【自己紹介か?!】深田萌絵のサイコパス解説( ;∀;)

さっきの記事の続きです。

【似てる!】小室圭と深田萌絵の言動

2021年4月17日

 

深田萌絵のサイコパス解説は自己紹介?

深田さんは、下記の動画で小室圭のことをサイコパス認定(動画11分くらいから)しております。

どういう部分から小室さんをサイコパスと認定したのか、この動画で語ってくれているのですが、その指摘されている点が全て深田萌絵に当てはまるので、是非細かく解説させて頂きたく思います。

まずは、この動画で深田萌絵が「小室圭はTOPレベルのサイコパスだ」と確信するに至ったサイコパスの言動パターンを語っているので(動画11分~)、それをを羅列していきます。

深田萌絵が語る!相手がサイコパスか見分けるポイント♪

  1. 嘘をつく頻度が高いかどうか
  2. 男女関係にゆるいかどうか
  3. 地に足が着いているかどうか、手に職がついてるかどうか
  4. マインドコントロールをするかどうか(自分のことだけ信じてというヤツは危険)
  5. 言い訳が上手だけど、責任を取らない、自己正当化が上手い

深田さんの事実に気が付いているウオッチャーの皆さんは、この箇条書きを見ただけで、驚愕の境地に放たれているかもしれませんが……これは深田さんのことを言っているのではありませんよ!

深田さんは小室さんのことを「TOPレベルのサイコパスだ!」と言ってるのであって、そしてその上でサイコパスかどうかを見分けるポイントを話しているのであって、自分の話をしているのではありません!!!(ここがポイント!

ただウオッチャーでない人は、深田さんがどう当てはまっているかどうかが分からないと思うので、ここから説明をしていきます。

 

1.嘘をつく頻度が高いかどうか

すでにここまで私の記事を読んでくださっている読者の方なら、説明は不要かと思いますが……

深田さんは、主張は全て嘘と言い切ってもいいくらい嘘つきです。

ポイントは「主張」という部分で、話していることの全てが嘘なわけではありません。

しかし、「自分の立ち位置を守る」という論点になった時(つまり主張せねばならない時)、彼女は何でもありです。恥もかき捨てとにかく自分が優位になるように嘘をつきます。なんなら普段以上に大きな嘘をつくのが平気になります。

その嘘のレベルは規格外!もちろん嘘の頻度も規格外!と言って良いでしょう。

しかも、ここ数年の間で新人保守論客の立ち位置を得てきた彼女ですが…なんと!スタートラインも嘘から始まっています!

彼女のスタートが嘘から始まっているからこそ、保守界がみんな騙されてしまうような事態に陥っていると言っても過言ではないと私は思っており……つまり、今獲得している保守論客の経歴ですら、「嘘からでたまこと」みたいなものなんです。

それくらい、とにもかくにも彼女は嘘つきです。

【考察】深田萌絵さんが嘘をつく理由について考えてみよう。

2021年4月12日

稀代の嘘つきと言ってもいいくらいのレベルの人だと私は思っています。

 

2.男女関係にゆるいかどうか

私たちは、深田萌絵さんが保守言論人の一人になってからのことしか知りません。

そういう言論の中では、男女関係のことなど出てくるはずもなく、その上深田さんは自分の事を「敏腕の起業家」のように言いまくるので、ドロドロした恋愛など無縁だと認識している人も多いんじゃないかなと思います。

ぶっちゃけ私もそうでしたが、一歩踏み込んで調べてみるとそのイメージは反転します。

そもそも彼女のトラブルの根源ともいえる藤井さん(深田さんが背乗り中国人だと誹謗中傷している人)が、深田さんにお金(1000万円)を貸してあげた理由は、彼女の元夫を尊敬していたからでした。

深田さんの裏事情を知らない人は、元夫という言葉に躓いたのではないのでしょうか。

っていうか、私も自分できちんと調べ直そうと思うまで、彼女が以前結婚していたことを知りませんでした。

だから、事実を知って「結婚してたんかい!」ってずっこけましたし、それ以上に「国際スパイだ!」と深田さんが言い続けてる藤井さんが元夫と仲が良いこと(インターン先の上司)にも驚きました

私の記憶が確かなら、深田さんと藤井さんの人間関係は大学の同級生ということだけにとどまっているはずです。

また元夫は、藤井さんのインターン先の尊敬する上司であったとのことですから、深田さんと元夫との出会いのきっかけを与えてくれたのは藤井さんだったんでしょうね。

それから、このようなプライベートな内部事情を知る方が、藤井さんのブログにコメントをしているのですが…

↓この記事のコメントをお読みください↓

このコメントを読む限り深田さんは「男女関係がゆるそう!」です。

「男女関係がゆるそう!」な事が垣間見れるコメントを抜粋しますね。

浅田麻衣子を知る者としてコメントします
結婚していた頃の浅田麻衣子(深田萌絵)氏を知っている者です。

浅田氏は貧乏から這い出すために、一回り年の離れた元旦那さんに取り入り、見事妻の座を勝ち取りました
その上元旦那さんの惜しみない協力の元、大学を卒業、就職まで漕ぎ着けました。

しかし、男を利用して生きていく癖が抜けきれなかったことと、元旦那さんとの贅沢な暮らしを味わってしまったことで、彼女は生活のレベルを落とすことが出来ず、離婚後も生活のレベルを保つために変な外国人とつるんで危ない金儲けの道に走ってしまいました

そして、元旦那さんの愛弟子を欺罔し、1000万円を騙し取り、その上誹謗中傷を何年にも渡って繰り返すという悪行を続けてきました
このような行為は当然許されることではありません。

その他にも被害に遭われた方がいらっしゃるとのことで、是非、被害者の会を立ち上げて、浅田氏のやってきたことを世間にしらしめてほしいと思います。

 

No title
ギヤ様

もしかすると、どこかでお会いしているかもしれませんね。
私が長年思っていたことが他の方も同じように思っていたことに驚いております。「主観」が集まれば、「客観」になる。ですね。

彼女に会う度に感じた違和感が今、判明してきているように感じます。化けの皮が剥がれた、と言うのでしょうか。

私が彼女に会う度に感じた、彼女の異常なまでの「焦燥感」と「自己愛」と「承認欲求」が、このような形で爆発するとは思っておりませんでした。

元旦那さんは彼女の異様さに気づいていたのでしょう。その上で一生懸命守っていたのだと思います。善悪の区別がつかず、お金のためなら犯罪行為も平気でやってのける危うい彼女を真人間にしてあげたかったのかもしれません。
でも、それが彼女にとっては窮屈で「籠の鳥」のように感じていたのかと思います。

マイフェアレディーのように振る舞っておりましたが、私には彼女が成り上がりの高級娼婦にしか見えませんでした

 

長尾氏と浅田麻衣子をよく知る別の関係者です
長尾氏と浅田麻衣子をよく知る別の関係者です。

前々から浅田麻衣子の本性を存じておりましたが、
浅田麻衣子は本当に本当に最低で下劣で極悪非道であることが改めてよくわかりました

長尾氏と結婚していた時期に浅田麻衣子が不倫しているという話は別の箇所から聞いておりました。
浅田麻衣子はお世話になった方々への恩を仇で返す常習犯ですね。

昔から愛人気質が抜けないのは薄々感じてはいましたが、
40歳を過ぎても同じ愚行を繰り返していることには、
もう呆れて言葉も出ません。

浅田麻衣子は自分のしでかした罪と向き合って、
これからは法の裁きを受けて残りの人生を罪償いに充ててほしいと強く思います。

厳罰を心より望みます。
それ以外の言葉がもう思い浮かびません。

 

No title
コメントされている方々と同じく、元旦那と株アイドル時代の深田萌絵を知る者です。狭い世界ですので、上記のコメントを書かれた方々とはおそらく面識があるかと思います。私も以前藤井さんと仕事をさせていただいたことがございます。大変優秀であったこと、こちらの世界を選ばれなかったことを寂しくも思いつつ、藤井さんらしい、とも思っていた者です。(多分、今のセリフで私のことを分かってくださると思います。)

元旦那の名誉のためにも、深田萌絵がやってきたことをこの場を借りてお話しさせてください。
上記のコメントにもありましたが、深田萌絵は年の離れた元旦那に近づき(寝技に持ち込んだと表現した方が適切だと思います)、結婚に持ち込みました。元旦那は前妻との離婚から日も浅く、傷も癒えていないボロボロの状態でしたから、そこへ入り込むのは容易かったと思います。継母になる覚悟もない深田萌絵は結婚後、元旦那の実家にも多大なる迷惑をかけておりました
誰もが彼らの結婚生活を長くは持たないだろう、と思っておりましたが、案の定、結婚生活はすぐに破綻しました。しかし、経済的自立が困難な深田萌絵の生活の面倒を元旦那は離婚後も見ておりました。おそらく、離婚後1年以上は同居していたかと思います。
離婚原因は大人の男女ですから色々あったとは思いますが、元旦那が深田萌絵に興信所をつけた結果、怪しい航空機チケットが2枚出てくるなど、不貞の証拠が沢山出てきました。つまり、そういうことです。深田萌絵に倫理観などないのは、上記の関係者の皆様の発言を見ればお分かりになることでしょう。

その後の深田萌絵の生活も一言で言えば「不思議」としか言いようがありませんでした。大学卒業後はバークレイズにはいたようですが、ついていけるはずもなくすぐに退職していたはずです。
それでも生活のレベルを落とさずに佃のタワマンに住み、FXの女友達と連日のどんちゃん騒ぎでしたから、誰もが深田萌絵の収入源について不思議で仕方なかったはずです。まさに「高級娼婦」そのものです
世界的に著名な投資家の日本の愛人であった時期が長いという話が耳に入ってくることもありましたが、そういったことをしていなければあの生活を維持することは不可能でしょう。そして、今もそのような生活を続けているのでしょう。それしか出来ない女なのです。

実は私も、藤井さんの件についてはずっと前から注視しておりました。(おそらくこの業界の人間ほとんどが注視しているかと思います)そしてずっと思っていたことがあります。
それは「なぜ、藤井さんから1000万円引き出したのか?」です。もしかしたら、深田萌絵にとって元旦那と藤井さんが似た者同士に見えたから藤井さんを狙ったのではないでしょうか?
元旦那を騙したように藤井さんなら騙せる、と踏んだからではないでしょうか?人間は成功体験を引きずる生き物です。おそらく、元旦那と同じように物静かで穏やかな藤井さんならゴリ押しすればお金を引き出せる、と思っての行動だったように感じます。きっとしつこくお金を貸してとせがまれたのでしょう。簡単に想像はつきます。

投資詐欺事件は泣き寝入りがほとんどです。きっと被害者は想像以上に沢山いることでしょう。泣き寝入りせず、告発される方が一人でも増えることを願っております。

そして一日もはやく、このような悪質な嫌がらせがなくなることを願ってやみません。

たかがコメントと思われる方もいるかと思いますが……このコメントは複数の方が書いておりますが、見事なまでの整合性が取れています。やらせでこんなことはできません。

実際に見聞きした事実の話でなければ、こんな整合性は取れません。

ですから、彼女はかなり男女関係においてゆるさを持っているように思います。

Willの編集長・白川さんもその餌食になってしまったのではないかと、勝手に心配しているくらいです。

 

この話まだまだ続きますが、すごく記事が長くなってるので、ページを分けます。

まだまだ続くこのお話にお付き合いいただける方、次のページを押してね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください