【波動予測】パヨク壊滅の決定打はこれから!

新党結成でも「期待していない」が65%で、「期待値がますます低くなった」が10%と評価されるお左翼さまたち。

さぁこれからどんな風になるのか予測しましょう。

 

日々「呆れる」を量産するパヨクの行動

おパヨク様の鬼畜な行動は日々エスカレートしており、辟易するに留まらず、多くの国民に日々「呆れられる」行動を繰り返しております。

最近の行動をちょっと振り返ってみても、すごいですよね。

①石垣のりこの差別発言に

 

②つるの剛士さんの畑が泥棒にあった話をヘイトだと罵ったり

 

③野党新党のネット投票の展開などなど

 

救いようがないほどの矛盾満載の展開をしているおパヨクの皆さん。

呆れられるのも必然と言えます。

ちなみに、以前から申し上げている通り、波動乖離に最も適した感情体は「呆れる」というもの。

図の詳細→民進党ブーメラン と 波動の法則【図解式】

彼等は日々「呆れる」の国民感情を量産してくれているので、随分順調に波動乖離していると言えるのですが、彼等の悲劇はまだまだスタートラインに立っていないと私は思うんですよね。

 

壊滅決定打はここからだと思います。

波動の観点で見ていると、日韓関係の状況を後追いするように、国内の情勢は変化しているなと私は感じています。

具体的に言うと、1年から2年遅れで国内にその環境が持ち込まれているように私は感じています。

1年~2年前というと…時期的には、日韓関係が完全に終わりを告げるきっかけとなったレーダー照射事件(2018年12月20日)が起きた手前くらいと私個人は判断しております。

というのも、先に申し上げたようなパヨクの皆様にドン引きする事態は日々量産されているものの、今の日本では、あのレーダー照射のような決定打になる事が起きていないからです。

逆に言えば、これからレーダー照射事件に匹敵するようなネタが投下されるのではないかなと思ってます。

改めてレーダー照射の何が問題だったかと言えば、答えは簡単で、謝ることができないがゆえに嘘を突き通し、嘘に嘘を重ねた結果、日本の世論が軽蔑を通り越して、決別(付き合うべき人たちではない)という判断が下されたということ

【知っとこ】嘘つきたちの情報戦の常套手段

↓おさらい画像↓

↓おさらい用関連記事↓

【波動予測】2018年中に「ごめんなさい」できなかった人たちのこれから

【初笑】レーダー照射で韓国が日本への謝罪を要求するってよ。

【失笑】やっぱり韓国とは友達になれない

こういう決定打になることが近々起きるのではないかと、私は予測しています。

とはいえ、この事件が起きる前までも韓国の行動は一貫してこんな感じであったのですが、この行動パターンを多くの日本人が認識していなかったがために、韓国の肩を持つ人も多かったのです。

しかし……この事件は日本のメディアも擁護しようがなく、一方で報道しない自由を行使することもできず、結果として韓国の異常性を日本国民に最も強烈に印象づける結果となりました。

そしてこれを機に、日本の世論は韓国を無視する方向となり、世論を見方につけた政府はその後「韓国のホワイト国外し」を含め、毅然とした対応が可能となっていきました。

その毅然な対応に韓国が火病を起こし、さらに日本の世論が韓国から離れていったのは既に皆様の知るとおりであり、今や日韓関係を修復しようとする世論は壊滅的な状況となっています。

 

そして、これと同じようなハプニング(事件)が、国内左派の中から起きるんじゃないかなと思ってます。

保守を攻撃しようと思って彼等しでかしたことで、彼等が窮地に陥るのはいつものこととなのですが、どんな時でもメディアが率先して彼等を擁護するがゆえ、その事実は広く伝わらず、なんなら逆意味で流布される事が続いていました。

しかし、メディアですら擁護できない、そして報道しない自由も行使できないような案件が、ここから出てくるんじゃないかなと思ってます。

それが彼等を壊滅に導く決定打となり、彼等に対して毅然とした対応をすることが国民世論に切り替わるんじゃないかなぁと思ってます。

残念ながら、具体的にどんな内容でということまでは予測できませんが……レーダー照射事件が全く予測もついていない中で発生したのと同じで、予測もつかない角度から予測もつかない内容が飛び出してくるんじゃないのかなと、私個人は思ってます。

それでは♪

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

10 件のコメント

  • こんにちは

    たとえば、公の場で最も愛してる国の言葉がペラペラと出てきてしまうとかおもしろいですけどね。(怒ると出て来やすいかよしれません)
    それですと分裂にはまだまだ全然足りませんが。

    そしてみなさん愛してる国にいるのが一番だと思います。

    • こんにちは。
      特亜って奪ってこそ快感であり、自活という概念がないからこそ、世界中の国に蔓延って寄生虫のような活動をするのでしょうね。
      チャイナドリームは、儲けた後は海外暮らしだそうです。
      愛国や母国という概念が失われた結果なのでしょうね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    この、つるのさんの一件を「外国人ヘイト」っていうの、いくらなんでも無理ありませんか?
    だって、普通に読んだら、
    自分の畑の作物を取るやつがいたから、現行犯で捕まえたら、相手は「日本語わからない」の一点張りだった、
    ってだけではないですか。
    別に相手を外国人と決めつけたわけではなくて、単に相手が「日本語わからない」って言ったって事実を書いただけじゃないですか。
    それをヘイトっていうのは、元々、つるのさんに対して偏見持ってますってだけなんじゃないかと思うんですが。
    あれっ・・・パヨクさんって、偏見はいけないって言ってませんでしたっけ?
    言論の自由を言いながら、自分たちと違うと「死ね」って言ったり、偏見はだめって言いながら、違う思想の人だと事実を述べただけでヘイトだって騒いだり・・・
    そして、そんな自分たちを振り返ろうとしないのが、驚きです。

    • こんにちは。
      そうなんですよ。
      無理があるんですよ。
      だから政治の興味のない人でもかなり怒っている人が多い印象で、こういう言動が世の中の左派嫌いを加速させているように思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • おはようございます。
    世の中の流れがなかなかすごいですね。
    私は菅さんを今まで詳しく存じ上げなかったのですが、素敵ですね。
    出馬会見でも望月さんちのお姉さんをバサァーッと斬っていましたね(笑)。
    優しくて真面目に相手してくれた安倍さんと違って、叩き上げの菅さんは甘くないので、おサヨクはそろそろ諸々反省しないと存亡の危機ですね。
    菅さん関係のおもしろいツイートを見つけたので、貼っておきます。

    https://mobile.twitter.com/swim_shu/status/1303941530994921472

    https://mobile.twitter.com/amajaamajaaanal/status/1298238415511490565

    • こんにちは。
      菅さんは淡々とはっきりしているので、今までの安倍総理とのやり取りのようにはいかなくて、困る記者さんは沢山出るんでしょうね。
      っていうか、パヨの皆さんは既にスガガーとなってますが、それでは応援していた石破はもうダメだと見限ったとも言えるので、応援された石破さんが可哀想に見えてきてしまいます(^^;)
      おパヨの皆さんは今まで以上の七転八倒を繰り広げることになるんでしょうね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。

    メディアでも擁護できないような案件が発生するのか、メディアが国民から見放されて情報操作が出来なくなるが故に穢れが表沙汰になるのか、その両方なのか(私としてはその両方を望みますが)。

    あまりにもポンコツで石破ヨイショが通じないとようやく理解しだしたマスゴミ&おパヨさん達が、相手を下げれば自分が上がるという半島メンタル全開で”スガ下げ&自民叩き”に夢中ですね(それでもポンコツ石破をヨイショすることは継続中で、今度は2位狙いとか無理矢理岸田との接戦を演出中)。
    やはりメディアは中華系より半島系の方が色濃いのでしょうかね(個人的にはNHKは中華系だと思いますが)。

    それにしても膳場貴子といい有働由美子といい、社の方針に沿ってのことかわかりませんがあからさまに失礼な態度とレベルの低い質問をぶつけている姿にドン引きします。
    あのポジションのアナウンサーって一応番組構成の会議なるものにも出ると思うんですけど違いますかね?しかも割と自身の意見も影響させることができる立場なんじゃないかな~と。
    その結果があれと思うと……どっちも元NHKアナウンサーってのがまた何とも。本人達もやはりその方が水が合うのでしょうね。

    最近ではたまに見るニュースも発信者側の思惑をいろいろ考えて見なきゃいけないので頭が疲れますね。

    • こんにちは!
      私もその両方を望みます(^_^)
      この秋からテレビの制作費はさらに下がるはずですから、いろんな場所からほつれが出てくるでしょうね。

      ほんと、石破がダメだと気が付いた瞬間から、やたら菅サゲ行動が目につきますが、前の記事でも書きましたが、菅さんは二世議員でも、後ろ盾があっての議員でもないから、無理に菅さん下げようとすると彼等の方が苦しむことになるはずなんですよね。
      ちなみに、菅さんが総理を目指せる状況になっていることが、既に中国・韓国・そしてアメリカでも話題になっており、日本ってスゲーっ(凄い民主主義国家だからできること)ってなってるみたいですよ。
      っていうか、普通そういう感覚になって当然ですが、日本のメディアはおかしいですよね(^_^)

      膳場さんのことはあまり知りませんが、有働さんはスタッフの指示がなければ動けないというか、スタッフの指示通りにしか動かないと聞いたことがあります。政治信条とかはなく、単にスタッフの意向なのだと思います。
      一方でフジテレビの三田アナは、事実と論理を大切にするジャーナリストの風格を持ち合せていますよね。今までのフジテレビ女子アナにはいなかったタイプだなと思います。
      テレ朝の小松アナなど、若手にきちんとしたアナウンサーがいる一方で大御所がどれもこれもチーンって感じですよね(^^;)

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • 返信ありがとうございます。

        フジの三田アナって、夜のニュースの人ですよね?
        今度じっくり見てみようと思います。

        そうですか。有働アナはそのようなお人でしたか。
        あのバタバタ感やギクシャク感を思い返してみれば、そうなのかもしれませんね。
        自分を主張することができない環境に身を置いているとすれば、それはそれで同情の余地はありますし、裏を返せばTV局の闇を感じざるを得ませんね。
        そんな中、バシッと正論を言える小松アナは「つえぇぇ~」って思います。

        膳場アナはTBS(NEWS23)なので、しょうがないです。

        • とんでもないです。

          三田アナが夜になってから一度も見た事はないのですが、グッディの時は、あの安藤優子の横で逐一正論で返しており、スカっとさせて頂いておりました。(とはいえグッディもほとんど見てはいないのですが…(^^;))
          小松アナは地上波全体の良心に見えてしまいます。
          三田アナとか小松アナとか、フジの平井解説員のように、ファクトベースで話してくれる人が増えればここまでテレビは嫌われなかったはずなんですがね。

          残念ですよね。
          有働さんはアサイチみたいな番組が似合ってますよね。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください