【ワンギア上げよう!】合い言葉は「悪いのは中国!」

日本は、武漢ウイルスの猛威が割合抑えられているように感じますが、欧米への飛び火によって、もういつ終わるのか全く分からなくなってきちゃいましたね。

 

ウイルスより恐いのは、情報戦に負けること

国別感染者数の推移を見ていると「日本の対策は実は良かったんだな」と思う事が増えています。

しかも1ヶ月前の段階ではウイルス自体が未知のもので、どのような対応が正しいのか分かりませんでした。

しかし、こいう中で対応しながらも、自衛隊病院では院内感染をすることなく93%が退院する治療をされています。

↓詳しくはこちらのブログで↓

もちろんメディアはこういうハートウォーミングな話題は一切合切避けていますから、日に日に恐ろしいことになっているという印象を積み重ねている人も多いかも知れません。

が、日本は初期段階での医療崩壊が防げたことにより、いわゆるパンデミックな状態に陥ることはありませんでした。

ですから、日本国内だけのことを考えれば、普通の状態に戻してもいいのではないか、インフルエンザと同様の対応で良いのではないか?と思う部分も個人的にはあるのですが、既にこの騒動は実態からかけ離れた情報戦争の領域に入っていることを加味するとそれは難しいだろうなと思います。

なぜならほんの少しの感染拡大が、情報戦で不利となり国力低下に繋がるからです。

また日本のメディアは今回の騒動に乗じて、現政権を引きずり降ろすことだけに必死ですから、もしも日本の体制を普通に戻して少しでも感染拡大が起きたのなら、必要以上に大騒ぎして自らディスカウントジャパン(反日)を行うことでしょう。

そしてそこで生まれた不利益がより私たちを苦しませることになるからこそ、普通に戻しにくくなっていると言えるんですよね。

 

経済の停滞は、ストレスが溜まって当り前です。

とはいえ、現在の状況が続けば続くほど事業に悪影響が生まれる人が多数いると思います。

すれば政権批判は起こって当り前で、政府もその点ふまえた対応に勤しんで頂かないといけないのですが、

私たち庶民が気をつけるべきことは、「そもそもこの問題は中国によって引き起こされたこと」という視点を見失いがちになるということです。

以前の記事に書きましたが、

他国(海外)は隙あらば別の誰かのせいにすることを狙ってます。

にもかかわらず、日本人は「日本のせい」にされるとそれを受け止めてしまいます。

そして、受け止めた日本人は「政府のせい」という活動に転換されていきます。

だから気をつけた方が良いと思ってます。

詳しくはこちらのブログで↓

【新型コロナウイルス騒動対策】世界は「誰かのせい」に長けている事を認識して!

2020年2月22日

もちろん経済活動が循環できるように実務をして頂かないといけないのは日本の政府です。

そして政府がその舵取りを誤れば、武漢ウイルスに感染するよりも甚大な経済被害を受けることにもなりますから、政府は頑張ってほしいのですし、政策如何によっては私も批判しなくてはならないかもしれません。

でもそれでも忘れてはいけないことは、そもそもこの問題は日本が引き起こしたものでも、日本政府が引き起こしたことでもないということです。

中国の杜撰な対応が招いた人災です。

今の日本の経済が停滞しているのも、中国のせいです。

また中国に忖度し続けたWHOのせいとも言えるでしょう。

ですから、「この経済損失の賠償は中国&WHOにしてもらって良いのではないか?」と私個人は思ってますし、この視点を失わないことが、プロパガンダに飲み込まれなくなることでもあるだろうなと思ってます

なぜなら、情報が重なれば重なるほど、本質の問題点が分からなくなり、目先の問題に気が取られるようになるからです。

そして目先の問題に気が取られるようになればなるほど、状況は悪化する物だからです。

ですから、敢えて常に「中国が悪い」「中国のせいでこうなった」という意識を民のレベルから失わないようにした方が良いと思ってます。

 

しかも今回の首謀者は絶対に自分のせいだとは言わない中国です。

【極不快】中国が「日本のせい」にし始めてる!

2020年2月29日

だからこそ、庶民レベルでそれを言い続ける(思い続ける)作業が必要だと思ってます。

私たちが少し油断している隙に、いつの間にか中国が被害者にすり替わり、こちらが加害者になる可能性もあるからです。

私たちに必要なのは、この問題において被害者ポジションを奪われないようにすることだと思います。

そのため敢えて「中国が悪い」「中国のせいでこうなった」という意識を外さないようにした方がいいだろうと、私は思ってます。

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

 

 

 

 

6 件のコメント

  • こんにちは。
    このブログと出会ってからは、竹久さんの記事がネットの中で一番の楽しみです。
    今回の記事ですが、ちょうど私ももやもやしていたところでした。

    テレビの論調が、政府に対して「経済的に冷え込んでいる、どう責任を取るのだ」とかなり攻撃的な印象なのです。
    反日思想の様々な人の、安倍政権を倒せという機運を盛り上げたいのが見え見えなのです。
    そうか、元はと言えば中国のせいですよね!!!
    中国に対して「どうしてくれるんだ」と言うムードが日本国内で盛り上がって、政権批判をしている親中派の人を黙らせる事ができたら…!
    私もそう言った発信をしていきます。
    いつも読みやすくて鋭い指摘をありがとうございます。

    • おはようございます!
      楽しみにしてくださりありがとうございます。
      未だに中国が大変だと思って募金してしまう人が多数いるのが日本ですから、本当にここの部分を気をつけた方が良いと思います。
      自ら望んで自らの首を絞める行為は避けなくてはなりません。
      そのためには、絶対に中国が元凶であるという事実から目を離さないこと、その前提の上に改善が無ければ、何も問題は解決しないと思います。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • おはようございます。
    朝から歯切れの良い記事を読んでいて気持ちがスッキリしました(*´艸`*)

    私も今回のウイルスは最初から中国が悪い!
    WHOも信じられない!と心で叫んでいました。

    元々、中国は正しい情報を唱える医師を押さえ込み
    情報を隠蔽したことや
    自国民がウイルス拡散させる可能性があるのに
    出国させ放題にしたことに腹が立ちました。

    これ、逆に日本がウイルスを中国に持ち込んだら
    めちゃくちゃ文句言われたことでしょうね。
    入国拒否も今さら?感が拭えません。

    学校もムダ休みだと思います。
    ウチの高校生は外出しないで!と注意しても全く聞かずに遊び放題。

    親としても、一日中見張りしたいけど
    両親が会社へ行けば家庭も無法地帯ですから。
    なんともなりません。

    私の思いと国の政策は逆過ぎて
    私が変なのか?と思ってましたが、プロパガンダに
    踊らされていないことを
    こちらのブログで確認できたこと嬉しいです♪

    • おはようございます!
      元気な子供はじっとしていられないですよね。
      逆にじっとしてたら他の病気に子供がかかってしまうかもしれないので、元気で何よりです。
      少なくとも学校を休校にした成果はあったと思います。
      何よりも大事だったのは、学校がクラスター化しないことであって、それが現段階の中で防げたのは良かったのではないのでしょうか。

      日本と中国の立場が逆だったら、日本は一生中国に賠償金を取られ続けていると思いますよ。
      そういう案件だと肝に銘じて対応するべきだと思います。

      これからも宜しくお願い致します。

    • おはようございます。
      そうですね。あちらもこちらも自滅しているように見えますが、一歩踏み外せば同じ波の中に入ってしまうので気をつけたいですね。

      今日も教えてくださりありがとうございます。
      陰謀論に荷担するつもりはないのですが、武漢ウイルスは人工ウイルスだろうなぁと日に日に思う気持ちが強くなっています。
      ここら辺について思うことを今書いてるので、明日くらいには公開できたらなと思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください