【24時間テレビ・誰トク?罰ゲーム?】5㎞走って10万円寄付の募金ラン

いよいよ年に一度のチャリティーショー24時間テレビの時が近づいてきました。

 

24時間感動ポルノは、日テレのドル箱

武漢ウイルスの影響でテレビ局のイベントは、あちらもこちらも中止となるのがデフォルトですが、あの感動番組(w)……24時間テレビは、無理してでもやっちゃうそうです。

やっちゃうんですね~っていうか、そりゃそうでしょうね。

 

だって

だって

だって

 

24時間テレビって、日テレのドル箱番組ですもの!

 

 

やるとやらないじゃ、日テレ系の売上に大きく関わってしまうから、無理してでも実施するのでしょうが、これによってますます「チャリティーショー」であることが露呈してしまいましたね。

前々から感動ポルノだの、障害者をネタに金儲けしているだの言われ続けてきも、根強い情弱ファンに支えられて、視聴率は上々で募金額もたんまりだった24時間テレビ。

しかし、敢えて今回やることで、その情弱ファンにすらいよいよ見放されてしまうのではなかろうかと思ってしまいます。

というのも、24時間テレビのメイン企画であるマラソンが大変なことになってるんです!

 

 

5㎞走って10万円募金って……どうよ。

24時間テレビの人気企画と言えば、かれこれ28年も続いているチャリティマラソンですが、今年は武漢ウイルスの関係で通常通りには行うことができません。

しかし、それでもやりたいと思う制作陣の気持ちが合間ってしまったようで…………ひねってひねってひねった挙げ句、とんでもない内容になってるんです(-_-;)

 

なんと、1周5キロのコースを周回するごとに10万円を寄付するという謎ゲームに発展してるんです(-_-;)

 

しかも、ニュースを読む限り、寄付する人はどうも5㎞メートルを走った人なんですよね。

誰かが5㎞走ったら、番組側が用意した寄付金とかが献上されるのではなく、5㎞走って、走った人が10万円募金するスタイルみたいなんですよね(^^;)

私の読み方が間違ってたら申し訳無いのですが、スポーツ報知の記事を読む限りはそうとしか受け取れません。

 

っていうかさ……ぶっちゃけ……走る意味ある?って思いません?

 

募金したいなら、普通に募金すれば良いだけの話なのに、なぜ5㎞走る必要があるのか。

そして走った上で10万円寄付するって、なんなのか。

私は感動ポルノを超えた単なる罰ゲームにしか見えないです。

 

一時期流行ったあのアイスバケツチャレンジと同様の薄ら寒さを感じてしまうのは私だけでしょうか……。

 

どんな感じで募金ランが展開されるのかは、当日になってみないと分かりませんが、いつも以上にドン引きする人が増えそうな気がしてます。

それに今年は募金が集まりにくいでしょうから、ドル箱という状態も微妙じゃないのかな?

ドル箱だと思ったから無理してでもやってみたけれど、蓋開けてみたら思いの他赤字ということも起きるんじゃないのかな……なんて……。

でも、こういう状況(番組がお金にならない状況)にもしもなったのなら、ようやく見直しが始まるかもしれませんね。

もちろんこういう状況は日テレは避けたいはずですが……個人的にはこれを最後に、感動ポルノビジネスと化してしまった24時間テレビが変わるきっかけになったら良いなって思ってます。

だって24時間テレビのテンションって気持ち悪いですもの。

チャリティマラソンの企画がそもそも気持ち悪いですもの。

こういうの止めてごくごく普通の形に戻してほしいと思いますが……いやはやいやはや…どうなるでしょうかね。

 

本を発売してます

生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本

電子書籍は半額です。(縦書きと横書きと2パターン用意してます。)
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【縦書き】
生きやすさを手に入れるための 波動とエゴの法則を書いた本【横書き】

書籍紹介ページへ↓
【新刊発売】生きやすさを手に入れるための波動とエゴの法則を書いた本

 

 

4 件のコメント

    • おはようございます。
      教えてくださりありがとうございます。
      これからも宜しくお願い致します。

  • 竹久さん

    おはよございます。
    お久しぶりです。
    24時間テレビの季節ですね!
    私は今年もチャリティーTシャツ買います(笑)

    感動ポルノとか罰ゲームとか批判も含めて、年に一度の滅多にズームして貰えないハンディーのある人達が全国にアピール出来るテレビショー!

    兄弟に障害があったので、小さな頃から様々なタイプのハンディーを持った人と触れ合ってきましたが、アイドルみたいにテレビで歌ったり踊ったりしてみたい!普通じゃ出来ないことやりたい!注目されたい!って思ってる人も結構多いんですよね。
    その受け皿になってきた24時間テレビ。
    本人達が楽しそうでキラキラしてるから、それで良いよって感じで毎回見てます(笑)
    実際に毎年大きなお金が動いてますし、今年は特にコロナの為に先行き不安しかない経済状況…。
    障害者の方の雇用の場となっている作業場なども打撃うけてますから、無理矢理でも動かせるところは動かさないと…って感想です。

    ちなみに今回のは高橋尚子さんご本人からの完全持ち込み企画だそうです(^^;
    走る人自ら募金を行うチャリティーマラソンというのがあり、それを24時間テレビ内でやるらしく、どんな感じになるのか私も気になっています。

    年に一度のお祭りじゃ無く、触れ合いや寄付が当たり前で、ハンディー持った子が普通にアイドル出来るような世の中は多分来ないので、いっときの夢として、今年も24時間テレビを拝見する予定です。

    • こんにちは!
      コメントありがとうございます。
      私個人はいつからか24時間テレビのテンションが完全に受け付けなくなっていたので、そういう見方があるんだなぁと開眼に繋がりました。
      教えてくださりありがとうございます。

      これからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください