【スピ系後遺症】特別を求めた後の普通の道のり

先ほどの記事に書いた通り、久々に八木沙耶さんのブログや関連するネット情報を昨日必死で読み込んだのですが……その行為の果てに思うことがありました。

先ほどの記事

【八木沙耶】恐怖!神社を建立してからの彼女の日常

2020年8月23日

 

彼女たちが手に入れたものって……

今回の八木沙耶騒動でも露呈したかと思うのですが、スピで稼ぐ彼女たちって、結局何一つ幸せにはなっていないんですよね。

一言で言うならば「足ることを知らない」

だから、常に欲しい欲しいの渇望と我欲に苛まれ、結果として自滅して、最終的には「普通が良い」みたいな結論になるみたいなのですが、その「普通」すら、やっぱり「普通」とは言えないのが彼女たち。

最近の八木沙耶さんは普通の幸せが欲しいと切望しているようですが、特別を求めた結果ですよね(笑)私から言わせれば…。

↓その記事↓

【疑問に思うこと】特別って茨の道なんだけどなぁ~。

 

普通が遠い道のりになる彼女たち

そしてそういう特別こそが幸せだと思っている人の勘違いは、普通を求めていても文章に現れるものなんだよね。

ちなみに、普通の幸せが欲しいと切望している八木沙耶さんは最近、飲み屋で出会った男性が「すごくタイプで、しかも愛妻家で、子供達も可愛くて・・」といった感じだったそうです。

そしてそんな男性に八木沙耶さんは口説かれたらしく、その時に「嬉しいとかそんな感情を飛び越えて、何でこの人の持つものを望んでこなかったのだろう、、、」と思ったそうですが(笑)

マダムユキさん曰く

妻子持ちに口説かれたそうですが、飲み屋で八木さや口説いてる時点で愛妻家じゃないからw(´▽`)

相当なゲテモノ喰いですから、ヤレそうな女なら見境なく口説いてるんじゃないですかねぇ。
まあ、八木さやも男なら誰でもいいタイプなんでお似合いです。

http://flat9.blog.jp/archives/83720907.html

私も同意です。

普通を求めながら、求めた普通は全く普通ではないのですが、それに気が付けないんですよね。

 

ちなみに八木沙耶さんには、旦那さんとは別の年の離れた彼氏が島におられたのですが、つい先日お亡くなりになられたそうです。

ですから、八木沙耶さんは大変お辛い気持ちを持ち合わせているのだろうとお察ししますが、信者さんの回想録を読むと、とても同情する気にはなれないですね

↓八木沙耶ラブの信者が彼氏さんの訃報を知って書いた記事↓

WSのあと、さやちゃんと話してた内容がとっても印象的で

彼氏さんは

『俺には女が4人もおって忙しい』と言ってたそうで

1人はさやちゃん

あとは、おっぱい×2
と、おま◯こちゃん

で、4人笑

『「みんな平等に愛したらなアカンやろ」ってゆーの

それ聞いて、この人めっちゃすげーって思ったわー』

って、さやちゃんが嬉しそうに話してた

ttps://ameblo.jp/lily-loveworld/entry-12619398087.html

ちなみにこの件読者の方からご指摘を頂いたのですが、「おっぱい2個と後一つ、は、4人の女と言う意味じゃなく八木さや全てを表してるんではと。」のことで、全ては八木沙耶さんを現わした愛情表現の一つのようだったそうです。

理解不能すぎて行間読めなくて申し訳無いですが……それでも、こういう感覚が上位となっている段階で、普通にたどり着くには途方もなく遠い道のりなのだろうなと思わされます。

そして、普通が分からないからこそ、彼女たちは不憫で切なくて孤独でどうしようもない毎日になっているのだなぁとも思わされます。

普通に生きていきたいものですね。

まだ書きたいなぁと思うことはあるけれど、今日のところはこの辺で。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

8 件のコメント

  • 多分、、、
    おっぱい2個と後一つ、は、4人の女と言う意味じゃなく八木さや全てを表してるんではと。
    愛されてたんだな、とは思いましたよ。

    しかし、、

    何はともあれ、類は共を呼ぶ。
    自身を振り返りたいと思います。

    この島行きたくないな〜。

    • おはようございます。
      コメント頂いた記事、壮絶なミスを犯してしまい(-_-;)
      書き途中にもかかわらずアップしてしまいました。
      頂いたコメントの部分も反映して書き直します。

      教えてくださりありがとうございます。

  • こんにちは。自分ビジネスとやらが原因で、彼女たちを目指す人達がネットにゴロゴロ出てきましたよね。脳内お花畑で、何言っても無駄そうですが。

    神社って怖いなぁ。知りませんでした。

    • こんにちは。
      彼女たちの思考に嵌まると、当り前の必要性は見落とされますし、場合によっては毛嫌いされますからね。
      だから脳内お花畑になるのですが、現れる現実はどれもこれも悲惨なんですよね。
      信者の人はいつ気がつけるのか分かりませんが、残念ですよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    私、ゆりさんが

    〉ちなみに、普通の幸せが欲しいと切望している八木沙耶さんは最近、飲み屋で出会った男性が「すごくタイプで、しかも愛妻家で、子供達も可愛くて・・」といった感じだったそうです。

    そしてそんな男性に八木沙耶さんは口説かれたらしく、その時に「嬉しいとかそんな感情を飛び越えて、何でこの人の持つものを望んでこなかったのだろう、、、」と思ったそうですが(笑)

    と書いたのを、思わず三度、読み返しました。
    「え? 愛妻家だったら、他の女、くどくなんてしないんじゃない?」と。
    その後、マダムさんが全く同じツッコミをしていたのを読んで、笑いました。
    そうだよねえ、普通、そこで気づくよね、と。

    普通って素晴らしいですね。
    そういう、愛妻家を気取ってつまみ食いしようとするような人に、だまされないってことですから。

    • おはようございます。

      ですよね(笑)ここで普通目が止まりますよね(笑)
      八木さやさんの場合……常に自分は特別という感覚が身に染みついているのではなかろうかと推察されるので、愛妻家であっても私は特別なのねという飛躍した思考に落ち着いているのではないかと思うのですが(笑)
      それがそもそも普通ではないですからね。

      一度特別に目覚めると、普通に辿り着くことこそが至難の道になるものですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 知性のかけらもない故彼氏の言葉にびっくり。
    それに感動する恋人もどうなんでしょうか?
    似たもの同士なんですね。

    歳を重ねると生き様が顔にでますからね。
    今までは若さでなんとか誤魔化せたけど。

    真っ当に生きましょう。

    • おはようございます。
      私も同じ気持ちです。
      若さで誤魔化せなくなるのはみな平等です。
      きちんと生きていきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください