【アセンション】地震のようなもの

アセンションが起こるしくみは、地震と似ているなと思う事があります。

その理由をお伝えします。

 

実は予知できない地震

私は数年前まで、地震は予期できるものだと思っていました。

ですから、なぜ東日本大震災を事前に察知し処理できなかったのかと頭を随分悩ませていた時代があり、だからこそ人工地震とかの情報が事実に見えていたのですが……(悲しき陰謀脳時代)

実は、地震って余地できないんですってね。

最初この話を聞いた時は、狐につままれたような感覚でなんかショックだったのですがね…いろいろ頑張って研究していたけれど、「分からない」ということが、やはり事実だそうです。

ですが「今さら分からない」と言えない状況になっているからこそ、さも分かっている風な情報が増えて、反って人を混乱させていることに繋がっているそうです。

またこの研究で稼いでいる科学者などは、「分からない」と言ってしまえば、食い扶持を失うことに繋がるため、「分かります」と言い張り続けなきゃならない状況も生まれているそうです。

まぁ現代のあるあるな展開ですが……結論から言うと、地震は先に余地できないものなのです。

ただし、いつどこで起こるのか予測はできないにしろ、兆候というものは現われる時があるので、その兆候で地震がもうすぐ起こりそうだという判断はつきます。

それは科学者だけが分かることではなく、一般人でも分かる部分もあるはずです。たとえば動物の動きがおかしいとか、山が騒がしいとか、それから雲の形がおかしいとか。そういった兆候を見ながら、昔から日本人は地震を察知してきた面があると思います。

それから、地震が起こった後は、どこが震源地か、どれくらいの大きさの地震だったかということはすぐ分かります。

ちなみに武田先生は、揺れを体感した時は、その揺れの具合や長さで震源地と規模はだいたい分かると仰っていました。

 

ちょっと話はそれましたが…

この地震の特性と波動領域帯の変化(=アセンション)はよく似ていると思います。

 

つまり、

いつ起こるかは分からないのです。

ただし、起こる直前になると、いつもと何か違うなと思う事が起き始めるので

もうすぐ来るかもしれないという予測くらいはできます。

そして、起きてしまった後は

どれくらいの大きさの上昇だったのかということも分かります。

もちろん体感なので震度6みたいな感じで数字で言い表せたりはしませんが、何度も波動上昇の体感をしていくと、波動上昇にも大きい小さいがあり、またじわじわ長く続くタイプのものもあれば、一気に飛び抜くものもあるなど、波動上昇には様々なタイプがあるのが分かっていきます。

そして、ある程度大きかったり、それから地味に長めに続く波動上昇の場合は、社会に必ず影響が与えられるということも、経験によって蓄積されたデータから見えてくるようになります。

 

アセンションの予知はできません

現在2020年アセンションが起きるという情報が飛び交っているようですが、それは来年大地震が来るぞと言っているのと同じ事と言えます。

日本は地震大国なので、来年地震が来ないと言うことはそもそも考えられないことですが、いつどこでということは誰にも分かりません。

また現在の地球の環境は断続的なアセンションを繰り返しているため、来るか来ないかと言えば来年もアセンション(波動領域帯の変化)は起きるでしょうが、それは一昨日起きたもの7月に起きたものと比べて何が違うのかと言うほど、同じ事が起きるでしょう。

また嫌味なことを聞きたいのですが、来年のアセンションに向けて頑張っている人たちは、一昨日7月に起きたものに気がついてはいたのでしょうか。

それにも気がつかないままきっと教祖の言葉を鵜呑みに、ゲートが!とか言っているのであれば、哀れとしか言いようがないですね。

とはいえ、このような予言めいた情報が世に踊ってしまうのは、前回のアセンションも2012年という節目が重要と騒がれたことに起因するものだと思いますが、2012年のアセンションというのは、全くの異質です。

それがどう異質だったのかは、次の記事で書くことにしますが、とにかく2012年のアセンションと呼ばれる事象とそれからのアセンションは全く別物と捉えておきましょう。

とにもかくにも、覚えておいて欲しい事は、アセンション(波動領域帯の変化)がいつどこでどのように起きるのかは、誰にも分からないということです。

その理由が分かるような記事を前に書いたのでリンクさせておきます。

 

波動上昇って体感で分かるものなの?

昨日の記事で、波動上昇の感覚はどこで分かるのか?ということについて別途記事を書くと言っていたので、その辺のことをここで深掘りしていきますね。

なんだかいきなり気の抜ける結論なのですが……波動の感覚っていうのは常に意識して、その感覚に自信を持つことを繰り返していけば、誰でも分かるものなんですよ。

8年前は波動なんてもの自分に分かりっこないって私も思ってましたが、真面目にやってみようと決めて意識するようになったらどんどん分かるようになりました。

↓詳細記事↓

波動の感覚は、今日暑いか寒いか分かるくらい誰もが持っている当り前の感覚にすぎませんので、そもそも特別な感覚でも何でもないです。

誰もが意識しなくなったから分からなくなっちゃって、自分など分かるはずもないと思っているだけのことです。

そして、本来分かるはずの感覚が分からなくなっているからこそ、社会的に様々なトラブルが増えているだけのことですし、こういった分野で悪どいビジネスを展開する人が跋扈できてしまう状況になっているだけだと思います。

波動は意識したら絶対に分かります。セミナーとか行く必要とかは全くないです。

だって、自分の感じた事を素直に受け止め、その感覚に自信を持つ繰り返しで育まれるものなので、繰り返すようですが、波動の感覚を理解するためにセミナーとか通うのだけはオススメしません。

だって波動の感覚は知識で分かるものではないから、どこまでも体感だからです。それは自分の体感温度が暑いか寒いを判断することに過ぎないことくらい、自分でしか分からないことだからです。

そして波動の感覚に自信を持つためにセミナーに通うということは、自分の体感でしか分からないはずのことを人の意見に委ねることに繋がるから、とても危険なのです。

たとえば自分は寒いと思っているのに、講師が「暑い」と言えば、「暑いと思わなきゃいけないんだ!寒いと思う事は間違いなんだ!」という認識に繋がってしまう可能性もあり、自分が寒いと思っていることを無理にでも暑いと思い込もうとすることが起きやすいのです。

それが、波動の体感を高めるに当たってそもそもの間違いであり、誰かに頼ることはそれを促すことにつながります。

みんなが暑いと言ってても、自分が寒いと感じたのならそれで良いのです。その感覚に自信を持つことが波動の感覚を磨くことに繋がります。

ですから、誰かに頼らず、まずは自分で、自分1人で頑張って感覚を磨きましょう。

やることは、とにかく自分で試し、感じ、考えを、何百回も何千回も繰り返すこと。それだけです。

そうしているうちに、波動の感覚は分かってくるものなので、理論で考えず、訪れた場所や自分の気持ちと常に向き合って、そこで感じたものは「軽いか重いか」を最初の着眼点にしてやってみましょう。

やり続けていくと必ず分かるようになっていきます。

 

それでももう少し波動のことを詳しく知りたいと思われる方は、書籍をお買い求めください。

論理について詳しく書いてます。

※電子書籍は半額です。

 

追記

2012アセンションがどう異質か書けました♪置いておきます☆

【2012アセンション】これは台風のようなもの。

2019年12月28日

 

本を発売しています

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

2 件のコメント

  • 竹久さん、ご無沙汰です。
    いつも、世の中の為に記事や波動について分かりやすく教えて下さって、とても感謝しています。
    「生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本」もやっと3分の2くらい読めました。
    一つひとつ噛みしめながら読んでいるので、恥ずかしい話時間が掛かっていますが、
    書いてあることを少し実践しただけで、心が軽く頭がクリアになるので、仕事にも生活にも好影響です。
    あなたは本物ですね。いろんなセミナーや宗教、マルチ商法など冷やかしで潜入し、
    ぶち壊してきた性根が悪い私でも救われそうになりますね。ほんと困ったものです。
    職場の仲間にも進めてますよ。ただし「自腹で買わないと効果がないよ」と脅していますが。
    この本を読んで実践するのと。数十万のセミナーを行くのと、どちらが身になるかは自明の理ですね。
    それでは少し早いですが、今年は本当にありがとうございました。
    来年も竹久さんにとって良いことがたくさんありますように、お祈りいたします。

    • おはようございます。
      じっくり読んでくださり、恐縮です。さらに周りにも進めてくださっているとのこと、本当にありがとうございます。

      現代思想に縛られている私たちは、とっかかりの最初の所が凄く躓きやすく、また拒否反応を覚えがちなのですが、そこを乗り越えると大分スムーズに思考が整えられるようになると思います。
      その思考の先に誰もが穏やかに過ごせる未来が創出されるのではないかと考えているため、共鳴し実践してくださる方がいること、本当にありがたいし心強く思います。

      こちらこそ、出会ってくださり読んでくださりありがとうございました。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。
      良いお年を♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください