【ちょっと怖い】去年の台風で感じていたことが現実に?!

朝鮮半島に向かってる台風8号……大きそうですね。

そんな中…私、去年自分が書いた台風記事を読んで驚いてしまいました。

【今年の台風】休みの時にやってくる。

2019年10月12日

去年の台風ってやっぱりそういう天意ゆえのことだったんですかね……。

 

去年の台風は、家にいることに慣れて!だった?

今年は未だに台風の直撃を受けていない日本ですが、去年&一昨年はすごかったですよね。

特に去年は、週末の度に台風が来ちゃうみたいな日常でしたよね。

とはいえ、去年がどんな感じだったかすっかり忘れていたので、自分の記事を確認してその頃を思い出してみようと思ったのですが……その記事を読んで…逆に自分が驚いてしまいましたので記事にしています。

↓その記事↓

【今年の台風】休みの時にやってくる。

2019年10月12日

 

さてさて…去年の自分がどんなことを書いていたのかざっくりおさらいしましょう。

【今年の台風】休みの時にやってくる。(2019/10/12)

<前略>

さて本題、今日も日本に近づいてきている台風。

今年はこんな風な3連休など、みんながワクワクしている休みの時にどうも台風がやって来ているのではないかと思い確認し直してみました。

NO 時期 台風の号数 地域
1 7/11(木) 台風5号 石垣島付近
2 7/27(土)→夏祭り・花火大会時期 台風6号 三重・愛知
3 8/6(火) 台風8号 宮崎
4 8/15(木)→お盆休み時期 台風10号 四国・広島
5 9/9(月) 台風15号 関東・千葉
6 9/21(土)→3連休 台風17号 沖縄・九州・中国・対馬
7 10/12(土)→3連休 台風19号 静岡・関東・千葉

現段階までにおいて、日本にやってきている台風は全部で7個です。

そのうち4回は週末や長期休暇のタイミングでやってきています。

今年は休みになると台風がやって来ると思ってしまう感覚は、あながち間違ってないように思います。

だから「なんで今年の『天』は、休みの度に台風を連れてくるのかなぁ……」ということをポツリポツリと考えておりました。

超私の個人的解釈なのですが、「ひょっとしたら、家で静かに過ごすことに慣れてほしい」という天の思いがあってこそなのかなと。

そして、静かに過ごすことで、畏怖や畏敬の念を今こそ取り戻してほしいのかなと。

今月22日、再来週の火曜日は「即位の礼 祭殿の儀」です。

昨今の日本は祝日と休日がごっちゃになってしまい、国民として祝うことの勤めを忘れてしまいがちですが、節目の時は厳かに静かに大切にした方が良いと思います。

「即位の礼 祭殿の儀」は国家の大きな節目ですから、それぞれ家で静かに過ごすべきでしょうね。

そして、そうあってほしいという天の思いが、週末の度に家から出れない環境を整えているのかもしれないなぁなんて、私は思ってしまいました。

とはいえ、15号の影響でまだ停電などが続いている最中、今回の19号も似た地域に上陸するようです。関東、そして千葉への傷跡が大きくならない事を祈ってます。

 

あの時はふと思ったことを書いただけのことだったのですが……「家で静かに過ごすことに慣れてほしい」って、今の実情を考えるとあまりにドンピシャに思いませんか?

すっかり去年までの日常と今年の日常が違いすぎて、去年の感覚は根こそぎ失われそうになっていましたけれども……こうやって読み返すと自分でも驚く発見があるものだなと思っています。

 

また、あの時私が感じた思いが当たっていたからこその今なのであれば、「静かに過ごすことで、畏怖や畏敬の念を今こそ取り戻してほしい」という思いを天が抱いていることも正しいと言えるのではないかと……高飛車ながらも思っています。

とはいえ、武漢ウイルス騒動によってもたらされた日常は今までの日常と違いすぎて、しかも想像以上に長引きすぎていて、イライラしたり、沸々としたストレスを身にまとったりしている人も多いかもしれません。

ですが、これは私たちがしっかりと畏怖や畏敬の念を取り戻すまで続くのかもしれないなぁなんて、あの記事を読み返した今は思っています。

また今年多くの夏祭りが中止になったのは畏怖や畏敬の念が無い祭りなど無用というお達しであるのかもなぁと、過去記事を読み返しながら思っています。

 

まずは気が付いた人からその気持ちを腑に落し、そしてそれを携えて生きるようにしていきましょう。

地味で地道で誰にも気が付かれないささやかな試みですが、それを天意が望んでいるのではないかと改めて思いましたので、書き残させて頂きました。

 

それでは今日も多くの地域は真夏で大変でしょうが、こういう日でも畏怖や畏敬の念を携えて生きてきましょう。

これが私たちの住む地に祭りを取り戻す最も合理的で最も望ましい言動なのかもしれません。

 

それでは♪

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

4 件のコメント

  • こんにちは。
    ハッキリ言って今読んで、凄く驚いています。
    まんまじゃないですか…
    外国人観光客が派手に遊び、日本国民もそれに合わせて、一体どんな先があるのやら、の行き着く先が、コロナ。
    皆自宅で静かに過ごすことになって行くとは何人の人が予想出来たか。。

    じゃあ家でテレビを楽しめるかと言えば、芸能人が消え何も面白くなくなり、やはり厳かに過ごすしかない。

    ワイワイが苦手な私は、パートにこそ出ていますが、自宅で過ごすのは以前から変わりませんが、今日読ませていただき、私の場合は、心の中を静かに厳かにして行こうと決めました。朝から晩まで思考人間なんで、、

    ゆりこさんの言うような、>地味で地道で誰にも気が付かれないささやかな試み、
    ですが、ワクワクです。

    • おはようございます。
      今読み直すとほんと不思議だなと思っています。

      お互いこっそりささやかな試みをしていきましょう。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • こんにちは。
    私も同じことを感じていました。
    自宅で過ごすことが増えてから(元々あまり出ませんが)、天や地への畏敬・畏怖の念が湧き上がることが増えてきました。
    変な言い方ですが今までよりも地球や天の意を感じるというか。

    コロナ禍で東京では昨年まで大賑わいだった神社仏閣の大きな祈祷会がなくなったり、規模縮小していますが、畏敬の念なきミーハーなスピオタクが来なくなったのは良かったのかもしれません。元々の信者さんや縁を頂いている人だけが残って、そうでない人は離れていきますし。

    私も今まで以上に天地への畏敬の念を大切にしたいと思います。

    • こんにちは。
      同じ事を感じていたと知り、なんだかホッとしている私です。

      確かに参拝客が減ったことにより、穢れが入りにくくなっているように思いますね。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください