㊊マーケティングとマーケティングメソッドは別物です!

さぁ!新しいWeekday♪が始まりました。

月曜日は、週の始まり!お仕事の始まりです!

ですが……月曜の朝はちょっと憂鬱っていう人も多いかもしれませんね(^^;)

ですから、そんな憂鬱を吹き飛ばし、少しでも皆さんの仕事が楽しくなったらいいなと思い、月曜日は「今日から使えるマーケティング講座」を曜日企画としてお届けしております。

また、少しでも気持ちいい出勤時間のお供になったら良いなと思ったので、「今日から使えるマーケティング講座は朝7:00に更新しています☆

是非今日からの仕事に「今日から使えるマーケティング講座」を使ってください。宜しくお願いします☆

 

結果が出せないのは、混同しているから。

先週の記事で、マーケティングメソッド(手法)に触れました。

先週の記事

㊊マーケティングメソッドで動く人は、浅はかになる?!

2020年5月18日

 

そして今週は先々週の記事の続きをいよいよ書こうと思っていたのですが、実は先週の記事で言い忘れたことがあったと気が付いたので、今日はそのことについて書きます。

先々週の記事

㊊ぶっちゃけ今は、マーケティング力が発揮しやすい時代です。

2020年5月11日

 

先々週の続きを楽しみにしていた方!すみません(>_<)

でも「マーケティングとマーケティングメソッドは別物」と分かることは、今後マーケティングを実践する方にはかなり重要な話だと思うので、させてください。宜しくお願い致します。

 

結果が出せないのは、混同しているから。

ということで、本題。

昨今の世の中は手法(メソッド)と理論(セオリー)が混同されていて、そのため「マーケティングメソッド」もマーケティング(理論・セオリー)と思われる人が多いのですが、はっきり言って別物です。

今世の中で「マーケティングメソッド(手法)」と呼ばれているものの多くは、厳密に言えばプロモーション(販促活動)です。

つまり、世の中はマーケティングとプロモーションがごっちゃになっていて、プロモーションに属する分野のことをマーケティングと勘違いしていることが多々あります。

またごっちゃにしているからこそ、結果がでない空回りを続けているケースも多いと言えるでしょう。

 

下図は↓「中身のない商品を売るキラスピ起業女子の理由」という記事で掲出させて頂いたものなのですが、

マーケティングとマーケティングメソッドの違いってここにあります。

↓図の記事↓

㊊中身のない商品を売るキラスピ起業女子の理由

2019年12月2日

 

上図の一番外側にある「パッケージ&販促」という部分が主に世の中で流布される「マーケティングメソッド」と呼ばれるものであり、

マーケティングは、その内側(コンセプト・商品製作)です。

また一番コアな部分となる大義はマーケティングとはまた別のもので、個々の信念です。

個々の信念の上にマーケティングはあり、その信念なき所にそもそもマーケティングなどできないのです。

自分がやりたい、成し遂げたいと思うことがあって初めてマーケティングは必要になるものなのであり、ただ単に「金持ちになりたい」とか「売れたい」くらいの浅はかな思いで活用などできないものなのです。

 

しかし、この点が分からないまま「マーケティングを駆使すれば上手くいく」的な考え方が横行してしまった結果、中身のない上っ面だけのビジネスや商品が世に沢山溢れることになりました。

それが↓いわゆるキラスピ系のしていることです。

芯なきものに、マーケティングは無意味です。

また芯なき人ほど、マーケティングの本質を理解する事なくこの図で言う「パッケージや販促」の部分をマーケティングだと勘違いします。

ここの部分を分からぬままにマーケティングを利用しても絶対に上手くいくことはないので、どうか気をつけてください。

また内側(コンセプト・商品製作)については、月曜記事を読んでいただければ、なんとなく分かってもらえると思うので、本質的なマーケティングについて興味を持たれた方は、是非第一回から読んで頂けたらと思います。

 

「そこに何を乗せるか?」を考えるのがマーケティングの仕事。

先週の記事で、私が古典的だとお伝えしたマーケティングメソッドは下記3つですが、

  1. 巷で流行っている空気を作る(世論工作)
  2. 有名人の間でも流行っている空気を作る(影響力工作)
  3. それを受けてマスメディアが報道する(空中戦)

そもそもこれって広告業界ではプロモーションと呼ばれる分野のものなんです。

また、この手法の中に「世の人々を惹き付けるエッセンス」を入れるのがマーケティングの仕事なんです。

それを分からぬままに利用する人が増えすぎて世の中がおかしくなっていますが、これが基本の定義です。

マーケティングというのは、世に自然な情報の広がりを作る為にはどのようなキーワードが相応しいのか、どのようなターゲットにアプローチするのが良いのかなどの、より細かい手段を決めるためにあるものです。

つまり、マーケティングによって導かれたターゲットやキーワードやタイミングを見て、初めてプロモーション(マーケティングメソッド)は投下するものなのです。逆にそれなしにやる意味など、はっきり言ってないと言えるでしょう。

またそもそもプロモーション(マーケティングメソッド)というのは、やったらやった分だけ跳ね返り(反響)が生まれるものでもあるので、企業体力(応える力)も必要となります。(スピ系の人たちは芯のないプロモーション活動をしているためそもそもなんの反響もないと思いますが……)

ですから、小さな企業でプロモーション(マーケティングメソッド)で顧客獲得などしない方が賢明です。

注意)ちなみに、プロモーションと広告活動及びPR活動は、これまた別物です。ですから小さな企業は広告活動をするなと言っているのではないのでご注意ください。広告(告知)活動と販促活動の違いはいずれどこかの記事でお伝えしようと思いますが、とにかく今の段階では別物と理解しておくのが賢明です。

 

しかし、ここら辺のことが分からないままにマーケティングを利用しているからこそ、多くの人は結果の出ない毎日を続けているのではないのでしょうか。

マーケティングとマーケティングメソッドは似て非なるものですが、昨今の情報はそれを混同されるような形で発信されているケースが多いので、どれがマーケティングでどれがマーケティングメソッド(プロモーション)かの区切りをはっきりさせていくようにしていきましょう。

 

また、小さな企業はプロモーション意外の3つ(大義・コンセプト・商品開発)だけを重視して、地道にコツコツやるのが一番の安定であり、発展の近道だと思います。

つまり、マーケティングメソッドと呼ばれるものとは無縁の生活を守った方が賢明です。

 

 

ということで、今日のお話は以上です。

来週こそは…先々週の本題に入る予定なので、これからも宜しくお願い致します。

 

それから「今日から使えるマーケティング講座」の過去記事が読みたい場合は、TOPの「曜日企画」→「㊊今日から使えるマーケティング講座」を押して下さい。

今までの過去記事が見れます。

またマーケティングに関して他の記事が気になる方は、ページ右上にある検索窓や🔍で「マーケティング」と入力してみて下さい。

それでは来週月曜日の7時にまたお会いしましょう♪

 

 

2 件のコメント

  • 今日の記事もとても楽しみにしていました!
    拝読しながら、そうそう!そこで躓いていたの!!と頷いていました。

    私がプロデューサーにマーケティング(という名のプロモーション)を習っていた時に、「大義」がすっぽ抜けていて、私が打ち出していきたい大義・コンセプト・商品を無視して、全く大義に紐づかない上辺だけの提案をされた時に信頼の糸がぷつっと切れました。

    >芯なきものに、マーケティングは無意味

    本当にその通りです。
    ゆりこさんの記事を元に見直し、習ったプロモーションのほとんどを捨てて、再構築するようにしてから、確実に言葉が届くようになり、本当に来て欲しい人だけに来て頂けるようになりましたし、自分の軸がブレることがなくなり、新メニューの打ち出しも楽になりました。何よりもSNSに毎日アップなどしていないのに、自然にメルマガや新規の予約が入っています。

    マーケティングの本質を理解できていないと、どうしても目先の利益に飛びついてしまいますし、自分の大義を見失ってしまうんですよね。それで結局は何者にもなれずに潰れてしまう人が多いのだろうと思います。

    本当に有料でも受けたいような記事をありがとうございます。
    次回も楽しみにしています。

    • おはようございます。
      今日も読んでくださりありがとうございます。

      この記事を読むことで事業の円滑化が生まれていると知って、素直に嬉しいです。
      マーケティングの感覚が体感で掴めてくるようになると、大波に乗ろうとするような無謀な経営判断などすることなく、小波で確実に楽しく商売ができるようになると思います。
      また昨今は大概の事は外注しなくても自分でできてしまうので、無駄な経費を使うこともなくなりますよね。
      地道にコツコツ楽しく商売していきましょう。

      それではこれからも宜しくお願い足します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください