【現代人の問題点】考えているのか、従っているだけなのかの判断がつかない

相変わらず大川宏洋さんにはまってます。

彼の動画を見ていると、宗教やスピの問題点がさらに深く分かるように思えて楽しいです。

 

考えているつもりが、考えていない現代人

「もっと自分で考えよう!」

こういう言葉は至る所で聞くことでしょう。

私のブログでもこういう事を羅列しています。

ただ、書きながらいつも思っていることがあります。

私からみたら考えていないなぁと思う人も、自分の中では一生懸命考えているつもりだということを。

 

ちなみに、本人にとっては考えているつもりなのに、考えていないなと思う人の言動は口癖で分かります。

なにかあった時に、すぐに自分以外の何かのせいにできる人は、「自分で考えていない」と言えます。

第七章 地球攻略実践編 手放すシリーズ~2所為(せい)を手放す~

自分で考えると言うことは、想定できる結果、想定できなかった結果も含めて自分で責任を取るということです。

これは人が本来の人間らしく生きるための必須事項とも言えるものなのですが、国会にのさばる人からしてこれができていないのが多数生息するのが今の日本です。

テレビを見ていても「誰かのせい、何かのせい」にするのが当り前というか常識というか、これこそが道理と言わんばかりの情報が溢れていますから、「誰かのせい、何かのせい」にすることに違和感をもたない人が多数現われるのは仕方がないと思っています。

しかしながら、自分の言動や現実を「誰かのせい、何かのせい」に容易にできてしまう人というのは、「自分の考えではない何かに従った結果である」と吐露しているのであって、つまりは自分の考えに基づいた上での言動ではないという事を言っているのです。

本当に自分が考えた末での言動であれば、誰かのせいや何かのせいになどすることができません。

全ては自分の責任としか言いようがないのです。

でもその責任を持つ覚悟ができない人が多いですし、何かトラブルが起きる前までは「自分の責任」と言っていたのにも拘わらず、態度をコロっと変えてしまう人は多いです。

こういう人たちの真理心情の根本にあるのは「楽したい」なのだろうなと、私は思ってます。

秋に泣き、冬に耐え、春に咲く喜びを知らない人たちだからこそ、「楽したい」のだろうなと思ってます。

 

生きる醍醐味というのは、秋に泣き、冬に耐え、春に咲くような経過の中にあると私は感じています。

でも、「楽したい」がモットーの人たちは、秋に泣き、冬に耐えを避けようとします。

ただ、秋に泣き、冬に耐え、春に咲くように生きたいと思っている人でも、世の中の風潮で「誰かのせい、何かのせい」にすることに違和感を覚えくなってしまう事が多々あって、そういう人は、自分が悩んでいる根本的理由が見つけられないままに、秋に泣き、冬に耐えだけをただただリプレイすることになってしまうように感じています。

何事も自分の責任だ!と思えれば、それで彼らはすぐにでも成長できてしまうのに、こんな単純で当り前の事を世の中が教えてくれないから、色々と誤作動を起こし、そして、精神世界に救いを求め、その結果「楽したい」と思う人たちと同じ行動パターンになってしまうのだと思います。

 

本質的な「考える」は、全て自分が責任を取るという心構えができた人だけに生まれる思考だと私は思っています。

 

「誰かのせい、何かのせい」に容易にできてしまう人の考えるは、従う上で効率的な手段を探しているに過ぎないと思ってます。

 

WhyとHowの違いが分からない現代人

考えるという意味は幅広いです。

英語のWhyとHowは違う言葉ですが、考えるには両方の意味を含みます。

そして、この違いが分からないままに「考える」を使っているからこそ、苦しみの深みに嵌まって抜けられないことになっているのではないかなと私は思ってます。

↓関連記事↓

4-3.二元論によって失われる考える力

4-4.Whyを意識しなければ、問題など解決しません

 

自分の考えるは「Why」なのか「How」なのかまずは気にしてみましょう。

現代人の多くの思考は「How」だけに費やされているはずだと私は思ってます。

そうでなければ、日本の書店にこれほどまでの「How to 本」が陳列されているはずもないとも思ってます。

「How」は考えるのに必要な要素ですが、「Why」の前置きなしに「How」に直結できる人は、考えるのではなく従っているのだということに気がついてほしいなと思っています。

 

■■■■■↓おしらせ↓■■■■■

【無料講座】スピリチュアルに没頭しても幸せにならないのはどうして?

ネット配信も行いますのでどうぞお気軽に参加してください。近隣の方は是非会場で供に学びましょう☆

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

読者様のご要望を反映して、紙書籍作りました♪

だから、あなたの「幸せ」は苦しい。 (∞books(ムゲンブックス) – デザインエッグ社) 

電子書籍は半額以下です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【縦書き】
だから、あなたの「幸せ」は苦しい。【横書き】

本の内容一部を公開してます。
【特別公開】だからスピリチュアルに騙される

本の紹介ページはこちら↓
【お知らせ】だから、あなたの「幸せ」は苦しい。発売中

 

 

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください