【朗報】ようやく韓国・イラン・中国全域を入国拒否の対象に

ようやく政府が主導して対応できる状況になってきたみたいです。

 

韓国・イラン・中国全域を入国拒否の対象に

先ほど産経の記事で出ていました!

おせーよと言われそうですが、それでもようやく入国拒否の対応ができるようになったそうです。

政府は5日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染を防ぐ水際対策として、入国を拒否する対象を韓国とイラン全域に滞在歴のある外国人に拡大する方針を固めた。中国人は日本の入国に必要な査証(ビザ)の発給を停止し、事実上中国全土からの入国を拒否の対象とする。5日夕の国家安全保障会議(NSC)の会合で確認する。

中国から帰国した日本人も全員検疫の対象とする。(産経新聞)

 

確かに今の時点で、入国拒否をしたところで感染リスクの軽減にはなりませんが、

「日本のせい」にしようとしている中国などの隣国に対する外交対抗策として、この政策はどうしても必須だったと思います。

【極不快】中国が「日本のせい」にし始めてる!

2020年2月29日

しかも既に中国では「日本からの渡航者は危険」という判断で、2週間の隔離処置も始まっているのですから。

日本が中国からの入国を拒否をせず、一方中国では日本を隔離することを容認し続ければ、世界へ「日本がヤバイ」という宣伝を続けるだけになってしまいます。

経済活動を重視した形で考える方々は、この入国拒否は嫌かもしれませんが、中国の宣伝活動(プロパガンダ)に対抗しなければ、結果論もっと悲惨な立ち位置になってしまうことは言わずもがなだと思うので、遅いと言われようが私はしてくれてありがとうと思ってます。

また先週から政府は、強気の政策を立て続けに表にだしていますが、これは閣内の封じ込めがある意味成功できた証なのかなと思ってます。

それから、韓国に関してはこれを期に、ビザ無し渡航ができてしまう状況も是正してほしいです。

まだまだいろいろ問題はあるでしょうが、一時と思うと前向きな気持ちになれる政策が続いているのはありがたいですね。

強気の対応は気持ちが良いです。

それから転売ヤーも、緊急措置法の26条が適用されれば懲役刑になるそうです。

既にネットショッピングサイトで転売しないよう要請もかけているようですし、

それから先週はオイルショック再びみたいな事態になってましたが…トイレットペーパーは充分あるようですし、物品の混乱はとりあえずおさまりそうですね。

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

2 件のコメント

    • おはようございます。
      久々の明るいニュースですね!

      SNSのおかげで官民供に全力でマスメディアに対抗している姿勢が顕著に浮かび上がってますよね。
      これから敢えて不安と恐怖とディスカウントジャパンを煽るマスメディアはさらに崖っぷちというか、完全に国民から無視される存在になるように思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください