【検察庁】ズブズブだったのは、内閣じゃなくてマスコミ

ホリエモンが言っていたことが1から10まで当たっていたことが証明されましたね。

 

あらぬ方向で決着するも……

昨晩、文春報道で、黒川さんが産経新聞と朝日新聞の記者と賭け麻雀していたことが明るみなり、本日黒川さん辞意表明されましたね。

相変わらず野党は国会をサボる方向でしか物事を考えられないようですが……↓下記参照

 

ホリエモンの言っていた通り、検察とテレビが超ズブズブだったということがこれで明るみなってしまいましたね。

 

そしてこれまたホリエモンの言っていた通り、検察はスゴイ強い力を持っていて、それをマスメディアと共謀することで力を強めていているというのも事実なんだなと実感しました。

 

実は権力がない内閣。

というか今回の検察庁法案騒ぎは、「内閣が検察庁に介入して検察庁を自在に動かしている」という安倍魔王説に基づいて行われていたはずですが、実態はホリエモンの言うとおり真逆であったことが見えてきましたね。

 

また今回の定年延長も、検察庁の求めに応じて行っただけのことを陰謀論的に騒ぎ立てられましたが、安倍さんが櫻井さんに申し上げている通りの実態だったことも明らかになってきましたね。

 

つまり、パヨク&特定野党&マスメディアが「安倍総理が~」と騒いでいたのと実態は真逆だったことが明らかになったと言えます。

 

そしてこの不可解な流れとなっている検察庁の問題は、結局の所、内部の人事抗争だっただけなんでしょうね。

 

その内部の抗争が飛び火してマスメディアを巻き込み、そしてマスメディアが特定野党を巻き込み倒閣運動に利用し……といったような流れだったのではないのかなと私は思います。

一応整理しておくとこんな感じ。

①検察人事で内部が対立

②検察がマスコミを使って人事抗争をしかける

③マスコミはこの情事にあやかって、野党をけしかけ倒閣運動に利用

 

つまり、「内閣あんま関係なかったじゃん……っていうか実は蚊帳の外話だったんじゃねぇの」っていう話ですよ。

しかも「検察の人の定年延長すると三権分立が~」とか、全くどうでもいい話だったじゃんって思いませんか?

実態が見えてきてから野党のあの動画見ると、吹きますよ。

これ↓ ちなみにホリエモンの動画を未だ見ていない人はホリエモンの動画を見てからにすると、「どんだけ野党は国民騙そうとしてるんだよ!」っていう実感湧きますよ。

 

 

そして、冷静に考え直して見ると、検察とマスコミがズブズブ過ぎて、このコロナ禍に騒動巻き起こし、世の中の仕事を増やしただけに見えてきませんか?

 

はぁがっかりです。

それでもマスメディアは今後も筋の通らない話で、本当のことをごまかしにかかると思いますが、ホリエモンの話をきちんと聞いて日本の枠組みを捉え直しましょう。

日本はどうやら検察庁の力が強く、そしてその検察庁はマスコミとズブズブ。このズブズブ関係が権力を増大させていると。

これを機に、この権力構造をきっちり見直してもらいたいものです。

健全な日本になるための大掃除まだまだ続きそうですが、一つずつ良い方向になるようにみんなで頑張りたいですね。

 

 

年に一度の無料セミナー!現在ネット受講生のみ募集してます

自宅からでも参加できます。年に一度ですから、是非ご参加ください☆

 

本を発売しています。

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

8 件のコメント

    • こんばんは!
      コメントを読んだ時、CMに入る関係なのかな?と思ってたのですが、リンクしてくださったTwitter見たらそうではなかったことを知りびっくりしました。
      回線の不具合であった可能性はあるので、不足事態ゆえの結果ということも考えなくてはいけませんが、現況下において多くの人はそのような判断はしないでしょう。
      テレビや新聞と庶民が戦うゴングが鳴らされたように私は思ってしまいました。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 今回の騒ぎでは個人的に親しいから安倍さんがごり押しで黒川さんをねじ込んできた風にして「検察人事に介入するとは何事だ」と反対していた印象だったのですが、リンク先のツイートの返信をみると「詳しく知らないのに承認したのはなぜか」ってあるんですよね。法務省なり検察なりの担当部署(現場)がよく考えたうえで推薦したのだろうってことで、特に変な噂が耳に入ってないから承認したのだと思うのですが。

    現場に任せず念入りに調べて介入していた方が良かったのか、現場の判断に任せた今回のやり方が良かったのか、どちらのやり方をしても文句を言うんだろうなぁ、と思いました。ちょうどよくやれという人もいるかもしれませんが、批判をしている方たちのいい塩梅のラインはどこなのか、も気になるところです。

    • こんばんは!
      なにもかも「安倍のせい」というのが一種の風習になっている感があり、それでは本当のことは見えてこなくなるのでとても危惧しています。
      「日本を良い国にしたい」と思っている日本人が大半だと思うのですが、「日本とは何か?」が切り離された中の現代の思想でみんな考え始めるから、いつもおかしなことになります。
      とにもかくにも批判第一な人たちには「良い塩梅」という観念すらないと思うので、まずは気が付いた人から動じない術を身につけるしかないよね……って思いながら私も過ごしておりますが、メディアが沢山その情報を流せば、それを是正するなりの情報をこちらも流さなきゃいけなくなるから面倒臭いですよね。

      本質で語れる日本になってほしいです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんばんは。

    今回の騒動の落ちがまさか賭け麻雀で辞任とは……そこまでは読めませんでしたw

    森友でも検察側から情報のリークが…なんて話もあったくらいですから、さもありなんってとこですかね。
    陰謀論でアベガーの人達は結論ありきで諸々の事象をパズルのように組み立てますので、出来上がるパズルは正解とは違う絵になるんですよね。
    似ているってだけで形の違うピースを無理矢理はめ込んで、最後にどこにも納まらないピースが残っても見ない振りをして”これが完成品!”って自己満足して終わりなのでしょう。

    枝のんに至っては「お前、ホントに弁護士だったの?」って感じです。
    わかってやっているのでしょうけど(そうでなけりゃなおヤバイ)。

    種苗法改正、見送られてしまいましたね。
    今まで優良な品種が無断で海外(主に中韓)に持ち出され、被害甚大な農家さんたちが頑張って何年も陳情し続けてきてやっと審議入りするかと思いきや、理解不足で無責任な芸能人のツイートを機に反対ムードが醸成され今回の顛末です。
    影響力ばかり人一倍大きい癖に何の知識も責任もない柴〇コ〇のような人達が反対した結果、地道にコツコツと頑張ってきた人達の努力が踏みにじられることになったのです。
    よく知らずに反対してた人達は、しっかり勉強してガッツリ反省してほしいです……無理かな。

    今回の検察庁法改正や種苗法改正の件で、アクティブな馬鹿がとんでもない害悪になりやすい時代なのだと痛感できました。
    だから加藤清隆さんに「~だから知らないと思うけど~」なんて言われちゃうんですよね。

    様々な場面に措いてのリテラシーが要求される時代ですね。
    時折、自分にも問いかける癖を無くさないようにしたいと思います。

    • こんばんは!

      今回のことで「検察とマスコミが結託しているという事実がある」ということが世間に知れ渡ったことは大きいですよね。
      ですが仰る通り、マスコミとそれに乗っかるパヨクは、何が何でも安倍批判に繋げて、本質の問題点が埋もれるようになっていくのでしょうね。

      種苗法見送られたの残念ですよね。柴崎さんも素直に信じてしまった結果だとは思いますが、キョンキョンにしろぱみゅぱみゅにしろ素直に受け取った結果が、間違った扇動のための広告塔に使われるだけのことに気が付いてもらえたらと良いなと思っています。(キョンキョンは、通販生活を信じているようなので…もう返ってこれない感じがしますが……)

      民主主義って、国民の知識が平等に問われるから、間違いも多くなるんですよね。
      過去の日本は政の一族しか政に関われなかったのですが、日本の場合は政に関わる一族の品格が備わっていたため、民が虐殺されることなく穏やかに生きてこれました。今思うと、それは本当にスゴイことなのだなぁと思わざるを得ません。
      ですが、今の日本は民主主義なので、とにかく私たちが道理を身につけ、その上で頑張るしかないんですよね。
      面倒臭いなぁとは思いますが、一喜一憂しながらも、みんなで良い国家にするという命題をクリアしたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • 返信ありがとうございます。

        甘利さんの時もそうでしたし、財務事務次官のセクハラ問題、そして今回の黒川さん……
        マスコミにとって、スクープは「取ってくるものではなく作るもの」という認識なのがよくわかりますね。
        賭け麻雀が記事になってから明らかに不自然なのは、当事者の記者達の実名が出てこないところです。
        法律に抵触することをやっていて、しかも自分たちが呼んだ側なのに、マスコミは表に出しません。
        法の下の平等はどこへやら。やはりマスゴミです。

        なにやら弁護士達が挙って桜を見る会で安倍首相を告発するぞって言ってるらしいですね(代表者は共産党だそうです)。
        このような弁護士達も、問題をわざわざ掘り起こして(問題でないことも問題にして)飯のタネにしているようなものですしね。
        どうせやるなら情報を捏造や隠蔽してるメディアを告発すればいいんじゃないでしょうか。
        そしたらマスゴミは報道しない自由でスルーするのでしょうけど。

        オールドメディアの報道を受ける側がいちいち真偽を確かめなきゃならないのが面倒くさいですね。

        • おはようござます。
          日本の闇がどこにあったのか、どんどん表に上がって来ていますね。
          それを論点の違う方向で、問題をひた隠しにしようと二つのほうそうかい(法曹界と放送界)は頑張ってますが、どう考えても時間の問題だと思います。

          今回のテレワーク推進によって、普段ワイドショーをオンタイムで観た事がない層(働き盛りのサラリーマン)が視聴して、本気で驚いたという話があちらこちらから聞こえてきます。
          どんなに放送で民をコントロールしようとしても、難しいでしょうね。

          この一年は本当に歴史に残る波乱の年となると思います。歴史の目撃者の一人としてしっかりこの時間を経験し、良き日本になるよう微力ながらお互い努力していきたいですね。
          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください