【波動領域帯】ようやく日本人が日本を考えられるステージへ

波動乖離に必死になっていた時代が懐かしいです(/_;)

 

11月中旬から、波動領域帯また変わってるよ♪

なんかここんとこの私のブログはさとうみつろう糾弾ブログに化してるけれど、みつろう君の事を取り上げることになった11月23日のあの日頃、そろそろ伝えようと思っていたことは、もちろんみつろう君の事ではありませんでした。

政治や国内外のニュースを見た時に、「全体の波動領域帯が変わったな」と思わされることが増えたので、そのことを書こうと思っていました。

とかいいつつ結果、全然別の事に没頭しちゃったので(^^;)

ようやくあれから2週間の時を経て、このことをお伝えしておこうと思います。

 

半島との国交断絶が当たり前になった世の中

今の情報だけを注視していると、その情報にただただ流されやすくなりますが、私はマーケティングを専門職としていた職業病もあって、常に情報と共感指数の変化が気になっていきます。

つまり、今の起きている世論環境と少し前の世論環境との違いがいつも気になります。

ここ最近は大いに変わりましたね。

気がついていない人もいるかも知れませんが、びっくりするくらい変わっています。

たとえば、ここ最近地上波でも韓国を慮る声は圧倒的に減りました。これは大きな変化です。

国交断絶することに賛成する人の声も増えましたよね、数年前まで韓国慰安婦の嘘に騙されていた国民とは思えない変化です。

 

ちなみに私は、今年の10月末で、日本の世論は様変わりするはずだと予測していました。

↓そのことを書いた記事↓

【徴用工判決】ガチで韓国とお別れできるきっかけです☆

そして、思った通りに世論は、韓国とはもう関わりたくないという雰囲気に様変わりしました。

 

韓国が徴用工へ賠償するよう日本企業に命じる判決したのならば、ようやく日本が日本のことを考えられる土壌に変化するだろうと思っていましたが、その通りになっています。

 

ちなみに、去年の5月頃の私は、朝鮮半島の波動乖離をするためにはどうしたらいいのかそればっかりブログに書いていたんですけれどね(笑)

朝鮮有事を無害化させる波動の使い方【図解式】

さらに、今年の3月も最後の波動乖離作業があって、ここを失敗すると厄介な事になると思って、一心不乱に書き殴っていたんですけれどね。

【いざ実践!】情報戦で日本国民が勝つ方法⑦

その甲斐あったのかなかったのかは分かりませんが(笑)、とりあえず書いた通りに世の中は動いています。

 

ちなみに、日産のゴーン会長の逮捕劇も同様の仕組みで起きていると私は考えています。

 

 

低波動と乖離できると、起こること。

朝鮮半島のような低い波動を持つ地域とはっきりとした波動乖離に成功すると、低波動に翻弄される日常から解法されるので、ようやく本質的な問題に着手することができます。

 

たとえば、今国会で移民問題が集中的に論議できる環境が得られたのもその一つだと私は思っています。

今国会での論議の中心となっている移民問題において、私が今までの日本と違うと最も思うのは

「日本の国益」

「長い目で見た日本人の利益」

という視点が含まれている点です。

 

今までの日本だったら、ただ単純に「海外の人が日本にやってくる」=「いいこと」だと思ってたはずですし、移民反対と言っただけで袋だたきにあってたはずです。

政府が推進しようとしているというのもあってか、移民反対が袋だたきにあう気配は全くありません。

 

数年前までの日本は、中国人の爆買いに踊り、ドイツメルケル首相のように難民受容れする人が素晴らしいと言われていたはずなんですけれどね……人の気持ちってころころ変わるものですね。

 

私は、常々ブログでも書籍でも言っていますが、波動こそが人の自然想起の手前にあるものだと思っています。

波動が高くなれば、感情ではなく事実を見ることができます。だから、目の前にある現実を考える事が以前よりも容易になりますし、それが当たり前になります。

視野も広がるので、国土を主体とした全体の安全や幸せを考えられるようになります。

しかし、半島や大陸のような低波動と同期している状態では、国家として当たり前の視点での論議すらできません。

日本人はグローバルという言葉に踊らされながら個人の権利と利益を追求していましたが、それは実は低波動な考え方です。

個人の利益を追求するのに好都合な画一的グローバルという概念の正反対にあるナショナリズムの方が、実は少し波動の高い考え方なのです。

そして、協調性のあるナショナリズムを持ち合わせられる環境が整ってこそ、誰もが人生を謳歌できる多様性グローバルが始まると思っていますが、それは波動の高い国同士だけでできることなので、低波動な国家とは疎遠になる必要性が生まれます。

国交断絶が叫ばれるようになった世の中の変化は、波動の高いグローバル社会を創るためには必要な手続きです。

 

ぶっちゃけこれからの方が益々大変でしょうが、私は日本人が本当に日本のことを考えやすくなる新たな波動領域帯に変化したことが嬉しいなぁと思ってます♪

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

今日のリンク集

【徴用工判決】ガチで韓国とお別れできるきっかけです☆

朝鮮有事を無害化させる波動の使い方【図解式】

【いざ実践!】情報戦で日本国民が勝つ方法⑦

 

22 件のコメント

  • 待っていました!!!
    更新をひたすら楽しみにしていました^^笑
    やはり波動とは真理なんですね。
    そしてお聞きしたいのですがわ、波動の低い人が個人の努力で波動を高めることによって、波動乖離の状態でも高波動領域に行くことは可能なのでしょうか。
    教えていただけると嬉しいです。

    これからも応援しております。

    • それはもちろん可能だと思います!
      ただし、本人が現状に気がついたらという条件付きで可能だと思います。
      周りが何かを言うことは、無駄な波動調和を作り出し、問題を長引かせるだけになると思います。
      それではこれからも宜しくお願い致します♪

      • 回答して下さりありがとうございます。
        まずは現状に気がつき、それを受け入れることですね。
        こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。

        • 何事においても一番大事なのは、現状把握を徹底して環境を客観視できる土壌を作る事だと思います。
          すると、感情で覆われていた現実とは別の世界が顔を出します。
          頑張ってください。応援しています。

  • おこんばんはです。力強い更新内容ありがとうございます。
    さて、世論のコリア離れ大歓迎ですねー
    あちらで出た徴用工判決も意味不明ですねー
    個人的には播但地方でド派手な裏スロ店のオーナーだった、
    中村こと陳春根が起こした残忍な殺人事件が、ある程度浮き彫りされて、本人は無期懲役の判決受けた事で、在日の力はだいぶ衰えてきてるのかな?って感じましたね。
    パチンコ屋の客数、売り上げ、1店舗あたりの利益も相当減ってるとのニュースも聴きましたので、この流れは止まらないでしょう。っと信じたいです。

    • 波動乖離の作業が完全に完了できたなと思った今年の6月頃から、今の日本は結局朝鮮進駐軍が闊歩していたあの時代から何も変わっていなかったと思うことが増えていきました。
      それは、仰る通り関西生コンやパチンコなど在日関係が主体となっているであろう団体の恫喝の繰り返しが表に上がるようになったからです。
      数年前には絶対に考えられなかったことですし、民主党政権の頃の庶民のほとんどはそんな問題が日本にあることすら気がついていなかったと思います。
      もうこの流れは止まりません。
      ただし、日本人が二元論に縛られていると、違う形で同じ事の繰り返しをしていくだけになるので、互いに気をつけていけれたら良いなと思ってます。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • 最近ある映画を見まして、サラエヴォの実態をネットの情報だけですが知りました。
    クロアチア人とセルビア人のように、今も世界には暴力は使わないけれど、精神的に対立する民族は多いんですね。

    波動ですか?まぁ為替のようなものですよ。
    上に行ったり下に行ったり、ラジバンダリと。
    良くなって悪くなってを繰り返し、少しずつトレンドの方向に動いていく。
    日本は大きな、そして世界にとっても大きな過渡期で転換期でしょう。
    AIや医療技術によって、20世紀以上に21世紀は世の中が変わっていく。

    • コメントありがとうございます。

      波動については様々な意見があると思いますが、私は私なりの道理に基づいた考え方に沿ってお話ししており、為替のような感覚の物とは全く別の物と認識しております。
      できましたら、私がどのような理解の上で波動の話をしているのか、知って頂けたら有難いなと思いました。
      ブログの最後に毎度告知させて頂いている自著「生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本」には、波動について分析させて頂いた上での法則を書かせて頂いているので、お読み頂けたら有難いなと思いました。

      それではどうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • おはようございます

    ゆり子様の アメブロを少しずつ読んでいます。
    こちらが 言いにくい ‘〇〇が独立したら起こりえる・・’
    あの話良かったです。
    そう思っていても簡単に言えない風土ですが 仰るように
    こちらでも 変化が見られます。
    来年実施したいとされる 県民投票にG市議会が 反対可決したようです。デリケートなあの問題 皆が100%そだねーという 事ではないと意思を表した事 驚いています。
    難しい事は苦手ですが 何が起こっているかを見ていく事は大切ですね。
    波動のお話は 私も好きでなので それを現実社会に見ていけば理解しやすいかもしれないですね。

    • ありがとうございます。
      あのコーナーも読んでくださったのですね。恐れ入ります。
      島で感じる世論の感触と問題点とマスメディアを通して内地に届けれる島の声は、かなり差がありますよね。
      そして、内地の人間は、やはりマスメディアの意向が島民の声だと勘違いするので、ややこしい事が起きます。
      でも、内地の人間も島の方も随分意識が変わってきましたね。
      最近情報を追えてなかったのですが、県民投票が反対可決されたのですね。凄いことだなと私も思います。

      波動を抑えながら世の中見ると、かなりシンプルになりますよ。是非試してみてください。
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 執筆活動でお忙しい中、回答して下さりありがとうございます。
    今朝ユリさんの過去記事
    「いざ実践!情報戦で日本国民が勝つ方法」を改めて読ませていただいたのですが、まさにこの前、偽スピ界隈について事実を述べたユリさんのアメブロが炎上した話は、まんまその通りだと思って恐縮しました。
    そしてこの一連の流れ、本当にかっこ良かったです。
    これからも応援しております。

    • いえいえ、なんか恥ずかしいです。
      こちらこそいつもお読みくださりありがとうございます。
      波動に注目して、自分で仮説を立てながら法則を理解してきましたが、波動の法則に沿って行いをするのが一番効率的だなと私は思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん、はじめまして!
    ブログをいつも拝読させていただいてる者です。

    周りの人達が推している妙なコンサルやキラキラ起業家、教祖様に違和感を覚えていろいろ検索していた時に竹久さんのブログを見つけました。
    諸々のことに無知な私はゆりこさんのブログで知った世界がたくさんあります。ありがとうございます。

    低波動との乖離、私も薄々感じています。

    私が高波動の人間というわけではありませんが、何気なく覗いたどなたかのブログやHP、SNSの発信を見ていて「頭が痛くなったりザワザワして見ていられない感覚」を覚えることがあります。今まではありませんでした。
    なんだろうな?と思っていましたが、これが波動なのかしらと思っているところです。

    波動に関しましても、世の出来事や流れに関しましてもまだまだ勉強不足です。
    今後とも竹久さんのブログから学ばせていただきながら、自分の在り方も見つめていきたいと思います。
    ありがとうございます!

    • はじめまして。いつもお読みくださりありがとうございます。

      波動乖離すると、低波動の人たちはますます自分のことしか考えられなくて自分の正義を押しつける行動が増えていくので、今まで以上に論点があやふやで矛盾が多すぎることを言い始めます。
      ぴーちんさんが頭がクラクラしたのは、そのせいではないかなと思います。
      まぁ、高波動になったからと言って、お金持ちになるわけでも何でも自分の思うようになるわけではありませんから(笑)
      単に淡々と捉えることができるようになるだけなので、未来にあまり期待せず、穏やかに今日の一日を丁寧に歩んでいきましょう。

      • ご返信ありがとうございます!

        論点があやふやで矛盾だらけ。確かに!
        どの合わないメガネを掛けて読んでいる感覚に似てますが、だからだったのですね。
        本当に仰る通りですね…
        地に足をつけ、日々を丁寧に淡々と。精進していきたいと思います。

    • コメントありがとうございます。
      素直に嬉しく思いました。
      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • スピリチュアリスト、ナチュラリストと呼ばれる方々に左巻きの方が多いのは何故か?という観点から、震災以降、勝手に色々ウォッチしているものです。
    その過程の、今年の沖縄知事選挙辺りで、かの沖縄在中教祖様を、違った角度から見てる人はやはり居ないものなのか?というところからこちらのブログにたどりつき、その頃の記事では、氏を肯定的に表現されていたので、なんとなくモヤモヤしていたのですが…。しかし、ゆりこ様のスッキリ分かりやすく、スピリチュアル教祖をぶったぎる?語り口はおもしろく、それ以降読ませていただいてます。子宮系は大変勉強になりました。
    ありがとうございます。
    そこで、私のモヤっとしていることを書かせてください。
    氏の過去記事にはっきり、琉球人、日本人、中国人として歴史観を語られています。ですので、平成天皇と発言したことは、無知というより氏の背景としては、自然だったのでははないのか?と思っています。そこで、私はこの女性を集めて祈る儀式は、(今まで虐げられた日本や琉球女性)という無理くりの価値観をつかって、島の独立というものを遠くの目標に定めた祈りも入っているのでは??とナナメ読みしておりました。ですので、ピュアな気持ちで参加される方々のピュアな思いを利用されることを、勝手に危惧していましたので、違った切り口から、論理的にこの問題点を扱ってくださって、陰ながら感謝しておりました。本当に私の勝手な妄想なのですが…。
    今後も応援しています。
    ちなみに、同県の阿部氏も変な儀式してますが、10年来のウォッチャーの私は右巻きと判断しています。(一例、氏のブログ11月23日参照)ホントにどうでもいいことですが、単純に右か左かのみの情報でした。

    • コメントありがとうございます。
      私の視点からは全く見えてこなかった部分を教えてくださり感謝しております。
      彼が沖縄の左派教育を受けていたら、当たり前に国歌は教えられず、一方で琉球独立の意義などは教えられていたでしょうね。戦前の日本において、休日の日に最も国旗を掲げてくださっていたのは沖縄県の皆さんなのに、教育って本当に恐ろしいなと思います。
      その点ふまえて改めて彼の文章を読み解くと、ご指摘の部分は充分理解できます。考察に深みが増しました。ありがとうございます。
      ただ、保守思想なつもりでいるのに、いわゆる中国プロパガンダを真に受けてしまう時点で、見識が浅いですよね。
      そして、世の中全体が保守な方向性に舵を切ると、商売人で権威欲旺盛な人たちは、浅はかな知識を背景に自分が保守である事を訴えたがります。
      それが、最終的にはプロパガンダに乗せられていく言動を巻き起こしていくとなると、よりきちんと彼らを注視しなくてはならないなと思いました。

      教えてくださり、本当にありがとうございました。

      • お返事ありがとうございます。
        国歌を習わないところがあるんですね。目から鱗です。
        私は、やはりコミンテルン主宰(?)の自虐史観が大きく作用しているのでは?と注目しています。
        この浸透は、真面目で優しい国民にとっては、骨、肉、血管に絡み付いた癌のように、もはや取り除くには危険もともなうくらいなものになっているのが現状ではないのでしょうか?
        コップ半分の水の例えは、大変腑に落ちました。
        気候、風土、自然、環境により『もう半分だから→備える』国民になっていくのは必然で、同じく気候、風土、自然、環境からくる『まだ半分もある→ラッキー』と楽観的に生きられる、ふわふわ、ワクワク感は、憧れの対象かもしれません。
        『もう半分だから、備える』という風に考えることができることに自信をもつことができれば、楽観的なふわふわ、ワクワク感を人生のエッセンスとして楽しむことができると思うのですが、自分はダメだから全て取っ払って、完全なるふわふわ、ワクワクになろうとすることに無理がでてくるのかなあ?と様々考えるようになりました。
        イロイロ考えた結果、結局、全然返信になっていない内容になりました。
        すみません。
        ゆりこ様から勉強の機会を与えられてる方々が、私を含め多いと思います。本当にありがとうございます。

        • こちらこそ、ありがとうございます。
          沖縄は県全体ですが、地方都市の一部にも同様な場所はありますよ。つるの剛士さんが幼少期を過ごした高槻市(辻元清美の選挙区)も相当酷い反日教育をしているそうです。
          全てがコミンテルンとは言わないのですが、日本人は素直に全てを受容れてしまう体質があるので、そえが仰っているように心の癌となってしまっている面は相当あると思います。

          ですが、今まで事実だとしていたものが虚像だと分かった瞬間から、本来の力を取り戻す日本人の方は沢山いらっしゃると思います。
          微力ながら、今まで事実だと思っていたことが虚像だと言うことをできるだけ多くの人に伝えられたら良いのになと思って、毎日書いています。
          多くの日本人が、本来の日本人の姿に戻るだけで、多くの不安や不満はきっと消えるはずだと私は思っているからです。
          そのため、私達の民族性の根本にあって離れられないはずの思考性についても、極力書く努力をしています。

          日本人はとても希有な民族です。
          その希有さに誇りをもって、気高く生きて欲しいと願っています。
          どうぞこれからもお願い致します☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください