【左派の本音】アベノミクスで彼らはガチで困窮したのでしょうwwww

相変わらず、左派の皆様は「アベノミクスは悪夢だ!」としこたま言い張っております。

確かに左派にとっては悪夢だったんだろうなぁと思うので、このことについて言及しておきます。

 

 

左派の批判は逆張りじゃない時もあるwwww

相変わらず立民や共産党を中心とした特定野党はアベノミクス批判に熱心です。

「アベノミクスは収入格差を増大させた!」

など、常々言っておりますよね。

 

この言葉を聞いて、ほとんどの人は「いつもの逆張り」・「ただの無意味な批判」だと思い、彼らの言葉を当たり前にスルーする機能がついていると思うのですが、

意外とこの件に関しては、逆張りでもなんでもなく、本音じゃないかなぁと思うことがあります。

もちろんこういう思いが出てくるのは、特定野党という特殊な環境に属する人だけに限られると思うのですが…。

彼らが安倍政権によって貧乏になってしまったことだけは確かだろうと思うのです(笑)

だからこそ、「アベノミクスは収入格差を増大させた!」なんて言葉が日常的に飛び交うのだろうと思うのです。

 

では、どうして彼らがアベノミクスで貧乏になったのか、推察していきたいと思います。

 

 

アベノミクスではなく、「安倍政権によって」というのが正しいと思う。

ちなみに、先に訂正しておきたいことがありまして、それは「彼らが貧乏になっている理由はアベノミクス」ではないということ。

彼らが貧乏になった理由は、アベノミクスに称される安倍政権の経済政策にあったのではないと私は考えます。

安倍政権の外交戦略、国防戦略にその要因があったのだろうと思っています。

ですので、ここからは「アベノミクス」ではなく、「安倍政権の戦略」と、捉えなおして読んでいただきたく思います。

 

安倍政権は、国益にならないお金の流れを止めました。

安倍政権によって一番変わった国民意識は、何より朝鮮半島の捉え方だと思います。

それまでの日本は、じゃぶじゃぶ半島にお金が流れて、在日も含めた半島民族のやりたい放題が続いていました。

その結果、国民の多くは疲弊しきり、日本の未来を前向きにとらえられなくなっていたのですが……その流れを止めたのが安倍さんなんですよね。

もちろん、じゃぶじゃぶ流れていたお金も、安倍さんが一つずつ止めてくださりました。

朝鮮総連の締め付けを厳しくしたり、韓国の集りを止めたのも安倍さんです。

 

そして、半島へじゃぶじゃぶ流れていたお金が止まった結果が、今の左派の批判なのだろうと私は考えます。

お金が止まったからこそ、日本の左翼と半島が完全に行き詰まることになっているのだろうと私は考えています。

 

 

 

結論から言って、日本の左翼と半島って、一蓮托生なんですよ。

だから、半島のお金の流れが止まったことによって、日本の左翼のお金も枯渇してしまったのだろうと思っています。

 

だって、慰安婦問題も徴用工も軍艦島のことも、問題にしたがるのは日本の左翼です。

また彼らが問題にする理由は、そこがお金になる木だから他ならないでしょう。

彼らはディスカウントジャパンすることで、お金儲けしてきました。

活動員であればなおのこと、それが生活の糧になっていて当然です。

 

ですが、その金のなる木であったはずの利権が、安倍政権が壊していきました。

だからこそ、彼らは困窮しているのだろうと私は推察しています。

そして、「アベノミクスは収入格差を増大させた!」という発想に繋がるんだろうなと思っています。

 

まぁとにもかくにも、安倍政権のおかげで左翼のお金が枯渇したことは良いことでしょう。

私は左翼が未だに安倍批判をしているのを見るたびに、安倍さんは良い仕事をしたんだなぁと思いながら、彼らの言葉をはんなりと見守っています。

 

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

4 件のコメント

  • 朝鮮半島は地政学では、緩衝地帯であり、
    ロシア、中国、日本、フィリピンなどの国々が総力戦して、互いに疲弊しないようにするため、必要ない地域で、その点、朝鮮併合以降の日本のお金流れは、結果的に、不安定な極東情勢を作ってしまいました。やはり、手を出さずに李氏朝鮮時代の非文明まで下げるのが、世界の為なんでしょうね。ちなみにヨーロッパだとポーランドが該当するそうです。

    まさに「kの法則」。触らぬ神に祟りなし

    • こんばんは。

      そこに手を出してしまったこと、先人たちも皆悔いていることだと思います。
      ですが、今朝鮮半島と手が切れる状況になったのには、先人たちが霊界を通じ努力してくれたおかげだろうとも思っています。

      後、数十年は面倒くさい時代が続くはずですが…(生きてる時代はずっと面倒くさい時代だったということにもなる(笑))
      その後の世界がすっきりしたものになるように、この時代に生まれた運命を引き受けて生きていきたいですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • おかしな立候補者を見つけました。
    日本と朝鮮のハーフで朝鮮学校に通っていたことのあるその男、南北統一を目指すそうです。
    日本の政治家目指すより朝鮮半島で活動するべきですよね?
    こんな人まで出てきて怖いです。

    • こんにちは。
      教えてくださりありがとうございます。
      日本国籍をもち、決まった年齢になれば誰でも立候補できるのが民主主義社会の良いところだと思います。
      ただ、リンクしていただいた記事は気を付けた方が良いなと思いました。
      かの国のイズムを引き継いでいる人たちって、なぜか自作自演の行為多いですからね。

      また彼の場合は、珍しく自分の主張を前面に押し出していますが、出自を隠し本来の目的を隠し、そして国会議員になっている人も多数います。
      そっちの事実の方が私は怖いなと思っています。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください