【深田萌絵】宇佐美さんの「ゴミ以下」発言で思い出すこと。

宇佐美さんが深田萌絵さんの発言に対して「ゴミ以下」と言った時、

私は未だ発言の真意について理解できていませんでしたが、深田さんを調査して丸一週間。

ようやく言葉の意味が体感に落とせるようになってきました。

 

深田さんの発言って、園山真希絵な感じなんだろうね。

かれこれ1週間、私は深田萌絵さんに夢中でした。

そしてこの1週間いろんな側面から深田さんを見直してみることを心掛けて見た結果、深田さんが話していた内容が事実とかけ離れた妄想であり、自己弁護(自己正当化)であることも分かってきました。

【気をつけて!】深田萌絵の日本不信論は、ただの自業自得です!

2021年4月16日

それから、肝心要の半導体の知識も経験も、実はないことが分かってきました。

【実は虚言癖?】深田萌絵さんの半導体知識に対する疑問

2021年4月12日

 

そんな人がしたり顔で半導体業界を語る。しかもあまりにデタラメで辻褄の合わない話で、荒唐無稽な不安を煽り、それに多くの人が賛同してしまう。

業界にとっては迷惑千万極まりない話だと思いますし、そもそも彼女の話は、半導体の基礎だけでなく業界の因果関係の段階から間違えまくった話ですものね。

そりゃゴミ以下にもなりますよね。

 

と、こんな感じでようやく事の真意を掴めるようになった私は「深田さんは料理の部門で言うと汚料理で世の中を震撼させた園山真希絵みたいなんだろうなぁ」と理解するようになってきました。

ちなみに園山真希絵さんは料理研究家の肩書きを持つ人でして、かれこれ10年程前、塩谷瞬の二股騒動(冨永愛と園山真希絵)で人生初であろう脚光を浴びた人です。

しかしながら知名度が上がったと同時に、彼女のメンタルの危険度が話題となりました。それから、とても料理研究家とは思えない汚い料理の数々で話題になった人でもあります。

覚えてますか??

 

 

そんな園山真希絵さん(料理)と深田萌絵さん(IT・半導体)の専門家としてのレベルって同じだと思うんです。

とりあえず、園山さんが作成した料理の一例を見ていけば、私が言わんとしようとしていることが伝わると思うので、園山さんの作品の一部をここから掲載していきますね。

 

園山さんの料理は見るからに不味そうと感じるものが多い……っていうか、そういうのしかないかも?という料理ばかりです。

たとえばこんな感じで↓

それからなんでこれとこれを合わせちゃったんだろうなぁと疑問に思う作品も多く…

 

 

その上どうしてこうなっちゃったんだろうと不思議に思う出来上がりも沢山あります。

 

 

また盛り付けに至っては、やたら立てるのが好きで

食を扱っているのに床に直置きするのも好きでした。

 

分かって頂けたでしょうか。

他にも衝撃作品がてんこ盛りなので、気になる方はこちらの記事↓を確認ください。

園山真希絵の汚料理の歴史

 

 

分かって頂けました?

ほんと、園山真希絵の料理って料理研究家?って言う以前の問題として、素人以下、ゴミ以下だよね(>_<)

素材に謝れって言いたくなるくらいの出来ばかりでしょ?

 

そんな園山真希絵が作る料理のレベルと深田萌絵の半導体のレベルは一緒なんだろうなぁと思うわけです。

半導体の話は一般的民衆は知識がなく、しかも難しいから、深田さんの言ってることがついつい正しく聞こえちゃいがちだと思うけど、

その度にどうかこれ思い出して!↓

深田の話は園山真希絵と同じって思い出して!

そうすれば彼女に洗脳されずに済むと思うんだ。

 

そして改めて宇佐美さんが言っていたゴミ以下の気持ちも分かるようになると思うんだ。

 

それではまたね!

 

追記

最終的なまとめ記事です。

【残る疑問】深田萌絵はなぜ頻繁にアメリカに行っているのか?

2021年4月18日

ぜひご確認ください。

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

6 件のコメント

  • いつも更新楽しみにしています。毎回勉強させていただいているのですが、今回はあやうく騙されそうになり、いろいろと検証してくださり感謝です!

    深田さんの動画はYoutubeのお勧めに上がっていたので見始めたのがきっかけで数回分視聴し、数年前に本も1冊読んだことがあったので、なんと理不尽な思いをされているんだと同情しかけていました。

    が、他の言論人の方がよく説明される外省人と本省人の違いなどについても全く語られず、ただひたすら台湾企業(だんだん台湾批判に聞こえてくる)の批判をすることに違和感を感じ、さらにはうちの家は~みたいな話も多くなり面倒くさくなって見るのをやめました。

    そのぐらいの時に竹久さんの記事が連続で上がるようになって竹久さんの検証結果に納得がいき、騙されそうになった自分を反省しています。

    ちなみに園山さんのお料理の写真を見て、笑いを通り越して気持ち悪くなりました。。。床に置くとか、リンク先を見たらアスファルトの上にパンを置いててびっくりしました!料理も写真も下手くそで苦手な私でもそれはしない(笑)。感性と品性を疑いました。

    また次回の投稿も楽しみにしています。

    • こんにちは。
      お役に立てて何よりです。
      仰る通り、同情を誘いますよね…彼女の話って。つまり、同情ビジネスなんでしょうけど、同情の元は嘘、そして同情された恩は仇で返すしうちの宝庫。
      だって、深田が言うがままに司法省や検察庁に上告書などをした人って、ある種犯罪に荷担したことになってしまいますものね。ほんと酷いと思います。
      でも私自身調べ直そうと思うまで、そこまで悪質だとは思ってなかったので、今回調べ直して本当に良かったなと思ってます。

      園山さんの料理、衝撃的でしょ?
      一回見ただけで一生忘れないインパクトはスゴいけど、絶対食べたくないよね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。

    シリーズ完結目前に感想をコメントするかどうか迷ってましたが(笑)
    正に「半島メンタル」全開な人ですね。
    鏡に向かって言ってるかの如く宣っている辺りは、正に半島人のそれ。
    「半島メンタルな小池百合子」だと思うと背筋がゾッとします(ある意味最強で最狂)。
    そういえば、かの国の料理の盛り付けは絶望的にセンスがないところを考えると、なんか変に納得してしまいそうです。

    • こんにちは。
      彼女は愛国心に溢れた日本人というイメージで売ってますが、仰る通り実際の姿は半島メンタルそのものですよね。
      ほんと、恐ろしいなと思ってます。

      そうそう床にすぐ置いちゃうのもかの国に多い傾向でしたよね。
      それにしても絶望的にセンスのない人っているもんなんですね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

      • 返信ありがとうございます。

        やはりナルシストというのは、意識のベクトルが内向きなので自身のことや自身の言動を客観視出来ないので、あのように独りよがりになるのでしょうね。

        シリーズ完結、お疲れ様でした。

        • とんでもないです。こちらこそありがとうございます。
          ほんとに、とんでもないレベルのナルシストというかサイコパスですよね。

          こちらこそこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください