【北京の空】ラピュタがやってきたか?!

いやはやいやはや、中国のお空から目が離せません。

 

雪の後は大洪水だったそうです。

昨日の記事で、北京で6月の雪が降った事を書きましたが…

【今度は北京】三度目の正直?の6月の雪

2020年8月2日

その後、北京は豪雨に見舞われたとのことです。

 

 

しかも、下水道などが壊れたらしく、道が噴水状態になるような事も起きていたそうです。

 

ちなみに北京は、先日の雪だけでなく、2ヶ月前に行われた両会の時も、日中なのに真っ暗になり雷が落ちるという不思議な事が起きてます。

↓詳しく説明した記事↓

【天意】神は中国に怒っている

2020年5月26日

 

不思議な事が立て続けに起きておりますが、さらにまたもや不思議なことが起きました。

 

 

この雲…ラピュタっぽくない?

そんなこんなであり得ない天気ばかりが続く中国であり、北京なのですが……今度はラピュタの竜の巣さながらの雲が現われたそうです。

↓これ↓

 

最近の中国を見ているとどうにもこうにも天気の子が頭に浮かんでしましい、アニメの世界だけのことじゃないんだねぇと思う気持ちになるというか………ぶっちゃけ今の中国はアニメ実写版の世界が顕現されてる言えるんじゃ無いのでしょうか。

だって今度はラピュタみたいですもの。

ちなみにこれが↓ラピュタにでてきた竜の巣。

静止画だと分からないですが、竜の巣は雲の中で雷が発生します。

ちなみに似たような雲は2年前の8月の関東でも目撃されてます♪

 

 

ちなみにあの雲のせいかどうかは分かりませんが…その晩北京はまたもや雹に見舞われたそうです。

 

またもやというのは、かれこれ1ヶ月前の6月下旬に北京は不思議な形の雹が落ちてきているからです。

 

ということで、立て続けにおかしな天候に見舞われ続けている中国。

中国に起きていることは、異常気象では片付けられないない天意の反映なのだろうなと、私個人は思ってしまいますね。

 

本を発売しています。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください