【ドン引き!】KAZUYA君のDM公開の病み…。

米大統領選でこじらせてしまったKAZUYA君の病みが止まらなくて…ドン引きの嵐です!!!

 

KAZUYA君のこじらせっぷりは、末期症状だな。

さっきたまたま改憲さんのTwitterを見ていたらこんなものが……。

このDM……KAZUYA君が年配者である百田さんに対してかなりの上から目線でして……、しかも放送作家の百田さんに対して「KAZUYA好感度アップのための台本」を授けるみたいな内容になっていて…ガチでドン引きだったのですが……そもそもなんでKAZUYA君が百田さんに当てたDMが表に出ているのかと不思議に思って検索してみたら…KAZUYA君本人が投稿してたんですね(^^;)

 

さらにドン引きですわ……。

っていうか、改憲さんとKAZUYA君のコメント欄の比較も是非してほしいのですが、まさにパラレルワールドで血の気がひく感じがしました。

ちなみに私の気持ちは改憲さんのTweetにコメントした人と同じです。一方でKAZUYA君についたコメントは、KAZUYA君の行動を絶賛するものしかなかったです。

最近のKAZUYA君はブロックが激しいと見聞きしておりましたが、張り切ってブロックした後の世界って怖いんだなと逆に思いました。

 

かれこれ2ヶ月半、人としてヤバイが続くKAZUYA君

ということで、たった数ヶ月でおかしい人の筆頭格に登り詰めたKAZUYA君ですが、どうしてこうなってしまったのか少し振り返ってみましょう。

少なくともKAZUYA君は、米大統領選投票日が訪れるまでは常識人として世間に扱われておりました。

しかし、米大統領選が始まった直後から世間の目は今までとは別のものとなりました。

その発端となったのはこのTweet↓です。

米大統領選の不正を「慰安婦問題と一緒」とくくった瞬間からの風当たりはすさまじいものとなったわけですが……どう考えてもこれはKAZUYA君がおかしいです。

ただしこの件については、自身のYoutubeチャンネルでも反省の意を述べて…(私は見る気にならず見てないですが、それらしき動画があるので多分この件の発言をしていると思われます)…一旦終息したかのように見えたのですが、そこからのこじらせ具合がまた酷いんですよね。

その後しばらくのこじらせ具合については、下記ブログが時系列に追ってくれているので、こちらで確認ください。

 

そして、KAZUYA君の中での結論的には「全ての問題は百田にあり!」になっちゃったみたいなんですが……下記のTweetやばくないですか?↓(これは百田さんがどれだけ自分の悪口を言っていたのか、KAZUYA君なりに集めてスクショしてものです)

私はこのTweetを見た時も、今日目にしたDM同様、ドン引きしておりましたし、この時から病的な香りをKAZUYA君から感じておりました。

だって、こういう風にTweetを集めている姿を想像するだけでキモくないですか?

今までどんだけ百田さんに恨み辛みを持っていたのか知りませんが、恨み辛みを持ち合せていなければこんな執念深い行為なんてできっこないって思うんですよね。

そこに私は病みを感じたんです。が……その病みさらに酷くなってますね(^^;)

また、KAZUYA君としてはこの行動で、裁判に踏み切ろうとする百田さんの行動を止めようと思ったみたいなんですが、普通に考えてこれって火に油を注いでいるだけですよね。

案の定こんなTweetした結果、余計に百田さんを怒らせる結果となった訳で……そして最初に呈示したDMの流れになるわけですが……

ここまでの流れを振り返ってあのDM見ると、さらにドン引きしませんか???

 

だってあのDMとにもかくにもずーっと上から目線で、「お前が謝ったら俺は許してやる」的な…(笑)裁判するって言う人に持ちかける話じゃないですよね(笑)

それに、問題の発端になるものって、どう考えても慰安婦問題と混合してしまったり、民主主義の本質が分からないKAZUYA君の認識の薄さや誤解にあるのに、一切その件には触れずに、自分の反省もなく「俺は悪くない」の上から目線。しかも目上の百田さんに「俺に歩み寄ってきて」って示唆する。

これ私でも既読スルーするわ!

だって、こんなタイプの人と会話するのが面倒臭いじゃん。

っていうか、この騒動が起きた頃「百田さんも言い過ぎかも…」なんて思って、多少KAZUYA君たちを擁護していた自分が情けないわ!

こんなアプローチされたら誰だってキレるわ。

でもそれに気が付かないんだねKAZUYA君たちは……。

っていうかそもそも私、特別百田さんファンじゃないし、どちらかと言えばKAZUYA君や上念さん贔屓なタイプだったと思うんだけれども、いや~こういう裏の顔を見てしまったら、もう贔屓はできないどころか、一生お付き合いしたくないと思ってしまいますわ。

それから上念さんも、多分似たようなことが裏で沢山あったんだろうなぁ~って思ってしまいますわ。

だって、これぐらいの事がなければ、あんな唐突な降板劇なんて起きないものだと思いますよ。

【自業自得】上念司のDHC(虎の門)降板は、保守分断?

2021年1月6日

↑こちらの記事でも書きましたが、問題は人としてのお作法の問題ですよ、やっぱり。

社会人経験って大事なんだねって思う今日この頃…。

それから、KAZUYA君は組織で上手くいかずYoutuberの道を選んだと言っておりましたが、どんなに面倒臭いと思っても組織で自分を磨く時間は放棄してはならないんだなと改めて思いました。

だって…KAZUYA君の行動って普通に人としておかしいもの…でもそのおかしさに全く気が付いていないどころか、KAZUYA君の中でこの行動が「常識人としての行動」と位置づけられているのが、これまたドン引き。

だって、そうじゃなきゃDM公開しないでしょ。自分の発言が常識的なものであると思っているからこそ、自ら堂々と公開しちゃうんでしょうけれど……そのDM内容にドン引きするのが社会人を経験した一般人の感覚だと思います(^^;)

だけど、その感覚というか常識が分からないんでしょうね。分からないのに「常識人」だと思っていることが、何より怖いなと思いました。

 

組織は面倒臭いことが多いけれど、人としてのたしなみを磨くためには良い時間だと思います。

みんな!会社ではいろいろ嫌なことあると思うけれど、頑張ろうね。せめて3年~5年は頑張ろう!私はすっかり気楽な個人事業主だけれども、15年は頑張ったよ♪

みんな!組織での学びはやっぱり重要だよ!

KAZUYA君のドン引き行為から、組織での学習の必要性を学ぼう!

 

追記

ちなみにKAZUYA君は未だに、大規模な不正はなかったと認識しているそうです。この時点でもう、論客としても終わりですね(^^;)

悪い事はいわない、すぐさま言論人は廃業しよう。今なら他の業種で需要があるはずだよ!。でも一年後には絶対なくなるから(多分、君は黒歴史を作り続けることになる)、動くなら今だ!KAZUYA君!

 

後、最後についでに……このTweet↓おまゆうって思ったのは私だけでしょうか…。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

12 件のコメント

  • 百田さんが「何よりも唖然としたのは、このDMをK氏が自ら公開したこと。
    正直、このDMは酒でも入っていたか、相当に精神的に参っていた時に書いたものだろうと、半ば同情的に見ていた。
    しかしこれを堂々と公開するということは、この文章に恥じる気持ちは微塵もないということ。その感覚が私には理解できない。」と締めくくってますよ。
    あと、百田さんがdmを公開したと勘違いした人から無数に攻撃を受けてるみたいです。

    • おはようございます。
      教えてくださりありがとうございます。
      気になって百田さんのTwitter覗いてみました!先のTweetも合わせて100%同意です。
      https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1350756257330679816

      百田さんも仰っていましたが、ファンが誤解する内容である時点(KAZUYAの利にならないと認識している時点)で、KAZUYA君に何の利もないのに、本人だけは利があると思っている所が何より怖いですね。
      https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1350776257848373252

      言論人の前に人としてやり直しですね。
      新婚早々波乱ですが、自業自得ですから仕方ないですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん、こんにちは。ブログをいつも楽しみにしています(*^^*)

    〉張り切ってブロックした後の世界
    イエスマンしか残らない、教祖様の誕生ですかね。

    大統領選の不正を知る人と、なかったとする人と、本当に同じ世界を共有している、、、?
    なんか不思議です

    • こんにちは。
      これがピラミッド世界の住人と循環世界の住人の違いかもしれませんね!
      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは!いつも竹久さんのブログの更新を楽しみにしている者です。いつもありがとうございます。

    このKAZUYAさんのことやケントギルバートさんのことを、今Twitter上でケチョンケチョンに叩いている「マッ○ーサーJr」さんという、去年の11月頃に現れたアカウントがあるのですが、何か怪しいなと思いコメントをしに参りました。
    結論を言いますと、多くの日本のトランプ支持者や保守論者を洗脳しにかかっているのではという憶測です。
    長くなってしまいますが、私が怪しいなと思う点は以下になります

    1、トランプさんの熱烈なファンであるように語っていながら、中国から共産党の悪魔崇拝サタニストがいなくなっていること(2020年の6月頃)や習近平がトランプさんのリゾートを訪れたりなどで両者が平和的な関係にあること(これらの情報はQのタイムラインpart2の動画にあります)を知ってか知らずか、習近平やCCPの印象を悪くする発言が見られます。

    2、ハンドルネームの「マッカーサー」、戦後にトルーマン大統領から全権力を与えられて日本人を洗脳に導いて力を奪った人間であるのは言うまでもないのですが、そのトルーマンの残した言葉が「猿(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。〜」といものなので、彼の投稿中によく登場する「ヒヒ」という表現に同じ思想を感じてしまうこと。

    3、中国人差別ではないですが、不自然に鳴霞さん・張陽さんの2人のYouTuberを神格化し(鳴霞さんは誤報も多いよう)ここから流れたであろう「人民解放軍25万人がアメリカ国境に押し寄せる」という、なさそうな情報も同様に語っている。そしてソースがデマニュースだったローマ教皇逮捕のニュースもまに受けていた。(めちゃくちゃ頭が良さそうな割に不自然で、中国の脅威を強調しているのだろうか?)

    4、馬淵先生、大紀元メンバーを大絶賛したあとツイ消しをしていたこと。馬淵先生はロシアの工作員(あるいは洗脳)説があり、50万人登録者越えの桜チャンネルで保守の人間に影響力を持ち、反米、反TPP、反グローバル化を押しているとの情報あり。大紀元に関してはトランプさんの情報は正しく取得できるが、反共産党主義メディアとのことで、こちらも政治的な方向性+トランプ支持が一致するという点。

    5、日中問題評論家の石平さんを応援していることを明言。石平さんのTwitterを見る限りトランプ支持とは正反対のように思えるので矛盾を感じる。この方は拉致問題に対して日本も軍事力を持つことを望んでいる様子。

    6、「マッ○ーサーJr」のTwitterアカウントの他にも、犬のサムネなどの同時期に作られたランダム文字IDなどのアカウントがあり、同一人物が運用し盛り上げている可能性。その内2つが小説を公開しているが世界観が共通していたので同一人物の可能性あり。過去ツイで参謀の仕事もやっている旨を語っていたが、日本にそんな仕事はあるだろうかと疑問に思った。

    などなど、何か多くの日本人が彼のすさまじい頭の良さに騙されてしまい、望まない方向へ誘導されていくのではと心配になってきました。
    長々と失礼いたしましたが、ご興味がある場合のみのご返信でもちろん大丈夫です。^^
    お時間を頂戴してしまい申し訳ありませんでした。トランプさんの大きな功績後のあと、この日本がよりよくなることを願っております!

    • こんにちは。
      読ませて頂きましたが、考えすぎなんじゃないかなと思いましたし、レス・トーランさんも事実誤認している点が多々あるようにお見受けしました。
      たとえば馬淵先生を大絶賛したTwitterを消したとのくだりがありましたが、私が見るところ普通に存在していますよ。
      https://twitter.com/realmaccarsarjr/status/1350752699327815680
      また他の推察についても間違っているなと思うことがありました。たとえばハンドルネームの件など…見落としちゃったのか…それとも深読みし過ぎたのかな。情報はまずは素直に受け取ってその後矛盾点があればそこを分析していく方が良いと思いますよ。

      それから、マッカーサーJrさんのTweetは「戦」という次元で全て物事を見ているため、平時有事問わず「政治」や「思想」という感覚で情報を受け取っていると、混乱されるのではないかなと思います。
      また現在マッカーサーJrさんは完全な戦モードに自身の感覚が突入しているため、黒か白かというはっきりした区別をしがちです。それゆえ受け取り側の感覚がしっかりしていないと混乱させられる部分もあると思いますが…それは受け取る側の問題であり、発信者の問題ではないと思います。

      その点ふまえて情報と付き合ってみる練習をしてみては如何でしょうか。
      とにもかくにも、日本人は「戦」という感覚がそもそもなんなのか理解していないことが多いので、この機会で学ぶことは有意義だと思いますよ。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 初めまして。いつも興味深いお話ありがとうございます。

    レス・トーランさんと同じく私もjr.さんには邪なものを感じます。
    理性で文章を読むと勉強になることが多いし、トランプ支持者にとっては安心できる言葉が並んでいるのでつい読んでしまいますが、初めてtweet画面を見た時、直感的に「気持ち悪っ」と感じたことは忘れないでおこうと思います。

    jr.さんは時々、皇室に何らかの疑いの目を向けさせるかのような素振りを見せますので、表向きでは保守の人を元気づけたいと言っていますが、真の目的は別のところにあるのかなと思っています。

    そう言えば竹久さん、数年前のブログでは皇室の方々に対して等しく崇敬の念を持っているわけではないことを示唆していましたが、今はどのようにお感じなのでしょう。素朴な疑問です。

    これからもがんばっ下さいね。

    • こんにちは。
      古事記を読めば分かることだと思いますが、皇室にも陰謀があると思います。
      ただそれも理解した上で、国体を護持することが今を生きる国民の役目だと思っています。
      また「邪」に感じる時、実は「エゴ」が拒否しているケースもあるので、よくよくお確かめください。

      ちなみにですが、3年前に私がスピ系を強烈に批判し始めた頃、今彼が受けているような批判をされいたなぁと思い返すことが多々あります。全ての事は時間が解決してくれますよ♪

      それから私は枝葉の感情論を抜きにした「戦」という部分での思考について今学ばせて頂いておりますので、枝葉の部分では同じように意見の違いは多々ありますよ(笑)

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • 私も、大好きな竹久さんに嫌われるかもしれないと思いつつ書かせていただくならば(もう嫌いだったらすみません・爆)、マッカーサーJrさんからはカルト教祖の匂いがします。大変お話が上手で、不安になっている人の心を操るのに長けている方だと思います。望月弟くんのような感じ…
    自分に着いてきてくれる者は賢者であるとする選民的な表現。一体何が目的なのか…私の勘繰りすぎで、ただただ、世界の腐敗を憂う、則天去私の人かもしれませんし、そうであることが一番だと思っております。

    NHKを付けたら、バイデン大統領がトランプがめちゃくちゃにしたアメリカを立て直しているという、オムライスにケチャップでステーキと書いたような、かなりシュールな世界が広がっていました。

    こんなんで絶対終わらないと信じています。
    いろいろ言いましたが、マッカーサーJrさんのツイートには、竹久さんのブログ同様、とても勇気を頂いています。いろいろと勘繰るより、それが全てなのかもしれません。

    • おはようございます。
      はらちゃん~望月君と一緒にしたら、それは流石に失礼よ(笑)
      波動の法則で言えば、Happyとあみいさんくらいの、いやそれ以上の違いがあるよ。ちなみに望月君はHappyさんレベルだね。
      実は私10年前に陰謀論にドはまりして、100冊以上の本を読み、飛鳥昭雄先生などの勉強会にも参加していたから、陰謀論慣れしてるし、また違いの区別もつけれるんだけれども、普通に見分けつきにくいんだなぁって、コメントを頂いてようやく気が付いたよ(笑)

      それに、現実的な政治のいろはが分からないままに彼の情報に嵌まっていけば、確かに過激な思想(国体破壊論)にはまっていく人も出ちゃうかもしれない。
      たとえば民営化する=DSの傘下になる話みたいなのがあったけれども、今まで政治に無頓着だった人はそれをそのまま鵜呑みにしちゃうだろうから、そういうのは危険だなと私も思っているよ。というのも、郵政の場合、国営の体質に多大なる問題点があったのは事実だから。つまり滅茶苦茶腐敗している問題点も一方で抱えていた。その上での民営化という流れも見ておかないと、ただただ流されて先鋭化しちゃう人もいるだろうと思う。一方でここまでの詳細の情報をTwitterで発信するのは困難だから、情報に齟齬はでるものだと思います。
      だからこそ、一方で基本のしくみや日本の歴史も学び直しておいてほしいなって私は思ってます。
      ちなみに民政郵政化の内部の状況については、高橋洋一先生の「さらば財務省!」がオススメです。

      もちろんこれから彼が暴走する可能性は秘めているけれど、そうなった瞬間みんなヒクと思うから、そこに関する影響はあんまり心配してないです。
      並木さんも途中からおかしくなっていって多くの人がひいたように、人は変化するものだし、賢い人はそこにすぐに気が付き対応を変えると思います。
      また、ここに集まってくださっている人は、そこら辺の情報リテラシーが高いから盲信することはないだろうし、盲信しない癖がついているから、疑って情報を見ているんだと思います。
      前にもどこかでお伝えしたけれど、そういう姿勢があるのはとても良いことだと思います。

      それから、彼はリンちゃんみたいな役目をやっている(もちろん個人で)という風に見ておけばいいんじゃないかなって思ってます。

      ということで、まとまりのないお返事になりましたが、これからも宜しくお願い致します。

      • お返事をありがとうございます!

        竹久さんが陰謀論ソムリエだったとは…比べて私は人生を通じて読んだ陰謀論系はおそらく20冊もいかず…お見それしましたm(_ _)m
        HAPPY ちゃんとアミイさんの違い、分かりやすいです。それは確かに申し訳なかった。大変失礼いたしました。
        諸々了解でございます。

        度々すみません、すごくどうでもよいのですが、私は勝手にマッカーサーJrさんは女性だと思っています。
        そして大学生くらいの息子さんがいるような気がしています…自分でも何故だか分かりません。

        久々の雨に何故か少しほっとしています。
        トランプの真実読む時間あるかな…竹久さんも、こちらを読む皆さんも、よい週末を。

        • こんにちは。
          私も最初女性だと思ってたんですが…本人が「男」と言っているので、男なんだと思います。
          私のスタイルは、相手の主張をまずはストレートに受け止めることにしています。その方が後々矛盾点が見えてききやすいので。
          それから以前Tweetで小学生の時にEUが誕生したと書いてあったので、どんなに多めの年に計算しても30代の人なんだろうなぁって思ってて、20代の可能性も否定できないなと思ってます。
          というのもEUってユーロできてから本格化したと私は思ってるので、少なくとも1990年代前半は小学生という見立てでいいのかなぁと思ってます。
          だから意外と若い人なんだろうとも思ってます。

          それから私も、トランプの真実読みましたよ!
          登場人物の名前とか性格とか把握していくまで読み進めるスピードが遅くなってしまうけれども、あれを読むと家族のそれぞれの性格がリアルに入ってくるので、出てくる情報も読みやすくなると思います。

          それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください