【瞬殺GJ】ベルリン慰安婦像!強制撤去決定!…あいちトリエンナーレと大違い

在ドイツの韓国団体によって設置されてしまった慰安婦像が、強制撤去の運びとなりました。

 

官民メディアが一体化すれば、行動は早いね。

日本人が無頓着であったことが原因で、世界のあちこちに建てられてしまった慰安婦像。

しかし、10年ほど前から、この問題は国内でも大きく取り上げられるようになり、2015年12月には再度「最終的かつ不可逆的な解決」として日韓合意が結ばれました。

とはいえ、そんな合意を守る気がないのが韓国という国でありまして……あれから5年経過した今もなお、反日活動に熱心で、隙あらば慰安婦像を建てています。

また今回の慰安婦像の碑文は、輪をかけて酷い。

こちらの情報は昨日の虎ノ門ニュースでも取り上げられました。

 

知れば知るほど噴飯物の事態なのですが……官民一体となった日本人の迅速な対応が功を奏したのか、日本時間で昨晩(10/8)慰安婦像許可は取り消しになりました。

パチパチパチ!

 

茂木大臣ありがとうございます。

 

また数日前、安倍前総理の元にメルケル首相から電話があったとのこと。ここでもその件お話し頂いていたかもしれませんね。

安倍前総理ありがとうございます。

 

経過を見ていくと…なんだかあいちトリエンナーレっぽい件。

まぁこんな感じで、各所の迅速な対応と批判があり、今回の撤去に繋がったのですが……撤去の理由となったのは「事前に通知していない碑文を書いていたこと」だそうです。

また今回の流れは大まかにこういう感じだそうです。

韓国の慰安婦団体
ベルリン市に芸術品を展示すると嘘の申請

申請の時には無かったプレートが追加

ベルリン市は、そのプレートの文言に
日本との国交を阻害する文言があったと確認し騙された事に気づく

ベルリン市は、公共の場所をそのような
一方的な行為に対して貸すことは許可していないと判断し
7日間の猶予を与えるから慰安婦像を撤去しなさい。
撤去しなければベルリン市が撤去し、費用は慰安婦団体に請求すると警告

この流れを見て、私はあいちトリエンナーレを思い出しました。

そっくりな展開ですよね。

ただ一個違うのは、芸術祭の主催者である愛知県知事が、嘘をついた団体を擁護し「表現の自由」とのたまり、彼等と自分を肯定し続けたことです。

ドイツの対応と比較すると、大村知事の行動が如何におかしいかが分かりますよね。

しかもあいちトリエンナーレで記載されていなかった展示は、慰安婦像だけではありません。昭和天皇や英霊を侮辱するゴミのようなものも芸術と称され、展示されてしまうことになってしまいました。

 

本当におかしなことですが…今回のことで、あいちトリエンナーレにおける知事の対応が如何におかしかったのか気が付く人が増えることを望みます。

またベルリン慰安婦像の問題が話題になる少し前の段階で、高須先生は「署名数100万人」が達成する目安にあると投稿もしてくださっていました。

 

まだ署名期間中です。ベルリンの判断が「正常である」という認識が増えて、署名活動してくれる人が増えることを祈ってます。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください