【国民として誇らしい】世界から賞賛される安倍総理

日本のメディアは、安倍総理のことを悪く言うことが良いこととなっているようですが、世界は冷静にそして正当に安倍総理を評価してくださっていることを感謝します。

 

安倍総理ありがとうございます。

安倍総理が返り咲く前の時代の日本はすっかり国際政治で蚊帳の外になっていましたが、この約8年の月日の間に、日本は国際政治の舞台で重要な役目を持つ国の一つに返り咲くことができたように思います。

それができたのは何より安倍総理のおかげです。本当にありがとうございます。

また世界平和に尽力してくださった安倍総理だからこそ、各国の首脳から温かいメッセージが届きました。

それをまとめてくださったTweetをご紹介します。

 

国民として素直に誇らしいです。

ちなみに、こちら↓の記事でも各国首脳から寄せられた声がまとめられてますので、気になる方はどうぞ↓

 

日本のメディアと韓国って一蓮托生だよな(笑)

まぁそんなこんなで世界で賞賛される安倍総理。

意外にも中国メディアも高評価というか、日本のメディアよりもよっぽど冷静に分析した記事を上げていたと石平さんが言ってました。

 

ちなみに韓国は案の定…批判的な記事を出してきたようです(笑)

しかも次の総理は「石破推し」だそう(笑)日本のメディアとやたら気が合うのはなぜでしょうね(笑)

それから韓国と同様の嫌味な記事を書いたのはフランスの札付きメディアくらいなようですが…そういう話は張り切って報道するのが日本のメディアなんだなとも思いました。

安倍首相 辞任、仏メディア反応

 安倍総理の辞意表明を受け、フランスのメディアは、次期総理として名前が挙がる政治家の分析を載せるなど大きく報じています。

 安倍総理の辞任は、フランスでもリベラシオン紙が「マラソンのフィニッシュラインで崩れるランナーのようだ」などと大きく報じています。

 ルモンド紙は次期総理の選考について、「日本の政治でよくあることだが、後継者の選択は秘密の会議や党内の有力者の不可解な発言の中で決まってくる」としています。その上で、後継総理に名前が挙がる政治家を分析しています。「麻生太郎氏は失言で有名だが、安倍総理と昵懇(じっこん)である。石破茂氏はタカ派の元防衛大臣。岸田文雄氏はいくらか穏健派。活気はある河野太郎氏。菅義偉氏は面白みが無い」とし、「クリスマスクラッカーの中から別の誰かが飛び出さない限り、ポスト安倍の時代は、今と大きく変わらないだろう」と予測しています。

ちなみにどなたが言っていたかは忘れましたが…リベラシオン紙は日本で言う所の週刊金曜日みたいな感じの情報紙だとか…。

 

また日本のメディアや左翼の皆さんは、こういう世界の声を「お世辞」とか「ヨイショ」とか言ってるみたいですが……全く心ないことを言ってるはずもないと私は思うんですがね…。

それは鳩山さんが辞任された時の世界の声と見比べれば分かると思います。

↓その記事↓

 

まぁ結局日本のメディアとパヨクにかかれば、今の現実はこういうこと↓になるのでしょう。

まぁそれでいいです。

 

世界の評価は株価に現れるから…

日本のメディアは地道に頑張っている安倍総理の足を引っ張ることしかしてなくて、それによって日本の動きは常に牛歩とならざるを得なかったのですが、それでも大進撃でした。

 

特にその評価は株価を見れば良く分かります。

8年前は就任が決まると同時に株価があがり、今回は辞任と同時に株価が下がり始めました。

市場は正直です。

この現実をきちんと見つめられないのは日本のメディアとパヨクと韓国だけなんですよね。こういう人たちが我が物でのさばる時代、本当に終わりにしたいですね。

 

ちなみに、アベガーで騒いでいた人は心の拠り所を失って迷走しているみたいです(笑)

笑えますね。

 

最後にこれまた私の好きな写真でお別れを。

この写真を見た時、安倍総理のおかげで日本の立ち位置も随分変わったなと思えるようになりました。

安倍総理ありがとうございました。

安倍総理が築いてくれた国際評価をさらに高めてくれる人が総理になってくださることを祈ります。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

12 件のコメント

  • 竹久様、お久しぶりです。安倍首相辞任表明して残念ですが、流石だと思います。絶妙なタイミングです。この流れを読む感は神懸かり的だと思いました。あのタイミングの前でも後でも日本は良くない流れに行く可能性がありました。コロナと今後控える中米の混乱へ一石を投じたと思います。8年で日本人全体の心がここまで変わった事じたい奇跡的です。

    • こんばんは。お久しぶりです。
      言われてハッとしましたが、確かにそうですね。
      安倍総理の辞任によって、国民が引き締まった感を強く感じています。
      このまま言っていたら、なぁなぁの可能性で悪い方向に行くことも十分考えられたのですが、辞任によって気が引き締まった人も多いように思います。

      考えてみたらこれもすごいことですよね。
      神がかりですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • おはようございます。

    最後の写真、私も好きです。
    あれを最初に見たときは、「なんと頼もしい存在なのか」と思ったものです。

    安倍総理辞任に対しての各国のコメントは、確かにリップサービスも多少含まれている可能性も否定しません。また日本から多額の支援を受けた国もあるでしょう。
    ですが、ただの社交辞令としてしか受け取れない人達は、人の気持ちがわからないからこそ未だに自身がマイノリティの側であり、道理から外れていくことに気付くべきですね。

    あ、でも中国だけは打算が働いてるか…。

    • おはようございます。

      確かに中国の言葉は額面通り受け取ると危険ですね。
      個人的に気になるのは、なぜ中国が石破は嫌だと言ってるのかなという部分。
      二階派が菅さんを推すことにしたからなのかなぁとか…考えている最中です。

      リップサービスが含まれていることをふまえても充分過ぎる程の声が日本に届けられたことは素直に嬉しいです。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • 「なぜ中国が石破は嫌だと言ってるのかなという部分」

        考えすぎかもしれませんが、中国があえて石破を否定的に取り上げることにより、日本側にミスリードを誘っているんじゃないかな~?って思いました。
        マスゴミがあれだけ出鱈目な石破推しをしているんですから、中国側に利がないとは思えません。

        個人的感想ですけどね。

        • おはようございます。
          解説ありがとうございます。
          確かにミスリードありそうですね。

          あの後、自分でもいろいろ調べてたら「中国は安倍総理に米中関係の間を取り持ってもらう腹づもりだった」という話を見つけて、確かにそういう考えに中国が傾いたのなら、米国から嫌われていそうな石破では困るという思いは出るかなぁとも思いました。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 記事ありがとうございます。
    ここ数日ネットを見ると悲しくなってしまっていたのですが、そんな自分にも驚いていました。
    ただ私も、安倍政権への甘えがあったことに初めて気づき、ここで私達がしっかりしなきゃだめじゃない?と気合が入った一人です。安倍総理の辞任も国民の目覚めも天の采配なんでしょうかね。

    ゆりさんが貼ってくださった、学級会風の写真良いですね!
    伊勢の内宮の休憩所には伊勢志摩サミットの時のパネル写真が飾られているのですが、良い写真ばかりで毎年見入ってしまいます。(鈴木三重県知事も確か写っていたかと。)
    あの頃の彼らに会いたくなったら、ぜひ伊勢へお越しください^_^

    • こんにちは!
      本当にショックでしたが、ショックがあって初めて気がつくこともあるんだなと思ってます。
      今日石平さんが虎ノ門で「安倍さんは日本人にとって空気のような存在だった」と仰っていて、なるほどなと思いました。
      存在していることが当り前過ぎて、何でも「安倍さん」になってたのは右も左も一緒だったんだなと(^^;)

      最近伊勢神宮に行ってないので、次に行く時は確認してみます。
      ちなみに英敬さんは、安倍総理の辞任を受けた会見でどうも感極まる思いが大きくなったようなのですが……テレビニュースでは丸々そこがカットされてて…思わず私は「一番大事な場所なのに…」と呟いてしまいました。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん こんばんは。
    私も安倍総理の辞任にはショックを受け、この先日本はどうなってしまうのだろうか?と不安にかられていました。
    少しずつ冷静になるにつれ、安倍総理に依存しすぎていた自分に気づきました。
    「日本を取り戻す」このフレーズは今も記憶しています。そして「戦後レジームからの脱却」も思い出します。敗戦後日本人の精神は骨抜き・腑抜けしてしまいましたが、少しずつ確実に目覚めが進んでいますね。

    武漢ウイルスをきっかけに中国共産党のやばさが露呈し世界各国から【中国共産党は世界の敵】という認識が生まれたと思います。どんどん今まで隠されていた闇(嘘)が表に出てきています。混乱期の状態ですが、見方を変えればこれは地球の進化の途中とも受け取ることも出来ますね。

    話は変わり、個人的なことで申し訳ありません。
    以前、息子がクローン病という事をコメント欄で書いたことがあります。今回の安倍総理の潰瘍性大腸炎と息子のクローン病の2つの病気は併せて炎症性腸疾患(IBD)と呼ばれ、症状が良くなったり(寛解)悪くなったり(再熱)を繰り返す慢性の病気でありますが、石垣のり子議員が自身のツイッターで安倍総理の辞任に対し「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と書かれ、案の定大炎上しているようですね。あの界隈の人たちは基本、他人の批判しかないんですね。単純といえば単純。分かりやすいと言えば分かりやすい。まるで「パブロフの犬」みたいに条件付けされているみたいな、操られているロボットとも言えなくもない。
    ・・・反面教師として観察させてもらってます。(笑)
    (息子ですが、一年間休職し、治療静養し、明日から仕事復帰できるまで快復いたしました。)

    • おはようございます。
      息子さん、ご回復されて良かったです。
      持病を持つ人やその家族の気持ちを自分事と理解できるのであれば、石垣さんのような発言にはならないと思うのですが、根本的に彼等は人の気持ちが分からないということなのだろうと思います。

      安倍総理の8年のおかげで、骨抜きにされていた事に気が付いた日本人は多いと思うし、その意識改革の成果は地道で見えにくいですがやはり大きなものだと思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • デュープスらしき人たちは
    「ようやく安倍の独裁が終わった」とか
    「病気って言ったって、会食で暴飲暴食していたせいだろ。なんの同情もない」
    みたいなことをツイッターで書いたりしてたんですが・・・

    そもそも、総理大臣を辞任すると発表しただけで、
    決して政治的に失脚したわけではないのに、
    こんなことを平気でつぶやいても、
    誰一人逮捕もされずに、ツイッターで好き勝手つぶやき続けることができることこそが、
    「独裁」ではない何よりもの証拠なんじゃないかなあ・・・
    って思いました。

    目が曇っているにもほどがありますよね。

    ちなみに、私、個人的には「河野さんがいいなあ」って思っていたので、
    石破さんは「国民の総意」ではないですね。私も、国民なので(笑)。

    • こんにちは。
      テレビと報道、そしてお左翼様たちの行動にドン引きしている国民がいつも以上に急増しているように思います。

      「安倍総理は逮捕されないといけない!」と言ってる方もおられて……まるで半島の人のようなメンタルなんだなと改めて思いました。
      半島と日本では正しいことは全て真逆になるため、合い寄れない人たちなのだなと改めて思いました。

      河野さんは外務大臣でも防衛大臣でも評価される功績を残したから推す声多いですよね。
      私も高評価な人の一人ですが…この時期に河野大臣が総理になるのは未知数過ぎるので、菅さんでホッとしてます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください