【高市政調会長決定!】最長政調会長は、岸田さんだったんだよ♪

総裁選の熱冷めやらず、高市さんのポストに不満が沢山出てるみたいだけど、私は良かったと思ってます。

 

一日じゃ熱さ冷めないよね(笑)

一昨日、白熱した自民党総裁選に決着がつき、昨日から人事がスタートしています。

私自身、この1カ月めちゃくちゃ白熱していたので、総裁選が終わった後も常に高市さんに触れたいという欲求が強かったですが、多くの支持者も同じ気持ちだったんじゃないのでしょうか。

それゆえ、政調会長の人事を批判的にとらえる人も多かったように思います。

 

それから、今回の総裁選で高市さんの答弁能力が高いことも分かったので、官房長官を望む声も多かったですよね。

それゆえガッカリしちゃった人も多いように思うのですが、次の総裁を狙ってもらうためのポジションとして、また高市さんの得意を生かすために、政調会長は超優良ポジションなのではないかと、私は思うのです。

 

岸田さんは政調会長の仕事をメチャクチャ頑張っていました。

ネットでは、高市さんが政調会長になったのは…高市さんの口封じみたいな事がやんややんやと叫ばれてるんですが、それは失礼なんじゃないかなと、私は思います。

だって、岸田さん、めちゃくちゃ政調会長の仕事を頑張ってきたお一人ですから。ですから、岸田さんにも失礼なのではないかと……。

ちなみに岸田さんは、これまでの政調会長の中で最長在任記録を持っていおりまして、1140日です。通算でもTOPです。

また岸田さん曰く「総理を目指すために政調会長のポジションは良かった」とどこかで言ってたはずなので(うる覚え)、高市さんを冷遇するために処したことだとは思えません。

それから、岸田さんが初めて政調会長になった2017年の報道では、「これから総理を目指すために党務に入る」というのも確かでていたと思います。(これまたうる覚え)

また総理を目指すために党務に専念するのはどうしてかというと…閣僚になっていると、どうしても党内の動きと外れてしまうので党内をまとめきれなくなりがちだからだそうです。また、次に総理になりそうな人を、メディアバッシングを受けにくい党内で温存しておくというのは、自民党の賢い知恵だと言われています。

それから、今回の河野さんのように、閣僚でありながら総裁選にでることは、それだけで逆風になりえるケースも多いです。

とはいえ、官房長官が次の総理になるケースも同様に多いため「高市さんこそが官房長官になるべきでしょう!」という声が大きいのも分かります。それに高市さんの答弁能力は、先ほど申し上げた通り「高い」ですしね。その上菅政権は、広報が弱かったことが最大の弱点でもあったため、答弁能力の高い人を官房長官にしてほしいという声が大きくなるのは当然と言えば当然でしょう。

ただ、今回の総裁選を見ていても明らかな通り、メディアは完全に高市さんを敵視しています。また敵視するがあまり、メディアが高市さんに対して嫌がらせしかしてこない可能性があまりにも高いので、高市さんが官房長官になることは、高市さんにとっても政権にとってもストレスフルになり得やすいといえます。そして、もしもメディア工作によって高市官房長官が引きずり降ろされたのなら、それこそ次の総理に高市さんがなる可能性は限りになく低くなります。

このような点をふまえて考えると、高市さんが政調会長になったことは、実は誰にとってもWINWINな人事だったのではないかと私は思うのです。

また、高市さんが少しメディアから外れることによって、メディアは高市さんを批判しにくくなりますし、高市さんも無駄なストレスをため込む必要がないでしょう。

それから高市さんはそもそも政策オタクなので、政策を考えられるポジションはこの上なく適材適所でしょうし、高市さんが政策をまとめるのであれば、岸田さんが目指す「政高党高」に近づくのではないかと私は思っています。

とはいえ「経験済みのポストに高市さんをまたおくなんて!」と言う人もいますが、経験済みといっても安倍内閣で長期閣僚を経験する前のこと。長期に渡って閣僚を経験をした今と前では見える景色は違うはずですし、総裁選中に高市さんが連呼していた「経済安全保障という喫緊の課題を早急に解決していく」ためには、政策や法案をきちんとまとめ上げることも必要です。

その急務をやり遂げるために、高市さん以上に優れた人はいないかもしれないですよ。

 

とはいえ、高市応援団は、まだ気持ちがアッツアツの最中にいる人が特に多いと思われるので、ちょっと前に私が指摘した「高市じゃないなら自民党応援しない!」という空気が異常なまでに強くなってるように感じるんですけど……

【凄!】高市会見、フジ系NEWS動画再生数でTOP10入!

2021年9月23日

そういう人こそ、高市さんが求められている本質を取り戻しましょう。

決まったことを軸に、共に動きましょう。

 

それから、今回の総裁選は国民の関心ごとになるくらい盛り上がったので、ちょっと前に吹いてた「悪夢の風」は消えています。

何よりこれが日本にとって良いことです。

そしてこれから最も大事なのは、国内の大掃除でしょう。

今の国会は、ろくな論議をしない人たち(主に特定野党)が何百人も在籍しています。

そこを見極めて、きちんとした人が国会にきてもらえるようにしましょう。

すぐに衆院選挙は始まりますよ。

みんなきっちり選挙にいきましょう。

 

それではまたね♪

追記

昨日「岸田さんのお好み焼きのTweetが異常なまでにバズってる理由が分からない」というコメントが寄せられて、私なりにありそうな理由を考えて返答したのですが……

この↑Tweetがバズった一番の理由は、ソースの賞味期限が切れてたからみたいです(笑)

しかも、お好み焼きのお皿が「山崎春のパン祭り」の可能性が浮上し、さらにバズったということみたいです。

自民党のTOPって、育ちが良い人が多いのに、なぜかみんな庶民派だよね。

共産党とは大違いだよね(笑)

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

4 件のコメント

  • こんにちは

    お好み焼きのリサーチありがとうございました。
    m(__)m
    これが日本人のオタクぶり、物への愛でしょうか。

    高市さんには今後もTwitterや動画で発信していただけると嬉しいですけどね。
    菅さん、10年以上アメブロをやっててちょっと読んでみたいと思います。
    野党してたときは、タイトルにも民主党への非難があふれてました。

    • こんにちは。
      とんでもないです。

      菅さんが総理になられてからアメブロフォローしてるんですけど、特に面白くないですよ(笑)
      Twitterとかと同じ内容が長めに語られてるって感じです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんばんは。

    政調会長に高市さん、私も高市さんの能力を真っ当に評価され、いずれ総理に着任されることを
    考慮された上での、賢明な人事だと感じました。

    政調会長は自民党の各部会が出す「全ての政策案」に目を通し、取りまとめる役割なんですよね。
    今の日本にとっても、自民党にとっても危険な方向へ流されないよう、軌道修正する大事なポジションで
    高市さんが務めてくださるなら安心出来そうです。

    「夫婦別姓法案」や「自然エネルギー法案」のような、日本の国体を衰退、破壊させる目論見と
    思われる法案が部会から出されても、高市さんならご自身の豊富な見識で日本の伝統や自然を
    最優先に考えたご判断で、この日本を守ってくださるように思います。

    官房長官や外務大臣だと、全ての立案に関わることは出来ないようなので(何より激務でしょうし)
    今この時期には上記のような怪しい法案を通そうとしている勢力を阻止し、正しい方向へと
    導く必要があり、それが出来るのは、政策能力に長けた高市さん以外にはいらっしゃらないのではないかと。

    それと竹久さんの仰るように、官房長官や外務大臣では、いくら高市さんの強い信念と優れた言語能力でも、
    反日メディア、主要野党、特亜勢力がありとあらゆる嫌がらせをしてくるに違いないので
    今この時期に高市さんが潰されてしまうのは、国にとっても自民党にとっても、また私達国民にとっても
    最も避けたいところですよね。

    岸田さんって誰かの芽を潰すような方ではないと思うし、「聞く力」で麻生さん、安倍さんをはじめとする
    重鎮の意向も配慮された上で、バランス良く党内人事、組閣をされるように思います。

    あと思ったのは、もし今回この勢いで高市さんが総裁になられても、破れかぶれの特亜国家が
    例えばその瞬間を狙ってサイバー攻撃して来て、日本国内ブラックアウト→
    在日中国人が日本で暴動→政府機関麻痺、なんてことも起こっていたかも知れず・・・
    今は、高市さん主導でそうした国防に関する政策を通して、防御出来る体制を整えるのが
    先決なのだろうな、と。

    ・・・岸田さんのお好み焼きエピソード、ちょっと微笑ましくて
    笑ってしまいました(笑)。

    • おはようございます。

      分かりやすく冷遇を受けているのは、二階派と河野陣営で、その他に関しては熟考されているように見受けられますね。
      ただそれでも、結局岸田さんも媚中路線じゃないかと不安視されていますが、そこは今の段階でははっきりと分からないので見守るしかないですね。
      個人的には、官房長官に決まった松野さんがどんな人か気になります。
      松野さんは岸田さんが政調会長の時代、補佐として二人で努力してたのこと。
      このエピソードを聞いた時に、高市さんが「官房長官に求めていたこと」となんか被るなと思いました。
      https://twitter.com/PeachTjapan2/status/1440208467944304641

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください