【詐欺師の基本】非現実的なことをネタに金をせしめる

多くの人がついお金を出す瞬間には、非現実的なことに心奪われるものが存在するからなのだろうな。

 

詐欺師は、ある種のエンタテイナーなのかもしれない。

もう何記事目か分かりませんが……これまた猫組長の本を読んだ上での感想です。

知らない世界を知ったときの驚きは大きいものなのだと理解してお付き合い頂けたら幸いです☆

 

とりあえず、フェイクが創り出すフェイクというのは、フェイクがフェイクが重なって、つまりフェイクの二乗に二乗が起きていって、とにかく大きくなることが分かるようになりました。

そして、そのフェイクが創りだした概念の中で、多くの人が搾取や奪い合いを本気でしているのがこの世界の日常だということも実感を持ち合わせるようになりました。

【経済】循環、搾取、ゲームで成り立っている。

私は結局今の今まで気がついていなかったのだけれども、この世は騙し合いが基本の世界なんだなぁということが、実感を帯びるようになってきました。

すると、去年までいきり立っていた偽スピ教祖さまの実情も「この世の常識」とも思えるようになりました。もちろん肯定はしないですが、彼らが生きている姿勢の方が、実はこの世のスタンダートなのかもねと思う気持ちが帯びてきました。絶対に真似はしませんが……ね(笑)

 

そして、詐欺師というものがどういう形で成り立っているのかの輪郭が掴めるようになってくると、ある種それはエンタテイナーなのかもしれないなと思うようになっていきました。

 

非日常こそが現実を解決してくれるという妄想を生み出す

日常に満足していない人ほど、非日常な空間に憧れを持つものなのだろうと思います。

非日常に囚われている人ほど、日常に目を向けれなくなっていると思いますが、

私たちが生きている今の世界も、そんな非日常の願望が重なって重なった上にできたものに過ぎません。

 

たった150年前の明治の世が始まった頃、私たちが今生きている生活空間など空想に空想を重ねた上の産物に過ぎませんでした。

今在る日常こそが、150年前の人から見た非日常であり、74年前の敗戦時においてもそうでしょう。

私たちの日常というのは、過去の人から見たら確実なる非日常の世界空間なのです。しかし、私たちにとってはこれは日常なのです。

そして、これが日常となれば、また人は非日常と思える世界に心を馳せます。

そして、また新たな非日常を作りだし、その仮想空間が現実だと思う錯覚を繰り返して幻想の上に幻想を作り出す世界が生まれていくものなのでしょうね。

 

そして、多くの人が非日常に恍惚を持ち合わせてしまうのは、日常において幸福感を得にくい心の体質が強くなっているからこそ、青い鳥を探すように、非日常な話の方に気持ちが向いてしまうのでしょうね。

そのような人々の心を面白いように弄ぶのが、詐欺師のなせる技なのでしょう。

自分の住まう世界が一般人とは違うおとぎ話のような雰囲気を醸しだし、リアルな世界観に迫る時には大博打のような仕掛けをほどこし、その演出によって人を魅了させるのが仕事なのかもしれません。

詐欺師とショービジネスは、割合近しい商売なのかもしれないなぁと、今になっては思います。

 

日常に満足できる心持ちを維持すれば……

結局の所、非日常に恍惚を生む動機というのは、日常の不満というものが必要不可欠なのかもしれないなぁと思っています。

それがショービジネス程度の刺激で収まれば、日常をより楽しくするための娯楽で済むのですが、非日常をリアルに思ってしまえばしまうほど、それが仮想現実を作りだし、詐欺師がのさばれる仮想空間を生み出しているのかもしれないなぁと思う次第です。

日常というのは、当り前の繰り返しです。それがそれぞれを待ち受けています。

日常というのはたいして楽しくないことかもしれなかもしれません。ですが、それは日常だからこそ当り前に思える幸福なのかもしれません。

多くはその幸福になかなか気がつけなくなっているからこそ、ついつい非日常に目を向けてしまうのでしょう。

とはいえ気持ちが穏やかになればなるほど日常に潜む面白さは発見できます。

心が穏やかになればなるほど、たいして変化のない毎日もかけがいのない一日として楽しむことができるようになります。

そして、たいして変化のない当り前の毎日の蓄積の結果の上に想像もしていなかった未来があることも実感できるようになるんじゃないかなぁって思ってます。

詐欺師にひっかからないコツは、やっぱり今ある日常を今あるままで楽しくなるように個人個人が努力することなのだろうなぁって思います。

そのためには、当り前の当り前を徹底することですよね。

それがレリゴーブスからの脱却も意味することになるだろうと思ってます。

【見よ】これがレリゴーブスたちの攻撃力だ!

 

やっぱり、自分に与えられた毎日を素直に受け止めて楽しむことが大事ですよね。

ちなみに猫組長はどんな現実も素直に受け止めて楽しんでいました。

そこが違う世界に住んでいても私の興味を惹き付けるポイントなのかもしれません。

 

↓URLが変わりました。↓

【重要なお知らせ】サイトURLが変わりました。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

6 件のコメント

  • レリゴーブスのフレーズは、未だにじわじわ来ます(笑)
    どなたか替え歌を作ってくれませんかねw

    • おはようございます☆トリセツでレリゴーブスの替え歌作ったら面白いかもしれないですね(笑)

  • テキシアジャパンの教祖様もドヤ顔でステージで歌ったり、神主姿で動画配信したりしてましたね。スピ芸人様と重なりました。

    • おはようございます。私も一度テキシアジャパンの誘い受けた事ありますよ。あり得ないなって思って、断りましたが……。
      猫組長の本を読むと、投資を軸に活動する人たちの本音が滅茶苦茶良く分かります。
      投資をする人たちは、なるべく返さなくてもいいお金を募ることが大事みたいですね。
      自分は投資もしたことないので、なるほど!と思うことばかりです。

  • ゆりこさんこんばんは。
    非常に興味深く拝見いたしました。
    ゆりこさんのおっしゃる、”人生とはお米を味わうが如し”がここにありますね。

    スピ界隈に入り浸っていた頃に、”あなたの夢を叶えよう!””あなたの夢は?夢を形にしよう!”という方にはまってしまい、「はて、夢など小学生以来、考えてもみなかったが…」と立ち止まり、夢を描けていない自分に焦りと、当時40を目前にした自分の人生への諦めを俄かに感じました。
    今思うと、鼻で笑ってしまうような話ですが、あの時の軽い絶望感はなんだったのだろう…。と考えます。

    夢を叶える!とは、元来日本にはなくて、所詮はアメリカナイズされた人生観なんだと気づきました。
    この日常のこの生活の中にあるであろう輝きを見ずに、絵空事の夢を見て、現実逃避する。そして非現実的なことにキャッキャしながら、夢を叶えようとしてる私は素敵☆前向き!っていう脳内お花畑なアラフォーの自分を想像すると、…寒いを通り越しておぞましいです。笑

    私もいろいろありますが、人生の日々の中で、くすりと笑えたり、また大笑いしたり、その瞬間が私は大好きだし、涙や辛抱があるからこそ、貴き一瞬だと思っています。
    ではおやすみなさい^_^

    • おはようございます。
      夢も叶えるもそうですが、クラーク博士の「少年よ大志を抱け」もそうですよね。
      何でもかんでもアメリカナイズされれば良いというものじゃないということにようやく気がつく時代になってきて良かったですよね。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください