【引き寄せの法則】波動の高低によって、引き寄せれる方法は180度変わります。

さっきの話の続き

思い出したのですが、

地球は、絶対に人間にしかできない役目があるんです!

 

ただその話をする前に……波動の高低によって、引き寄せの法則は180度変わることに気がついたので、その事を記事にしておきます。

 

人間の波動で地球環境は作られます。

私たち人間は、未来に不安を抱えたり、今の自分に自信が持てない状態に陥ると、とてつもなく見えない世界の言葉をほしがり、その言葉に沿って歩み出したがります。

その言葉の先に輝かしい未来があるような気がして、光おぼしき幻想に恍惚してしまいがちです。

その恍惚している波動によって、地球の未来は常に作られてしまいます。

私たちは、自分がどのような波動を出しているのか、意識することは皆無です。

恍惚している時の未来の主体は、ほとんど自分の人生だけの理想像に費やされているはずなのですが、その主体が自分であることによって、低波動を作りだしてしまっていることには多くは気がつきません。

以前からお伝えし続けていることですが、低波動は個人を主体とし、高波動は全体の一部に自分が属しているという感覚の変化が起きます。

ですから、恍惚に近しい感覚を得ているときに、自分の未来を外から(俯瞰視点)見ているか、内から(自分視点)を気にしてほしいなと思っています。

 

自分の波動状況によって、自己実現の方法論は違います。

低波動の人たちは、個を主体とした「自分」が強いので、「自分が主人公」という未来を描けば描くほど、実現しやすくなります。

特に実現しやすい人には、我欲を欲しがる眷属がついているケースが多いので、そのあやかりもあって、その方が自己実現しやすくなります。

いわゆる人気スピリチュアルリストたちがこぞって我欲が強い人が多かった理由も、このような物理側面があったのだろうと、今気がつきました。

一方で、高波動になってくると、全体の一部として自分が存在している意識が高まってくるため、「個」を意識した自己実現の妄想は空回りになっていくようになります。

かれこれ3年ほど、個人主体の引き寄せがなぜ上手くいかなくなったのか、私はその理由の根本的要因が分からないままでした。

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本」のそもそもの原文である「地球攻略ガイドBOOK」は3年前に書いたものですが、その時にも、はっきりとある時から個人主体の引き寄せはできなくなる不思議さを綴っています。

確かに精神世界と向き合い始めると、もの凄い勢いでシンクロがおき始めます。それは今思えばビギナーズラックとも言えるもので、何でも引き寄せれる感覚が続きます。

(実際にはビギナーズラックでもなんでもなく、本来生きていたらそれくらいのものが引き寄せられて当然なのですが、あまりにも真理とかけ離れた道を歩んできた私たちは、そういうシンクロ現象というものに、もの凄く驚くし、またそういう真理をあてにし、どんどん使いこなそうとし始めてしまいます。)

だけど、もの凄く不思議なのですが、ある時から、引き寄せれなくなります。そして、何故かイメージを上手く使えなくなります。

第九章 エゴが正常化してくると起こることと注意事項 ~不安がなくなる~ より

 

このような事が頻発するようになってから、私は私の身の回りに起こる実現する時としない時をくまなく観察するようになりました。

そして、私が実現しているなと思う時は極限の滅私ができた時だけに現われているということを今まさに実感しています。

つまりですね……自身の波動が低い頃は、「自分がこうなったらいいなぁ」と思うそのままに実現できます。

なんなら我欲を貪るような願いであればあるほど、実現しやすい傾向があるように思います。

しかしながら、ある程度波動領域帯が高い状態で保たれている人は、一向に「自分がこうなったらいいなぁ」という思いでは絶対に実現できなくなるんですね。

それは、絶対領域の何かが変わるため、道理が反転してしまうのです。

低波動の場合は、自己を重んじる想起が現実化しやすく、高波動の場合は、滅私を重んじた想起が現実化するしくみになっているんだ!と今気がついたんです。

 

とっかかりは、自己実現でいいけれど……。

さっきの記事にも書きましたが、人間の想起が地球に及ぼす影響力はことのほか多大です。

ですから、それを実感するために「引き寄せの法則」なるものがブームになったのだと思います。

 

ただし、「引き寄せの法則」を実感することによって、自己肯定感が回復してくると、本人が知らないうちに、自身の波動は高波動化しやすくなります。

我欲LOVEな落ちぶれにならない限りは、よっぽどのこと高波動化するようになっていきます。

多分……だからこそ……多くの人は、自分の波動変化によって慌てると思うんですよね。

低波動領域帯から外れて、高波動の波の中に埋もれると、今までみたいに思ったことがすぐに現実化されない事態に慌てると思うんですね。

 

自分主体の願いが叶わなくなったら、高波動領域帯に入れた証

高波動の世界観の中で求められるものは常に「滅私」です。

利他というものは、滅私があってなりたつものだから、滅私が基本に一気に切り替わります。

ですから、自分を望む未来を描く時に、自分がそこにいたら叶わなくなります。

描く未来の集中力が自分に向いていたら絶対に叶わなくなります。

吐き出す未来像は、自分が存在していない未来でなければ叶わなくなります。

 

自分が存在していない中で、人の幸福をリアルに描けば描くほど、それは実現するサイクルに入ります。

そして、そういう状態に入っている人は、なるべく未来は大ざっぱに描いた方のが実現しやすくなります。

だって、細かく描けば描くほど、どうしようもなく自分が介在せざるを得なくなるので、だからこそ超大ざっぱの方が良いです。

 

波動の高低によって「引き寄せの方法」も、180度違うことを知っておいてほしいなと思いました☆

 

それではまたね♪

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本