【異常気象?】天気は「天の気持ち」を現すものではなかろうか。

確かに今年の気候は例年と比べ、普通ではないことが立て続けに起こっています。

化学が発展した現代では、その気候を「異常気象」と叫びただただ民の不安を増大させています。

それが返っておかしなことを増やしていると思うのは私だけでしょうか……。

 

 

なぜ「天気」と呼び続けているのでしょう。

日本では日々の気象のあれやこれやを全て「天気」と表記し、「てんき」と呼びます。

古の人々は、どうして「てんき」と呼び「天気」と表記したのでしょうか。

 

私は「天の気持ちの現れが気象現象に現れている!」と古の人が感じたからこそ、この言葉が浸透し、そしてそれに続く人々も、やはり天気とは「天の気持ちの現れ」と思うからこそ、この言葉を使い続けていたのだと思います。

 

農耕民族である我々の暮らしは、日々の天候に左右され続けるものでありました。

五穀豊穣を願う神事も、作物がすこやかに育ち、そして私たちを生き永らえさせて頂くための天候を維持継続させるために奉納し続けたものであることでしょう。

 

そして、日本では、古の頃から異常な気象状況が続いたりして、災いと呼ぶべき事象に発展すれば、誰もが自分自身の中にある「禍」を反省し、自分自身を悔い改めることに徹し、人がどれほどまでに努力しても到底なんともできないことを天の御心に添い直すことをすることで、鎮めてきました。

 

それが今はどういうことでしょう。

ただただテレビは異常気象だと騒ぎ続けています。

気象が異常で、自分は異常でもないと言いたいのですか?

異常な気象を呼び起こしたのは自分ではないと切り離したいのですか?

 

異常な気象が繰り返し起こる時、それは私たちへの天災そのものです。

これは、私たちの日頃の行いが異常であるとお伝えするためにある「天の気持ち」そのものだと私は思います。

私たちの目の前に現れている異常気象は、スピリチュアルに没頭している人たちが一同に言いたげな「浄化」など、今後の発展ための邪気払いに起きているものではないと、私は感じています。

 

 

テレビが「異常気象」と叫んで、天候と人との間にある因果を無視することも、

そして

スピリチュアル界隈が「浄化」などの言葉を背景に、新しい時代のために起こっているとして自身の反省を欠如させることも

さらに

陰謀論界隈が、何かの差し金によって、人工的にこの異常気象が起こされていると思う事も

全部間違いだと思います。

 

「天気」という言葉は古来の人たちから紡がれ続けたように「天の気持ちを表している」に過ぎないのです。

その天の気持ちを私たちはどのように受け取るのでしょう、扱うのでしょう。

異常気象として、自分のしてきたこととは無関係な出来事として扱うのでしょうか、

それとも

浄化であるとして、自分の都合よくいい方向に解釈するのでしょうか、

それとも

人工的な事がおこされたとして、誰かのせいにするのでしょうか。

 

どうか、直視してください。

今私たちの目の前に起きていることは、「私たちが出したから返ってきている」一つに過ぎません。

ではどうして、このようなことが返ってきているのか、それぞれが真剣に考えていこうではありませんか。

 

天気とは「天の気持ち」です。

 

どうして、あのような大量の雨を降らせた後に、異常な高温が続き、それが終わったと思ったら、普段とは逆方向に台風がやってくるのでしょうか。

ここに忍ばせた天の思いをくみ取ることが、この地球に生を受けた日本人の役目であり、その気持ちを汲み取ることで生活は豊かに維持されるものでしょう。

それをすっかり忘れているからこそ、このような異常な事態を作りだし続ければならないことに「天気」は陥っているのではないのでしょうか。

 

少なくとも、今私たちがするべきことは、反省でしょう。

そして、天を司ることができる神々への素直な感謝でしょう。

 

どう考えたって、今の日本の在り様を良しとはしていないからこそ、天は「天気」で伝えてくれているのだと思います。

「天気」が伝えてていることを自分都合になることなく、実直に受け取りましょう。

 

 

来年の今頃、日本の御世は変わっています。

どうかそれまでに私たちも変わりましょう。最近の天気はどうもそれを促しているように思えて思えて私は仕方ありません。

 

自身に反省を、そして天に感謝を。

 

どうか、このブログを読んでいる人だけには、この思いが伝わりますように。

 

 

お知らせ☆電子書籍発売開始しました。

【縦書き】

【横書き】

本の内容一部を公開してます。

【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

 

本の紹介ページはこちら↓

【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

28 件のコメント

  • 被災地への配慮からか、浄化をカルマの清算という意味合いで使っている方もいると思います。
    何にしても被災地と呼ばれる場所は日本全体のカルマを受けて下さっているのではないかと思います。
    加藤夏樹さんという方の過去のブログにも、ゆりさんと似た視点で書かれているものがありました。
    たしか大雨と浄化、のようなタイトルです。
    (ゆりさんと加藤さん、自分の中でかなりかぶります。この方のブログも痛快で嘘がない感じです)

    7月はゆりさんのブログを読んで、地球の気持ちを考えるようになりました。
    ごめんね、いつもありがとうね、と…
    リサイクルもよりこまめに分類し、水も節約しています。
    日本人の集合意識を変えるにはやはり教育改革が必要なのでしょうか。
    子供の頃は環境問題の番組がもっとあって、見終わって地球を大事にしよう!と思ったりしていました。
    オワコンとなりつつあるテレビが一役買うかも?

    上がり続ける物価は、日本人にいろいろとありがたみを思い出させているのかな…とか、
    7月はおかげさまで謙虚な気持ちを思い出しました。
    いつも良い記事をありがとうございます。

    • 加藤夏樹さん、初めて知りました。該当記事は見つけられなかったものの、本業が「広報、PR、マーケティング担当」と書いてあったので、物事を見る視点が似てくる部分があるのでしょうね。

      見えないことを意識するようになると、全体の変化を希望し、全体を変えることに右往左往しがちなのですが、個人それぞれが今できる範囲でやることしかないかなと思ってます。
      相手を変えるのではなく、自分を変えることに集中するべきかなと思ってます。

      物価が上がるのは、単純に政府が景気のことを考えて金融緩和をベースにインフレ政策を続けているからです。
      デフレ環境に慣れすぎた私たちは、物価が上がることに対する抵抗感がとてつもなく大きいのですが、景気を良くするためには物価を上げる必然性があります。現在の日本の景気が驚異的な復活を遂げているのも、若者の就職率がバブル期並以上の買い手市場になっているのも金融政策の効果が大きいと思います。
      テレビではきちんとした経済の情報を受け取れないため、起きていることを誤認しやすくなり、不安と不満を溜め込みがちになります。ぜひアベノミクスの政策を作った「高橋洋一」先生の本をお読みになられることをオススメします。

      それではこれからも宜しく願い致します。

  • 物価が景気回復のために上げられていることは何となく知っていましたが、どういう理屈でというのは分かっておらず、数字だけよくして庶民の生活を苦しくしてどうする?というよくある不満を持っていました。
    高橋洋一先生ブログもされているんですね。
    早速アベノミクスに関する書籍を注文し、チェックしてみます。
    テレビやネットの情報を、適当に、良いように、理解したつもりになってはだめですね。

    加藤夏樹さんについて、似たバックグラウンドをお持ちなこと、納得です。
    確かめましたら2014年8月24日の「大雨と浄化と日本人のカルマ」という記事でした。

    返信嬉しいです、ありがとうございました。
    これからもブログを楽しみにしています。

    • 該当記事教えてくださり、ありがとうございます。確かにいってることうり二つってくらいそっくりですね(笑)
      本質に気がつけば、大方みんな同じ事を言い出すようになるはずなのですが、利己主義に彩られたスピリチュアルが多くの人を混乱させていますね。
      経済の情報も同じですね。利己主義に傾いた人たちが各自の利権を守るためにしっちゃめっちゃかになっているのが実情と言えるのではないのでしょうか。
      庶民として今後の日本のためにできる経済対策は、消費税凍結ですね。消費税を増税したいのは財務省だけで、そこに国民の利益はありません。日本の場合、ぶっちゃけ消費税は0%で良いと思いますよ。
      特に経済関連と政治関連はメディアを牛耳る人たちの都合で情報を誤認しやすいように作られていますので、個人個人で勉強して対策するしかないですね。
      ちなみに、立憲民主党が掲げている政策を全部やったのが韓国の文大統領です。今の韓国の悲惨さと比較してアベノミクスを考察すると面白いと思いますよ♪

      それではこれからも宜しくお願い致します☆

      • 今更ですが、高橋洋一先生の本を数冊読みました。
        ちゃんと勉強しなきゃというマストな気持ちで読み始めましたが、素直に読みやすく、面白かったです。
        高橋先生の天才エピソードも、ガラスの仮面とか、ずば抜けた才能を持つ主人公の漫画を読んでいる気分でした。
        情報を、感情を交えずにフラットに見る大切さや、アベノミクスって結構いいじゃないという安心感などなど、得たものは大きく、ゆりさんに薦めてもらえなかったら一生読むことはなかっただろうと思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。
        ありがとうございました!
        朝日と赤旗日曜版を取り、浜矩子先生の本が並ぶ、ゴリゴリに左巻きな実家の家族にも読ませたい気分です。
        (流石にここ数年は朝日をやめ、それでも毎日を取っています・笑)

        ここ数ヶ月、自然災害だけでなく、個人的にも、今迄のエゴエゴしい心持ちのしっぺ返しか?と思うような出来事が色々と起こり、暑さも相まって、疲れが蓄積していました。
        ですが、さらにここ数週間は、そういった状況にあっても、心配や不安は置いといて、日々の生活に集中でき、丁寧に生きていると感じる時が増えました。
        しっぺ返しを食らってるのかな、と思うと同時に、波動領域帯がちょっと上がっただろうか?とも思い、ちょっと自分を褒めてみる今日この頃です。
        こんな風に前向きに考えられるのも、ゆりさんのブログや本を読んでいるおかげです。
        これからも楽しみに、心の糧とさせてください。

        • こちらこそ、いつもお読みくださりありがとうございます。
          高橋洋一先生の本平易で読みやすいでしょ?本当の天才はことごとくシンプルに会話できるんだなと、私も読んだ時に思いました。
          しかも、高橋先生がしれっと話す天才エピソードは、だいたいが驚愕ですよね(笑)本人は事実をしれっと話してるだけなんですが、そこを掻い摘まんで読むだけでも面白いですよね。

          私の実家もガッツリ左巻(しかしノンポリという切なさ)なので、余所様のことをとやかく言える立場ではございませんが、ご実家に紫BBAの本が並んでいるつーのは、卒倒しそうな事象でございますね。
          スピリチュアルも左巻も、実現したためしがない恐怖喚起の予言でいつまで飯食うつもりなんでしょうかねぇ。出版社が潰れるのが先か、著者が潰れるのか先なのか暖かく見守りたいと思います。

          ちなみに、自分に起きていることを「波動上昇のきっかけになる」と肯定的に捉えられるようになると、無駄な感情に振り回されることは少なくなっていくと思います。
          その結果、現実的な状況と反比例するかのように落ち着いた心持ちが現れやすくなると思います。
          今はまだ荒波を越える最中なのかもしれませんが、その荒波が落ち着き俯瞰が楽にできるようになった時、波動領域帯が明確に変わったと自己認識するようになると思います。
          これからも応援しています。そして、これからも宜しくお願い致します。

  • いつも参考になる記事をありがとうございます。
    今回の記事を読んで、元春日大社宮司であり外科医の葉室頼昭氏も「昨今の天候の乱れは日本人の心の乱れを表しているのではないか」と著書の中で語っておられました。確かに昨今の自己啓発というかスピリチュアルというか本質がメチャクチャで無理矢理な理屈で納得させているような気がします。本当に大切な事って至ってシンプルで当たり前の事なんですがね。世の中は理解できそうで理解できない だから楽しいはずなんですがね。と自分はそう思いながら日々を過ごしてます。

    • はい、本当の道理はもの凄くシンプルです。
      感情の介入が必要がないほどとてもとてもシンプルです。
      しかし、低波動になればなるほど、感情が動き出し、道徳観念で判断するようになっていき、相手の判断も感情によって起きていると捉えるようになってしまいます。
      全ての事は四則計算レベルのシンプルで当たり前な通りで起きています。その当たり前の通りが多くの人に伝わっていけばいいのになぁって思います。

  • こんばんは

    ゆりさんのお気持ちはすごく分かりますが、自由意志です。他人をジャッジ、否定、コントロールするのはやめませんか?
    浄化を甘んじて受ける、浄化に伴う傷みこそが原因の結果を受け取ると言うことでは?

    今の結果を変えることは出来ません。

    しかし、これから発するエネルギー、作るエネルギーが未来の結果になります。

    浄化という言葉を自分都合と決め付ける固定観念で人をジャッジすることこそ、今また負のエネルギーを発して地球にまた迷惑をかけているのでは?

    他人を否定せずに、それぞれができる事を伝えたり、行動していけば良いと思います

    • 私が個人の感情でジャッジメントしていると思われたようで残念に思います。
      私は波動で物事を見て判断していて、波動で判断する必要性があると思いずっと実践してきております。
      他人を否定しないことは、大変良いことのように映るでしょうが、波動の見極めをせずに低波動を受けいれることに繋がります。その波動に飲み込まれたから現在があると思っています。
      そして、低波動が乖離して、ある種のパラレルワールドが顕在化したいるからこそ、こういう事が起きていると思っています。
      その点踏まえて読んで頂けると幸いです。

  • 上手くコメントできなかったようなので、再度させて頂きます。
    天気とはおっしゃるとおり、地球上で王様のように振る舞う人間への天の気持ちのように思います。
    災害は災害に合われた方だけの物でなく、人間が皆、もう一度原点にもどり、謙虚さ感謝を取り戻すためのもの。そういう願いの込められた天の気持ちではないかと…
    私はこちらのブログから知った、ご友人のインスタグラムも拝見させて頂いてますが、そこにも邪気払いとありました。天災で人間が原点に戻れる気づきになるなら、それはそれで邪気払いになるのかな…と解釈しております(^^)天の気持ちに応えれるよう、謙虚さと感謝を忘れぬよう日々精進したいと思います。PS 「私の幸せは…」完読しました、また読み返します、ありがとうございます。

    • 完読してくださりありがとうございました。
      コメントが上手く反映されていなかったようで失礼致しました。

  • 竹久様

    こんにちは

    小生の実家は農家で(兼業)手伝いしていたころは嫌でたまりませんでしたが、今振り返ると
    身体しんどかったですが楽しかったと感じます
    農作物は天候に大きく左右されます
    ある夏ほぼ一年かけて育てた作物が雷による大粒の氷で壊滅状態に・・・
    親父が外をただただ呆然として眺めていたのを思い出します

    天気は晴れも必要、雨も必要
    その時は何ら疑問に思いませんでしたが、農協より購入した化学肥料バンバン撒いてましたね
    竹久さん言われる通り放出したのが己に戻ったのでしょうか?

    小生は趣味で健康関連ちまちま勉強しています
    先日今の野菜はF1種がほとんどで今後の影響が危惧されるようなこと書いてある書籍読みました
    それでなくても農薬、食品添加物など入った食べ物多くもう安全な食事すること難しい時代と
    感じます

    海外のパートナーからこんな話ありました
    地震で津波発生時海岸に打ち上げられた人々の死体
    日数経過しても日本人は腐っていなかった
    何とも言えないお話でした

    個人的考えですが日本がおかしくなってきたのは戦争で負けてアメリカからGHQが入り
    西洋的考え、教育、利益優先の資本主義経済が導入されたことが要因と思っています
    3S主義で骨抜きにされ、理解力と記憶力が良ければ優秀な生徒、お金持ちが=偉い人・・・

    経済に関しては無知かもですが小生が居る業界は(装置産業)過去にないほど斜陽産業となっており
    会社はピサの斜塔状態です(汗)
    たまに地方出張した際利用するタクシードライバーさんに話聞くと皆景気良くない
    ニュースではいいようなこと言っているが実感ない
    確かに小生も収入下落しているな~
    (おまんま食べれるのでありがたいことではある)

    確かお金は「金」をベースとしていたと思う
    日本の円は大量に増刷して貨幣価値は4分の一に
    アメリカドルは6分の一だったか?
    間もなく貨幣制度崩壊すると言っている輩もいる

    さておき今回の大雨で亡くなられた多くの方々のご冥福お祈り致します

    自分は今できること行い日々感謝の心で生活していこうと思います

    これからも心に響くブログ楽しみに致しております

    • 竹久様

      こんにちは

      木内鶴彦氏の今回の西日本集中豪雨に関しては「人間が気象を変えた」との
      事でした
      大変為になったセミナーでした

      では!

      • へぇぇぇぇぇ、、、講演内容分かりませんが、木内さんと同じ事を伝えているような気がしていて、素直に嬉しいです。

        • 表現方法は違いますが言ってることは同じ!と思いましたよ

          人は生物としては一番の新参物
          全ての調和図る為智慧を与えられたのに己の為だけに使い
          動植物の頂点に居ると勘違いしている

          竹久さんの食物連鎖の絵だったかピラミッドでの説明と
          循環的な(皆役割分担あって優劣無い)絵図と
          同じだぁ~

          でも今からでも出来ること地道にやって行きましょう的な

          小生が感じた木内氏講演の感想ですので違ったらすいません

          では!

          • 詳しい情報届けてくださりありがとうございます。
            木内さんと同じ事を感じていると思えて素直に嬉しいです。
            教えてくださり、ありがとうございます♪

    • いつもありがとうございます。
      景気の実感がどうしても沸かないのは、時代の転換期にあるからだと思います。
      メディアを始め、今までを牽引してきた企業の多くが斜陽産業化しているから、余計に景気は感じられにくいと思いますが、まぁこういう時こそ日々コツコツしてやっていきましょう♪

  • ごめんなさい、波動=意識エネルギーだと私は思っております。

    自分が正しい、正義と思うのは争いや分離、我欲を生むエネルギーです。

    受け入れるのではなく、共生し、あなた様自身の波動を下げてしまわない事こそ地球や宇宙のためでは。

    撮れる光に一喜一憂していては真実は見えてこないでふす。
    私はあっこちゃん、あなた様のご友人と同じ光が撮れます。だから何?って話です。
    見えない事こそ大切で丁寧に扱うことです。
    自分を癒すのは自分の真我です。
    ニュートラル、バランス、中庸、ゼロ(霊)が必要とされてる時代です

    人は毎日同じ波動、エネルギーではいられません。
    言い換えれば、あなた様も私も、スピリチュアルな人も、覚醒していない人も同じ波動ではないという事。

    あなた様を全否定しているのではありません。

    それぞれが出す波動に気をつけるためには、外を見るのではなく、内を見て気をつけたいですね

    • 上手くお互いの意思疎通ができてないようで申し訳ありません。
      私が話しているのは正義のように受け取られるのかも知れませんが、単純に道理です。
      共生させることこそ、神経を使います。単純に上手くいくものではありません。
      外来種に対する危険性を危惧せずに仲良くしようとすれば、在来種が絶滅することもあります。
      私がお伝えしているのは、その危険性を踏まえての上でのことお気づき頂ければ幸いです。

      それでは今後とも宜しくお願い致します。

  • はじめまして。
    偽スピの記事がとっても心に響き、時折ブログを読ませていただいております。

    私自身、今回近畿での地震が起こってからというもの、これはきっと人間に対する自然界からのメッセージなのではないかなぁ・・・と感じていました。

    無駄に恐れを抱くのではなく、もう、何が起こっても受け止める気持ちと同時に、毎日、朝起きたときには無事に朝を迎えられたことに感謝し続けています。

    本当に、人としてのあり方を省みる時期なのかなぁ・・・という気がしていたので、竹久さんの記事はこれまた心に響きました。

    ありがとうございます。

    • いつもお読みくださりありがとうございます。
      個人個人で行う感謝と反省が、荒だった波動を鎮め落ち着かせます。
      お互い今日一日を大切に楽しく生きていきましょう。

      どうぞこれからも宜しくお願い致します。

  • ゆりさんこんにちは。

    最近の立て続けの天災(人災?)を振り返ると、「浄化」というならば天が人間を浄化しようとしているのでは?と感じてしまいます。

    宇宙にとって人間がいてもいなくてもどーでも良いような気がしますし。

    そんな中、自分たち人間は生かされているんだと再認識することは大事だと思っています。

    • さすがまつりかさん。
      私がブログを通して伝えたかった事はズバリそこなんですよ(^^;)
      その根本に気がつかずに、浄化されて自分たちに都合の良い世界が現れるとか、腹で茶が沸く苛立ちがありましてね(-_-;)
      これからどうなるのか、私も知る由もありませんが、私たちの行いの全てが返ってくる覚悟は持たなきゃねって思ったんです。

      ズバリなことを言われて、やっぱりまつりかさんだなと思いました。
      これからも宜しくお願いします☆

  • 上手く説明が出来なくてごめんなさい。

    苛立つということは、すでにあなたは苛立つ相手、非難するスピリチュアリスト達の負のエネルギーを受けちゃってますよ。
    その方々を判定する為に調べてるうちに、その方達から負をもらってるんです。
    不安や恐怖を煽るテレビの電波も、ネットも、画像からもマイナスも良いエネルギーも受けます。

    あなたが負のエネルギー、波動のまま書いたものを読んだり見たりした人は、また負のエネルギーを受けます。

    常に人や土地のエネルギーは変わります。
    私達は同じエネルギー体なので、影響を与えあってしまうのです。

    感情に振り回されてはダメです。
    感情は3次元の思考から起こります。

    個々がニュートラルを保つことで地球、宇宙のバランスが保てます

    あなたが嫌う方達と同じパラレルにいるから気になる、気にするから同じパラレルに存在してしまうんです。

    波動、エネルギーが変わるとパラレルも行ったり来たりしています。

    そして、もっと言うならば、気になるのはあなたの中に同じモノがあるからです。

    それはご自分で内観されて気付いていくことです。

    他人を傷つけると言うことは、自分を傷つけるのと同じ…
    自然のエネルギーを壊すのも、自分を壊すのと同じ…

    私達は元々1つなのです。

    探究心のある方は魂の高い方です^^

    私はゆりさんが大好きです。
    これからもブログを楽しみにさせて頂きたいのです。

    私のコメントを読んでくださりお話しできたことに感謝致します

    ありがとうございます^^

    • 色々と説明してくださり大変ありがたく思いますが、青子さんが仰ってる過程を通り抜けた上で今に至っています。
      多少苛立った所で、波動同期しないフィルターも持ち合わせていますので心配してくださらなくて大丈夫です。

      青子さんも自分自身がはっきりとした波動上昇を体験した時に、この感覚が分かると思います。
      今は沢山のことに振り回されていると思いますが、どうか自分自身のことだけに集中してください。
      応援しています。

  • まさに同感です。
    私たちは生きている大前提に生かされていることに自覚しなければならないと思います。

    今や人間に天敵とよべる相手がいるとすれば、自然を相手にしているように思います。

    被害があるのは人工的に作られたものが殆ど。
    今一度、自然の恵みに感謝し、共存共営⇒共存共栄できたらと思います。

    昨年、職場の理不尽さからメンタルを患い、色々な気づきを得ました。泥水の世界からきれいな川のながれの中にいます。色々なものが透けて見えます。
    純粋なものを守りたいと今はただただ思います。

    • お読みくださりありがとうございます。
      私も同じように思います。生かされている自覚無く、「命を守りましょう」と自然を敵視するような言葉が横行します。
      「命を守る」前にこのような事を引き起こしてしまった自分たちへの反省はどこにもありません。
      テレビは災害を絵として取ることばかりに命を賭け、大災害であれば視聴率と絵の取れ高が良くなるので、良い仕事をした気分になってしまいます。
      そして、そのテレビを見て人々は、不安と恐怖を感じ、また自然を敵視するような気持ちを増大させていきます。

      この繰り返しでは、なかなか物事は収集尽きません。
      どうぞ気がついてくれた人から、自己を省み、自然のおかけで生きている事実と供に淡々と生き直せたらと思っています。

      これからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください