【新テクノロジー】ネットもテレビも電子レンジも、全部軍事研究だしね。

さっきの話の続きです♪

【アンティファQ角男】自殺はフェイク?やっぱり海兵隊???

2021年2月6日

 

一次情報は一次情報として受け容れるのが、コツ。

先ほども紹介したバッファロー男(角男)ことジェイコブ・チャンズリー(別名ジェイク・アンジェリまたはQAnon Shaman)さんの動画。

多分これから、この人は別人だの、ディープフェイクだの、信じるか信じないかはあなた次第だの、扇動だの、いろんな事が言われるかと思うんですが…

一次情報と思われることは一次情報として「受け容れる」ということが、情報戦に惑わされない一番のコツだと思うので、簡単にその説明をしておきます。

たとえばこの動画で「一次情報」と言えるべきことは、

  1. 彼は海兵隊であると告白したこと
  2. 政府と軍に指示された上で、作戦を実行していたと告白したこと
  3. これから軍のテクノロジーが解放されると説明したこと

です。

敢えて「告白したこと」や「説明したこと」という部分を太文字にしたのは、一次情報の置き所として重視する部分はここだからです。

しかしながら、その前の情報にインパクトがある場合、その情報を断定的に事実として取り扱う傾向があり、その傾向によって情報がこんがらがることが大いにあります。その理由は「告白したこと」や「説明したこと」という一次情報の一番重要な部分を軽視しているから起きます。

あくまで重要なことは、彼がそう告白し、説明した部分にあります。そこを事実として捉えた上で、今後の情報を追っていくと、その告白や説明の真偽が確かめられるしくみになっています。

ですが今時は、早く答えを得たいのか、じっくり情報を追っていく前の段階で真偽の判断をしてしまいがちなので、情報が分からなくなります。

そこにどうぞ皆さんも注意してください。

そもそもあれもこれも軍事研究から生まれたもの。

ということで本題。

バッファロー男さんは先ほどの動画で、これから解放される軍事テクノロジーについて話を進めていきます。

 

彼はフリーエネルギーや反重力車両などなどの技術がこれから解放されるよ!と言っています。

こういうネタって、ムー的なオカルト話に入れられてしまうため、入口から陰謀論みたいな烙印を押されガチな昨今なのですけれども、「あり得ない」と思うことの方が、私はおかしいと思うんですよね。

というのも、私たちが使っているネットもそもそも軍事研究が民間転用したものですから。

それに、電子レンジやテレビもそうでしょ。電話もそうじゃないのかな?

それから蒸気船だって、きっとそうでしょ?

だってペリーが乗って来たくらいだから。

こんな感じで私たちの生活を見回してみると、意外と軍事研究だらけなんですよ。

だからこういうハイテクが軍から降りてくることは決して不思議な話じゃないと思うんだ。

それに、今急にハイテク話を聞かされているから私たちは驚いているかもしれないけれど、たった30年前に「これから携帯電話の時代が来る!」なんて言っても誰も信じなかっただろうし、その時には今のネット社会なんて想像すらつかなかったと思うよ。

でも、私たちは今そういう社会の中で生きている。

これが現実。

一方で、30年前に現代の生活を見せられても、「嘘だ!」と思っちゃうのもこれまた現実だと思う。

多分テレビが薄型になっていることすら受け容れられなかったと思う(笑)

その上みんなが小型のテレビみたいなもの(スマートフォン)を持ち歩いて外で動画を見たり、漫画を読んだり、さらにはコミュニケーションしているのも受け容れられないはずだと思うし、想像の端っこにもないんじゃないかな?

というのも、1980年代、90年代に作られた未来形アニメ(AKIRAとか、エヴァとか)とかって、今から見るとかなりアナログだからね(笑)

だから、当時の人の想像の中にすらないことって、実は沢山あるのが普通なんじゃないかなって思ってます。

ゆえに、一概に否定するのはおかしいなと。

一方で、信じ込んで断定的に物事を進めていくのも危険だとは思うけど(笑)

だから私は「あって当然かもね」くらいのスタンスで情報を受け取るようにしています。

そうすると、割と中道の状態で情報の見聞きができると思うよ♪

 

ちなみに先に挙げた動画ではテクノロジー部分の翻訳がついていなかったのですが、こっち↓はついてます。

↓軍事テクノロジー部分の翻訳がついている動画はこちら↓

気になる方はこちらでご視聴どうぞ♪

 

それではまたね♪

楽しい明日を作っていきたいね♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

4 件のコメント

  • こんばんは
    気分が上がる記事をありがとうございます☺
    ホントか嘘かはわからないけれど、私が1番期待しているのは軍事技術の開放だったので本当であってほしいと、願うばかりです
    電気代無料、医療費無料の時代が来たら嬉しいですね
    medbedが実在したら、絶対寝てみたいです(笑)

    リンウッドさんのパーラーの最後の投稿で、金本位制に戻ることを示唆する内容があったのが気になっています
    (金も不動産も持っていないので)
    nesara gesaraの話も気になってYouTubeを見てみましたが、全然理解できませんでした。
    ゲームストップ株の件でも一部の富裕層が得をするマネーゲーム的金融システムの崩壊は近づいているんだなと感じましたが、どう変わっていくのか、よく分からないのでもし、何かお考えがあれば考察を記事にしていただけると嬉しいです。

    • こんにちは。
      ほんと、いろいろ解放されてほしいですね。
      個人的には、生に執着するこの世のしがらみが外れて、この世とあの世の境が近くなる世界になってほしいと思ってます。
      また、お金に関してですが搾取社会が循環に戻る形になるように、お金の使われ方が変わるとざっくり認識しておけば良いと思います。
      ↓参考になりそうな記事↓
      https://takehisayuriko.tokyo/2019/02/15/4201/
      細かい制度については蓋を開けてみなくては分からない事が多いですが、トレンドとしてはこういう形になっていくものと予測しております。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • いつも更新ありがとうございます。
    2010公開の映画「ナイト&デイ」に革命的な電池というのが出てくるのですが、単3くらいの大きさで永久的で膨大なエネルギーを持つという設定です。2010年に見ていたら全く気づかなかったけどバッファロー男さんの動画を見ていたら、あれはフリーエネルギーのことだったのか?と興奮しました。他にも80年代の映画には他者の生命を利用して若返ったり寿命を伸ばすというテーマが扱われているものが何本もあるのを最近知りました。当時は荒唐無稽と誰も本当にある話とは思わなかったでしょうが…今見ると結構ギリギリのことを映画にしてたんだなと驚きます。映画って人々に知らせる情報を「映画にしていいよ」という許可を組織から得て作ってるというのも聞いてたのですが当時はあるわけないと受け流してたので、そういうあれこれが実際ホントの話だったかと気づくと本当に驚きは大きいです。
    ちょっとづつ真相を知る人でもショックは大きいのに、こういうことを全く知らない人たちがいきなり知ったらどうなるのかと心配になりましたが、それはまたワイドショーが懇切丁寧に解説してくれるのを毎日見てなんとか落ち着くのですかね。

    • こんにちは。
      今気が付いていない人があれやこれやを知る頃には、社会の枠組みがある程度整っている頃だと思うので、意外と素直に順応するんじゃないかなと思っていますが、情報開示の順番(犯罪者の公開)によっては一時的なヒステリックは避けられないでしょうね。
      ただそれによって、メディアの信頼度は地に落ちることになり、まともなメディアによる情報共有が始まることになると思うので、一時的なショックはやはり必要かなと思ってます。

      昨日のマッカーサーJrさんの記事で、ドラえもんのタケコプターは、反重力装置とフリーエネルギー(永続電池)があってできると考察されてました。
      https://note.com/maccarsarjr/n/n5a261cccc331

      なるほど!と思った次第です。
      タケコプターが実現できるなら、どこでもドアが実現する日も近いなと。

      日本人はドラえもんを始めとした漫画家&アニメーターたちの努力のお陰で、意外と新しい世界にもすんなり馴染めたりするんじゃないかなぁって思ってます。
      それから、ドラえもんに出てきた道具を実現化しようと躍起になったりして、戦後復興以上のスピードで新しい時代の具現化に励むんじゃないかなぁとも思ってます。
      今読むべき本はドラえもんかもしれませんね♪

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください