【フラクタル理論】日本が世界の雛形ならばあって当然だと思うこと。

「日本は世界の雛形である」という話は、ムー系、陰謀論系、スピ系といった不思議大好きな情報網ではよく聞かれる話です。

これを元に考えると……それなら仕方ないよなぁと思うことがたくさんあります。

っていうか……すみません……ちょっと角度は違うけれど、実はこれも私の宇宙観シリーズです(^^;)

多分これで最後になるかなって思います(笑)

 

日本が世界の雛形というのは、事実だと思う。

日本の形が世界の雛形になっているというのは、日月神事でも語られ、また正統竹内文書でも語られていることです。

出典:http://on-linetrpgsite.sakura.ne.jp

 

日月神事で知った頃は、眉唾な感じで思っていた部分がかなり大きかったのですが、武内家に伝わる口伝である正統竹内文書でも同様の口伝が残されていた事を知ってから、私はこの理論を随分信用するようになり、またそう思った方が理解がスムーズだよなと思うことが多いです。

ちなみに武内家の口伝には、海に沈んだと言われるアトランティスやムーの記憶も残されているそうです。ちなみに琉球辺りは、そもそも「ムー」であり、「ムー」の雛形と言われる場所でもあったそうです。他にレムリアの場所も口伝されているそうですが、アトランティスやレムリアは、かつてどこにあったのか、その場所はまだ書籍には書かれていません。

ひょっとしたら小笠原とかが、アトランティスやレムリアの場所だったりしないかなと……個人的な想像を膨らませています。

ちなみに、この地図には書かれていませんが、台湾は南アメリカの雛形となっているそうです。

なぜ日本の統治が台湾で上手く行き、半島ではてんでダメだったのか、ここからも分かる事があるよなと個人的には思ってます。

 

南国、北国、砂漠、湖、山、川、海、全部あるのは日本だけ

日本の国土はたいして大きくありません。小さな島国です。

しかしながらこの小さな国土にも関わらず、世界の全てが詰まっているのは日本だけです。

南国、北国、砂漠、湖、山、川、海、全部あるのは日本だけです。

このように小さな島国に全てが詰まっていることは、よくよく考えて見たら不思議なことです。

だから、世界の雛形と言われても不思議ではないよなと個人的には思ってます。

そして、民族性も世界とは異質の流儀を持ち合わせているから、やはり日本人って特別だよなぁと思うことが私は多いです。

そして、国土が世界の雛形となっていること、民度の高い国家として地球で一番長い歴史を持っていることなどから、これからの世界はやっぱり日本人がひっぱらなきゃいけないだろうなぁと思うのです。

そう思うのは、日本が世界の雛形だからです。

そして、地球を意識体としてみた時、日本という場所は松果体のような役目をしているのではなかろうかと常々思っているからです。

地球にとって、日本は松果体なんじゃないかな?って思ってます。

 

災害大国であるのも仕方ないことでは……と思う今日この頃。

日本は豊かな自然ある国土と引き替えという訳ではないですが……、地震、台風、火山と災害が多い地域でもあります。

しかしながら、日本が世界の雛形だと思うと、やたら多い災害も仕方が無いことなのではなかろうかという気持ちが沸き上がってしまいます。

日本が世界の雛形だというのなら、この場所は世界の映し鏡とも言えるでしょう。

であれば、世界中で起こる変化の全てを一度日本で起こす必要があるかもしれないし、世界のどこかで起きた異変は日本でも起きなくてはならないのかもしれないなと思ってます。

昨日の記事でも地震予知のことに少し触れましたが、

【現代】地球を物体だと思うから様々な勘違いが起こる

地震というのは、どうやらプレートでも活断層の活動によって必ず引き起こされるものでもなさそうです。

もしこの理論が正しければ、ハザードマップで安全と言われている地域で地震が起こることすら理論的に間違っている事になるのですが、ここ最近は「安全だ」と言われていた九州や北海道で地震が頻発しています。

それはひょっとしたら、北アメリカ大陸(北海道)やアフリカ(九州)の異変を指し示すものなのかもしれないなぁと、私は個人的に思っています。

また、イスラエルがあるアラビア半島の場所が関西地区とどかぶりしているのもやっぱり不思議だよなぁと思います。

地震や台風、火山などが身近で起きれば、それぞれ普段の生活ができなくなり大変なのは言わずもがなですが、私たちは映し鏡の土地の民になることを敢えて受け容れて生まれてきたということを自覚すれば、日々巻き起こる様々な異変ももっと冷静に、客観的に、そして気高く対処できるようになるのではないのかなと思ったりしています。

そして、日本人が気高く冷静に生きることが、実は地球の安定のためにとても必要なことではないのかなと思っています。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

14 件のコメント

  • ちょっと横道逸れますけど
    すでにご存知かもですが、個人的に最近知った事で
    日本って小ちゃな島国というイメージが定説ですけど
    実は意外と大きいのですよね。

    https://grapee.jp/204670

    下衆な勘ぐりで言うと
    あえて小ちゃな島国と思わせられてるのかなと
    思ったりしますね。

    • えぇぇぇぇぇ!!!!!知らなかった!!!
      かなり驚愕の事実です!
      教えてくださりありがとうございます。
      クリックするまで、日本が海洋領域含めると6番目に大きな国であるっていう話なのかなと思っていただけに、めっちゃびっくりしました。

      確かに前から地球儀でみるのと地図でみるのでは結構違うなぁと思っていましたが、改めてこんだけ違うと思うと本当にびっくりです。
      教えてくださりありがとうございます。

  • こんばんは^^
    次元アウトプットおつかれさまです♡

    ゆりさんの書かれた記事を前からいくつか読ませてい
    ただいていて、ひとつ気になる点がありまして・・・

    それは、
    いつも日本が主導して世界を良くしていかねば
    という件に落ち着くという思想です。

    なんだか、ここら辺が一神教的な偶像崇拝に
    少し近いような気がしてならないのです。

    「民度」と言う言葉を使うこと自体も差別的に受け取れ、

    和や輪を大切だと強調していることにも関わらず・・・
    「うちが一番」と宣言しているようにも見えます。

    これが、私の銀河から天体観測している、ゆりさんの銀河の印象です。

    • こんばんは!いつもお読みくださりありがとうございます。

      この点に関しては、私はじょうじろうさんと思うことが全く逆です。
      じょうじろうさんは、先に行くことが「良いこと」や「偉いこと」みたいな主観があるんじゃないのかなぁと私はコメントを読んで思いました。
      全然違います。先に行くことは大概辛いです。
      そして、中心にいるという自覚を伴う事態は大きな責任を伴う行為でもあります。
      その自覚がないままに、上に立つことが偉いこと、良いことと思う現代の常識は単なる非常識であり、実際に頂点にあることが単にお気楽なことではない事実は、我国の陛下の言動を見ていれば明らかです。
      我国のシンボルは菊の花です。決してピラミッドではありません。中心となる立場となった人が、気高く毅然と振る舞うことで花は開くのです。
      どうかそこを見てほしなと思います。
      先に行く人が素晴らしいのではありません。先に行く人は先に行くための作法を、後に継ぐ人は後に継ぐ作法があるだけの違いです。
      私はどんなに控えめに見たとしても、日本が先に行かなくてはならない民だと確信しているから、このように書いておりますが、それを一神教の世界観と捉えてしまっては大変困ります。
      中心が揺らいだら花は咲かないのです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

        • こちらこそいつもありがとうございます。
          いつも感謝しております。
          意見の違いを重ねていくことはとても大事な作業だと思っています。
          この間は、私はじょうじろうさんの意見によって開眼しました。
          どうぞこれからも宜しくお願い致します。

          • 横からすみません…
            ゆりさんとじょうじろうさんのディスカッションを拝見していて、菊の花の例えにグッと来て思わず涙ぐんでしまいました。
            先日友人とのやり取りの中で、「ホントに皆の幸せや平和を実現するには、自分ひとりの幸せというものは一度捨てないといけないのだな」と考えることがあったのですが、意図を正確に伝えるのが難しい概念だなと感じていたところでした。

            同様に、民度を高く保ち世界を先導していくことは、ある種の幸せをあきらめることなのかもしれません。しかし、決して悪いことばかりではないのだろうと思います。
            あ、10年以上前に読んだ麻生さんの『とてつもない日本』にも、そんなことが書いてあったなぁ〜。
            確か『日本が世界のソートリーダーの役割を果たさねばならない』というような表現をなさっていたと記憶していますが、超絶左巻きの頃に麻生さんの本を読んでいた自分を思い出して、今ビックリです。

            じょうじろうさん、ゆりさん、色々ひらめきを与えてくださってありがとうございました。
            菊の花の例え、使わせてくださいね☆

          • おはようございます!
            私はさとこさんの「ホントに皆の幸せや平和を実現するには、自分ひとりの幸せというものは一度捨てないといけないのだな」という言葉を見て、羽生結弦選手のピョンチャンの後のインタビューの言葉が頭を過ぎりました。
            ↓これ↓
            「連覇のためだけに幸せを全部捨てようと思いました。普段のこととか、考え方です。“あ、今この幸せいらない”とか。身近にあるものをすべて捨て去ってきた感じです」

            どんな役割であったとしても、役割を果たすと決めたら個人の感情や幸せは捨てなくてはならないはずだし、大きな役目であればあるほど捨てなければ、その役目の本意は達成できないと私は思っています。
            それはむごい事のように見えますが、それを実践してみた人はみんな必ず「捨てたはずなのにもっと大きな幸福感を与えられた」と感じるのではないのかなぁと、自分の経験を軸にして私は思っています。
            後ちょっと話はずれますが、1年前に児玉源太郎さんになりきって書いたブログ記事の事が急に頭に浮かんだので、それを最後に貼らせてもらいますね。
            https://takehisayuriko.tokyo/2017/12/14/post-655/

            それではこれからも宜しくお願い致します。

  • わたしは関西出身ですが、阪神淡路大震災があるまで、「関西は地震のない」土地だと言われていたのですよね。
    「関東では地震はあるけども、関西ではない」
    と、当たり前のようにみんな思っていたのです。

    それから20年余り経ち、昨年は地震が起こっても冷静に対処して、大きな台風が予報されれば電車は早めに運転中止を発表し、それに合わせて会社の多くもお休みにしたり、早めの退社勧告に、百貨店は臨時休業にしたりとか。
    そのおかげで、駅の天井が崩れてきても、電車が止まっていたため大事故に繋がらず、素晴らしい判断だったよね。
    と、本当に本当に、その素晴らしい判断に胸がいっぱいになり、誇らしい気持ちになりました(*^^*)
    実家の母とも、妹とも、「本当にみんなの安全のための判断が素晴らしいよね」と大絶賛だったのです。

    地震は起こってしまうまでわからない部分があるけども、台風は家から出なければいいだけっていうのが、母論でした。

    防災とか耐震とかいろいろ言いますが、正直なところ、災害が起こった時、予測される時、何よりもわたし達の力になるのは、判断力だと思います。

    逃げた方が良いのか、動いた方が良いのか。
    例えば、地震の時は、急いで帰宅した方が良いのか。
    帰ることを諦めて、その日は早めにホテルを確保した方が良いのか。
    とかね。

    まぁ、わたしが言いたいのはね、関西の人も代々地震に慣れてるわけじゃないってことなんですよね。
    なんか、関西の人は平気って思われてそうなのが、わたしは何気に悶々します( 一一)

    • おはようございます。
      はるさんって関西出身だったとは思っておらず、ずっと勝手に関東生まれ関東育ちだと思い込んでいたため、そこに個人的な驚きが大きいです。
      ちょっと話がずれるかもしれませんが、昔から東海地区は大きな地震が来ると言われ続けて早40年。そのため東海地区も大きな揺れになれていそうなイメージを持たれる事が多いですが、全然慣れていないです。
      というよりも東京に昔住んでた頃、当時はまだ東日本大震災が起きる前の話ですが、自分が生まれた東海地区と比べて関東はこんなにも揺れるんだなぁと思ってとにかく驚いたことを思い出しました。

      仰る通りで、求められるのは判断力と決断力だと思います。自己責任がどんどん欠落してやたらと行政のせいにしたがる無責任な人が多いのは如何なものなのかとは思いますが、「台風がきても通常営業」だった雰囲気はここ近年随分減ってきて良かったなと思います。

      後、話変わりますが、美内すずえさんの本「見えない力」面白かったです。教えてくださりありがとうございました。
      竹田さんのお爺さまの本はまだ読めてないですが、近々読もうと思ってます。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • 面白い考えですね。
    その考えで行くと、日本に原爆が落とされたのは、
    世界縮図としての危機の表れだったのかな、、、

    読み方によっては危ない発言かもしれないですが、
    言葉が稚拙で申し訳ないです。
    ここから人類が学んでいることを願いたい。

    • おはようございます。
      私も誤解を恐れず正直な思いをお伝えしますと、2012年までに日本民族を壊滅させることが地球を支配したいと思っている存在たちにとっては必須事項だったのではなかろうかと思っています。
      2012年を超えると、星の並びの影響も受けて、フォースの覚醒&逆襲が始まることを知っていたため、それまでに壊滅させておくことが必須事項だったのではなかろうかと実は密かにずっと思って生きています。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 世界地図と日本地図がフラクタルは、知ってたのですが、それを知っても自分の中でどう発展させればいいのかわかりませんでした。

    今回のお話しでなるほどと思いましたが、疲れる感じのことばかりととらえてしまいます。宿題山積み、私には無理。。。
    だから、あえて「わからない、考えたくない」だったのかもしれません。

    あと、日本列島がトンボの交尾だったかな、そんな形をしているとまだ飛行機もない古事記の時代にわかるなんて不思議ですよね。これも謎です。

    • 考えたくないときは、無理して考えなくていいと思いますし、これは単なる私感であって、事実とかそういうったことを取っ払った私のファンタスティックなんで、あんまり深読みし過ぎない方がいいのではないのかなぁって思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください