【ふと思う】貴乃花親方に見る正義の面倒くささ

私は「正義もエゴの一つ」で「正義に囚われると、次第に波動は低下していく」という事をよく伝えています。

貴乃花親方は、実直で正直で立派な方なのだろうと、辿ってきた歩みを見ていれば思うのですが、一方でその実直で正直だからこそ持ち合わせている「正義感」にいつも振り回されているように思うのです。

 

貴乃花が正義を貫くとなぜか全部上手く行かなくなる。

先日、貴乃花親方は相撲協会からも退職し、部屋も閉めました。

かれこれ去年の11月から始まった騒動の終止符がこのような形になる可能性を、私はずっと危惧していました。

なぜなら、貴乃花親方が怒ると、なぜか問題はいつも解決しなくて、悲惨な結果を招くのです。

 

どうしてこのような結末になることを想像していたかというと、大きな理由は2つあります。

一つは、角界の大スターである貴乃花はゴシップネタとして視聴率が稼ぎやすいので、たいした事ない問題だったとしても、マスコミがどんどん問題を大きくしてしまう傾向があること。

これによって、シンプルだった問題が、マスコミが茶々を入れることによって、複雑化しこじれやすくなってしまうということ。

もう一つは、貴乃花の正義感。「自分がこうだ!」と思った正論から譲らない傾向が貴乃花親方にはあるのではないのかなと思う所があります。相手の言い分を理解したり、譲歩するという手段がないのかなと思わせることが過去にも多々あります。

 

特に、家族が離散してしまい、家族の誰とも連絡を取らないようになってしまった状況を鑑みると、やっぱり何かおかしいというよりも、生き方が不器用すぎて、損をする人生を送っているように思えて仕方がありません。

お子さんの言葉からも、「決めた事は貫き通す、親方独特の強いこだわり」がある事も分かり、このこだわりによって、貴乃花は角界のスターとなられるだけでなく、沢山の幕内力士を輩出する部屋になりましたが……、このこだわりに対する頑なさは、様々な所で軋轢も一緒に生むだろうなとも思います。

特に、角界に強い思いがある貴乃花親方は、この分野において人一倍強い正義感を持ち合わせていると思います。

でも、必要なのは正義を貫き通すことではなく、自分が求める結果を手にすることだと思います。

だけれども、貴乃花親方を見ていると、最終的に求める結果よりも、手段の手前に存在する正義感によって、色んな問題がこじれていくように思えてしまうのですよね。

貴ノ岩の暴行事件も、結局親方が一番問題だと感じている部分がどこだったのかが未だに分からない感もあります。事件の事について明白にしたいのか、それとも相撲協会に蔓延る別の問題も含めて角界の浄化を図りたいのか、貴乃花親方の本心がどんどん分からなくなっていくんですよね。

そして、今回の場合は、貴乃花退職&部屋解散という悲しい結末になりました。

筋を通したいのは分かるのですが、正義をただ貫き通すことのデメリットここにありとしか思えません。

正義を貫いて白黒はっきりさせることよりも、折り合いをつけながら、長い道のりを通して、自分の望む結果を得れる環境作りをした方が得策なのではないかと、貴乃花親方を見る度に思ってしまうのですよね。

人間は、自分の正しいと思うことしかしませんが、相手の正しさを理解する努力は常に必要だと、改めて思う出来事でした。

 

 

新刊発売しました!

【紙書籍】

【電子書籍:縦書き】

【電子書籍:横書き】

書籍紹介ページへ↓

【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集