【バレバレ】東京アラートが百合子選挙対策だったってこと。

東京のコロナ対策は、小池百合子の選挙対策に利用されていると私は感じています。

 

東京アラートとはなんだったのか?

先週から県またぎの移動のお許しも出たのに、東京の感染者が止まらないですね。

しかも東京アラートを解除してからの方が増えてるのにもかかわらず、小池さんは過去の自分の方針には知らんぷり。

都や県の方針は独自であるため、東京都が東京アラートを実施したことに口を挟むつもりもありませんが……

当初お聞きしていた話では、

 

東京アラートやらは

新規陽性者数が20人より多い、新規陽性者における接触不明率が50%より多い、週単位の陽性者数の増加が認められた場合には、規制緩和の基準を上回ってしまうため、東京アラートが発令されるものと考えられます。

https://www.clinicfor.life/articles/covid-042/より

だそうです。

 

 

ちなみに今日の感染内容は以下の通り。

アラート発動の20人を上回っており、しかも半数以上が経路不明となっています。

その上、週単位の陽性者数は上昇傾向で、先週の253人に対し、今週は金曜日の時点で252人です。

なんでこの状況で東京アラートがなされないのか、逆に不思議です。

 

とはいえ私は、東京アラート事態が間違った施策だとそもそも思っています。

しかし「このいい加減すぎる判断基準とはなんだったのだろう?」と……こちらの方の衝撃が大きくなる日々が増えてます。

 

そもそもおかしな政策であったのにもかかわらず、運用も滅茶苦茶で気分次第って、単純に小池の思惑にみんなで振り回されているだけじゃないですか?

これってすごくおかしなことでしょう?

 

しかも首都がこのように混乱すると、その影響はどうにもこうにも地方も受けてしまうものでもあります。

だから、地方民でも腹立たしく思いますが……この気持ちは都民の人も同じではないのでしょうか。

都の影響は先ほども申し上げた通り、確実に地方にも及んでしまうものであるため、都庁の方針は全国民にも理解されるものであってほしいと思っていますが……都民の人も一体なんの基準か分からないまま、どういう方針で運用されているのか分からないまま、ただただ右往左往させられているばかりではないのでしょうか。

 

 

以前ホリエモンが「東京のコロナ対策は、小池百合子の選挙対策だろ!」と吠えてましたが……やっぱり東京のコロナ対策って、実は小池百合子が再選するためのしたたかな戦略なのではないのかなと思えて仕方がない部分が増えています。

 

しかも記者会見報道では東京アラートなどそもそもなかったぐらいの話になっているようにしか映らない上に……そもそも小池百合子の発言が「他人事」の空気を身にまとっているように思えて仕方がありません。

 

これがすごく嫌です。都民の気持ちに寄り添えない人としか私には思えません。

だって東京アラートが無くなったとしても、感染者が増えている状態が増えれば、出歩く人は減るだろうし、そうすれば接客業の人たちはより一層辛い状況に置かれるのに、こういう都民の感覚など全て他人事としか思っていないように感じます。

しかしながら一方で、この状況下が続くことによって小池さんのテレビ露出は続くのです。

正直私はこのためだけにやっているようにしか思えません。

 

 

しかし、これが仇になる可能性が今や高まっているのではなかろうかと思ってます。

 

大都市と呼ばれる地方は、東京の状態は既に過去です。

というのも……東京に次いで人口の多い大阪は完全に封じ込めに成功したと言える状況になっているからです。

ちなみに愛知も。

一方で東京は……。

もちろん人口数の違いはあるかと思いますが、東京は小池百合子の方針が間違っているというか、自分の選挙のことしか考えていないからこうなっているんじゃないかとしか私は思えません。

女帝 小池百合子 を読んだせいもあるかもしれませんが、この推察はかなり当たっているんじゃなかろうかと思います。というより、もう「そうだろ?」としか私には思えません。

彼女の人生で彼女の話を鵜呑みにして従った人はみんな悲劇な状態に置かれた挙句、最後は彼女に足蹴にされるとういことばかりが続いています。

 

まずは投票しよう。

今回の都知事選も、自民党から候補者を立てさせないように彼女自身が動き回ったのにもかかわらず、候補者を出させないと分かったのなら、小池さんは「自民党の支援はいらない」とその思いを足蹴にしました。

このような目にあってるのは自民党だけではありません。

築地の人たちも、水俣病やアスベスト被害を受けた人たちも、拉致家族の人たちも、みんな同じ目に合ってます。

そして彼女が都知事となった今、都民全体が同じ憂き目にあっていると私は感じていますし、都民が彼女によって振り回されることでその影響は地方にも及んできます。

 

ここから4年、こんなに馬鹿にされた扱いを都民のみならず全国民は受けなくてはならないのでしょうか。

どうかここでこの流れを終わらせてほしいと、いち地方民は祈っています。

都民の皆様、どうか小池百合子に飼いならされないで。

今回の都知事選で小池を破るのは無理だと諦めないで。

 

だって都民の有権者数は11,444,260人です。

前回の都知事選で小池さんが獲得した票数は300万ですから、前回選挙に行かなかった人の数は得票数を上回ります。

投票率 59.73%
Yuriko Koike, Aug. 17, 2007.jpg Hiroya Masuda 200708.jpg ShuntaroTorigoe cropped.jpg
候補者 小池百合子 増田寛也 鳥越俊太郎
政党 無所属 無所属 無所属
得票数 2,912,628 1,793,453 1,346,103
得票率 44.49% 27.40% 20.56%

 

みんなの意識が変われば、奇跡を起こす可能性は一杯あります。

 

 

私個人としてはどうか小池百合子の続投を阻止してほしいその一心です。

繰り返しますがぶっちゃけ都の影響は地方も受けることに、どうか気が付いてください。

東京アラートは東京だけのもののはずなのに、東京アラートは全国放送されます。そしてそのアラートの影響は全国が受けるものとなっているんです。

こういう情報構造になっていることに、どうか気が付いてほしいです。

その上で、適切な人を選んでもらえたらと思ってますが……ぶっちゃけカオスな顔ぶれですよね。

 

まぁ私が誰推しなのは読者さんはもう察しがついておられるかと思いますが、ちなみにあの竹田さんも私と同じ人推しだそうです。

 

選挙は最後まで分かりません。

地方民としてはどうか小池じゃない人になってほしいと心から思ってます。

とはいえ顔ぶれがカオスのため現実的な選択肢は、1名しかいないのですが……。

とにもかくにも東京の冷え込みは、想像以上に地方の冷え込みも作り出します。

ですからどうか、自分のことしか考えずに、都民を自分のために利用する都知事から脱却してください。

 

宜しくお願い致します。

 

P.S.

小池の悪行を書こうと思っていたのに、気がついたらお願いみたいな記事になってました( ;∀;)

すみません。

今回は都民において本当に大事な選挙だと思います。どうか選挙にいきましょう。

ちなみに小池知事は都民の貯金全部使い果たしました。ここから都民は大変であることを自覚して投票しましょう♪

 

本を発売しています。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

クリックして0206_00.pdfにアクセス

 

6 件のコメント

  • おはようございます。

    周りから批判を受けたくないと思う人はリーダーにはなれません。
    組織のTOPにいること=リーダーではありませんからね。
    人をリードすることができて初めてリーダーです。
    そこにはやはり覚悟が必須です。
    なぜなら「滅私」や「利他」を基本としなければその団体の利益に適う発想が出てきませんから。

    小池百合子は真逆の存在です。
    「やってる風」を醸し出しているだけで、何ら実績を残していません。
    東京アラートなんていい例です。
    これまで彼女の発言はいろいろありましたが、発言の瞬間が勝負なだけの発言の仕方です。
    要は印象を植え付けるだけ。人はそこに引っ張られるのでしょう。
    ですが、行動指針が自分の為であって周りの為ではないのですから、いつも周りは振り回されるわけです。このような人は周りを自分の為に動かすことがリーダーだと勘違いしています。
    で、動かされている人は、振り回されていること自体には不満を持っても、自らの責任で動いているわけではありませんから、ある意味「楽」です。
    これが危険です。
    なぜなら、自分の為に周りを動かすことがリーダーだと思っているような人は、最終的な責任など微塵も感じていないのですから、最後には周りが大変な思いをすることになります。
    なので、上記のリーダーのような人が持っているのは「覚悟」ではありません。
    傍目には「覚悟」のように映ることもあるかもしれませんが、持っているのは「執念」です。
    ペタペタと自分を虚飾し、力を増幅させようとする「執念」のみです。
    「覚悟」を持っている人の言葉には自ずと「潔さ」が宿りますが、「執念」で動いている人には「醜い自己保身」しか感じません。

    大手メディアからの情報が判断材料にならないことを念頭におき、どうか小池の戦略にうまうまと乗るような結果にならないことを切に願います。

    • こんにちは!
      仰る通りだと思います。
      印象操作だけは神の領域とも言えるほどの才能がある彼女が放つ言葉に多くの人がふりまわされ右往左往させられていますが、その不満や批判をかわす技術だけは高いので、なにもかもが有耶無耶となり、要らぬ問題も含めて問題ばかりが増えていきます。
      「彼女が持ち合せているのは覚悟ではなく執念」これは名言ですね。
      左派な候補も十分危険ですが、小池さんの危険性は左派のような危険性を多くの人が認識できぬままゆで蛙状態でじわじわやられてしまうことです。
      じわじわとやられてしまう危険性は左派よりある意味危険なのですが、直接的な危険を感じる状況下においては選択肢が小池しかないというのも事実であったでしょう。
      ただ現在はまっとうな選択肢が一つ用意はされているので(本来であればこの真っ当な選択肢が複数あるべき)、まずはここから脱却してもらえたら良いのになぁと思ってます。

      今回奇跡が生み出されれば、それは選挙そのものの方向性(キャッチフレーズ&マニュフェスト)が大きく変わる基点にもなると思うし、対立ばかりの政党政治も終焉し始めると思います。本当に都民の人は日本を背負っていると思って投票所に向かってほしいなと思ってます。

      それではこれからも宜しくお願いチアします

  • こんにちは!
    わたくしお恥ずかしいながら、違和感を感じながらも
    スピリチュアルに洗脳されていました。
    今年1月に、古事記を読み、竹久さんのブログに出会い、目覚めました。毎回、楽しく拝見しています。

    先日、吉村府知事の仕事の様子をテレビで見ました。そして気づきました。
    小池都知事は、仕事をしていませんね。自ら外へ出て行って都民の声を聞きに行くことが全くない。都民ファーストと以前言ってましたが、『ゆりこファースト』でしかない。

    娘の小学校での話題は、『小池はいやだ!』だそうです。

    竹久さんの記事で、小野さんを知り、小野さんについて自分なりに調べました。

    都民として、正しい1票を投票してきます!

    • おはようございます。
      楽しく読んでくださりありがとうございます。
      スピリチュアルだけでなく、この社会全体にどこか不明確な違和感を感じていると思いますが、その種となる国体の意義を幼い時に封印されてしまった私たちは、かなりの具合で本質に辿り着けないまま迷い子になってしまうんですよね。
      古事記を読むと全く別の世界の住人になれるけれど、そのスイッチを探すまでに苦労するんですよね(笑)

      小学生でも「小池はいやだ」が浸透してるなんてびっくりです。
      都民の方が思っている異常に今回の選挙結果次第によって、旧態依然とした政党政治、右左の論争は終わり、その波及は全国に及ぶものと期待しています。
      考え抜いた一票が社会を変える根源になっていることを実感できると良いですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

    • こんにちは!
      でしょでしょ?
      めっちゃあの本ホラーだったでしょ。
      東京よ!ホラー自治から脱出してくださいって私も思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください