【朗報】オリンピックのコロナ対策は完勝でした!

オリンピックは画面越しに見ても、めちゃくちゃウイルス対策を徹底して運営されていることが伝わりましたが、その努力成果として実ってますね。

 

メディアの誘導に乗らないためにも知っておこう

今日の読売新聞で、オリンピック運営におけるコロナ対策の結果が出ていたようです。

↓これ↓

 

0.02%って、完勝と言っても良いでしょう。しかも、重傷者も0人。

ほんとスゴイです。

それから、メディアの報道が嘘であることも証明されましたね。

というのもメディアはオリンピック中盤から、武漢ウイルス感染者が拡大していることをことさら大きく報道するようになりました。またこの拡大はオリンピックが起因していると結論付ける報道をしていたんです。

ですが、これで全くの無関係である事が証明されたと言えます。

 

また、選手村にて外国の選手はなかなか日本の感染防止ルールを守ってくれないなどの意見も聞かれましたが、外国人選手たちが上げている動画を見る限り(動画を上げる人はみんなちゃんとしてるのかもしれないですが)、外国人選手もかなり気を遣って対応していたことはあらゆる場面の行動から伺えます。

ほんとみんなが頑張ってくれたおかげです。

関係者62万人が徹底して努力してくれたおかげで、この大イベントでクラスターを発生させず、全ての段取りを行うことができたんですよね。

本当にすごい事だと思います。

ここからのメディアの論調には気をつけよう。

しかしながら日本のメディアは、このような事実を度外視してめちゃくちゃな論を展開するのがお決まり。

たとえば、孤独死とオリンピックを関連付ける東京新聞の記事なんてまさにその典型と言えるでしょう。

 

またサンモニでは既にお門違いな批判を始めているそうです。

オリンピック前は政局利用で反対を貫き、オリンピック開催中はしたたかに金儲け、終われば政局に戻り、楽しかった思い出も悪夢に転換。

これがメディアの所業です。

元オリンピック選手の為末さんも懸念されておられますが、選手を散々持ち上げておいてたたき落すのもメディアのお仕事の一つ。

↓為末さんのブログ↓

こういうカラクリで情報が回っていることを、私たちはしかと心得て、彼らの手口に乗らないようにしていきましょう。

そしてこんなに楽しかったオリンピックの思い出を改竄されないように気をつけていきましょう。

 

それではまたね♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

2 件のコメント

  • オリンピック終わってしまいましたね。
    閉会式があまりにあんまりでショック受けてしばらく落ち込んでたのですけどw

    オリンピックが終わって選手の忌避のない記事がなくなったとたん、ネットがまたマスコミの暗黒の記事しかないくらーい世界になってしまって息苦しいです。

    選手たちの楽しそうな記事が恋しいですが
    こちらのブログ読んでちょっと元気出ました。ありがとうございます。
    最後のバスケ銀の感動をがんばって思い出したい。笑

    銀!すごいですよね銀!女子バスケで!
    アメリカはさすがに強かった!

    • こんにちは。
      閉会式は、開会式に増して電通クオリティが全開になってましたね(^^;)
      開会式の頃は、何の期待値もなくそれゆえ大方のことは目を瞑ることができた私でも、閉会式は悪い意味でヤバすぎるだろと思ってました。
      特に、大道芸人が出てきたあれはヤバかったですね(>_<)。あのシーンは選手への冒涜にしか見えなかったです。しかもオリンピック直後で視聴者も目が肥えてる中で、素人芸を見せられるって鳥肌ものです。スカパラやDJ松永も変な使われ方して可哀そうでした。スカパラ2曲くらいでひっこめばよかったのに、長すぎですよね。 他の演目も「え?」ってのしかなくて、ダンスもきもかったし、MIKIKO案だったらこんなことには……とつい溜息がでてしまいました。 今回は最終日まで応援できる種目が沢山あって凄いなと思いました。 ほんと日本の女子バスケが世界で決勝行けるなんて、ほんと凄いですよね。 それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください