【ABCD包囲網から80年の今!】Jの港にABDが集結!胸アツ過ぎる!

かつての敵は、今の友。

先人たちの努力のおかげで今があるんだと改めて感じます。

 

横須賀に、ABDが集結した???

先日横須賀にクイーンエリザベスが入港したという記事が出ていた驚いたのですが…

横須賀にいる軍艦は、連合国と呼んでも過言ではないくらいになっているみたいですね!

 

なんと英国だけでなく、オランダの軍艦も来てるんですね!

 

いや~これはすごい!個人的にかなりの胸アツ案件です。

 

だってですよ!かれこれ80年前(1941年・昭和16年)の日本で起きたのはABCD包囲網だったのですから。

ABCD包囲網とは、1930年代後半(昭和10年頃)から、日本に対して行なわれた石油などの輸出規制・禁止の総体。「ABCD」とは、貿易制限を行っていたアメリカ合衆国(America)、イギリス(Britain)、中国(China)、オランダ(Dutch)と、各国の頭文字を並べたものである。ABCD包囲陣、ABCD経済包囲陣、ABCDライン(英: ABCD line)とも呼ばれる。この呼称は日本の新聞が用いたものとされるが、初出については良く分かっていない。

1941年(昭和16年)7月から8月にかけての対日資産凍結と枢軸国全体に対する、石油の全面禁輸措置によって、ABCD包囲網は完成に至る

 

そして日本は自暴自棄の戦争をそこから丸4年に渡り続け、ズタボロになってしまったのですから。

 

そんな当時の敵国が、当時とは別の目的で日本に集結しました。

 

これは本当に感極まりますね。

 

以前の記事で、「時代は、ABCD包囲網から、ABC戦争へ変わった」と書きましたが、

㊋ABCD包囲網から、ABC戦争へ変わる、時代

2020年4月21日

D(オランダ)がここに加わりました。

そして、今度は日本が仲間です。

 

つまり今起きてることは、ABJD包囲網と言っても過言ではない状況ではないかなと。

 

これは胸が熱くなりますね。

 

先人たちも喜ぶのではないかと思うと、殊更一層胸が熱くなります。

だって、先人たちだって対立したくて対立したわけではないのですから。

何かの歯車がおかしくなった挙句対立しただけのことであり、本当は仲良くしたかったはずですから。

それが80年の時を経て今、あの時願った形が顕現されているのですから。

きっと先人たちこそ喜んでいるに違いないと思い、そう思うと胸が熱くなってしまいます。

 

そんな気持ちになって、過去に児玉源太郎になりきって書いた記事を読み返したら、自部自身がなおのこと熱くなりました。

【児玉】これは日本の数奇を賭ける一大事だぞ!

2017年12月14日

 

祖先の成し遂げられなかった思いは私たちが紡いでいきましょう。

それができるのは祖先が日本を残してくれたことだからできることです。

祖先の思いを引き継ぎ、そして後世につないでいきましょう。

 

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください