【武漢ウイルス】欧米が大変!

ちょっと他事に集中している間に、欧米が大変なことなっていて驚きました。

 

欧米は油断してたのかな?

なんかちょっと他の仕事を一生懸命している間に、ヨーロッパが大変なことになってますね。

世界各国の武漢ウイルス感染者数↓

引用:https://www.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

80,756 Mainland China
9,172 Italy
7,513 South Korea
7,161 Iran
1,412 France
1,231 Spain
1,224 Germany
754 US
696 Others
530 Japan
374 Switzerland
321 Netherlands
321 UK
261 Sweden
239 Belgium
227 Norway
160 Singapor

イタリアが韓国の感染者数を追い越し、一万人目前となりました。またイタリアの死者数は463人で、死者数も多いです(韓国は54人でイランは237人)

私は、G7国(先進国)でもあるイタリアでこんなにも感染が広がると思っておらず(先進国の医療技術があれば封じ込めが可能なのかなと思っていました)驚くと供に、また近隣諸国へとあっという間に広がり、スペイン・ドイツ・フランスも1000人を超える感染者数になっている事に驚いています。

2月中の感染国上位は、どこもかしこも東アジア諸国だったのですが、いつの間にか欧米の名前に占拠されています。

アジア諸国は多くの国で感染者を抱えたものの、ここまでの広がりになることなく多くの国が封じ込めに成功しているのに、どうしてこんなに広がっているのか不思議だなと思っています。

また数日前から感染者が増え出したアメリカも、いつの間にか日本の感染者数を上回っておりましたし、死亡数は現段階で日本の約3倍(日本9人、アメリカ26人)です。これは医療が高すぎて貧乏人がちゃんとした医療を受けられない体制があるためなのかもしれませんが、だとしたらここからもっとアメリカでは感染者が増えることが予測されますね。

 

オリンピックの開催地の変更はなさそうですが……

先月、ロンドン市長候補の人が「日本が武漢ウイルスで大変なら、今年のオリンピックはイギリスでやればいい」なんて不謹慎な演説をしていたことを、こちらのブログで取り上げましたが…

↓その記事↓

【新型コロナウイルス騒動対策】世界は「誰かのせい」に長けている事を認識して!

2020年2月22日

今やそんなことを言っている余裕がないのは、ヨーロッパの方になりました。

ですから、開催地の変更をIOCから言われるなんて事はなさそうですね。

 

また、2月の段階では日本が世界から責められることが続き、また中国は日本のせいにしようしながらも、日本に抱きつく行為(デカップリングされないための策)をしていたため、

【極不快】中国が「日本のせい」にし始めてる!

2020年2月29日

日本が欧米諸国からデカップリングされてしまうのではなかろうかと、私は心配していたのですが、

㊋確実に始まった!デカップリングな時代!

2020年2月11日

感染が広がり焦る欧米諸国の言動を見ている限り、「日本のせい」から「日本は蚊帳の外」に状況が移りつつあるように思います。

米国のポンペイオ国務長官(日本で言う所の外務大臣)は、会見のたびに「武漢ウイルス」と発信していますから、同様の論調はヨーロッパにも広がると思います。

WHOと中国はグルになって、武漢と中国の存在を曖昧にしようとしていましたが、欧米が当事者となれば、これは完全に阻止されることになると思います。

【中国対抗策!】敢えて「武漢ウイルス」と呼ぼう!

2020年3月3日

ということで、2月末には、「全ての災いは日本のせいになるのではないか?」という不安がありましたが、どうやらこれは回避されたように思います。

世界各地で感染者が広がれば経済の悪影響は大きくなるので、早く感染のピークが収まってほしいという思いはありますが、欧米の先進国で感染が広がったことによって、情報戦で日本だけが窮地に陥るということが免れたのは、良かったなと思ってます。

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

14 件のコメント

  • こんにちは。

    ヨーロッパが大変なことになってきましたね。
    EUとなり、ボーダレスとなっているので、封じ込めもなかなか大変なのではないでしょうか。

    日本のメディアは相変わらず「希望者全員にPCR検査を!」キャンペーン中です。
    なんか、相当追い込まれているんでしょうか。
    最近はやることが雑です。

    飯山陽さんがイランでの感染拡大の原因を

    ①モスクでの礼拝
    ②神の恩恵を受けるために廟にキス
    ③火葬はなく土葬で、お葬式の前に遺族がその方の身体をキレイにすること

    など、宗教的な儀式も影響しているかも?とツイートされているのを見て
    やっぱり宗教的儀式やそこからくる習慣がイタリアでの爆発的な感染に影響あるのかな?
    と思いました。

    ①挨拶のハグ
    ②挨拶のキス
    ③握手
    ④教会での礼拝など

    日本は一番の濃厚接触じゃね?と思うのは満員電車ですが
    日本人同士の挨拶の習慣に、ハグもキスも握手もないですよね。
    (ビジネスで握手することはたまにありますが)

    また、礼拝で1週間に1回みんなで集まってお祈りするってこともないし。
    家族以外で、身体にべたべた触ってくる人は敬遠しますし。
    お風呂は湯船に浸かって、しっかり温まって免疫力を上げ、毎日しっかり身体も洗う。

    欧米ではこの時期「身体が乾燥するから」と毎日入りませんしね。

    「挨拶はおじき」の習慣の日本で良かったわーと思いました。

    それと、感染が広がるタイミングがお正月でなくて良かったと。
    日本人のある意味宗教的なことで人が多く集まるのは初詣だし。
    一部の地域ではありますが、冬は比較的祭の数も少ないし。

    韓国は?って考えたときに
    キリスト教徒が多いですもんね。やっぱり礼拝からでしたし。
    それと、韓国ってトイレットペーパーを流せないんじゃなかったでしたっけ?
    使用済みのペーパーは汚物入れみたいなものに入れるっていうのも
    感染しそうだなーと思ってました。

    大阪のライブハウスでの感染を見ていて
    宗教的な集まりじゃないってところが、日本らしいなと。

    p.s.
    Fukushima50、我慢できなくて昨日観てきました!
    しっかり追体験して、心臓バクバクさせてしまいました。
    変な涙もいっぱい出ました。

    そして、改めて緊急の現場にはお偉いさんは行ってはいけないということを再認識。
    多分あの時、菅元総理はパニックになってましたよね。
    居ても立ってもいられない気持ちはよく分かりますが、パニックになっていて
    本来の自分がやらなければならないことが分からなくなっていた。

    あれを見て、国のトップにはパニックにならない強靭なメンタルを持っている人に
    なってもらわないとダメなんだなーと思いました。
    そして、現場の日本人はやっぱり日本人だったんだ。有難いという思いでいっぱいです。

    • こんばんは!
      詳しい解説、ありがとうございます。
      「なんでこんなにヨーロッパで?」と思っていた不可思議な感染拡大の理由が掴めましたありがとうございます。
      生活習慣や宗教儀式がこの感染拡大の起因ということが今さらすごく腑に落ちました。
      このウイルスは湿度の高い場所では広がりにくいとはいえ、確かにアジア人は欧米やイスラム教徒のような習慣はないですね。
      お風呂に常に入るのはアジアの中でも日本人だけかもしれませんが、多分他のアジア地域も欧米人のような密な挨拶(ハグやキス)をする習慣はないと思います。
      これが東アジアで然程広がらなかった要因の一つだったのかもなと、今思ってます。

      FUKUSIMA50でどう表現したら良いのか分らない涙が出てくる感覚すごくよく分かります。
      現場の人たちが杜撰だったという思い込みが実は私の中にはあったのですが…日本人魂で守り抜いてくださっていたことをようやく知り、今までの間違った解釈を本当に反省しました。
      あの時菅総理じゃなかったら、ベントはもっと早くできたのかな?とかいろいろ思う所はありますが、それでもあの映画では菅総理は意図的に悪く描かれておらず、少しばかり菅さんの当時のパニックの気持ちも分かる思いがしました。
      でもあーいうタイプの人が総理にはなってはいけないなと思いました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • ヨーロッパに対する日本人が持ってるイメージって
        多分綺麗なイメージがあると思うのですが、そんな事ないんですよ。
        装飾等綺麗かもしれませんが、清潔とは違います。

        フランスではあまりお風呂に入らない→臭くなる→臭いを消すためにたっぷり香水
        って具合に香水文化が発達したのですし。

        わたしは昔イギリス人だったかな。
        目の前で、ハンカチで鼻をかんで、そのハンカチをそのままズボンのポケットにしまわれたので
        その後の話に集中できなくなったことあります。

        何故目の前で鼻かむの?
        何故ティッシュじゃなくてハンカチで鼻かむの?
        何故そのハンカチを再びポケットに入れられるの?
        そのハンカチ、トイレの後に使うの?

        って、気になって、気になって(笑)

        ろくでなし子さんの今日のツイート面白いですよ。
        今アイルランドに住んでるらしく、彼らの衛生観念をボヤいてます。

        https://twitter.com/6d745/status/1236918164652544000

        • こんばんは!
          そうなんですよ!どうもヨーロッパには洗練されたイメージが私は強くて、それが拭いきれない部分があります。
          竹田恒泰さんのyoutubeで何年か前に「フランスのシルクハットとステッキとハイヒールは、全部うんこ対策」というお話しを聞いて度肝を抜かされたものの、それでもやっぱり「ヨーロッパは洗練されているはず」という有色人種らしい洗脳が抜けきらない所が私にはあります。
          今回の事で、しっかりそこら辺の洗脳を払拭したいけれども、ヨーロッパに行きたいと思わないし行く予定もないので、ここら辺の感覚が抜けないまま…ついついヨーロッパを先進的に見続けてしまいそうですが……今回の騒動をフックにして、なんとか脱出したいです。

          それから!ろくでなし子さんのTweet衝撃でした!っていうかろくでなし子さん今アイルランドにいるんですね!それも驚きです。
          海外に行けば、あまりに違う衛生観念にみんな驚くのですね。
          あのろくでなし子さんで「次元が違う」と思えるほど衛生観念の基本が違うということが(ろくでなし子さんは自由奔放過ぎて衛生観念などどうでもいいとか思っていそうという先入観念があるため)、彼女の発信は洗脳の脱出には大きな事柄です。

          これからも宜しくお願い致します☆

  • こんばんは。
    もともとの日本人のきれい好きな生活習慣が功を奏してますよね。お風呂に毎日入るとか、手洗いうがいもきちんとやるし。
    欧米が日本を追い抜いていったのは、挨拶でのキスやハグ、握手などの濃厚接触が原因の一つでは?と思いました。
    日本はそういった習慣がないので、広がりを抑えられているのかもしれせん。
    今後トランプさんや各国の首脳たちが中国に対してどう責任を追及していくかはちょっと見ものです。

    • こんばんは!
      日本の当り前が、海外とは全く違うということをどんどん気がつかされています。
      日本では遠目の距離で会釈しても挨拶になるけれども、海外ではそうはなりませんよね。
      日本の控えめな感じが今こんなところで功を奏するとは思っていなかっただけに、びっくりしている部分があります。

      仰る通り、私もこれから欧米諸国が中国をどのような形で追い詰めていくかに興味があります。
      この事情は欧米諸国の感染が広がらなければ起こらなかったことだし、逆にこのような事態にならなければ、国際機関に蔓延るチャイナマネーの影響で日本が悪者にされる形になることは避けられなかったし、そのシナリオの展開によって、第二次世界大戦と同じようなことが起きると危惧し続けていました。
      ですから、この危機的な部分が避けられた事は、日本国民としては有難いと思っています。

      これからも宜しくお願い致します。

  • イタリアでウィルスが拡大しているのは、
    北部では革製品が盛んなのですが
    その仕事のために中国人労働者が大量に移民していて、
    そこから広がっているそうです。

    河添先生も仰っていました。
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200305/for2003050001-n1.html

    イランも原油採掘のための中国人出稼ぎ労働者が原因だそうです。

    ここから日本のせいにするのは、さすがの中国でも無理筋でしょうね。
    それでも中国政府は原因を他に押し付けたがっているみたいですが苦笑

    話は脱線しますが、中世ヨーロッパの衛生事情は
    知れば知るほどマジでドン引きします笑

    フープスカートも女性が立ちションできるためとか、
    日傘が流行ったのも降ってくる排泄物を避けるとか・・・

    同時期の江戸の方が、100万倍清潔だったんですよね。

    • おはようございます!
      河添先生の記事教えてくださりありがとうございました。
      イタリアは中国人移民が増えているという話は聞いたことがありましたが、ここまで移民が増えていたとは知りませんでした。
      またイランが激増しているわりに、イラクは増えない理由も中国人の数に違いがあったのですね。
      納得します。

      中国の責任のなすりつけは、世界からNOと叫ばれることになり、この代償はここから大きいですね。

      っていうか、フープスカートって立ちションのためだったんですか??
      女子は立ちションするの無理があると思うのですが……どういう感覚なんでしょう。

      江戸の清潔さは凄いですよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりさん、こんにちは。日1日どころか、刻一刻と情勢が変わるので、ついて行くのが大変ですよね。
    日本での感染者の抑え込みが比較的うまく行っているのに対し、欧米で感染が広がりを見せていることについて、めいろまさんが大変興味深い考察をなさっていますのでご参考までに。

    https://mobile.twitter.com/May_Roma/status/1235877750122176513

    https://mobile.twitter.com/May_Roma/status/1236823926128467968

    https://mobile.twitter.com/May_Roma/status/1236822651496251393

    日本の公立の学校で普通に行われていた掃除当番、給食当番。実はこの中にあった衛生観念の教育が、世界的に見ていかにハイレベルであったかを今思い知らされました。

    あらためて、先人たちへの感謝の思いが深くなりました。やはり、日本は素晴らしいです。
    ここでめいろまさんが触れていらっしゃる格差社会の問題は、ある意味で今起きている問題の核心をついているとも思えます。

    これは各国の感染者の推移がわかりやすく見られるサイトです。↓(中国はのぞかれています)
    当初はアジアでの感染拡大を受け、欧米でアジア人がコロナ差別を受けるほどの有様でしたが、時間が経つにつれ形勢逆転の様相を呈して来ているのがわかります。
    アメリカの感染拡大も今後は免れないでしょう。

    https://public.flourish.studio/visualisation

    今のところ、感染者がずば抜けて多い上位3ヶ国が、親中(と言って差し支えない国) なのも皮肉です。

    • こんにちは!
      本当に日に日に情勢が変わって情報についていくのが大変です。
      めいろまさんのご指摘鋭いですね。
      海外を知っている日本人ほど、日本人の衛生観念の高さの違いが如実に分かるのだと思います。
      先人たちがきちんとしたことを子孫に教え残してくれ、それが文化として成熟している国に生まれて感謝です。

      後、最後のURLのサイトが見れませんでした。
      お手数ですが、また教えてくれたらありがたいです。

      ちなみに私はこちらのサイトで確認しています。
      https://www.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

      私は皆さんがコメントを通して教えてくださるまで、イランとイタリアに中国人が入り込んでいることを気がついていなかったですが、イタリア・韓国・イランは中国と密接なんですよね。皮肉ですよね。

      これからも宜しくお願い致します。

        • こんにちは!
          ありがとうございます!
          これ凄い!
          今までの流れが一瞬で分ります。
          教えてくださりありがとうございます。

          これからも宜しくお願い致します。

  • こんばんは!

    紅亜 さんの紹介サイト頂戴致します

    フクシマフィフティの本読んでいる途中ですが、本当に泣けます
    郷土の方々に本当に感謝の気持ちいっぱいです
    映画も是非見たいと思います

    映画と言えばジョニーデップさん主演の「Minamata」というのがあるのですが、日本では
    上映無いようです
    水俣病描く実話映画なのですが、皇后雅子様の身内の方が一時チッソの社長されており
    その理由で上映無いらしいです

    河添先生のお話しの中で5Gに関して日本は良いことばかりあるとニュースあるが、世界では
    導入しない方向性の都市が結構あると言っておられました
    仙台の丸山クリニックの丸山先生も電磁波(5Gは影響が大)の人体への影響大変危険だと
    言われてます
    そんな中びっくりなお話し見つけました
    以下転載します
    *****
    今回のコロナ「ウイルス」の感染者が出たと言われているダイアモンドプリンセス船は、実は世界で初めて5Gネットワークが導入されたクルーズ船。ものすごい量の電磁波を皆さん受けていたことでしょう。

    中国武漢市は2019年の年末に1万台の5Gネットワークアンテナが一斉に大規模に開始された。1万台という大規模で開始されたのは中国で初です。

    よって、5Gとコロナ「ウイルス」の関連性が非常に高い。

    単に、5Gの健康への悪影響を誤摩化す為に、「コロナウイルス」といふうにしているだけ、という説と、5Gの免疫低下のせいで体調を壊しただけという説が強いです。

    コロナウイルスだけに限りませんが、以前から疑っていた、「ウイルス」について...

    結論から言うと、「ウイルス」というものは実は存在しない!!
    原因が分からないものに対して「ウイルス」という架空の物体のせいにしているだけ。

    ウイルスの写真も、それらは「ウイルス」ではなく、「恐らくこれがウイルスであろう」という推測であるだけで、「確実にこれがウイルスである」ということを立証出来るケースは実はゼロ!
    立証はされていない、なんて信じられないことですよね...

    もちろん、この考えは、今までの医療情報を覆すものなので、かなりのブーイングを頂くと思いますが、どのようにして「ウイルス」という架空の物体が出来上がったかを調べてみると、とっても面白い。

    存在もしない「ウイルス」を使って、人々を脅かし、「ウイルス」を予防するという嘘を売りにしているワクチンで大儲け。
    「ウイルス」もワクチンも医療業界では「当たり前なこと」になっているので、誰も疑うものもいない。(疑ったら、医者になれない、ライセンスを失くす。)

    全世界の医学校は誰がコントロールしていると思いますか?
    *****
    ご本人も鵜呑みにはしないで下さいと言っておられますが、何だか気になりました次第です

    サリン事件のTBSの特番は予想通り没でした

    以上よろしくお願いいたします

    • こんばんは!
      5Gは中国がTOPランナーになっているとも言えるシステムですから、警戒するのが普通だと思います。
      そこを中国を崇めるような形で追走する形になっているのは、私も如何なものかと思ってます。

      ただ、5Gとウイルスの関係はかなりデマな類いだと思うので、信用するべきではないだろうなと私は思いました。
      どなたがこんな情報を流されているのかは分りませんが、このような無知の情報の積み重ねが気がつけば陰謀論に発展していく危険性を充分加味した上で情報は受け取るべきだろうと私は思いました。

      これからも宜しくお願い致します☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください