【お便り】一般的な感覚の人が持ち合わせるスピ系に関する疑問

読者の方から、

スピ系の人は「お金はなくても大丈夫」から始まって、なぜか最後は「楽にお金を稼ぎませんか?」的な所に話が収束するのでしょうか?

という素朴な疑問のお便りを頂戴しましたので、お答えします。

 

 

最初にお便りをご紹介します。

はじめまして。

私は神奈川県在住の男性会社員です。
先日、ふとしたきっかけでこのブログを見つけて読ませていただきました。
とても驚きと関心で、心が一杯になりました。
このご縁に感謝しています。

少しだけ私の話をさせてください。
私は今年になってから断酒をしております。
お酒の誘惑に負けそうになったので、読書をして気分を紛らわせていました。
その時、仙台で活動されている黒澤さんという方のブログを読み、成功哲学と精神世界に深い興味を持ちました。

そこから一気に関連書籍を読みました。
このブログでも出てくるような著名な方々の本も読みました。
幸い(?)、私は科学的なことが好きだったので、「量子」に関するスピ系の方々のご説明に疑問を持てました。
そこからスピって本当なの?という疑いを感じ始めました。

スピ系だけでなく心系の方々による書面も注意深く見ましたが、どうもしっくりきません。
先にも触れました黒澤さんも自己啓発の業界では著名な方とのことでしたが、冷静になって文章を読むと、そこには「金銭」に関する記述が目立っていることに気がつきました
まぁ、お金はないよりもあった方が好ましいです。
それと、私の少ない経験ですが、自己啓発系の方は何かと語彙力に長けているので反論も正論っぽく聞こえますし。

話がそれましたが、黒澤さんだけでなく、他のスピ系の方々も金銭に関するお話しはとても多い気がします。
それも「お金はなくても大丈夫」から始まって、なぜか最後は「楽にお金を稼ぎませんか?」的な所に話が収束しています。
この業界が素人なので言葉足らずだとは思いますが、どうして色々な方々のお話はお金にたどり着くのでしょうか?
一方で「お金がなくても幸せになってもいいんです!」と言い切っている場面も多いですし。
どうも何かを信じるということは、お金がかかるみたいですねw

私はお願いと言うほどではありませんが、毎日あったことを仏壇の前で感謝している程度しか出来ていません。
だからお金持ちになれないのですかねww

初めての投稿で長文をお許し下さい。
引き続き、勉強をさせていただきます。

さっそくこの疑問にお答えしていきたいのですが、投稿者さまがスピ系の最初の入り口となった方とたまたま私は妙なご縁がございましたので、先にその方の人物像だけはお伝えしておこうと思います。

 

事実を書かれたら、名誉毀損とのたまうのが教祖さまかも。。。

実はここに書かれた黒澤さんと私は随分前からトラブルが続いています。

彼との出会いはこの投稿欄に書かれた一つのコメントでした。

【見分けれます】絶対まがい物のスピリチュアルリスト

ある読者様が、「母親がこの方のセミナーを受けようとしているが高額なので心配になった、信用しても良いか?」という内容を投稿されました。

私はありがちなスピ系ビジネスのパターンだからやめておいた方が良いと伝えました。もしも、やりたいのであれば外に評判が漏れ伝わってきてからでも遅くないと伝えました。

 

どうやら、このコメントが教祖さま及びそのスタッフにとっては非常に困る内容だったようで、アメブロのメッセージに付き人と称する方から削除依頼が届きました。

私がそのメッセージを無視していると、今度は教祖さまご本人から削除依頼がこちらのコメント欄に届きました。

私は両論併記こそが情報社会である現代の在り方であるということを教祖さまにもお伝えした上で、教祖さまのコメントも全文掲載させて頂きました。

 

ここで、彼との一期一会なご縁は終わったかと思いました。

ですが終わりませんでした。

 

それから数ヶ月して、今度は教祖さま本人から名誉毀損を趣旨としたコメントの削除依頼が私が利用しているサーバー経由で届きました。

↓詳細記事↓

【まさか私が??】HP存続の危機???

以前のコメントのやり取りでは教祖さまは、自身が販売しているセミナー金額について何も言及しなかったのにも関わらず、一番最初に投稿された方の金額が事実無根であり名誉毀損に当たると主張されました。

法的文章が一方的に届けられるストレスはとても大きなものです。

正直、私はもの凄い強い恐怖に襲われました。

 

さすがの私も彼の言うがままに主張を飲み込み応じようかと一瞬思いました。

しかし、この面倒臭さを受容れる体質が戦後の問題を大きくしてきた元凶だと私は思っていたので、面倒臭いけれど納得できる所まできちんと話し合うことにしました。

私が主張したのは「セミナー金額が事実無根である証拠をください」ということだけでした。

上記のブログは、直接的に彼の名前を出した訳ではなかったのですが、仙台ではそこそこ有名だったこともあり、実際にセミナーも受けたことのある読者さんがこちらにコメントを寄せてくれました。

その時に「どうやらコメント欄に書かれた金額は事実無根ではなさそうだ」という事に気がついたので、その読者さんにお願いして実際の金額を教えてもらいました。

その結果、あのコメントは事実無根どころか、正真正銘の事実であることが立証されました。

↓詳細記事↓

【スピリチュアル】言うは易し、行うは難し

私はその事実をサーバー会社に書面で返却して、彼の返答を待っている所ですが、未だに返答はきません。

表上綺麗な言葉を使い、「自分の考えに染まればあたなたは幸せになる」と言っている人たちの裏の実態はこんなことの繰り返しなのだろうと私は思っています。

 

教祖さまの話が長くなってすみませんでした。いよいよ本題に入ります。

 

スピ系&セミナー系は、本業で勝負できない人のマストアイテムかと。

 

ここ数年、いわゆるセミナー系ビジネス産業は、需要を軽々超過するほどの供給過多と言える状況になりました。

これは「FBなどのSNSを広告ツールとして利用すれば、素人が起業しても成功できる」という浅はかなデマにのせられた人が多数いたためです。

このブームにあやかって所謂スピ系という情報商材もおかしな方向に一気に花開いていきました。

ただしこのブームに乗っかって成功を夢見る人たちのビジネス手法は一辺倒でした。

業種問わず誰もがみんななぜか、「人に教えることでお金を稼ぐ」ビジネススキームで成功者になろうとしていました。

ご投稿者様が疑問に思われた一番の部分は、「彼らの根底には人に教えることでお金を稼ぐビジネススキームが常にあることを知らなかったからだと思います。

 

私はこの一年なぜだかよく分からないけれど、彼らの日常を観察することが日常となってしまいました。そして気がついたことがあります。

それは、彼らはスキルがないのに、人に教えたがるということです。

もっと言えば、彼らはスキルがなく仕事がもらえないからこそ、人に教える手法を取ってお金を得ようとしているとうい事に気がつくようになりました。

 

たとえば、イベントディレクターの仕事をしている人であれば、フリーになってもどこからか連絡が入ってディレクターの仕事を頼まれるのが普通だと思います。

人に教えるなんて労力と時間を使うビジネススタイルよりも、現場で仕事をしてお金を稼いだ方が効率的だと誰もが思うはずです。

しかし、FBやブログで起業コンサル的なことやりたがる人は、素人の癖してプロ気取りで自分のスキルを人に教えたがります。

これは、現場がないという裏返しなのだと私はある時から思うようになりました。

会社を退職してフリーになるためには、それなりの経験値と人脈が必要かと思うのですが、多くの人はそれを持ち合わせずしてフリーになってしまったのでしょう。

そして、どこで聞き入れたのやら、ブログやFBで自分の認知と人気を高めれば、仕事が回転するという浅はかな考えが真実だと思い行動してしまったのだと思います。

だからこそ、スキルや経験もないのに、ファン集めのような形でまずはセミナーなどを行いながら金稼ぎをしていくビジネススキームに没頭しているのだと気がつくようになりました。

さらに、コンサルと称してスピキラ系起業家にセミナーを行う人たちは、敢えて間違った方向性を受講者に提案して、不必要としか思えない経費を受講者に使わせていることにも気がつきました。

↓関連記事↓

342 ヤバい!!!!一睡も出来なかった(iДi)

【論破用③】SNSキラスピ起業女子の引き寄せのおかしい部分

 

普通の社会人経験があれば、何かがおかしいと途中でみんな気がつくものですが、なぜかそこに嵌まる人たちはどうしてなのか気がつきません。

結局、彼らは社会人時代の間に持ち合わせたスキルや技能で商売する力を持ち合わせていないのだと思います。だから気がつけないのだと思います。

そして、たいしたことのない自分のスキルを大層なものに見せかけた情報商材に転換し、それを切り売りするしか、ビジネス構築できないのだと私は思います。

また、実力がないからこそ、洗脳商法と呼べるべきものに手をだしていくのだろうなとも思います。

本来、商売・商いというものは、その場その場で完結できるからこそ互いに気持ちが良い物ですが、スピ系&セミナー系ビジネスをやる人たちは、自分の元に集まった人が=資金源となっていきますから、そこに留まってもらえることばかりを考えるようになるのだと思います。

 

そのため彼らのビジネスはどんな入り口であれ、必ずそこで完結できるようなビジネススキームにはなっておらず、会員的な形を作った上でルーティーンにその人たちを回す、言わばマルチビジネスorネットワークビジネス的な構造を作り出します。

↓関連記事↓

【考察】スピ系ビジネススキームのパターン

 

スピリチュアルなどの精神世界というのは、本来であれば一期一会な関係であることが望ましいと私は思います。

たとえば、一時的に私のブログを熱心に読んでいたとしても、いずれ私の情報が必要となくなることが、私にとっては一番有難いことだと思っています。

しかし、それが商売の軸になってしまうと、卒業されることは売上減少と結びつくため、卒業されないように試行錯誤していかなくてはなりません。

さまざまな団体がカルト化していってしまう側面には、このような資本主義に生きざるを得ない社会性があるとは思うのですが、一番の問題は彼らにフリーでやっていくだけの実力がないのにフリーになりたがる所だと私は思っています。

 

スピ系の話は、スピを装った営業手段です。

結局スピ系の人たちの話が、

「お金はなくても大丈夫」から始まって、なぜか最後は「楽にお金を稼ぎませんか?」的な所に収まるのは、そもそも彼らの目的がお金を得ることだからです。

そしてこのような形を取るのは営業としての常套手段だからです。

だいたい精神世界に希望を見いだそうとする時、人はなにかしらの不満を抱えていたり、挫折したりしています。そしてお金も無いことが多いでしょう。

だから入り口としては「お金はなくても大丈夫」という読者の思いを汲み取る所から始まります。そしてありがちな真理を羅列して、相手との信頼関係を築きます。スピリチュアルなんてものは、最終的には答えは大概同じ所に行き着きます。ですから、誰が語ろうと真理を語ってさえすれば表面上は人格者のように映ると思います。

だから、彼らはスピリチュアルという分野を安易に利用するのだと思います。真理を理解しているように見せかければ、相手との表面上のラポールは形成しやすいですからね。

「お金はなくても大丈夫」という入り口から始まったのにも関わらず、「あなたもお金稼ぎができるよ」と最終的に彼らが言うのは、ラポール構築後のクロージングに過ぎません。

そこからが彼らの本当の商売です。

そのために彼らはスピリチュアルなどを利用しているに過ぎないと私は思ってます。

 

 

こんな彼らの考え方は浅はかだと思っています。

たった数年の間で、スピキラ系が落ち目となっている事実が彼らの浅はかさを物語っていると思います。

とはいえ、情報流通がマス系からバイラルに以降するしばらくの間(具体的には2000年代後半から、2015年前まで)は、ネットで有名人なることで、本人が想像する以上の金額を手にすることができたのは確かだと思います。

ただし、それは情報流通の形がバイラルに定着する期間限定としてあり得たビジネスの形であって、2016年以降は情報流通は全てバイラルであるという考え方を持ち合わせなければ、全て上手くいきません。

だからこそ、一気にスピキラ系のメッキが剥がれて、彼らはあっちこっちの火種となり炎上し続けているのです。

↓関連記事↓

【WEB2.0】今のネット社会でピラミッドは作れませんよ

 

ちなみに、コメントに書かれた教祖さまと私の中で起きたトラブルが未だ解決に至らず、そして解決しないままどんどん教祖さまの立ち位置がピンチになっている原因は、教祖さま自身がバイラルという情報環境を根本的に理解できておらず、威圧すれば情報統制できるという過去の幻想の中に生きているからだと私は思います。

 

コメントを頂いたきしさん、伝わりましたでしょうか。異常に長いお返事になってしまい恐縮です。

どうぞこれからも宜しくお願い致します。

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

30 件のコメント

  • ゆりさん、こんばんは!
    よそ様のお便りに失礼してコメントさせていただきます。

    上念さんが虎ノ門ニュースで「お金は理性」ってお話されてたと思うんですが、たしかに「仕事があるからお金がある。お金があるから生活できる。」という意味でスピで言うグラウンディングかなと思います。
    その理性の部分をバンジーとか勇気とか別の話にすり替えて大金を使わせて、感覚をマヒさせたらセミナーやら認定コース(笑)で教祖様に貢がせるパターンになっていくように思いました。
    私は昔、資格商法の営業やってまして、それはもうつらかった(笑)ですがまだ資格商法の方がお客さんに救いがありましたよ。仕事で使える公的な資格取ればいいんですもん。

    そうそう、先日、東京でお茶してたらそういう情報商材のセミナーが近所であったらしく近くの席の30歳くらいの女性が「私、副業で電子書籍出版のオンラインセミナーやってるのよ。」と仲間の女性と話してました。
    そのセミナーは確か受講料が3ヶ月20万円だそうで本人いわく安いと。
    期間過ぎてもしっかり出版するとこまで保証していて顧客はお年寄りが多いそう。
    「ゆりさんも電子書籍出版のオンラインセミナーできそう!」と聞き耳立てながら思いました。(笑)
    お手軽起業家は人に教えたがるのですね。「プロ気取り」笑いました!

    • おはようございます。
      以前ひろゆきさんの動画で「まさに」と思ったことがありまして、その時ひろゆきさんは「今時の営業というものは、人が要らないと思うものを売るのが仕事(要約)」表現していることがありました。
      現代は情報社会ですから、必要か必要で無いかは本人が判断できる環境が整っています。
      それを敢えて営業しなくてはならない昔ながらの手法が仕事になっているからこそ、負のスパイラルみないなことが起きてるのかなと思ってました。

      電子書籍のオンラインセミナーwwwww思わず爆笑してしまいました。
      もしも電子書籍を書きたいと思う人がいるなら、その人の言葉を文章にしてあげるライター業や編集業、それから電子書籍フォーマットに直す作業など商売にできる業務はいくらでもあるのに、オンラインセミナーwwwww
      まさにあのタイプの人たちの行動パターンだなと思いました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • そうなんですよね。
    凄く良い話をして、引きつけられるような人もいるんですけど、
    なぜかビジネスの話になって、今買わないともう買えませんよ!素晴らしい内容ですよ!
    という事に終息するんですよね。
    ところで、波動ですが、可視化して見る方法はあるんですか?

    • そうなんですよね。
      波動は、言語の中に現れる思想で見極めることができます。
      色々とブログに書いてますので探して読んでみてください。

  • こんにちは、ゆりさん。

    以前投稿をさせていただいた者です。
    昨日のアップ記事で気になったことを書かせていただきます。
    お断りをさせていただきますが、私は仙人様の協力者ではありません(笑)。

    以下私の思いを書かせていただきます。
    ちょっと誤解を招く表現やわかりにくい部分がありましたらご了承下さい。

    仙人様の言っていることは、ごくごく普通に受け止めることが出来、そのことで物の見方が変わることは事実です。
    私はそのことを「読書で教養を深めた」と同じ事と考えています。
    つまり新しい知識に触れることで、新しい価値観が自分の中に出来る。
    これは知的探究心を刺激することであり、人の成長として素晴らしいことと思います。

    もしかすると仙人様も、心のどこかではそういう気持ちがあるのかな?と感じています。
    と申しますのは、仙人様の配信している無料レポートの内容と最近にメルマガの内容がちょっとですがベクトルずれてない?と感じるからです。
    その原因がご本人の意思の変化なのか、成長の結果なのか、周囲の影響(周囲への期待に応えるなど)なのかは分かりません。
    1つだけ私が信じていることは、仙人様が言っていることが正しいと思うかどうかは受け取った人次第だということです。

    ですから、そこに高額の費用が発生することに疑問を持ちますし、そこまでして学ばなくても他の方法があるのでは?という受信者の方々への啓蒙努力の向上を願う気持ちが存在します。
    言葉がややっこしいですが、仙人様に依存をするのではなく、仙人様から学んだ知識をきっかけにして、独学で色々と学べばもっと人生は楽しくなるのではないかと…。

    とは言え、私も仙人様のメルマガに何度かコメントを投稿したのですが、なぜかコメント欄に掲載されません。
    「あれ?この前あったのに??」という私のコメントもなぜかなくなってしまう。
    そんなことも過去にはありましたが、それは仙人様からの「僕に依存しないように」という最後のありがたいお言葉だと…。

    色々なところで削除活動をしていることは何となく気がついていました。
    でもそれが仙人様の意図的なことなの、周囲の方々の配慮なのかは分かりません。
    ただただ、残念だったなぁという気持ちだけです。

    ゆりさんの記事はとても参考になります。
    自分の中の価値観が新しくなるといいますか、色々なスピ系や自己啓発系で「?」となった思考の整理になります。
    これからもご指導をよろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます。
      仰る言葉よく分かります。彼のセミナーに参加して実際の金額を教えてくださった方も、その方の教えで生きる事が楽になり感謝していると仰っていましたし、私自身も彼の活動全てを否定してはいません。ただ矛盾が多すぎると思っているだけです。
      ちなみに昨日、一昨日と山野本さんのブログやTwitterを見ていたら小林正観さんのことがコテンパンに書かれていました。正観さんもご多分に漏れず、会員組織内はトラブルばかりが起きていたそうです。そういった実態を山野本さんは知っていたので、非常に彼のことを怒っていました。すごく気持ちは理解できます。ただ、私がもう崖っぷちと思っていた時に救ってくださったのは、小林正観さんの本であるのは事実なので、その実態を理解したとしても、彼の教えを全否定するところまで気持ちは向かいません。
      Incsticさんの仙人さんへの気持ちと私の小林正観さんの気持ちは非常に似ているのではないのかなと思いました。なので仰る気持ちはとても良く理解できました。

      またセミナー金額についても、私は決して、高額だからといって良くないと言っている訳ではありません。ただ現代はそれに見合わない内容が横行しているのが問題だと言っているのです。
      彼が提供しているものが見合うものであればいずれ悪評は消えていくということは本人にも直接伝えさせて頂いたことなのですが、私と彼のトラブルの争点は、彼がそういう金額のセミナーを販売しておらず、そのような事が書かれていること自体が名誉毀損と訴えてきた所にあります。
      ちなみに、削除の依頼は2度本人から届いているので、私は本人の意図があってやってると思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    お返事をいただき、ありがとうございます。
    私のコメントを記事にしていただき、とても驚きました。
    それと、私が疑問に思っておりました「お金」の話はとてもよく理解できました。

    実は活動名とはいえ、教祖様の名前を出したことに怖さを感じていました。
    少し怖かったので、別名でコメントをさせていただきましたが、あえて再コメントをさせていただきます。
    と申しますのも、ブログの記事に取り上げていただいたことで、私の脱スピへの気持ちが高まったからです。

    真理とか真我とか、色々な書籍でこの言葉を見かけました。
    私自身、ぼんやりとしか理解をしていません。
    また瞑想やスピ系のいわゆる「時間は存在しない」ということも未だに分かりません。
    話は変わりますが、私は多くの友人を亡くしており、彼らが生きていたことを「なかった時間」とか「神様が作ったVRだから」という風に思えないのです。
    あくまで個人的な感情と感想ですが…。

    その真理という言葉は、確かに疑いのない1つのことだと思います。
    私の言葉で恐縮ですが、真理とは受け取る人によって意味合いが異なりますが「自分はそれをすべきか?」という自分の信念に通じていると感じます。
    (済みません、本質から離れているかもしれませんが)

    そう思うようになってから、スピ系や心系の教祖様がおっしゃることは、外れてはいないが当たってもいないと受け止めるようになりました。
    つまり、それをどう思うかは自分の判断であり、自己責任だと。
    しかし、そこに営利目的を滑り込ませることは、いささかどうかと感じています。

    僭越ですが、私も社会人を長くやっています。
    教育関係の仕事をしていたこともあり、講師として登壇経験も少しだけあります。
    その経験の中で、人が変わるのは、小手先のテクニックや心理学的なことではないと思いました。
    人が変わるためには、「きっかけや気付き」が必要です。
    そして、そのスイッチは本人の中にしかないと感じています。

    このスイッチは他人が誘導してはいけないとも感じています。
    そもそもそのスイッチを入れるためのリモコンを教祖様に捧げてしまう方もいますが…。

    乱文になりましたが。
    お許し下さい。

    • こちらこそ、コメントありがとうございました。
      精神世界の真理は究極的には一つの道理にまとめられるはずだと思うのですが、仰る通りで、受け取り側の解釈と理解度合いによって捉え違いとも言えるような情報が多数現れています。それが「時間は存在しない」などの表現に代表されるように、より理解しにくい事になっていると思うのですが……
      そうなっている一番の要因は、経験で学ぶのではなく、知識で学ぼうとする彼らの姿勢にあるのかなと思います。
      きしさんもご経験され体得されたように、人が変わるのは、小手先のテクニックや心理学でもないし、変わるように人が誘導することも宜しくないことだと私も思います。
      まさにその逆のことがスピリチュアルなどの精神世界を糧にしたビジネスでは起きているので、多くの人が違和感をもち、実態としてもトラブルが横行することになっているのだと思います。

      それでは、今後とも宜しくお願い致します。

      • ゆりさん

        何度もコメントをいただき、ありがとうございました。
        お陰様で大分頭の中が整理できました。
        思ったことですが、スピ系の方が「思考を止める、止めると意識するとそれは思考の罠にはまっている」という言葉を記していると記憶しています。
        個人的には思考こそが人の創造性を開花させるものであると思います。
        このことも受け取り方が千差万別ですが。

        仙人様のお話は「なるほど」と思いました。
        腑に落ちた思いはは自分の人生の指南として活用をします。
        それはあくまで1つの考え方であって、その考えに執着をすることが考えの幅を狭くしていると感じます。
        知識の新陳代謝は成長にとって必要だと思います。
        しかし、そのことが「自分にとって全てだ!」と盲目になると、深みにはまるのでしょう。
        その救いをゆりさんからいただきました。

        普段の生活を普通に生きて、その時々に経験したことを知識と融合させて知恵へと変換していく。

        私にはこの生き方が合っていると思いました。
        ありがとうございました。

        • お役に立てたのなら光栄です。
          それでは今日も楽しく生きていきましょう♪
          どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • 情報流通がマス系からバイラル系への過渡期だったからこそ成功したビジネススキームと言ったお話非常に面白いと思いました。

    マスコミ・著名人が言っているから真実→
    たくさんの人がいいね、ペタ、コメント、口コミをしている、評価が良い、だから真実

    という、枕詞が変わっただけで、凡その考え方が変わっていない、旧時代的な価値観が残っていたからこそ成功出来たのだなあと。

    情報流通のバイラル化が進む事によって他者依存のマス的世界と自立を求められるバイラル的世界の乖離がより一層加速していきそうですね。

    波動乖離とも言えますが、バイラル世界はバイラル世界で真の自立(情報の精査を自らしなくてはならないと言う意味で)を求められるわけで。そうすると、真に自力するための価値観を育てる必要があり、デラシネ的な国家観、からのAC問題にも繋がっている…。ゆりさんのなさっている事って全て竹林のように根幹で繋がっていますねぇ。とても面白く、非常に美しい論理体系だなあと感動しました。ACの本非常に楽しみにしております。産みの苦しみの中にいらっしゃるかと思いますが応援しております。

    人に物事を教えるというのは、真に理解できていないと出来ないはずですが、真に理解できていないものを取り扱う事で絶対に理解させられず、それ故に、もっともっと!理解できなかったから教えて!!っていうリピートに繋がるのか!と。逆に凄いw

    私に波動はわかりませんし、目に見えない世界に造詣が深いわけではありませんが、目に見えない世界に感心が強い方こそ、目に見えない他者の心や配慮、文化や歴史伝統を大切にして頂きたいと考えます。目に見えないのは何も精神世界だけではないでしょう。自分の思考、他人の心、感情、文化だってそうです。どうして精神世界にのみ強く関心が集まるのか。

    目に見えない他者の心に配慮してこそ、目に見える形としてマナーや礼儀や文化が生まれたのだと考えると、精神世界はもとより、日本人としての教養やマナーを身につけるのが先ではないでしょうか。社会が悪いという論調もあるようですが、社会を作っているのは人々の心と教養のあり方です。傍に刀や銃があっても、それを振るわない心のありようこそが大切なのではないでしょうか。社会が悪いというのは無教養で品の無い人間が努力と学びを放棄する宣言でしかないと、私は思います。

    うふふ、ブーメランですね。相応しい自分になれるよう私も努めて行かねば。

    ゆりさんのお陰でたくさんの事を考え、視野が広がる思いです。いつも、たくさんの学びを本当にありがとうございます。

    • いえいえ、こちらこそ、いつも考えさせられるコメントありがとうございます。
      そして、深い部分で理解してくださっていることがいつもコメントから伝わり、ありがたいなという気持ちと深い共感に包まれています。

      ちなみに「社会が悪いというのは無教養で品の無い人間が努力と学びを放棄する宣言」仰る通りだと私も強く思います。

      それぞれ得意なことがあります。私は得意なことの一つである波動を理解する力で社会貢献できたらいいなと思ってます。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちわ、先日は 自身のコメントを記事に載せて下さってありがとうございました。恐縮です。
    竹久さんの名誉棄損で圧力を受けた記事を読んで 竹久さんはお強いな、と感心いたしました。
    是非 負けずに 頑張ってほしいな と応援したい気持ちが強まりました。
     勇気をもらった気分です。

    過去にもそうやって 偽スピや スピビジネスの記事を批判した 勇気ある方々が日々ブログで
    書き綴られてるのをいくつか読んでいました。
    当時 そういった方たちを画面の外からではありますが 応援していました。
    でも ほとんどがそういった 偽スピ側の教祖や事務所から その名誉棄損や圧力によって 
    半ば 脅迫めいたかたちで泣く泣く辞めていかれるのを観ていました。
    正直 恐怖と残念さを覚えました。泣き寝入りするしかないのか、と。

    今ちょうどユーチューブで見かけた 幸福の科学の長男さん(ユーチューバーの宏洋さん)
    が脱会されたそうで
    動画では 教団の悪質な嫌がらせ行為や脅迫行為があると 語っておられました。
    ですが 彼はそういった脅迫行為に屈せずに 逆手にうって動画で公表しています。
    今や 幸福の科学信者よりも 彼の登録チャンネルの登録者数が越えたそうです。
    さらには 自身のやりたかった夢に向けて突き進んでおられて 
    その息子さんの強さと凄さに 勇気をもらうというか、
    応援せずにはいられないというか 実際に 信者もえげつない悪質な行為を
    目の当たりにして 目を覚ましたひともいるようです。

    竹久さんのブログも必ず そういった 偽スピやビジネスに
    疑問や矛盾を感じて観てる読者に 真っ当な意識と勇気を与えられていると思います。
    目を覚ますひともきっといると思うので、
    恐怖もあるかもしれませんが 圧力なんかに 負けないでください。
    これからも ブログ応援しています。

     

     

    • いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます。
      特に先日は、私が完全に抜けていた視点を補完してくださりありがとうございました。

      応援してくださり、ありがとうございます。
      自分で言うのもなんですが、この1年で随分強くたくましくなったように思います(笑)
      矢面に立つのは、わざわざ荒波の中に自ら乗り込んでいくようなものなので正直言えばやりたくないと思ったのですが、まぁ逃れられないなと思うことが幾つか重なったので、やらざるを得ないなと思って続けてきました。
      まだまだ色々あるでしょうが、これからも自分を等身大に保ち、そして事実という視点を忘れることなくブログを更新していきたいなと思ってます。

      幸福の科学ですらそんなことになってるんですね。
      まさに時代の転換期なのだなと思いました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 度々おじゃまいたします。アイラです。

    ここ一連の流れで思ったのですが
    アダルトチルドレンの裏にもコミンテルン
    レリゴーブスの裏にもコミンテルン
    日本にたくさんいる根無し草(デラシネ)の人達って
    ぜーんぶ裏にコミンテルン及び戦後教育の闇があるんですかね…。
    なんだか暗澹たる気持ちになってしまいました。

    ふと、ゆりさんと山野本さんの対談が読みたくなりました。
    レリゴーブスの生態とレリゴーブスが生まれた本当の原因を語り合う(爆)
    レリゴーブス関連でスピビジネス界に殴り込みをかけてくれるような
    勇気のある真っ当な出版社が声かけてくれないかな~。
    売れると思うんですけども(笑)
    戯れ言を失礼いたしましたm(_ _)m

    ゆりさん達のような勇気のある真っ当な人達のおかげで
    レリゴーブスから足を洗う人が続出している昨今。
    現実に向き合わざるをえない波動域に突入している感。
    この流れは止まらないと感じます。
    来年はさらに加速していくのでしょうね。

    • アイラさん……気がついちゃいましたね(笑)
      そうなんですよ、よくよく注視すると、全部の思想背景にコミンテルンがいたんです(>_<) ここに気がつくと新たな開眼がありますよね。 ただそれをアダチル問題でどう伝えればいいのかと、今日も悩んでます(/_;) いい加減書き終わりたい(笑) これからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは

    以前もコメントをさせていただきましたが、あれからよく記事を読ませていただいております。

    今年は、私の周りでスピリチュアル、子宮系、パワーと友達と母親がはまってしまったことから、対峙することが多い一年でした。
    竹久様や山野本様の記事を読みながら、色々と自分で考えていくことができてとても良かったと思います。

    私が辿り着いたシンプルな答えは、
    「今目の前のことをこなすこと」「自分で考えること」「事実をみること」
    とてもシンプルでつまらないことばかりですね。でも、すごくダメージが起きたときに、何とか一発逆転しようと思うんではなく、目の前のことをこなして、事実をみれば、自分は幸せだということに気づきました。
    弱っているとき、自信がないときには、ついつい人を羨んだり、憧れたり、縋りたくなります。
    その気持ちは、当たり前。
    でも、憧れている人のいうことは全部正しい、とするとみるみるうちに自分が支配されてしまう。。。

    私は仕事で生活の支援を行っているのですが、私のいうことを全て指示通りしてくれれば簡単なのにな~なんて、恐ろしいことを考えたことがありました。
    そこには、私が人を助けたいとか救いたいとか、おこがましい考えがあったからだと思います。
    今は、とにかく今お客様の客観的な事実と、正しい知識を伝え、環境を整え、あくまでも支援をしていくことが私の仕事だと考えています。
    ほんの少しの違いでも、仕事への姿勢が全く変わっています。
    こういう、小さな違和感を見過ごさないことも大切かな、と感じました。

    竹久様の文章で、気づけたことがたくさんあります。非常に感謝しております。
    書籍も、落ち着いたタイミングで購入させていただきます。

    お身体に気を付けて、これからも応援しています。

    • こちらこそ、いつもお読みくださりありがとうございます。

      仰る通りで、私たちがやるべきことは「今目の前のことをこなすこと」「自分で考えること」「事実をみること」これしかないと思いますし、
      また気がつかれた通り、小さな違和感を見過ごさないことだと思います。

      渡辺さんの毎日の積み重ねが面白い未来に繋がって行く原動力になると思っています。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは

    レリゴーブスから、あぁ私があの界隈で感じた気持ち悪さの正体だと思いました。

    自己肯定感を修士時代、就活時代にすり減らし、さらにマリッジブルーで不安な時期、スピに足を突っ込んだのですよね。
    幸い泥沼にはまる前に、スピ仲間?(仲間と言ってもたった一度セミナーで一緒だっただけ)の発言にカチンッときて目が覚めました。
    カチンッときたことは、私が本気で悩んでいた家族の宗教について打ち明けたことです。

    普段はその宗教のことで問題はないのですが、修士時代に徹夜明けの私がいるのに配慮することなく、大声で祈る行為に非常に苦しめられました。
    その時、本当に精神がギリギリで、考えたくないようなことも頭をよぎり自己嫌悪しました。
    と打ち明けたら、
    「それは家族のかた悪くないし、今こうして元気にいれるのもその祈りの結果じゃない?あまり良くないことを思った貴方も悪くない。家族の方も悪くない。宗教も悪くない。」みたいな感じで何というか、話すんじゃなかったと後悔しました。
    理解できないことも取り敢えずポジティブでごり押す。
    逆境にいてもポジティブでごり押す。
    ポジティブゴリラばかりで、ビックリしました。

    本当に、みんなお花畑で私よりも年上なのに悩みと言えば、旦那も愛しているけど不倫相手も愛してるや旦那がいるのに恋人がいてうんちゃら。。。
    不倫、不倫ばっかりでビックリ‼
    何がご縁だ。何が私はマグダラのマリアの生まれ変わりだ。
    ただ、だらしなく欲望をぶちまけているだけじゃないか。
    それを前世のカルマだの、今世の課題とかあほか。
    失礼しました。つい、感情のままに書きなぐってしまいました。

    スピに足を突っ込んで分かったことは、自分の人生自分で責任とれないと退っ引きならないことになるなと気付きました。
    周りをみると結構、責任もちたくないがために色々振り回されるのではないかと思いました。(自分含め
    悪質なスピに引っ掛かると理性という名のブレーキを壊されてしまうんですね。

    色々な問題が戦後の教育に繋がると思うと恐ろしいです。
    早く悪い夢から覚めたいですね。

    • こんにちは!

      ポジティブゴリラに吹きましたwwwwwwwwwwwwww
      もう30分くらい笑ってます。
      本当に仰る通りです。全部ポジティブに捕らえてゴリゴリ押す。それじゃぁ現実見極められなくなるから夢見心地になっていきますよね~。
      そう、そしてポジティブゴリラだからこそ、自分の人生に責任が持てなくなるの。
      そして自分ではない何者かになりたくなるのだと思います。
      マグダラのマリアの生まれ変わりなわけねぇだろ!って、私も突っ込んどきます。

      でも、このおかしい感じ、ぶっちゃけ戦後教育の賜です。
      国民みんなアダチルな症状を抱えているのも、親も戦後教育だからだと私は思います。
      本当にみんなでここから脱出したい。
      それだけで日本はファンタジックなほど大きく変わると思います。

      これからも宜しくお願い致します。

  • コメントありがとうございます。

    笑っていただけてとても嬉しいですw
    本当にポジティブのゴリ押し加減が、パワフルすぎるんですもの。。。
    ごり押すのも体力必要だから、大事なことが考えられなくなってしまうのですかね?
    何者かになりたい。。。
    あぁ、中二病を患っていたことを思い出しました。
    スピ界隈の人々は 、思春期に中二病にかからず、いい年になってから患ってしまったんですかね。。。
    恐ろしいです。

    国民のほとんどがACですか。。。
    そう思うと色々納得できます。
    どこか歪んでいて、ギスギスさせようとしている空気にうんざりしています。
    脱却したいですね。
    きっと気づけたから乗り越えられますよね。
    ゆりこさんの本が、そのきっかけになるでしょう。
    とても楽しみにしています!

    • ありがとうございます。
      ポジティブゴリラの破壊力が凄すぎて、今タイトルにそれ入れて記事を書かせて頂いております。
      引用元は読者様からのお便りということで掲出させて頂きますのでご了承ください。
      きっと、みんなも吹くと思って書いていたので、「笑っていただけてとても嬉しいですw」という言葉を頂けて、こちらもとても嬉しいです。

      ガチでみんなで脱出しよう!!
      みんなで乗り越えよう!!
      そして後世に伝えよう!!
      人間が人間でなくなる社会が、どれほど人の心を荒廃させるのか、日本に生きた日本人の中では私たちしか知らないはず!!!
      だからみんなで脱出して、みんなで達成感味わって、二度と同じ不幸を味わうなよって、後世に伝えよう。
      きっと私たちの歴史は何万年後かには神話になってるはず(^_^)
      一緒に頑張ろう!

  • この1週間家族のキツめの風邪のお世話などで忙しくしており、昨日久々にブログを拝見し、今朝やっと追いつきました(笑)まとまらないコメントになるかもですが…
    私の友人達にもキラキラ系、コツコツ系、スピ系と様々いてらっしゃいます。ある時コツコツ系の友がキラキラ系の友の事を「彼女は頑張ってて日々成長してるね。」と言った事に、違和感を覚え「形は変われど、私もあなた皆、目の前の事に思い悩み対処し、成長してると思うよ」と答えました。特にそのコツコツ系の友人は、親御さんを生活面経済面でさ支え1人頑張ってるので励ましたい意味もあったのですが。キラキラする事を目指すのは良いのですが、キラキラする事をしてる人だけが、頑張ってると評価される風潮があるなって思うんですが、そこには違和感あります。(日々成長って言葉にも実はあまり好きじゃないんですが笑)。
    あともう一つ。実際世の中でメジャーになってるスピ系の方で本物の方っていらっしゃるんでしょうか?(ゆりさんの事、スピ系と思ってませんよ。)
    この夏1ヶ月程読んでたブログ(スピ系ではなく家族系)の方が突然奥平さんの「引き寄せ…」の本を紹介されて、なんでもかんでもそれに関連づけて、前向き〜みたいになって、疲れる感じだったので読むのやめました。奥平さんはゆりさんの以前のブログを通じて知っており、引き寄せブームの先駆けで、数少ない本物系で「引き寄せ〜前向き〜」とは違うとの認識でしたが、現在はまた変わってきてるんでしょうかね。ゆりさんが「見えない世界は小さなミスが命取りになる」と書いてらっしゃったので、有名になりメディアにとり上げられても、それでも舞い上がらないでミスを犯さないって、とても難しいと思うので、メジャーどころのスピ系さんに本物さんっていてらっしゃるんでしょうかね。
    仙人さんとのゴタゴタはまだ解決してらっしゃっらないんですね。煩わしい事もあるかと思いますが、頑張って下さい。執筆も順調に進みますように!

    • こんにちは。
      スピ系の中に本物はいませんが、普通に生きて功績を残されている方の中に本物は沢山いると思いますよ。
      前にもブログで書いたことがあると思うのですが、引き寄せだけで全てが解決される訳でもなく、そもそもスピ系はそれすら間違った方向で使ってるので問題なんです。
      奥平さんの引き寄せの手法は真っ当だとは思いますが、読者側がそれで全てを叶えようとすればもちろん深みに落ちることになると思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは

    ゆり子様 このような 案件を抱えながらも こちらまで 取り上げていただきましたことは大変恐縮です。
    おかげ様で 皆さまの目に触れましたので これ以上は あのように おかしな事はしでかさないと一安心です。
    皆さまに関心を持たれ ついには でいごと同じ名前でのコメント書き込みまであるようですが 私はこちらのブログだけで
    でいごを名乗らせていただいてます。
    ゆり子様の関係者各位にご迷惑がなければと思い またコメントしました。
    アメブロの歴史的なお話も 分かりやすくて楽しいです。
    これからも どうぞよろしくお願い致します。

    • こんにちは。

      あの記事がじわじわ拡散されている様子、なんとなく私にも伝わってきています。
      さすがにあれは、みんな頭に血が上ると思います。沖縄県民の方なら特にそうだと思います。
      でいごさんを名乗ってコメントされている方もいるんですね。情報の広がりでそんなことも起きていてるなんてびっくりです。
      承知致しました。そのように対応いたします。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。

    いつも楽しい情報をありがとうございます。
    先日、「三枚おろし」を初めて聴きました。
    今まで自己啓発系の音声だけを聴いていたのですが、とても楽しく見識が深まる番組でした。
    教養を自分の中に取り込むと、これまで点だった知識が線になると実感しました。

    さて仙台の某方ですが、限定ブログで「お金儲けに走るな」的な記事を掲載していました。
    更新が12/9でしたので、タイミング良いなと思いました。
    相変わらず私のコメントは削除されていましたが、自意識過剰になるなとの教えだと思って
    ありがたく頂戴させていただきました。

    蛇足ですが、お弟子さんの「師匠を庇護するブログ」にもコメントを書きました。
    しかし音信不通でした。
    お弟子さんの中にはあからさまに、
    ネットビジネスで成功→なぜか「感謝」に目覚める→活動に協力
    と言う方もいらっしゃいました。

    ご興味がありましたら魚拓を取っておきます。
    ゆりさんにとっては、それほどまでの事ではないでしょうが。

    余計は話題で済みません。

    • おはようございます!
      三枚おろし面白いでしょ!!結構あの番組勉強になるんですよ。さすが金八先生ですよね。

      仙台の情報ありがとうございます。
      8月の段階で全活動は終了したはずなのに、相変わらず更新されているのが個人的には不思議だなぁと思ってます。
      スピ系のほとんどは、所謂、マーフィーやナポレオンヒルの成功哲学的な考えを持ち合わせているので、精神的な部分を自らコントロールして如何にお金儲けするかってことに収まっていくと思います。
      既に資本主義社会の形が変わろうとしている中で、時代錯誤だよなぁと思って見つめています。

      魚拓は特には大丈夫です(笑)

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは、ゆりさん。
    改めて、本記事を読ませていただきました。

    自分に都合の良いことを並べることで人をコントロール出来るという愚かな妄想だと感じました。
    仙人さまには複数の取り巻きがいました。
    自称プロブロガー。
    自称WEBライター。
    その方々のほとんどがネット上から消えるもしくは潜伏をしている状態です。
    浮上の機会を師匠と共に虎視眈々と伺っているのか?

    仙人さまのメルマガを引用ししているある女性がいました。
    その方はご自身のブログで、「○澤さんのマインド共感していたんだけど、どうも私の考えとは違うので今後は引用をやめます」宣言をしていました。
    その考えとは、確か「人を騙してお金儲けをすることの奨励」だったと記憶しています。
    その方の記事を読んだことがきっかけで、私はゆりさんのブログにたどり着けました。

    そして波動とエゴのことを学ぶにつれ、自分の薄っぺらな知識を痛感しました。
    これからもご指導をお願いいたします。

    • こんにちは、あぁぁぁそういうきっかけでこちらに訪れてくれたんですね。
      なるほど、そうだったんですね。

      ネットは非常に便利な道具ですが、ネットだけを全てにしたら危ないっていうか、ネットだけでお金を稼ぐことは難しいと思います。
      ここ数年そういう誤った考えを信じて暴走する人たち沢山現われましたが、びっくりするぐらい誰も身になってないですよね。
      ネットで稼いでる人は、普通の社会でもきちんと稼いでます。
      そこを忘れちゃいけないと思いますよね。

      ネットは日本人の本来の心持ちをもって利用すれば、これほど便利で有難い道具はないと感謝感謝の気持ちを募らせますが、
      西欧的感覚の弱肉強食ツールとして利用し、人をコントロールしようとすればするほど、利用者の中に恐怖が増大し、どんどん息苦しい生活になると思います。

      今こそみんなで日本人らしさを取り戻していきましょう♪エイエイオー!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください