㊋消えてく話題性!増える!稼げない教祖たちwww

おはようございます。
火曜日は「変わる、終わる、始まる」です。

この「変わる、終わる、始まる」では、社会全体のトレンド(流行や趨勢・すうせい)に関する情報をお届けしています。

時代によって、インフラが変わり、またこの変化によって人の興味も変わります。

激動の時代と呼ばれる昨今の中で、立ち止まって全体を俯瞰できる情報をお届けしようと更新しています。

是非活用してくださいませ♪

 

情報商材分野の詐欺師が消えることはありませんが…

ネットを利用して、何でも発信できるようになった近代。

それゆえ猫も杓子も素人も、誰もが発信者になりました。

また、自分自身をプロデュースして発信する人も現れるようになりました。

 

 

さらに今は情報社会でもあるので、情報を糧に商売する人の量も一世代前と比べれば圧倒的に増えました。

ですから、ネットを開けば、情報商材を売りつける広告や誘導は減るどころか、増え続けているんですけれども……

そこに熱狂しているクラスタの様子は、とんと見かけなくなりましたね。

 

っていうか…引き寄せの法則ブームが起きていた5,6年前のノリは、もはや完全に消滅していると言えるところまで来てるんじゃないでしょうか。

それでも怪しい商売をしている人は後を絶たず…なんなら増えているようにも思うのですが、誰もが発信できるおかげで、詐欺の被害が大きくならない所で止まっているように思います。

 

そして……

それもこれも、SNSに対するユーザーの理解度と経験値が高まったおかげなんだろうなと、私は思ってます。

 

5,6年前は、まだ導入期だったからね……。

というのも、今じゃすっかり定番のSNSだって、本格的に浸透し始めたのって10年ほど前からなんですよ。

 

ちなみにどうしてそれが分かるかというと、SNSの浸透とスマホの普及率は相関関係にあるからです。

下記の総務省のデータを見れば、一目瞭然でしょ?

SNSはスマホとの親和性が非常に高いから、スマホの利用が増えることによってSNSのユーザーも増えていくことになったわけ!

そして、使い方に慣れていない導入期の頃(5,6年前まで)は、いろんな失敗をそれぞれするものであり…………、だからこそ詐欺師のような輩たちが大フィーバーできちゃうというような大惨事を生み出すことにもなったのだと思うけど、そんな導入期であってもトライ&エラーを続けていけば、それぞれ情報リテラシーは上がるものだし、当時は斬新に見えたパフォーマンスも既視感ある光景に切り替わるものです!!!!!!!

そうなれば、前は飛びついていたはずの人も次第に飛びつくことはなくなるわけで、そういう兆候の積み重ねがあって今があるのかなと。

情報商材で金稼ぎしたいた人が軒並み懐寂しの状態に陥っているのは、スマホが導入期から成長期を通り過ぎ、すっかり飽和期に入ったことも理由にあるのではと……私は思う次第なのです。

 

スピ系教祖が、軒並み元気がなくなってるwww

また、コロナ禍に入ってからの社会環境は、イベント&セミナー重視でビジネス展開していた情報商材屋(=主にスピ系教祖)にとっては打撃が大きかったはずであることが……、この2年の間の事業縮小及びファン離れは激しいものになっていたであろうことが……、教祖さまたちのSNSからまざまざと伝わってくるのも面白い現象だなと思ってます。

また、多くの人がこの機に応じてyoutubeを始めたように、youtubeでの収益を考えた教祖さまたちも沢山いるようですが、上手く収益化できた人はどうも皆無のようです(笑)

あんだけ散々、願えば叶う!私には力があると言い張っていたのに……youtubeの視聴回数は、どれもこれも大したことないのよ(笑)

これが指し示すことはどういうことかというと、結局彼らの成功や認知は、SNS導入期の時代の恩恵が大きかったということだろうと、私は分析しています。

つまりそういう時代だったから、人気を博すこともできたということであって、飽和期の中で互角に戦える術はもっていなかったって言う裏付けでもあるのではないかと、私個人は考えています。。

 

10年後、情報商材屋は消えてるかな??

前にも書いたのだけど、今はオープンマーケティングの時代だから、スピ系教祖さまたちが作りたがるクローズドなコミュニティって、時代の主流と合わなくなってきているんだよね

【真逆の変化①】時代はクローズからオープンへ!

2019年9月16日

 

もちろんスピ系に限らず、情報商材屋も同じだし、それに限らず全てのビジネスにおいて同じことが言える。

情報はクローズであるべきでなく、オープンであれと。

世の中どんどん本物の人たちが、無料で質の良い情報をオープンにしてるしね。

だから最初からクローズドに持ち込むことを目的にしてる教祖さまたちのようなタイプの情報商材屋は、どんどん干からびていくことになるんじゃないのかなぁって思ってる。

もちろん教祖様は実態が干からびていてもそんな空気は一切お見せしないと思うけど、マーケティングの観点から見て、どんどん彼らのしていることは時代に合わなくなっていることは事実だから、これからもっと寒い状態になっていくと思う。

 

まぁそれでも情報商材屋という分野が滅びることはないと思うけど、どこもかしこもこれから増々懐寂しになってくんじゃないかなって予測しています。

 

スピの批判を始めた5年前には考えられなかったことだけど、普通に起きてて驚いてます(笑)

 

 

 

ということで、今日の話はここまでです☆

 

それでは来週火曜日の7時にまたお会いしましょう♪

 

それから「変わる、終わる、始まる」の過去記事が読みたい場合は、TOPの「曜日企画」→「㊋変わる、終わる、始まる」を押して下さい。

今までの過去記事が見れます。

 

それでは今日も張り切って働きましょう♪

 

2 件のコメント

  • 波に乗れてない感ありますね。
    時代の波の速さに対応できてないと思う。
    都合の良い幻想を現実と勘違いした結果でしょうね。

    しかしながら、古より続く叡智というものは普遍なものなので、今更、小手先の事で慌てる必要はないですから、大きな御神木の如くドッシリと構えるだけでよいのですから。

    • こんにちは。
      当たり前のことを当たり前にやる、ごくごく普通のごくごく全うな人に光が当たる時代になりましたよね。
      光と影が逆転するといういか、そういう感じがしてます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください