【知っとこ】香港国家安全法を賛成した国、反対した国

香港国家安全法は私たちの主権すら脅かすクレージーすぎる法なのですが、これに賛成している国もあります。どんな国が賛成しているのかみていきましょう。

 

賛成国は既に主権を奪われた国?

昨日書いた記事の続きです。

【クレージーすぎる】香港国家安全維持法

2020年7月10日

香港国家安全法は昨日もお伝えした通り、あまりに酷い法案です。中国の主権が及ばない国家も「中国の言う事にしろ!」と言い張るとんでもない法です。

そもそも中国は法を遵守する国でも約束を守る国でもないからこそ、こんな横暴な事ができるのですが、こういうクレージーな行動を黙認することは容認することに繋がるため黙っていてはいけません。

そのため日本も反対表明を既に出していますが、世界の動きがどうなってるのかこれだけでは分かりません。

韓国の記事によると、韓国を含まない27カ国が国連の人権委員会反対表明をだしたとのことですが、この記事だけではどの国が共同の反対声明を出したのか分からないので、調べてみました。

参考にさせて頂いたのはサイレントインベージョンの訳者である奥山さんのこの動画です。

 

 

すると……反対国は27カ国に対し、賛成国が53カ国もあることが分かってしまいました(/_;)

世界地図でみるとこんな感じ。

青が賛成国、オレンジが反対国です。青だけ見てくとまさに一帯一路な感じですよね(^^;)。

ちなみに対立しているアメリカに色が入っていないのは、国連の人権委員会にアメリカが入っていないからです。

ということで…具体的に賛成しているのは下記の53国です。

ちなみにアフリカでも中国への借金が多い国ほど賛成を表明しているとのことです。

分かり易くチャイナに金によって取り込まれてしまったところが賛成をしているという訳ですが……その金によって取り込まれた先にあるのは…………考えたくもないですね。

そして反対国は以下27カ国。

ドイツのメルケルが中国に対して弱腰とやたら言われていましたが、ここでは入っていましたね。

そして中立?国(どちらにつくか表明していない国)が以下です。

欧州で賛成しているのはベラルーシだけですが、南ヨーロッパのほとんどは中立という状況です。

しかも、イタリアはG7に入っているのにもかかわらず…、今回の武漢ウイルスで散々大変な状況になったのにもかかわらずです。よっぽどズブズブなのだなと改めて思わされますが、中国しか頼る場所がないのかなとも思わされます。

ちなみにローマ教皇が先日、講話にて当初予定されていた「香港における自由の重要性」に言及しなかった事が話題になりましたが…バチカン市国を取り囲むイタリアの状況を考えれば、さもありなんという感じですよね。

またイタリアを始めとして、スペイン、ポルトガル、韓国、インドネシア、フィリピンの6カ国は中国と犯罪人引渡条約が締結されているので、渡航には十分注意ですね。

またこれは、賛成国であればなおのこと。

賛成もしていて犯罪人引渡条約が締結されているのは、ラオス、カンボジア、タジキスタン、パキスタン、イラン、アラブ首長国連邦(UAE)、ベラルーシ、
レソトです。

 

ちなみにアメリカ、ロシア、インドはここの中では名前が出てきませんでしたが、どう考えてもアメリカとインドは反対であろうと思います。

一方のロシアは大賛成みたいです。

これである程度、世界の対立構図は固まったかなと思われます。

共産主義に地球が染まるのか、そこから脱出するのかの戦いですね。

多くの国は自由主義を標榜しながらも、20世紀の間に浸透してしまった共産工作によって共産思想が無自覚に嵌められています。

そこも一緒に抜け出せたら良いのになと思っています。

 

本を発売しています。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください