フォースの心得☆名前を隠すな

フォースの反対にあるダークフォース。

この1週間、ダークフォースについていっぱい色々考え悩んでいます。

今まで特に意識したことのなかったダークフォースなのだけれど、意識して自分の身の回りを目を凝らしてみると、

「あ~そうだったのか」

「ここにはこういう仕掛けがあったのか!」

と気が付くことがいっぱい♪

たとえば……

虚栄心

自己顕示欲

慢心

我慢

我欲

恐怖

不安

などなど。

地球攻略ガイドブックでも書き連ねてきたエゴについてのことが、ここに来てダークフォースの資質に結びついていく事実に驚いていますが……

地球攻略ガイドブック

魔の手が一番伸びやすい場所はそこじゃないんだなと気が付きました。

 

それはこの一週間、私が一番隠したいと思っていた恋のことなどが、露呈せざるを得なくなったことに通ずることだなと思いました。

 

つまり

「隠す」

ということです。

 

そこにダークフォースの魔の手は一番入り込みやすい。

 

たとえば、スピリチュアルな商売をしている人たちは、なぜか自分の本名を隠したがります。

その気持ちはよく分かります。

スピリチュアルな世界に没頭している自分と普段の自分は別人格でありたいと思う人は結構いるんじゃないでしょうか。

私自身もずっとこういう自分を隠したいと思ってました。

だけれども、私の場合は友達と約束した「神社100社巡る」という目標を達成するためにブログを立ち上げただけなので、

①そもそもスピリチュアルな発信とは無縁な気持ちでブログを始めたこと

②初めて早々転勤になってしまい、自分の近況を友達に伝えるためにブログを更新していたこと

③そのうちに変な世界にドはまりしてしまったこと

というスピリチュアルな発信をしようと思って始める人とは違う方向性からこの旅が始まってしまったので、今更自分を隠せないなと思ってました。

 

それに、私が初めてこういうスピリチュアルな世界に飛び込むきっかけとなったアセンションサイトには、

「正直に生きる」

ことの情報が大半を占めていたので、その教えに従うためにも等身大でいる他方法はないなと思いました。

 

そして、ある程度情報がまとまってきた頃に、作家を目指すようになるわけですが、たまたま私の苗字が竹久夢二と同じ姓であったことから、文学界・芸術界で名前を覚えてもらうためには本名で勝負した方が良いよなと思うようになりました。

竹久って苗字って、めちゃくちゃ数が少ないですし、芸名で竹久を名乗るのはおこごましいような気がするけど、

私は生まれたその日から竹久ですから。

だから、名前を隠すことはしなかったのですが、

多くのスピリチュアルリストたちは名前を隠したがりますよね。

今女子で人気のスピリチュアルリストのHappyさんの本名って本当はなんなんでしょうね。

名を隠すということは、

本来の自分とは別人格で生きたいという心の現れ

人に知られたくない恐れの現れ

そのような心の隙間にダークフォースはしっかりと陣取るのです。

 

こういうぶっとんだ話をしている時、本当は私だって本名隠したいっていう気持ちはあったんですよ。

でも、フォースとダークフォースの研究をするようになって、これからはもっと堂々としていこうと思いました。

ダークフォースの魔の手に入り込まれないように。

2 件のコメント

  • また来ました。
    私はペンネームとか好きなので、よく作りたがる人です。
    子供の頃にちょこっと有名になったときに急に親戚が増えたり(身内だと言ってくる)、強引に友達だと名乗り出て毎朝家にくる人たちが増えたりして、みんな逆の意味で私が有名になってたら声さえかけないのだろうと寂しく孤独を感じたりしました。ので、何かを製作して発表するときには実名を使いたくないかな?とか思ったりしています。仲良くした人も、そうでもない人も態度が変わるとちょっと悲しいいので…。
    正直に生きているつもりですが、正直すぎてうざいと言われている私です。バランスを保つのは簡単ではないですね。

    • そうですね。なかなか難しいところがありますよね。
      まぁスピリチュアルビジネスで無ければ、名前を隠すことはそこまで問題ではないと思うのですが、人を幸せに導くと指南されている方々が実名隠して活動されるのは、本人にとっても良くないでしょうね。

      ちなみに年を取ると、そういう人の流れ(有名になったりすると態度が変わる)も気にならなくなるし、普通に流せれたりしますよ(^_^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください