【まだあった!】神との繋がりが薄れると、人は野蛮になる。

さっきの記事で最後だよ~とか言ってたのに……

↓さっきの記事↓

【フラクタル理論】日本が世界の雛形ならばあって当然だと思うこと。

まだ書きたい事がありました(>_<)

これ含めてとりあえず「私の宇宙観シリーズ」後2つあります。

お付き合いくださいませ。

 

なぜ癌は野蛮なのか。

現代はやたらと癌患者が増えました。

結核の話をされてもそれがどういう構造で起きていることなのか現代人のほとんどは分からないのに、癌患者がやたらと増えた結果、「癌」と言われた瞬間に、ある程度みんなどんな病気なのか想像がつきます。

みんな知っている情報としては、ざっくりこんな感じなはずです。

人間の体は約60兆個の細胞からできていると言われています。
がん細胞は、普通の細胞から発生した正常でない=異常な細胞で、がんはこの異常な細胞の塊です。

正常細胞は、体や周囲の状態に応じて、増えたり、増えることをやめたりします。
例.けがをすれば細胞が増殖して傷口を塞(ふさ)ぎます。しかし、傷が治れば増殖を停止します。

対して、がん細胞は、体や周囲の状況を無視して殖え続けます。増え続けるので、どんどん数を増し、周囲の大切な組織を圧迫したり、壊したり、機能障害を引き起こします。

がんとは -発生・転移メカニズム- より

 

私が「癌細胞が野蛮だな」と思う理由は、身体の信号を全く受け止めることなく独自の世界を創ることです。そして、その作法が、正常な細胞までもをおかしくさせ、いつかは人を死に至らしめるほどの凶暴性を兼ね備えていることです。

 

癌はどうして野蛮になるのか。

癌がどうして野蛮になるのかと言えば、それはすなわち「源の信号を受け取れない」ということにあると思います。

身体の源にある信号を受け取れなくなれば、細胞は独自の解釈で独自の世界を創り出すということに繋がってしまうのだろうと私は常々思っています。

そして、それは現代社会の唯物論にとっても似ているなと思うのです。

 

私は、以前から神の数と民度は比例するとお伝えしています。

【この150年】思想に惑わされた時間だっただけ

 

そして、神の数が0となった瞬間から、その相手とは分かり合えないし、分かり合ってもいけないともお伝えしています。

 

それは、源からの信号が全く受け取れなくなるサインでもあると考えているからです。

源からの信号が受け取れなくなればなるほど、人も細胞も独自の世界観を築きあげようとするのでしょう。

そして、ここにいる自分こそが神であるという世界を創り出そうとするのでしょう。

癌というのは私たちを死に至らしめる非常に厄介な存在ではありますが、実は身体の全体と比較すれば非常に小さな存在なはずです。

しかし、それは私たちをあっさり死に至らしめるほど野蛮で過激で急速な動きをします。

それは、源から外れてしまった細胞たちの欲求なのでしょう。

同じ事は人間にも言えることだろうと思います。

 

だから私は、見えない世界が分からなくなったら人は野蛮になるとお伝えし続けているのです。

そして、神の数が0となってしまった人とは、分かり合えないし分かる必要もないとお伝えし続けています。

分かるようになった時にはきっと、自分自身もがん細胞のように野蛮になるだけだと思うから、分かり合う必要などないと思っているのです。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

 

 

 

 

2 件のコメント

  • はじめまして。
    つい2〜3日前にこちらのブログを見つけ拝見させてもらっております。
    癌は、戦うと増えるらしいですよ?癌になって良かった(病気に)と思える人は完治するみたいですよ。(全員ではないでしょうけど。)
    これから更新楽しみしてます。

    • はじめまして。お読みくださりありがとうございます。
      私も「病気と闘う」という表現はとにかく嫌いです。敵視は対立を深めるだけになるので嫌いです。
      やっぱり敵視より感謝ですよね。
      とても納得しました。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください