれた総裁選挙を指示して下さい。全党員の直接投票で且つ党員票のシェアを上げることで、必ず党は活性化します。今回もしも派閥所属議員の数を数えるだけで結果が見えるような総裁選挙をやらかしたら、森総理がお辞めになったところで参議院選挙は惨敗です。『総裁選挙の手法について現総裁である私の指示を無視するなら退陣しないぞ』って脅かすとか・・」

     総理は最後あきれ顔で私の主張を聴いておられました。「果たして『6月までは史上最強』の立場をどう生かすのか?しかっり見せてもらうで、森総理」と期待していた私がアホやった。それからわずか数日後の4月4日、古賀幹事長と会談した総理は「無条件での退陣表明」をやっちゃったのでした。がっかり・・・。(引用ここまで)

    お笑いはここまで。気を取り直してしっかり応援しなきゃ。ではごきげんよう。

    • こんばんは。
      コラムがあったのは知っていましたが、こんな昔からやってるとは知らなくて驚きでした。
      ちなみに20年前というと……日本ではまだブログという概念が存在していない時代です。
      日本でブログが浸透したのは、誰もがご存じのアメブロが始まってからなのですが、そのアメブロのサービスが開始されたのは2004年からです。
      ですから、その3年前に今と変わらぬテンションで、ネット配信を始めていたのはめちゃくちゃ驚きです。
      また2001年頃は、本人が直接発信するという文化そのものがまだ発展しておらず、有名人でネットで配信しているのは中田英寿くらいでした。その頃は、今と違ってホームページの更新がやがら面倒だったというシステム環境もあり、今のように気軽に発信できないのもありましたし、それ以上にネットの可能性の多くを、ほとんどの人が気が付いていなかった時代です。
      だから、本当にすごいなと思ってます。
      それから、モバイルで2001年というのはどのような時代かというと、「写メ」が流行り始めた年です。ガラゲーがようやくカラーになり、ネット通信がいよいよモバイルでも普及し始めたと言える時代です。その時にもうブログ発信始めてたって本当に凄いと思いませんか?
      しかも国会議員。国会議員こそこういうの遅いのに、中田英寿レベルで早く参入してるって本当に凄いと思います。

      また、敢えてそんな時代のネット環境と人々の心持(自己発信の必要性に気が付かない…抵抗があると考える心持…っていうか自己発信の概念すら当時はない)まで視野を広げてこの文章を読むと、高市さんが如何に先見の明があるのかが分かると思います。
      高市さんはSNSをやっていないので、あまりネット環境には強くないのかと思う一面があったのですが、古参だからこそ参入しない賢さがあったのだなと気が付きました。
      実際総裁選が始まってからようやくSNSを展開し始めたわりに、どうしてここまでそつなくネット運営できるものかなと思っていたのですが、実は誰より知っていたということなのだろうなとも思いました。

      教えてくれたコラムの内容とは全く別の方向に興味が飛んでしまいすみません。
      教えてくださりありがとうございます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください