【令和最初の天皇誕生日】どうして天皇誕生日は祝日なのか?

天皇陛下、お誕生日おめでとうございます!

元号は独立国家の証です!

一昨年までの平成の日本は、12月23日が天皇陛下のお誕生日で祝日でした。

それが昨年、202年ぶり(約200年ぶり)の譲位が執り行われ、日本は改元しました。

そして新たな御代である令和が始まりました。

現在の日本は、天皇の代替わりでしか改元(元号が変わること)されないことになっているため、改元と同時に天皇誕生日も変わることになりました。

昭和、平成、令和と、元号は馴染みが深すぎるものでもあるので、元号という存在になんの有り難みも感じることなく、また西暦と違うことに不便を覚えられる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、元号が存在するということは「日本が独立国家であることの何よりもの証」なのです。

元号は、大化の改新以来1300年余り続く、日本人共通の時間軸を指し示してるものなのです。

すごくないですか?

この辺のことは竹田恒泰さんで解説で学んで頂いた方がよいと思うので動画置いておきます。「今日は休日だよ!」という方、是非こちらの動画で元号の有り難みを学びましょう。

 

日本は世界最古の国家ですから、国や言語や文化が根こそぎ奪われた経験が無いに等しいと言えます。ですから、独立していることの有り難みが分からないかもしれませんが、独立できている時点で、それはもう有難いことなのです。

しかも横暴はたらく中国の横にいながら先進国であり続け、アジアの盟主であることがすごい事なのです。

また横暴な中国の侵略によって独立を剥奪された隣国の悲劇を知れば、独立していることが如何に尊くて、如何に重要なことかが分かると思います。

↓中国に侵略され独立を奪われた国の実情↓

【今こそきちんと知ろう】ウィグル人大虐殺の実態

2018年9月24日

そして、私たちの国家が独立している証の一つとして元号があり、その元号は天皇の代替わりよってのみ変わり、そして天皇陛下の誕生日は祝日なのです。

よくよく考えてみると、とても深いですよね。

せっかくですから今日は、どうして天皇陛下のお誕生日は祝日なのか考えてみましょう。

 

天皇誕生日はどうして祝日なのか?

天皇誕生日はどうして祝日なのか?

というお題目でお話ししていくのですが、答えを先に言ってしまいますね。

それは「揺るぎない国家元首である証だから」です。

現在の日本の憲法は、天皇陛下のご存在は日本の象徴とされているため、国家元首ではないという考え方が一般的になっていますが、逆に考えればなぜ象徴に過ぎない人の誕生日が祝日なのでしょうか?

おかしくないですか?

このような矛盾が発生するのは、現在の憲法が敗戦後連合国軍(GHQ)統治の間に変えられたことが原因です。

当時、日本という国家そのものを無きものにしたいと考えていたGHQは、天皇陛下及び皇室を抹殺しようと画策しました。

なぜそうしたか?

それは天皇陛下が国家元首であり、国家元首を失うことは国を失うこと(日本を消滅させること)と同等の意味をもつからです。

また敗戦当時までの日本は、何千年に渡り天皇陛下を国家元首と捉えていました。具体的に「国家元首」という立ち位置を設けたのは明治からとなりますが、それまでの武家政権時代も今と変わらず朝廷(皇室)から役職を与えられて統治をしていただけなので、千年以上前から日本は同じ体制での統治が続いておりました。

つまり、現代人だけが戦後教育の弊害によって、天皇陛下が国家元首と言うと違和感を覚えるだけのことであって、神武天皇が即位して以来日本の国家元首はずっと天皇にあるのです。

そして、国家元首の誕生日を祝日にすることができるのが、その国家元首の力の大きさを示すものと言われていますし、それができるのは王族と呼ばれる人が現存している国だけで、民主主義を求めて共和制(君主がおらず民だけの統治をする方法)に走った国はもちろんできません。

そして、共和制に走った国の多くは失ってしまった王の権威を今渇望しており、その典型例と言えるのが、革命によって共和制を成し遂げたフランスでしょう。

ちなみに国家元首を失い共和制に走る国は内乱に陥ることも同時に知っておきましょう。

そのことについて詳しく書いた記事↓

【即位の礼だからこそ】君主がいなくなった国の悲劇

2019年10月22日

 

少し話はずれるようですが、北朝鮮の金正恩は名実ともに国家元首であることは言わずもがななのですが、諸処の理由があって自分の誕生日を祝日にすることはできていません。

天皇陛下の誕生日が祝日なのは、天皇陛下が国家元首(君主)であることの証であり、また日本国家が君主制で成り立っていることの証です。

象徴という言葉で現代人は惑わされていますが、事実上日本はそのように整えられていること、そして天皇陛下のご存在があるから「日本は世界最古の国である」と世界的に認識されていることを知っておきましょう。

それから国というのは、心穏やかで民を思う優しい君主であることで平和が保たれるものです。

私たちは世界で珍しい、心穏やかで民を思う優しい君主の下で生きる事のできる民です。

その有り難みを是非今日の日に感じられたら良いですね♪

それでは良き天皇誕生日になりますように♪

 

【悲しい】君民一体国家こそが理想形だったのに……

2019年10月22日

 

発売中の本のお知らせ☆

変化が大きい今の時代にオススメの一冊です☆

書籍情報はこちらから→ほんの少し見方を変えたら~ようやく本質に戻れる時代の中で~

電子書籍は半額以下のお値段で購入できます。

↓電子書籍はこちらから、縦書きと横書きがあります。
【縦書き】

【横書き】

 

2 件のコメント

  • こんにちは

    こちらご覧なりました?(一時間あります)
    https://youtu.be/w2s_hbTj0Wg

    昨年の儀式で各国の偉い人が天皇陛下にご挨拶してる動画です。
    別世界ですが、、、東京都千代田区です。

    天皇陛下には1刻も速く皇居にお移りになることをせつに願います。

    • こんばんは!

      全部は観たことないですが、ダイジェストでは見た事があります。

      皇居は本当に別世界ですよね。勤労奉仕に行かせて頂き、あの別世界を体感出来て良かったと今でも思ってます。

      それではこれからも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください