【続報】10歳不登校youtuber親子の教祖はキンコン西野だったようで……。

昨日、記事で取り上げた10歳不登校youtuber親子なのですが……

【10歳不登校youtuber親子】デュープス過ぎてかわいそう

読者さまからの情報提供で……ここにキンコン西野がまたもや絡んでいたことが分かりました。

 

偽スピ業界の人気タレントな西野君

彼がスピ系と絡み始めたきっかけやタイミングにまつわることとかは良く分からないけれど、少なくともここ3年ほど、スピや心理系ビジネスで金儲けしている連中の傍にはいつも西野君がいます。

【疑問】スピ系にはまる奴は、なぜにこんなにも図々しくなれるのか

【キンコン西野】反省中

そして、いつの頃からなのか、西野君の思想もすっかり「自由=無秩序」とでも言いたげな感覚に囚われてしまったようで、非常識な行動をしては炎上するという繰り返しを続けているように思います。

2012年に「はねとび」が終了してからというものの、どうも本業が上手くいっていないように見える西野君。このフラストレーションがスピ系というジャンルに向かわせていったのかどうかは分かりませんが、彼の言動や思想の中枢を見ていくと「社会に対する不満」と「自己承認欲求」を強く感じます。

正直この思いがセットになった人は、だいたい革命論者になっていき、本人は世の中を良くするつもりであっても、世を荒廃に導くことになっていきます。

3-9.日常に息づく革命思想とは何か?

 

ゆたぼんの登校拒否は単に親のビジネスフック。

さて本題。

今朝読者の方がゆたぼんとキンコン西野の関係が良く分かるTweetがあると教えてくれました。

キンコン西野まとめ

そこで掲出されていた2CHのスクショがこんな感じです。

 

詳細はこういう感じ↓

 

学校が嫌いだという体で「登校拒否は幸せになれる」とか言う発信をこの親子はしていますが、この情報が表に上がったことで、そもそもの主張の根本が崩れ去ったと言っても過言ではないでしょう。

っていうか、スピ系とか情報商材屋っていつもこんな感じですよね。

世の中の問題提起をしているように見せかけて、最終的には自己利益に繋げていく。

彼らや左翼のこういう手法が「被害者ビジネス」などと言われる所以もここにあります。

【混乱の要因】何でも間を取ろうとすると陥るドツボ

また、こういった活動をしている人たちがカルト宗教化していくのも同じ心理構造でビジネスを組み立てているからです。

昨日こちらの記事↓で、似たような記事を書いてたのですが、

【覚えておこう!】騙しのテクニックの基本は4つです。

そしたらこの記事を読んだ読者の方が、この点を鋭くついて解説してくださっている葬儀屋さんの動画を教えてくれました。

これです↓是非見てください。

驚くほど、今回のゆたぼん騒動の構図と似ています。

 

ここら辺ふまえて、私たち自身が彼らの手口に乗らないように気をつけていきたいですね。

 

■■■■■↓おしらせ↓■■■■■

いよいよ来週5/15が開催となりました♪

【無料講座】スピリチュアルに没頭しても幸せにならないのはどうして?

現地参加の残席は2席です。

ネット配信も行いますので、遠方の方もどうぞお気軽に参加してください。

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集

【10歳不登校youtuber親子】デュープス過ぎてかわいそう

【疑問】スピ系にはまる奴は、なぜにこんなにも図々しくなれるのか

【キンコン西野】反省中

3-9.日常に息づく革命思想とは何か?

キンコン西野まとめ

【混乱の要因】何でも間を取ろうとすると陥るドツボ

【覚えておこう!】騙しのテクニックの基本は4つです。

 

8 件のコメント

  • はじめまして。
    いつも興味深い話題を提供してくださり、ありがとうございます。
    この親子の記事を読んで、ふと思い出しました。
    竹久さんはご存知だと思いますが「奇跡の詩人」と言われた日木流奈くんです。
    実は名前をすっかり忘れてましたが、文字盤、詩、子供と検索したら出てきました。
    2002年4月にNHKで放送されたのですね。
    You Tubeに動画がありました。
    https://m.youtube.com/watch?v=gg7HyywUoZA
    当時も胡散臭かったですが改めて見ると酷いです。
    流奈くんの両親(特に母親)がいかにもスピ&共産系で流奈くんが哀れでした。
    これを放送したNHKもNHKですけどw
    それでは失礼いたします。

    • おはようございます。
      教えてくださりありがとうございます。日木流奈くんのことは今日初めて知り、先ほどyoutube確認しました。
      あらら……って感じですね(^^;)
      お母さんの気持ちは理解できるものの、これは……単にお母さんの言葉を彼を使って言っているようにしか見えなくて、不憫だなと思いました。
      検索してみたら、スピ系方面で活動は続けられているみたいですね。
      https://starpeople.jp/seijingoroku/hikiruna/20190503/4279/

      視聴率が取れる、お金になるといった目先の利益の先にあるものをきちんと考えて行きたいですね。
      教えてくださりありがとうございます。

  • こんにちは。返信ありがとうございます。

    そうですね、流奈くん母は流奈くんの育て方に悩んでスピにすがったのかもしれません。スピは弱った心に忍び込んで来ますからね。
    流奈くんの直近インタビュー拝読しました。
    もうお母さんの介助無しで言葉を紡いでるのでしょうか。そうだとすると流奈くん自身はスピとは距離を置きたいという気持ちがあるようにも感じました。
    ただインタビュー中にサラッと「中ピ連」というワードが。調べたら70年代の左翼活動でした。29歳でこんな言葉を知っているとは…そういう人たちが寄ってくるのでしょうね。

    ゆたぼん君は自分がやっている(やらされている)ことがわからないんでしょうね。何ともいえないです。

    それでは…私のつたないコメントでお時間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。
    これからもブログを楽しみにしています。

    • いえいえとんでもないです。
      私も勉強になりました。
      「中ピ連」……ウーマンリブ辺りのくだりですよね。ウーマンリブとか中ピ連とかの言葉がさらっと出てくるのって50代以上の人じゃないかなって個人的には思います。
      こんなこと言ったら失礼だと思いますが、流奈くんの言葉って9割以上お母さんの言葉だと思うんです。
      でもお母さんは流奈くんの言葉だと思っていると思います。
      それ以上のことは触れずにそっとしておいて上げるのが一番だと思いますが、お母さんの自己承認欲求が結構強いんだと思うんですよね(^^;)
      NHKの放送の時は、家が異常に汚いのが気になりましたが、最新の画像ではお母さんに小汚い印象を受けました。撮影ということで多分身なりは随分気にされていたと思うのですが……。
      根本的な問題はそこにあるんじゃないかなって私は思いました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 何度もすみません。
    教えてくださったインタビューのサイトに流奈くん親子の写真があったんですね!今見ました。
    お母さん、思いっきり流奈くんの手を取って文字盤に…(苦笑)。
    完全にお母さんの言葉でした。危うく騙されるところでした。気づかせてくださり、ありがとうございます。
    家の中、物であふれてすごかったですよね。まさに混沌の中(笑)。
    ではでは何度も失礼いたしました(^^)

    • いえいえどう致しまして。
      私は脳障害がある人にも、私たちと同じように気持ちがあると思っています。
      テレパシーのような感じで意思疎通できる親子がいても不思議ではないと思っています。
      ただ……桜餅さんや皆さんが思うのと同じで、どうもなんか違うよなという感じをこの親子からは受けました。
      愛というものは、現実認識を鈍らせるものなのかもしれないですね。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん こんにちは。
    桜餅さんのコメントにあった流奈君の動画見ました。
    お母さんを見たら・・・「代理ミュンヒハウゼン症候群」が浮かんできました。
    私の勝手な思い込みですが・・・。

    • こんにちは。
      そんな名前の病気というか症候群があるのを初めて知りました。
      どうなんでしょうね。詳しいことは私は分かりませんが、少なくとも変だなとは思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください